米澤穂信『氷菓』は好きなことに打ち込む楽しさとツラさがわかる物語

おすすめ小説

 好きなことに打ち込んでいますか?

 私は好きな仕事とブログに打ち込んでいますが、米澤穂信さんの小説『氷菓』に登場する主人公は違いました。

 彼は勉強にもスポーツにも恋愛にも消極的だったんですよね。そんな彼が…。




スポンサーリンク

 省エネ主義を貫こうとする主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は勉強にもスポーツにも恋愛にも消極的な高校生の折木奉太郎。

 彼はエネルギーを費やしてまで好きなことに打ち込むのが好きではありませんでした。そのため、部活とは縁のない生活を送ろうとしていましたが…。

 文武両道の姉からの手紙で古典部に入ることになります。姉に逆らうとどうなるかわからないからです。

 さらに、入部者ゼロの古典部に彼と同じ日に入部した千反田えるに出会ったことで、彼は省エネ主義から遠ざかりはじめました。

 えるが好奇心の亡者だったからです。彼女とはじめて出会ったときも、えるは自分が部室に閉じ込められていた理由を奉太郎に尋ねます。

 奉太郎は、そんな彼女の「わたし、気になります」という言葉と迫力に負けて、彼女の疑問を解くことになるんですよね。

 もちろん、えるが示した好奇心はこれだけではありませんでした。他にも…。

スポンサーリンク

 えるが示した好奇心を解くことになった奉太郎

 『神山高校五十年の歩み』という面白味のない本が、なぜか毎週金曜日のお昼休みに借りられ、同じ日の放課後に返却されていた理由を気にしたり、

 古典部の文集『氷菓』のバックナンバーが部室にも図書館にもない理由を気にしたりします。

 なかでも彼女が最も好奇心を示したのが、彼女の叔父である関谷純との思い出でした。

 関谷純は昔、古典部に入っていたのですが、えるが幼い頃に彼から古典部の話を聞かされたときに泣いた理由を教えて欲しいと言うのです。

 しかも、関谷純は行方不明になっており、そのことを親戚に聞くこともできないので、誰にも頼ることができないと言います。

 そんな難問に挑むことになった奉太郎は…。

スポンサーリンク

 好きなことに打ち込む楽しさとツラさがわかる物語

 この続きは実際に読んでもらうとして、米澤穂信さんの小説『氷菓』は、奉太郎の姿を通して好きなことに打ち込む楽しさとツラさがわかる物語です。

 それだけでなく、誰も殺されない青春ミステリーとしても楽しめる物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました