webstation plus

(※『氷菓』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『氷菓』。

 高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?

 今回は『氷菓』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『氷菓』のあらすじ

 姉からの勧めで廃部寸前の古典部に入部した折木奉太郎。早速、部室に行くと、もう一人の入部希望者・千反田えるがいました。

 彼女は出会ってすぐにこんな疑問を口にします。

「わたしは閉じ込められていた、ってことですね」

 内側からは鍵がかからない部室に閉じ込められていたえる。奉太郎はごまかしてその場を立ち去ろうとしますが、「わたし、気になります」と迫ってくる彼女に負けて推理することに。

 ここから古典部シリーズが始まります。

 個性的なキャラクターが魅力的

 古典部に所属するのはこの4人。

・推理が得意なのにムダなことはしたくない省エネ思考の折木奉太郎
・清楚に見えるけど好奇心旺盛な千反田える
・博学なのにつまらないジョークが大好きな福部里志
・可愛い見た目とは裏腹に毒舌の伊原摩耶花

 そんな個性的な4人が織りなす青春ミステリーです。

 タイトルに込められた謎とは!?

 「あらすじ」でも紹介したように、えるが気になった謎を奉太郎が解いていく構成で物語が進んでいきます。

 たとえば、毎週金曜日の短時間だけ貸し出される本、あるはずの文集を無いと言い張る先輩…そんな日常のちょっとした謎を解き明かしていくんですね。

 なかでも最大の謎は、幼い頃に伯父の言葉で泣いてしまったえるの記憶。なぜあれほど優しかった伯父の言葉でえるは泣いたのか――奉太郎がこの謎に迫ります。

 ヒントは本書のタイトルにもなっている『氷菓』。すべての謎が解き明かされたとき、軽い痛みと切なさを感じること間違いなし!?

 最後に

 米澤穂信さんの小説『氷菓』。読めば少し切ない気持ちになる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …