webstation plus

 宗教は自分には関係がないものだと思っていませんか?

 私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。

 ある意味、誰もが洗脳されているんですよね。

 娘の病を必死に治そうとする両親の物語

 では、あらすじから。

 物語の主人公は林ちひろ。彼女は生後半年のときに湿疹ができ、一週間で全身に広がりました。

 そんな娘の姿をみた両親は、ちひろの湿疹を治そうと専門医に勧められた薬を塗ったり、効果があると聞いたあらゆることを試しますが、どれも効果がありません。

 そんなとき、父の職場の同僚から「水」を勧められました。その水をかければ良くなると聞いた両親は、試しにちひろにかけてみたところ…。

 わずか数日で湿疹が治るんですよね。また、その水を飲むようになった両親も、風邪ひとつ引かなくなりました。

 こうして、ちひろの両雛は「金星のめぐみ」という水を売る新興宗教団体にハマっていきました。水はとても高額でしたが、何よりも優先して購入するようになります。

 また、飲むだけでなく、水で浸したタオルを頭にのせれば、「身体が元気になる」「美容効果がある」と教えられると、言われるがままに行動するようになりました。

 遠くから眺めていると、明らかに洗脳されているように思えますが…。

 私たちも宗教のようなものに洗脳されている

 実は、私を含む多くの人たちが宗教のようなものに洗脳されています。

 たとえば、高額な化粧品もそのひとつです。

 『星の子』に出てきた新興宗教団体のように教会こそありませんが、「金星のめぐみ」という水が化粧品に変わっただけで、システムとしてはそれほど大差ありません。

 「この化粧品を使えば肌に良いですよ」と言われて、実際に効果があれば、肌が弱い人なら高額でも購入しますよね。

 他にも、多くの病気が治るといわれている「電気治療器」や、癌に効果があるといわれている「健康食品」などもそうです。

 もっと言えば、神社やお寺もそうでしょう。「お祈り」や「お守り」、「お宮参り」に「厄年」など、科学的には説明できないことばかりです。

 それでも多くの人たちが疑うことなく神社やお寺に行く姿を眺めていると、新興宗教にハマったちひろの家族と大差ないように思えてくるんですよね。

 つまり、私たちの誰もが宗教にハマっているということです。

 宗教にハマることは悪くないけれど…

 もちろん、宗教にハマること自体は悪いことではありません。

 数学者の岡清さんも「科学では説明しきれない世界を無視している人は不幸になりやすい」と言われています。

 とはいえ…。『星の子』に出てくる一家のように、住む家が徐々に狭くなっていっても、家庭が崩壊しても、宗教にハマるのは良くありません。

 「宗教」と「現実」のバランスを取るのは難しいことなのかもしれませんが、それができれば、私たちは今以上に幸せを感じられるのかもしれませんね。

 ◆

 今村夏子さんの小説『星の子』。少し不思議な物語ですが、誰もが宗教的なものにハマる可能があることに気づかせてくれる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

東野圭吾『沈黙のパレード』感想/法律はいつも正しいわけではない!?

 法律を守って生きていますか?  もちろん私は法律を守って生きていますが、東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』を読んで、法律は時によって無力であるだけでなく、加害者を守る武器にもなることに気づきました。  久しぶりのガリ …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …

東野圭吾『虚像の道化師』感想/謎を解くことだけが探偵の仕事ではない

 謎を解いて犯人を追い詰めるミステリーはお好きですか?  私はもちろん大好きですが、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』の主人公は謎を解いて終わりではありませんでした。謎を解いた後に、関係者たちを励まそうとするんですよね。 …

米澤穂信『氷菓』は好きなことに打ち込む楽しさとツラさがわかる物語

 好きなことに打ち込んでいますか?  私は好きな仕事とブログに打ち込んでいますが、米澤穂信さんの小説『氷菓』に登場する主人公は違いました。  彼は勉強にもスポーツにも恋愛にも消極的だったんですよね。そんな彼が…。 &nb …

今村昌弘『屍人荘の殺人』感想/ゾンビものとミステリーが組み合わさった物語はお好きですか?

 ゾンビものとミステリーが組み合わさった物語はお好きですか?  私はバイオハザードもミステリーも大好きなので、今村昌弘さんの小説『屍人荘の殺人』は、ページをめくる手が止まらなくなりました。  デビュー作とは思えないほど、 …

東野圭吾『卒業』は今すぐモラトリアムから抜け出したくなる物語

 モラトリアムから抜け出せていますか?  私は抜け出せていると思っていますが、もし「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら…。  子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証 …

米澤穂信『愚者のエンドロール』は才能が発揮できる役割を担うことが大切だとわかる物語

 才能が発揮できる仕事をしていますか?  私は残念ながら才能が発揮できる仕事をしていませんが、米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』を読んで、才能が発揮できる役割を担うことが大切さだとよくわかりました。  どれだけ努力 …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …