webstation plus

(※『星の子』表紙より)


 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。

 私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。

 しかし、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。

 なぜなら、私たち日本人の多くが当たり前のようにしている初詣やお宮参りなどと大差ないことに気づいたからです。

 今回は、『星の子』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『星の子』のあらすじ

 小さい頃、体が弱かった林ちひろ。彼女は生後半年のときに湿疹ができ、わずか一週間で全身に広がりました。

 彼女の両親は、ちひろの湿疹を治そうと専門医に勧められた薬を塗ったり、ありとあらゆる民間療法を試しましたが良くなりません。

 そんなとき、父の職場の同僚・落合さんから「水」を勧められます。その水をちひろにかけたところ、わずか数日で湿疹が治りました。水を飲むようになった両親も風邪ひとつひかなくなります。

 その水は「金星のめぐみ」という名前で、新興宗教団体が販売していました。

 ちひろの両親は、この新興宗教にどっぷりハマっていきます。しかし、ちひろの姉・まさみはまったく信じていませんでした。

 こうして林家にみえない亀裂が入ります。林家の運命は!?

 『星の子』のおすすめポイント

1. 新興宗教にハマる理由が客観的にわかる!?

 ちひろの両親は、ちひろの湿疹が治ったことがきっかけで新興宗教にハマっていきました。

 しかし、最初から宗教だとわかってハマったわけではありません。最初は、落合さんが勧めてきた「水」を試しに使ってみただけでした。

 ところが実際に使ってみると、ちひろの症状は劇的に良くなっていきます。専門医でも、あらゆる民間療法でも効果がなかったのに。

 また、ちひろの両親も水を飲むことで風邪ひとつひかなくなりました。

 そんな不思議な水があれば欲しいと思いますよね。そこで、ちひろの両親は高額な水を買うようになります。

 さらに、落合さんの家に行き、水で浸したタオルを頭にのせると身体が元気になる、美容効果があるという話を聞きます。早速試してみたところ、効果があるように思えました。

 こうして、ちひろの両親は宗教にどっぷりハマっていったんですね。新興宗教にハマる人たちの気持ちがわかる物語です。

2. 宗教は私たちのまわりに溢れている

 『星の子』の視点で物事をみてみると、私たちのまわりには宗教が溢れていることがわかります。

 たとえば、高額な化粧品。教会こそありませんが、水が化粧品になっただけで、システムとしては同じです。

 「この化粧品を使えば、肌に良いですよ」と言われて、実際に効果があれば、高額でも買ってしまいますよね。

 他にも、病気が治るとされる電気治療や癌が治ると言われている健康食品などもそうです。

 お寺や神社も同じでしょう。なぜお守に効果があるのか?厄年って何なのか?祈る効果はあるのか?など科学的には説明できないことばかり。

 それでも私たちは疑うことなくお寺や神社に行っています。新興宗教との違いは、古くからあるかどうか…なのかもしれませんね。

 誰もが新興宗教にハマる可能性があることに気づかされる物語です。

3. 林家がたどる結末とは!?

 新興宗教にどっぷりハマった林家。そんな彼らの生活がリアルにわかるのが一番のおすすめポイントです。

 親戚から反対されたり、住む家が徐々に狭くなっていったり、家庭が崩壊していったりと、それはそれは怖ろしい物語。しかし、先ほども説明したように誰もが新興宗教にハマる可能性があります。

 ぜひ、実際に読んで彼らの生活を目の当たりにしてください。

 最後に

 今村夏子さんの小説『星の子』。読めば誰もが新興宗教を信じてしまう可能性があることに気づかされる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …