webstation plus

(※『人質の朗読会』表紙より)


 小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。

 地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりました。

 とても不思議な物語ですが、読めば心に残ること間違いなし!?

 今回は『人質の朗読会』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『人質の朗読会』のあらすじ

 地球の反対側にある村に観光に来ていた日本人8名が、反政府ゲリラの襲撃を受け拉致されます。

 犯人グループの要求は、逮捕・拘束された仲間の釈放と身代金の支払いでした。

 それからしばらくは目立った動きはありませんでしたが、事件発生から100日以上が過ぎた頃、事態は急展開します。軍と警察の特殊部隊が元猟師小屋のアジトに強行突破したのです。

 その結果、犯人グループの5名は全員射殺、特殊部隊の隊員2名が殉職、11名が負傷しました。さらに、犯人の仕掛けたダイナマイトの爆発によって人質全員が死亡します。

 残されたのは、床板に刻まれた文章と盗聴テープだけでした。

 しかし、その盗聴テープには、人質の朗読会の様子が録音されていました。彼らは一体何を朗読したのか!?

 『人質の朗読会』のおすすめポイント

1. 不思議なのに心に残る短編集

 あらすじでも紹介したように、『人質の朗読会』は、人質になった人たちがいつ死ぬかわからない状況で自分の過去と向き合いながら朗読しあう物語です。

 全9章で構成されているのですが、どれも不思議なのに心に残る物語ばかり!?

 なかでも印象的だったのが『やまびこビスケット』、『B談話室』、『冬眠中のヤマネ』。それぞれ簡単に紹介します。

『やまびこビスケット』

 高校の食物科を卒業した私は、レストランや洋菓子メーカーなどの面接を受けますが、次々と落とされました。受かったのは、しがないビスケット会社・やまびこビスケットだけ。

 やまびこビスケットでの仕事はとても単調なものでした。アルファベットの形をしたビスケットを製造するラインで、不良品を取り除く仕事です。

 しかし、私はこの仕事を気に入っていました。正しいアルファベットが何者にも乱されない確かさで行進していく姿を眺めるのが好きだったからです。

 一方、私は工場の近くにある信じられないくらい安いアパートに住み始めました。家賃が安いのは大家さんがとても変わった人だったからです。

 大家のおばあさんは、整理整頓を何よりも愛していました。少しでも普段と違う場所に物が置かれていると激しく叱ります。

 また、お金に汚く、家賃を持っていくと引ったくられるように奪われました。

 そんな嫌われ者の大家さんでしたが、大家さんが転んで怪我をしたことをきっかけに、私との関係が変わります。私は大家さんに、不良品のビスケット、面接に次々と落とされたダメな自分を重ねて見るようになったからです。

 そして最後は――。

 どんな人にでも共感できるところがあることを教えてくれる物語です。

『B談話室』

 お年寄りの外国人に「公民館のB談話室はどこですか?」と尋ねられた僕は、口で説明するよりも手っ取り早いと思い、B談話室まで案内することにしました。

 そこで、可愛い女性に手招きされた僕は、危機言語を救う友の会が行われているB談話室に足を踏み入れることに。

 危機言語を救う友の会とは、政治的な理由で使用が禁止されたり、人口が減少したりして忘れ去られようとしている世界の地域語を守るための集まりでした。

 参加者が話す危機言語を聞いていると、僕の胸にも激しく訴えかけてくるものがありました。

 それから僕は何度かB談話室に通うようになります。蜘蛛の巣愛好会、溶鉱炉を愛でる会、絶食研究組合などなど。

 その結果、僕は――。

 どれほどマイナーでも、自分の大切なことを共有できる人がいることはありがたいことだと気づかされる物語です。

『冬眠中のヤマネ』

 母は、僕が私立中学校に合格すると非常識なほどに喜びました。父が売れない眼鏡屋を営んでいたこともあり、母は僕を眼科医にしようとしていたからです。

 しかし、僕は眼科医になりたいとは思っていませんでした。興味があるのは、野球と女の子だけ。

 そんな僕の考えを変えたのが、通学途中に出会ったほとんど死にかけの老人です。

 彼は手作りと思われるぬいぐるみを売っていましたが、オオアリクイやムカデ、コウモリなど可愛くないものばかりでした。しかも、どのぬいぐるみにも左目がありません。その老人と同じように…。

 しかし、左目がないことで、僕はその老人が作ったヤマネのぬいぐるみが気になって仕方なくなります。そこでヤマネを買おうとしますが、ちょうどその場所で行われていた石段登り競争に巻き込まれることに。

 老人を背負って石段登り競争に参加した僕は――。

 老人の気持ちに胸が熱くなる物語です。

2. 非常識な人との出会いが心に残る

 これらの物語は、どれも世間では非常識と言われる人たちとの出会いが語られています。

 必要以上に整理整頓にこだわるケチな老婆や、気持ち悪いぬいぐるみを売る老人、母が出かけた隙に台所を借りにくる隣に住む娘さんなど、とても不思議な人ばかり。

 しかし、そういった非常識な人だからこそ、自分の人生を変えるきっかけになるのかもしれません。自分にはない視点で物事を見ている人たちだからです。

 私たちは自分とよく似た価値観の人とばかり接してしまいがちですが、たまには正反対の価値観を持つ人とコミュニケーションを取ることも大切なのかもしれませんね。

3. 繰り返しが運命になる

 この物語でもう一つ面白いと思ったのは、偶然がその人の人生を決めていることです。

 母親に眼科医になってほしいと言われた僕は、左目のない老人と偶然出会い眼科医を目指すようになり、飛行機のプラモデルが趣味だった夫を亡くしたおばさんは、槍投げをする青年との出会いが生きがいになり、B談話室に通っていた僕は、それがきっかけで小説家になる――。

 もちろん作られた物語なので、偶然が起こるように描かれていますが、私たちの人生も偶然で決まっているように思えるんですよね。

 ぜひ、実際に読んで不思議な世界を体験してください。

 最後に

 小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。不思議な物語ばかりなのに、心に残ること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …