子どもの能力は無限大!?/小学生からの天才の育て方

子育て

 学校の勉強って面白くないですよね。私も小学生の頃、そう思っていたのですが、小学二年生になった息子から「学校が面白くない」と言われて、自分もそうだったことを思い出しました。

 息子が面白くないと言っている理由は明確です。勉強が簡単すぎるから。

 私の息子は現在、家で小学三年生の勉強をしています。本屋さんに行けば、自習用の本がいろいろ出版されているので、誰もが自分のレベルにあった勉強ができます。しかし…。




スポンサーリンク

 小学校ではどんな能力の子も同じ勉強をさせられる

 そのため、勉強ができる子にとっては、すでに知っていることを教えられ、反対にどこかでつまずいた子は、わからないことをそのままにして前に進まなければいけません。どちらの子にも、苦痛でしかありませんよね。

 しかも、習っていない漢字や数式を使うのはダメだとか、テストが早く終わっても机の上でじっと待ってないといけないとか、まるで禅修行です。禅修業が大好きで悟りを開きたいのなら別ですが、欲にまみれた私や私の息子には無理難題でしかありません。

 そもそも、そうまでして子どもを同レベルにしたがる理由は何でしょうか。ある程度そうしないと教える側が大変なのはわかりますが、子どもの能力を制限してまで同レベルにする必要性を感じません。

 だって、数学が得意な子もいれば、国語が得意な子もいる。美術が得意な子もいれば、体育が得意な子もいるなど、誰もが素晴らしい個性を持っているのですから。

 そんな子たちを同じ教室に詰め込んで、子どもの能力を伸ばそうなんて無理に決まっています。だからこそ…。

スポンサーリンク

 自宅で子どものレベルにあった勉強をさせよう

 という結論にたどりつきます。親が直接教えなくても、子どものレベルにあった参考書を選んで勉強するように促せば、子どもたちはゲーム感覚で楽しみながら勉強するようになります(たとえば、こんな本)。

 では、塾やKUMON、進研ゼミなどはどうでしょうか。

 個人的には、参考書で学べることを、わざわざ高いお金を出してやる必要性を感じませんが、それで子どものレベルにあった勉強ができるならいいと思います。もっといえば、それで勉強が楽しいと感じられるのなら、お金に見合う価値があると思います。

 そもそも勉強するのは、いい成績を取るためでも、いい大学に入るためでもありません。社会に出て、自分が解きたいと思う問題にぶつかったとき、どうやってそれを解くかを考えるために必要だからです。

 どうすれば結婚できるのか、欲しい家が買えるのか、好きな仕事に就けるのか…なんていう小さな問題から、貧困をなくしたい、差別をなくしたい、宇宙に行きたい…という大きな問題まで、幅広い問題を解決するために勉強するんですよね。

 どれだけツライ思いをして微分・積分を覚えても、実社会で使えなければ意味がありません。

スポンサーリンク

 勉強が楽しければ想像を超える結果が出せる

 だからこそ、楽しみながら勉強する必要があるわけですが、心から勉強が楽しめれば、天才かもと思えるような力が発揮できるそうです。

  • 保育園を卒業する頃には、小学五~六年生向けの小説や伝記を読むことができる。小学校六年間で5000冊本が読める。
  • 五歳でソロバンを使ってかけ算、割り算ができる。早い子なら小学二年生でソロバン1級に合格できる。
  • 保育園児が一度聴いた曲をピアノで演奏できる。小学校に入学すると、自分で楽譜を読んで演奏できるようになる。

 などなど。これができたから何なの?という疑問は置いといて、少なくとも楽しみながら勉強すれば、子どもの能力はぐんぐん伸びていきます。天才かもと思えるほどの結果が出せます。

 そのためには、私たち親が子どものやる気を引き出すこと。競争を促したり、真似したくなる人を見つけたり、適切な課題を与えたりと、子どものやる気を育てる必要があります。

 私も「天才を育てる!」とまでは言い切れませんが、子どもが伸び伸びと力を発揮できるようにサポートしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました