webstation plus

google_03

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。

 実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザや広告主、あるいはパートナー企業が何を望んでいるのか、それが市場セグメントにどのように当てはまるのかといった市場調査も行わない。セールス部門はこれ、プロタクト部門はこれ、そしてエンジニアリング部門の仕事はこれ、といった組織の概念すらない。何をいつまでにつくるかを詳細に記したロードマップもなければ、予算もなし。取締役会や進捗状況を確認するための目標やマイルストーンもないという。

 では、なぜグーグルではまともな事業計画を立てようとしないのだろうか。結論からいえば、優秀なエンジニアたちの手足を縛るリスクが高いからだ。だから、グーグルのCEOであるラリー・ペイジ氏は「事業計画を立てたほうがいいのでは?」という部下からの質問に対して、「なんでそんなことをしなきゃならないんだ?バカげてるよ」と答えている。

 このようにグーグルでは、「大学院の雰囲気を経営に持ち込む」というこれまでにない経営スタイルを実践しているわけだが、この経営スタイルが実践できるのは、グーグルで働くエンジニアのレベルが相当高いからである。

 では、どれほど高いのか。「グーグルで働くエンジニアたちは最低でも次の三つの能力を持っている」とエリック・シュミット氏はいう。

  1. 専門知識
  2. クリエイティブなエネルギー
  3. 自分で手を動かして業務を遂行しようとする姿勢

 そもそも、自分の「商売道具」を使いこなせるだけの高度な専門知識を持っていなければ、話にならない。グーグルでいえば、コンピュータ科学者であったり、少なくとも日々のコンピュータ画面上で起きている魔法――たとえば検索エンジンの背後にあるシステムの理論や構造を理解している必要がある。そうした知識がなければ、新しいシステムなど生み出せないからだ。

 もちろん、新しいシステムを生み出すには「斬新なアイデア」が必要である。これまで誰も思い浮かばなかったアイデアだ。そして、そういったアイデアを思いつくには、他の人とはまったく違う視点があり、ときには本来の自分とも違う視点に立てること。すなわち、好奇心旺盛で、常に疑問を抱き、決して現状に満足せず、常に問題を見つけて解決しようとし、それができるのは「自分しかない」と確信している――そういったエネルギーで溢れている必要がある。

 さらに、思い浮かんだアイデアを自らの手で成し遂げる力がいる。グーグルでは基本的に自分たちでサービスを生み出している(プログラミングしている)そうだ。そのことを示す面白い例がある。

 グーグルでは、社内にビリヤード場があるのだが、そこに「ある問題」を貼りだしておいたところ、そこで遊んでいたエンジニアたちが勝手にその問題を解き、サービスとして運用できるレベルにまで仕上げてしまったという。

 他の会社がサービスを作るなら、計画書を書き、予算を確保して、仕様書を書いて、その仕様書に基づいてプログラミングできる会社をみつけ、仕様の説明をして外部委託する――といった気が遠くなるような手順を踏む必要がある。ところが、グーグルではそういった無駄な手順は一切踏まずに自分たちで作り上げる。

 このようにグーグルのエンジニアたちは相当レベルが高いように思えるが、もちろんこれは最低限求められるレベルである。他にも、分析力やビジネス感覚が優れているといった素晴らしい力が必要だ。では、どうすればこうした力を手に入れることができるのだろう。本書が示しているのは次の二つ。

  • 徹底的に努力をする
  • とにかくスピード

 グーグルのエンジニアたちは、自分たちが成し遂げようとしていることが「朝九時から夕方五時の勤務」で実現できないことを知っている。全財産をなげうって火星を目指しているあのイーロン・マスクも、土曜日の夕方に帰る社員たちをみて、「すっかり弱腰になっちゃってね。こんな甘えた状態でいいのかと会社にメールで活を入れようと思っていたところですよ」といっている。つまり、多くの人たちが休んでいる間に努力するのが当たり前になっているということ。

 そして、何よりもスピードだ。先ほども説明したように、他の会社のエンジニアたちが仕様書を書いている間に、グーグルのエンジニアたちは自らプログラミングをしてプロトタイプを作り上げてしまう――その圧倒的なスピードでグーグルは成功してきたのである。つまり、ものすごいスピードで人の倍以上の努力をしているからこそ、グーグルのエンジニアたちは素晴らしいサービスを生み出し続けられるのである。

 さて、これから私たちが生きる世界では、インターネットの発達によって、いつでもどこでも誰もがつながる世界になっていくだろう。実際に、文章やプログラミング、ハンドメイド作品など、様々なものが個人で販売できる環境が整ってきた。こういった流れがさらに加速するとどうなるのか。これまで日本にしかいなかったライバルたちが、中国やインド、ブラジルといった世界各地にあふれることになる。すなわち、グーグルのエンジニア相当の人たちが競争相手になるのだ。

 だからこそ、今すぐにでも――グーグルのエンジニアたちに負けないような技術者に成長していく必要がある。グーグルのエンジニアのように、ものすごいスピードで人の倍以上の努力をしていく必要がある。そうすれば、これからの厳しい世界でもきっと生き残っていくことができるだろう。

 関連記事

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

仕事が原因で「もう死にたい…」と思わないために必要なもの

 日本における自殺の統計情報を見てみると、男女差がとても大きいことがわかります。下図がそれなのですが、パッと見ただけで大差があることがわかりますよね。実は、男性の自殺率は女性の2倍以上もあるのです。  では、なぜ女性より …

35歳からの「第二の人生」を楽しむための5つのチェックリスト

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャ …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

「何のために働くの?」――会社のためではない、自分のためだ

 仕事に夢中になっているときには考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。  そんなとき、「家族のため」や「会社のため」、「社会を良くするため」 …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …