webstation plus

(※『氷菓』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『氷菓』。デビュー作とは思えないほど、魅力ある青春ミステリー小説です。読み進めていくうちに学生時代の甘くてほろ苦い記憶を思い出すこと間違いなし!?

 今回は『氷菓』のあらすじと感想を紹介します。

 『氷菓』のあらすじと感想

一 『ベナレスからの手紙』

 神山高校に入学した折木奉太郎のもとへ姉から一通の手紙が届きます。内容は「古典部に入りなさい」というものでした。

 ここから古典部シリーズが始まります。

二 『伝統ある古典部の再生』

 姉からの手紙に従い、古典部に入ることにした折木奉太郎。彼は、もう一人の入部希望者・千反田えると部室で出会いました。

 しかし、出会って束の間、千反田はこんな疑問を口にします。「わたしは閉じ込められていた、ってことですね」。折木とその親友・福部里志が密室の謎に迫る!?

 最後はあっけない終わり方ですが、これからどうなっていくのか気になる物語でした。

三 『名誉ある古典部の活動』

 文化祭までに文集を作ることになった古典部。そこで折木と千反田は、図書室でバックナンバーを探すことに。しかし、バックナンバーが見つからないばかりか、図書室で出会った同級生の伊原が抱える謎に巻き込まれてしまいます。

 内容は、「毎週金曜日の昼休みに『神山高校五十年の歩み』を借りる人物が現れ、同じ日の放課後には返却される」というものでした。なぜ同じ本が金曜日の短期間だけ貸りられるのか!?

 単純な構成なので、折木と一緒に謎解きが楽しめる物語です。今回は折木よりも先に答えを導き出せました。

四 『事情ある古典部の末裔』

 ある日曜日。千反田が「相談したいことがある」と言って折木を呼び出します。内容は、「行方不明になっている伯父と子どもの頃に会話した内容を思い出させて欲しい」というものでした。ヒントは古典部。折木はこの謎にどう迫る!?

 千反田が古典部に入った理由が明らかになる物語。優しかった伯父と会話した後、千反田はなぜ泣いたのか?ーー気になります。

五 『由緒ある古典部の封印』

 姉からの手紙で文集のありかを知った折木は、千反田たちと生物講義室へと向かいました。しかし、そこにいた壁新聞部の部長・遠垣内からはつれない返事が。なぜ、遠垣内はあるはずの文集をないと言い張るのか!?

 千反田の伯父・関谷純の手がかりが見つかる物語。彼が命名した文集『氷菓』にヒントが!?

六 『栄光ある古典部の昔日』

 『氷菓』のバックナンバーを読んでわかったことは、千反田の伯父・関谷が英雄だったこと。しかし、争いがあり、神山高校から去ったこと。の二点でした。折木、千反田、里志、伊原の4人が関谷の謎に迫る!?

 折木の推理が見事な物語。しかし、最後の千反田のセリフで大どんでん返しの予感が。続きが気になります。

七 『歴史ある古典部の真実』

 姉からの電話で推理が不完全であることを悟った折木は、関谷の過去を知る人物を見つけ出し話を聞くことに。ついに関谷の謎が明かされる!?

 いよいよ物語も大詰め。『氷菓』というタイトルに込められた謎も明らかになります。

八 『未来ある古典部の日々』

 関谷の謎を解決した古典部のその後の話。引き続き、千反田の好奇心が爆発します。

九 『サラエヴォへの手紙』

 折木が姉に手紙を書きます。どういうつもりで、古典部に入らせたのかと――。

 最後に

 小説『氷菓』は、学生時代に味わった甘くてほろ苦い記憶を思い出すことができるミステリー小説です。省エネ主義の折木が効率が悪くても手に入れる価値があるもの――古典部の活動に力を入れていく姿に惹かれること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『3月のライオン』は悩みに立ち向かう主人公たちに心動かされる漫画

(※『3月のライオン 1』表紙より)  ヤングアニマルで連載中の漫画『3月のライオン』。将棋を舞台に、自分の課題に真正面から取り組む登場人物たちに心動かされること間違いなしの漫画です。  今回は『3月のライオン』のあらす …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、「勇気は未来に伝染する」がテーマのSF小説です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

子供にも読ませたい!東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30

 2017年10月9日放送の「Qさま!!」で発表された「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30」。  私は国語の教科書でしか読んだことがない本ばかりでしたが、「この機会に改めて読んでみよう!」&「子どもたちにも読ん …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

正しい一発逆転のやり方/阿部和重・伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

 「こんなはずじゃなかった…」と、大人になった自分に幻滅している人たちも多いだろう。私もそのひとりだ。子どもの頃に思い描いていた「大人になった自分」は、もっと夢や希望で溢れていた。憧れの職業につき、大きな家に住み、奥さん …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

アメトーーク!「読書芸人」第2弾!おすすめ本まとめ

 2015年6月18日放送の「アメトーーク!」は「本屋で読書芸人」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、市川紗椰さんが、紀伊國屋で気になるおすすめ本を紹介されていました。  以前のエントリで紹介し …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

「対等な関係」ってどんな関係?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』は、家裁調査員という聞きなれない職業を目指す学生時代と、その職業に就いてからの出来事を描いた物語です。『サブマリン』という続編が出ているので、復習の意味もこめて再読したのですが、本当に …