webstation plus

(※『氷菓』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『氷菓』。

 高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?

 今回は『氷菓』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『氷菓』のあらすじ

 姉からの勧めで廃部寸前の古典部に入部した折木奉太郎。早速、部室に行くと、もう一人の入部希望者・千反田えるがいました。

 彼女は出会ってすぐにこんな疑問を口にします。

「わたしは閉じ込められていた、ってことですね」

 内側からは鍵がかからない部室に閉じ込められていたえる。奉太郎はごまかしてその場を立ち去ろうとしますが、「わたし、気になります」と迫ってくる彼女に負けて推理することに。

 ここから古典部シリーズが始まります。

 個性的なキャラクターが魅力的

 古典部に所属するのはこの4人。

・推理が得意なのにムダなことはしたくない省エネ思考の折木奉太郎
・清楚に見えるけど好奇心旺盛な千反田える
・博学なのにつまらないジョークが大好きな福部里志
・可愛い見た目とは裏腹に毒舌の伊原摩耶花

 そんな個性的な4人が織りなす青春ミステリーです。

 タイトルに込められた謎とは!?

 「あらすじ」でも紹介したように、えるが気になった謎を奉太郎が解いていく構成で物語が進んでいきます。

 たとえば、毎週金曜日の短時間だけ貸し出される本、あるはずの文集を無いと言い張る先輩…そんな日常のちょっとした謎を解き明かしていくんですね。

 なかでも最大の謎は、幼い頃に伯父の言葉で泣いてしまったえるの記憶。なぜあれほど優しかった伯父の言葉でえるは泣いたのか――奉太郎がこの謎に迫ります。

 ヒントは本書のタイトルにもなっている『氷菓』。すべての謎が解き明かされたとき、軽い痛みと切なさを感じること間違いなし!?

 最後に

 米澤穂信さんの小説『氷菓』。読めば少し切ない気持ちになる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

ビートたけし『キャバレー』/売れっ子になるための道のりは険しい

 売れっ子になりたいですよね。  私はブログで売れたいと思っていますが、そうでなくても、仕事で、ハンドメイドで、YouTubeで売れたいと思っている人は大勢いると思います。  では、どうすれは売れっ子になれるのでしょうか …