webstation plus

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?

 私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。

 ある意味、誰もが洗脳されているんですよね。

 娘の病を必死に治そうとする両親の物語

 物語の主人公は林ちひろ。彼女は生後半年のときに湿疹ができ、一週間で全身に広がりました。

 そんな娘の姿をみた両親は、ちひろの湿疹を治そうと専門医に勧められた薬を塗ったり、効果があると聞いたあらゆることを試しますが、どれも効果がありません。

 そんなとき、父の職場の同僚から「水」を勧められます。その水をかければ良くなると聞いた両親は、試しにちひろにかけてみたところ…。

 わずか数日で湿疹が治りました。また、その水を飲むようになった両親も、風邪ひとつ引かなくなります。

 こうして、ちひろの両雛は「金星のめぐみ」という水を売る新興宗教団体にハマっていきました。水はとても高額でしたが、何よりも優先して購入するようになります。

 また、飲むだけでなく、水で浸したタオルを頭にのせれば、「身体が元気になる」「美容効果がある」と教えられると、言われるがままに行動するようになりました。

 遠くから眺めていると、明らかに洗脳されているように思えますが…。

 私たちも宗教のようなものに洗脳されている

 実は、私を含む多くの人たちが宗教のようなものに洗脳されています。

 たとえば、高額な化粧品もそうです。『星の子』に出てきた新興宗教団体のように教会こそありませんが、「金星のめぐみ」という水が化粧品に変わっただけで、システムとしてはそれほど大差ありません。

 「この化粧品を使えば肌に良いですよ」と言われて、実際に効果があれば、肌が弱い人なら高額でも購入しますよね。

 他にも、多くの病気が治るといわれている「電気治療器」や、癌に効果があるといわれている「健康食品」なども同じです。

 もっと言えば、神社やお寺もそうでしょう。「お祈り」や「お守り」、「お宮参り」に「厄年」など、科学的には説明できないことばかりです。

 それでも多くの人たちが疑うことなく神社やお寺に行く姿を眺めていると、新興宗教にハマったちひろの家族と大差ないように思えるんですよね。

 つまり、私たちの誰もが宗教にハマっているということです。

 宗教にハマることは悪くないけれど…

 もちろん、宗教にハマること自体は悪いことではありません。数学者の岡清さんも「科学では説明しきれない世界を無視している人は不幸になりやすい」と言われています。

 とはいえ…。『星の子』に出てくる一家のように、住む家が徐々に狭くなっていっても、家庭が崩壊しても、宗教にハマるのは良くありません。

 「宗教」と「現実」のバランスを取るのは難しいことなのかもしれませんが、それができれば、私たちは今以上に幸せを感じられるのかもしれませんね。

 ◆

 今村夏子さんの小説『星の子』。少し不思議な物語ですが、誰もが宗教的なものにハマる可能があることに気づかされます。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなの?

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはい …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  あまり物事を考えずに日々を過ごしていると、今、常識としていることをすべて受け入れるしかありませんが、常識はずれな物語を読めば、自分の思考を変えるキッカケになります。  今回紹介する伊坂幸 …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …