webstation plus

(※『氷菓』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『氷菓』。

 高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?

 今回は『氷菓』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『氷菓』のあらすじ

 姉からの勧めで廃部寸前の古典部に入部した折木奉太郎。早速、部室に行くと、もう一人の入部希望者・千反田えるがいました。

 彼女は出会ってすぐにこんな疑問を口にします。

「わたしは閉じ込められていた、ってことですね」

 内側からは鍵がかからない部室に閉じ込められていたえる。奉太郎はごまかしてその場を立ち去ろうとしますが、「わたし、気になります」と迫ってくる彼女に負けて推理することに。

 ここから古典部シリーズが始まります。

 個性的なキャラクターが魅力的

 古典部に所属するのはこの4人。

・推理が得意なのにムダなことはしたくない省エネ思考の折木奉太郎
・清楚に見えるけど好奇心旺盛な千反田える
・博学なのにつまらないジョークが大好きな福部里志
・可愛い見た目とは裏腹に毒舌の伊原摩耶花

 そんな個性的な4人が織りなす青春ミステリーです。

 タイトルに込められた謎とは!?

 「あらすじ」でも紹介したように、えるが気になった謎を奉太郎が解いていく構成で物語が進んでいきます。

 たとえば、毎週金曜日の短時間だけ貸し出される本、あるはずの文集を無いと言い張る先輩…そんな日常のちょっとした謎を解き明かしていくんですね。

 なかでも最大の謎は、幼い頃に伯父の言葉で泣いてしまったえるの記憶。なぜあれほど優しかった伯父の言葉でえるは泣いたのか――奉太郎がこの謎に迫ります。

 ヒントは本書のタイトルにもなっている『氷菓』。すべての謎が解き明かされたとき、軽い痛みと切なさを感じること間違いなし!?

 最後に

 米澤穂信さんの小説『氷菓』。読めば少し切ない気持ちになる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

加賀恭一郎が恋!?東野圭吾『眠りの森』はバレエに人生を捧げた人たちの物語

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

盗人にもモラルがあった!?『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

言葉には無限の力がある!?西加奈子『おまじない』は優しく背中を押してくれる小説

(※『おまじない』表紙より)  自分のことが嫌になったことありませんか。  私はよくあります。ネガティブ思考な人間なので、自分のことがよく嫌になります。  しかし、西加奈子さんの小説『おまじない』を読んで、そんな自分を少 …