webstation plus

(※『星の子』表紙より)


 宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。

 私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。

 しかし、今村夏子さんの小説『星の子』を読んで少し考えが変わりました。

 なぜなら、私たち日本人の多くが当たり前のようにしている初詣やお宮参りなどと大差ないことに気づいたからです。

 今回は、『星の子』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『星の子』のあらすじ

 小さい頃、体が弱かった林ちひろ。彼女は生後半年のときに湿疹ができ、わずか一週間で全身に広がりました。

 彼女の両親は、ちひろの湿疹を治そうと専門医に勧められた薬を塗ったり、ありとあらゆる民間療法を試しましたが良くなりません。

 そんなとき、父の職場の同僚・落合さんから「水」を勧められます。その水をちひろにかけたところ、わずか数日で湿疹が治りました。水を飲むようになった両親も風邪ひとつひかなくなります。

 その水は「金星のめぐみ」という名前で、新興宗教団体が販売していました。

 ちひろの両親は、この新興宗教にどっぷりハマっていきます。しかし、ちひろの姉・まさみはまったく信じていませんでした。

 こうして林家にみえない亀裂が入ります。林家の運命は!?

 『星の子』のおすすめポイント

1. 新興宗教にハマる理由が客観的にわかる!?

 ちひろの両親は、ちひろの湿疹が治ったことがきっかけで新興宗教にハマっていきました。

 しかし、最初から宗教だとわかってハマったわけではありません。最初は、落合さんが勧めてきた「水」を試しに使ってみただけでした。

 ところが実際に使ってみると、ちひろの症状は劇的に良くなっていきます。専門医でも、あらゆる民間療法でも効果がなかったのに。

 また、ちひろの両親も水を飲むことで風邪ひとつひかなくなりました。

 そんな不思議な水があれば欲しいと思いますよね。そこで、ちひろの両親は高額な水を買うようになります。

 さらに、落合さんの家に行き、水で浸したタオルを頭にのせると身体が元気になる、美容効果があるという話を聞きます。早速試してみたところ、効果があるように思えました。

 こうして、ちひろの両親は宗教にどっぷりハマっていったんですね。新興宗教にハマる人たちの気持ちがわかる物語です。

2. 宗教は私たちのまわりに溢れている

 『星の子』の視点で物事をみてみると、私たちのまわりには宗教が溢れていることがわかります。

 たとえば、高額な化粧品。教会こそありませんが、水が化粧品になっただけで、システムとしては同じです。

 「この化粧品を使えば、肌に良いですよ」と言われて、実際に効果があれば、高額でも買ってしまいますよね。

 他にも、病気が治るとされる電気治療や癌が治ると言われている健康食品などもそうです。

 お寺や神社も同じでしょう。なぜお守に効果があるのか?厄年って何なのか?祈る効果はあるのか?など科学的には説明できないことばかり。

 それでも私たちは疑うことなくお寺や神社に行っています。新興宗教との違いは、古くからあるかどうか…なのかもしれませんね。

 誰もが新興宗教にハマる可能性があることに気づかされる物語です。

3. 林家がたどる結末とは!?

 新興宗教にどっぷりハマった林家。そんな彼らの生活がリアルにわかるのが一番のおすすめポイントです。

 親戚から反対されたり、住む家が徐々に狭くなっていったり、家庭が崩壊していったりと、それはそれは怖ろしい物語。しかし、先ほども説明したように誰もが新興宗教にハマる可能性があります。

 ぜひ、実際に読んで彼らの生活を目の当たりにしてください。

 最後に

 今村夏子さんの小説『星の子』。読めば誰もが新興宗教を信じてしまう可能性があることに気づかされる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …