webstation plus

(※『星の子』表紙より)


 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。

 私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。

 しかし、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。

 なぜなら、私たち日本人の多くが当たり前のようにしている初詣やお宮参りなどと大差ないことに気づいたからです。

 今回は、『星の子』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『星の子』のあらすじ

 小さい頃、体が弱かった林ちひろ。彼女は生後半年のときに湿疹ができ、わずか一週間で全身に広がりました。

 彼女の両親は、ちひろの湿疹を治そうと専門医に勧められた薬を塗ったり、ありとあらゆる民間療法を試しましたが良くなりません。

 そんなとき、父の職場の同僚・落合さんから「水」を勧められます。その水をちひろにかけたところ、わずか数日で湿疹が治りました。水を飲むようになった両親も風邪ひとつひかなくなります。

 その水は「金星のめぐみ」という名前で、新興宗教団体が販売していました。

 ちひろの両親は、この新興宗教にどっぷりハマっていきます。しかし、ちひろの姉・まさみはまったく信じていませんでした。

 こうして林家にみえない亀裂が入ります。林家の運命は!?

 『星の子』のおすすめポイント

1. 新興宗教にハマる理由が客観的にわかる!?

 ちひろの両親は、ちひろの湿疹が治ったことがきっかけで新興宗教にハマっていきました。

 しかし、最初から宗教だとわかってハマったわけではありません。最初は、落合さんが勧めてきた「水」を試しに使ってみただけでした。

 ところが実際に使ってみると、ちひろの症状は劇的に良くなっていきます。専門医でも、あらゆる民間療法でも効果がなかったのに。

 また、ちひろの両親も水を飲むことで風邪ひとつひかなくなりました。

 そんな不思議な水があれば欲しいと思いますよね。そこで、ちひろの両親は高額な水を買うようになります。

 さらに、落合さんの家に行き、水で浸したタオルを頭にのせると身体が元気になる、美容効果があるという話を聞きます。早速試してみたところ、効果があるように思えました。

 こうして、ちひろの両親は宗教にどっぷりハマっていったんですね。新興宗教にハマる人たちの気持ちがわかる物語です。

2. 宗教は私たちのまわりに溢れている

 『星の子』の視点で物事をみてみると、私たちのまわりには宗教が溢れていることがわかります。

 たとえば、高額な化粧品。教会こそありませんが、水が化粧品になっただけで、システムとしては同じです。

 「この化粧品を使えば、肌に良いですよ」と言われて、実際に効果があれば、高額でも買ってしまいますよね。

 他にも、病気が治るとされる電気治療や癌が治ると言われている健康食品などもそうです。

 お寺や神社も同じでしょう。なぜお守に効果があるのか?厄年って何なのか?祈る効果はあるのか?など科学的には説明できないことばかり。

 それでも私たちは疑うことなくお寺や神社に行っています。新興宗教との違いは、古くからあるかどうか…なのかもしれませんね。

 誰もが新興宗教にハマる可能性があることに気づかされる物語です。

3. 林家がたどる結末とは!?

 新興宗教にどっぷりハマった林家。そんな彼らの生活がリアルにわかるのが一番のおすすめポイントです。

 親戚から反対されたり、住む家が徐々に狭くなっていったり、家庭が崩壊していったりと、それはそれは怖ろしい物語。しかし、先ほども説明したように誰もが新興宗教にハマる可能性があります。

 ぜひ、実際に読んで彼らの生活を目の当たりにしてください。

 最後に

 今村夏子さんの小説『星の子』。読めば誰もが新興宗教を信じてしまう可能性があることに気づかされる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

殺人よりも怖ろしいのは妻!?伊坂幸太郎『AX』は家族想いの殺し屋に感動する物語

(※『AX』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『AX』。  殺し屋シリーズ第三弾の本作は、これまでのシリーズとは異なり、怒りが湧くことなく楽しめる物語です。読めば、家族想いの殺し屋に泣いたり笑ったりすること間違いなし!? …