webstation plus

 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか?

 私はそう思っていましたが、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。なぜなら、宗教は私たちの生活に密接に関わっていることに気づいたからです。

 ある意味、誰もが洗脳されているんですよね。

 娘の病を必死に治そうとする両親の物語

 物語の主人公は林ちひろ。彼女は生後半年のときに湿疹ができ、一週間で全身に広がりました。

 そんな娘の姿をみた両親は、ちひろの湿疹を治そうと専門医に勧められた薬を塗ったり、効果があると聞いたあらゆることを試しますが、どれも効果がありません。

 そんなとき、父の職場の同僚から「水」を勧められます。その水をかければ良くなると聞いた両親は、試しにちひろにかけてみたところ…。

 わずか数日で湿疹が治りました。また、その水を飲むようになった両親も、風邪ひとつ引かなくなります。

 こうして、ちひろの両雛は「金星のめぐみ」という水を売る新興宗教団体にハマっていきました。水はとても高額でしたが、何よりも優先して購入するようになります。

 また、飲むだけでなく、水で浸したタオルを頭にのせれば、「身体が元気になる」「美容効果がある」と教えられると、言われるがままに行動するようになりました。

 遠くから眺めていると、明らかに洗脳されているように思えますが…。

 私たちも宗教のようなものに洗脳されている

 実は、私を含む多くの人たちが宗教のようなものに洗脳されています。

 たとえば、高額な化粧品もそうです。『星の子』に出てきた新興宗教団体のように教会こそありませんが、「金星のめぐみ」という水が化粧品に変わっただけで、システムとしてはそれほど大差ありません。

 「この化粧品を使えば肌に良いですよ」と言われて、実際に効果があれば、肌が弱い人なら高額でも購入しますよね。

 他にも、多くの病気が治るといわれている「電気治療器」や、癌に効果があるといわれている「健康食品」なども同じです。

 もっと言えば、神社やお寺もそうでしょう。「お祈り」や「お守り」、「お宮参り」に「厄年」など、科学的には説明できないことばかりです。

 それでも多くの人たちが疑うことなく神社やお寺に行く姿を眺めていると、新興宗教にハマったちひろの家族と大差ないように思えるんですよね。

 つまり、私たちの誰もが宗教にハマっているということです。

 宗教にハマることは悪くないけれど…

 もちろん、宗教にハマること自体は悪いことではありません。数学者の岡清さんも「科学では説明しきれない世界を無視している人は不幸になりやすい」と言われています。

 とはいえ…。『星の子』に出てくる一家のように、住む家が徐々に狭くなっていっても、家庭が崩壊しても、宗教にハマるのは良くありません。

 「宗教」と「現実」のバランスを取るのは難しいことなのかもしれませんが、それができれば、私たちは今以上に幸せを感じられるのかもしれませんね。

 ◆

 今村夏子さんの小説『星の子』。少し不思議な物語ですが、誰もが宗教的なものにハマる可能があることに気づかされます。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本書は、知念 …

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない

 人間に与えられた特権を活用していますか?  実は私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように生きている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風の …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …