webstation plus

(※『星の子』表紙より)


 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。

 私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。

 しかし、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。

 なぜなら、私たち日本人の多くが当たり前のようにしている初詣やお宮参りなどと大差ないことに気づいたからです。

 今回は、『星の子』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『星の子』のあらすじ

 小さい頃、体が弱かった林ちひろ。彼女は生後半年のときに湿疹ができ、わずか一週間で全身に広がりました。

 彼女の両親は、ちひろの湿疹を治そうと専門医に勧められた薬を塗ったり、ありとあらゆる民間療法を試しましたが良くなりません。

 そんなとき、父の職場の同僚・落合さんから「水」を勧められます。その水をちひろにかけたところ、わずか数日で湿疹が治りました。水を飲むようになった両親も風邪ひとつひかなくなります。

 その水は「金星のめぐみ」という名前で、新興宗教団体が販売していました。

 ちひろの両親は、この新興宗教にどっぷりハマっていきます。しかし、ちひろの姉・まさみはまったく信じていませんでした。

 こうして林家にみえない亀裂が入ります。林家の運命は!?

 『星の子』のおすすめポイント

1. 新興宗教にハマる理由が客観的にわかる!?

 ちひろの両親は、ちひろの湿疹が治ったことがきっかけで新興宗教にハマっていきました。

 しかし、最初から宗教だとわかってハマったわけではありません。最初は、落合さんが勧めてきた「水」を試しに使ってみただけでした。

 ところが実際に使ってみると、ちひろの症状は劇的に良くなっていきます。専門医でも、あらゆる民間療法でも効果がなかったのに。

 また、ちひろの両親も水を飲むことで風邪ひとつひかなくなりました。

 そんな不思議な水があれば欲しいと思いますよね。そこで、ちひろの両親は高額な水を買うようになります。

 さらに、落合さんの家に行き、水で浸したタオルを頭にのせると身体が元気になる、美容効果があるという話を聞きます。早速試してみたところ、効果があるように思えました。

 こうして、ちひろの両親は宗教にどっぷりハマっていったんですね。新興宗教にハマる人たちの気持ちがわかる物語です。

2. 宗教は私たちのまわりに溢れている

 『星の子』の視点で物事をみてみると、私たちのまわりには宗教が溢れていることがわかります。

 たとえば、高額な化粧品。教会こそありませんが、水が化粧品になっただけで、システムとしては同じです。

 「この化粧品を使えば、肌に良いですよ」と言われて、実際に効果があれば、高額でも買ってしまいますよね。

 他にも、病気が治るとされる電気治療や癌が治ると言われている健康食品などもそうです。

 お寺や神社も同じでしょう。なぜお守に効果があるのか?厄年って何なのか?祈る効果はあるのか?など科学的には説明できないことばかり。

 それでも私たちは疑うことなくお寺や神社に行っています。新興宗教との違いは、古くからあるかどうか…なのかもしれませんね。

 誰もが新興宗教にハマる可能性があることに気づかされる物語です。

3. 林家がたどる結末とは!?

 新興宗教にどっぷりハマった林家。そんな彼らの生活がリアルにわかるのが一番のおすすめポイントです。

 親戚から反対されたり、住む家が徐々に狭くなっていったり、家庭が崩壊していったりと、それはそれは怖ろしい物語。しかし、先ほども説明したように誰もが新興宗教にハマる可能性があります。

 ぜひ、実際に読んで彼らの生活を目の当たりにしてください。

 最後に

 今村夏子さんの小説『星の子』。読めば誰もが新興宗教を信じてしまう可能性があることに気づかされる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

まわりに左右されるか、左右していくか/浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。  転職先を探したり、リストラ対象に自分が入ってないか上 …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …