これからの時代を生き抜くために古典を読もう

生き方

古典を読んでいますか?

私はあまり古典を読んできませんでしたが、

『本の「使い方」』を読んで、これからの時代を生き抜くには古典を読む必要があることがわかりました。

良質なアウトプットを出すには、良質なインプットが必要なんですよね。

スポンサーリンク

製造業の工場モデルが上手くいく時代は終わりを迎えた

戦後の日本社会を引っ張ってきた製造業の工場モデルが上手くいく時代は終わりを迎えました。

製品を大量生産するために、上司の言うことを聞いて、与えられた仕事を黙々とこなす、従順で、素直で、我慢強くて、協調性の高い人材が求められる時代は終わりを迎えたのです。

実際、日本のGDPに占める製造業のウエイトは、約5分の1まで低下しています。

製造業に代わってウエイトが増しているのが、サービス産業です。

サービス産業モデルで求められるのは、「自分の頭で考え、進んで行動し、新しいアイデアを生み出せる人材」です。

『「これからの世界」で働く君たちへ』の感想にも書いたように、自分のアタマで考える力が求められるんですよね。

生き残るために必要なのは「変化」/新時代に活躍できる人の5つの条件
 日本の大企業が苦しんでいますよね。  たとえば東芝。2015年9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたことを発表しましたが、その他にも、7件の水増しをしていたことが判明しました。  では、なぜ東芝を...

そして、自分のアタマで考える力を身につけるには、教養を身につける必要があります。

スポンサーリンク

教養(知識×考える力)がモノを言う時代に

では、教養とは具体的にどのようなものでしょうか。

たとえば、これまで数多くの素晴らしい音楽を生み出してこられた坂本龍一さんの頭の中には、幼少期から膨大な数の音楽が蓄えられています。

沢山の音楽を知っているからこそ、それを組み替えたり、組み合わせたりすることで、新しい音楽が生み出せるのです。

音楽教育を受けて、五線譜の読み方や楽器の奏法といった、作曲に必要最低限の基礎を身につけただけでは到底真似できません。

もちろん、音楽以外でも同じです。

良い人生、良い仕事、良い生活を送るためには、良いインプットが必要です。

インプットが多くなるほど、アウトプットの幅が広がり、発想が豊かになります。

とはいえ、学校教育では、生きていくために必要最低限の知識しか教えてくれません。

『僕は、だれの真似もしない』の感想にも書いたように、イノベーションを起こすには、そこから一歩先に進む必要があるんですよね。

学校教育に馴染んではダメ!?自己革新を起こす3つのステップ
 東芝やNECなど、日本の大企業が軒並みダメになっていますよね。  2004年にスティーブ・ジョブズからApple日本法人代表取締役を託された前刀禎明さんは、その原因を「日本人一人ひとりがセルフ・イノベーション(自己革新)をし...

だからこそ、インプットを増やして、思考の材料となる情報を広く、かつある程度まで深く身につける(=教養を身につける)必要があるわけですが、

では、どうすれば教養は身につくのでしょうか。

スポンサーリンク

教養を身につける3つの方法

それは次のいずれかを実践することです。

  • 人から学ぶ
  • 本から学ぶ
  • 旅から学ぶ

私たちは生きていく上で、「この世界をどのようなものだと理解し、どこを変えたいと思い、自分はその中でどの部分を受け持つか」を常に考えて行動する必要があります。

先ほども紹介したように、サービス産業モデルでは、自分の頭で考えて行動する力が求められるからです。

そして、世界を正しく理解するには、『自分のアタマで考えよう』でも紹介されていたように、時間軸と空間軸で考えることが基本になります。

  • 時間軸:人類や会社の歴史と照らし合わせて考える
  • 空間軸:世界の人々や他社の状況と比較して考える

私たち人間は、誰もが自分の都合の良いように世界を眺めてしまいがちです。

だからこそ、時間軸と空間軸で自分のポジションを正しく把握するのです。

そして、時間軸と空間軸で世界を正しく眺めるには、人、本、旅から得た教養が必要なわけですが、もちろん、どの方法で教養を身につけても問題ありません。

ただし、効率的に身につけるには、時間的・空間的な制約がなく、コストも安い本がお勧めです。

特に古典は、これまで長年に渡ってマーケットに選ばれ続けてきたものなので、ハズレが少なく、得られるものも多くあります。

これから教養を身につけたいと考えている方は、古典から手をつけてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、『本の「使い方」』を参考に、なぜこれからの時代を生き抜くには、古典を読む必要があるのか?を紹介してきました。

自分のアタマで考える力をつけるには、良質なインプットが必要です。

もちろん、古典以外でも教養を身につけることはできますが、まずは効率的に教養が身につく古典から手をつけてみてはどうでしょうか。

おすすめ度:3.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました