今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた物語

おすすめ小説

宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?

私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで考えが変わりました。

なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。

ある意味、誰もが洗脳されているんですよね。

スポンサーリンク

娘の病を必死に治そうとする両親の物語

では、あらすじから。

物語の主人公は中学三年生の林ちひろ。彼女は生後半年のときに湿疹ができ、一週間で全身に広がりました。

そんな娘の姿をみた両親は、ちひろの湿疹を治そうと、専門医に勧められた薬を塗ったり、効果があると聞いたあらゆることを試しますが、どれも効果はありませんでした。

そんなとき、父の職場の同僚から「水」を勧められます

その水をかければ、どんな病気も良くなると聞いた両親は、試しにちひろにかけてみたところ…。

わずか数日で湿疹が治りました。それだけでなく、その水を飲むようになった両親も、風邪ひとつ引かなくなります。

こうして、ちひろの両雛は「金星のめぐみ」という水を売る新興宗教団体にハマっていきました。

水はとても高額でしたが、何よりも優先して購入するようになります。

また、その水で浸したタオルを頭にのせれば、「身体が元気になる」「美容効果がある」と教えられた両親は、言われるがままに行動するようになりました。

遠くから眺めていると、明らかに洗脳されているように思えますが…。

スポンサーリンク

誰もが宗教のようなものに洗脳されている!?

実は、私を含む多くの人たちが宗教のようなものに洗脳されています。

たとえば、高額な化粧品もそのひとつです。

『星の子』に出てきた新興宗教団体のように教会こそありませんが、「金星のめぐみ」という水が化粧品に変わっただけで、システムとしてはそれほど大差ありません。

「この化粧品を使えば肌に良いですよ」と言われて、実際に効果があれば、肌が弱い人なら高額でも購入しますよね。

他にも、多くの病気が治るといわれている「電気治療器」や、癌に効果があるといわれている「健康食品」などもそうです。

もっと言えば、神社やお寺もそうでしょう。

「お祈り」や「お守り」、「お宮参り」に「厄年」など、科学的には説明できないことばかりです。

それでも多くの人たちが疑うことなく神社やお寺に行く姿を眺めていると、新興宗教にハマったちひろの家族と大差ないように思えてくるんですよね。

つまり、私たちの誰もが宗教にハマっているということです。

スポンサーリンク

宗教にハマることは悪くないけれど…

もちろん、宗教にハマること自体は悪いことではありません。

数学者の岡清さんも「科学では説明しきれない世界を無視している人は不幸になりやすい」と言われています。

『数学する人生』感想/数学者がたどり着いた幸せに生きる方法とは?
 数学者というと堅いイメージがありますよね。世間で騒がれているような些細なことに興味がなく、数学と向き合う日々を過ごしているイメージがあります。  しかし、そんな数学者だからこそ、私たち凡人とは違う視点で「生き方」について考え...

とはいえ、ちひろ一家のように、住む家が徐々に狭くなっていっても、家庭が崩壊しても、宗教にハマるのは良くありません。

「宗教」と「現実」のバランスを取るのは難しいことなのかもしれませんが、バランスを取ることができれば、私たちは今よりも幸せを感じられるのかもしれませんね。

というわけで、今村夏子さんの小説『星の子』は、少し不思議な物語ですが、誰もが宗教にハマる可能があることに気づかせてくれる物語です。

気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめ度:4.0

あわせて読みたい

本屋大賞2018にノミネートされた10冊とおすすめランキングを紹介
 この前のエントリで、本屋大賞2019にノミネートされた10冊とおすすめランキングを紹介しましたが、今回は本屋大賞2018の紹介です。  本屋大賞2018も本屋大賞2019と同様に、これまで出会ったことのない面白い作品...

コメント

タイトルとURLをコピーしました