webstation plus

(※『氷菓』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『氷菓』。

 高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?

 今回は『氷菓』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『氷菓』のあらすじ

 姉からの勧めで廃部寸前の古典部に入部した折木奉太郎。早速、部室に行くと、もう一人の入部希望者・千反田えるがいました。

 彼女は出会ってすぐにこんな疑問を口にします。

「わたしは閉じ込められていた、ってことですね」

 内側からは鍵がかからない部室に閉じ込められていたえる。奉太郎はごまかしてその場を立ち去ろうとしますが、「わたし、気になります」と迫ってくる彼女に負けて推理することに。

 ここから古典部シリーズが始まります。

 個性的なキャラクターが魅力的

 古典部に所属するのはこの4人。

・推理が得意なのにムダなことはしたくない省エネ思考の折木奉太郎
・清楚に見えるけど好奇心旺盛な千反田える
・博学なのにつまらないジョークが大好きな福部里志
・可愛い見た目とは裏腹に毒舌の伊原摩耶花

 そんな個性的な4人が織りなす青春ミステリーです。

 タイトルに込められた謎とは!?

 「あらすじ」でも紹介したように、えるが気になった謎を奉太郎が解いていく構成で物語が進んでいきます。

 たとえば、毎週金曜日の短時間だけ貸し出される本、あるはずの文集を無いと言い張る先輩…そんな日常のちょっとした謎を解き明かしていくんですね。

 なかでも最大の謎は、幼い頃に伯父の言葉で泣いてしまったえるの記憶。なぜあれほど優しかった伯父の言葉でえるは泣いたのか――奉太郎がこの謎に迫ります。

 ヒントは本書のタイトルにもなっている『氷菓』。すべての謎が解き明かされたとき、軽い痛みと切なさを感じること間違いなし!?

 最後に

 米澤穂信さんの小説『氷菓』。読めば少し切ない気持ちになる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …