webstation plus

worker_02

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった今、思い知ることになりました。

 「ビジネスとは、他人の欲求をどれだけ満たせるかだ。それが数字にそのまま表れる」といった人がいますが、今の私の力では、到底、出川哲朗さんに立ち向かえません。給料明細をみれば一目瞭然です。

 しかも、今後は、人口知能やクラウド、IoTの進化によって、多くの仕事が機械化するといわれていますよね。こうした時代の流れに伴い、代わりが利く仕事をしている人たちは職を失い、出川哲朗さんのような面白い人たちに、ますます仕事とお金が集まることになるでしょう。

 では、つまらない私たちは、面白い人たちに物乞いをして生きていくしかないのでしょうか。

 「そんなことはない。たとえ、今はつまらない人間だとしても、たくさん遊んで面白いことを学べば面白くなれる」と堀江貴文さん(ホリエモン)は言います。実際、堀江さんは遊ぶように仕事をすることでさらに面白くなり、次々と新しい仕事を生み出し大金を稼いできました。

 「じゃあ、儲けられそうな遊びを始めればいいんだね」と思った人は――残念。それでは長続きしません。そうではなく、徹底的に、好きなことを好きなだけ、何も考えずに、遊び尽くせばいいんです。

 そうすれば、遊びの向こうにある、新しい何かが見つかる。それこそがビジネスチャンスだ、と堀江さんはいいます。

 遊びを仕事にする方法

 とはいえ、仕事や家事・育児、勉強など、現実には「やるべきこと」がたくさんありますよね。遊んでばかりいては、親やパートナー、上司に怒られてしまいます。しかし、そんな理由で遊ぶのをやめてしまってはもったいないと主張するのが堀江さん。徹底的に何かにハマれば、それを仕事にすることができるからです。

 実際、堀江さんはそうやって多くの仕事を生み出してきました。子どもの頃には、24時間パソコンの前から離れたくないと思うほどパソコンにハマり、独学でプログラムを学習し、インターネットを知り、やがて起業を果たされます。ハマることの延長で、次々と多くのビジネスチャンスをものにしてこられたのです。

 では、どうすれば堀江さんのように「遊び」を「仕事」にすることができるのでしょうか。

 詳しくは『堀江貴文という生き方』を読んでいただくとして、ここではポイントだけ紹介すると:

  1. 情報をシャワーのように浴びて「面白そう」「楽しそう」なことをみつける
  2. 「面白そう」「楽しそう」なことは、すぐにチャレンジしてみる
  3. 他人の目を気にしないで、つまり、リミッターを外して遊び尽くす
  4. 遊ぶときには絶対に損得を考えない
  5. あとは、結果が出るまで諦めずにやり続ける

 ちなみに、ここでいう「遊び」とは、「ゲーム」や「お弁当作り」、「子育て」など何でもオッケー。実際、ゲームの解説をYouTubeにアップしているマックスむらいさんや、キャラ弁作りが得意なよっちママさんなど、好きなことが高じてお金を稼いでいる人たちは大勢います。

 このように、本気で何かにハマれば、他人から与えてもらう遊びを卒業し、自ら情報を発信していける、他人の欲求を満たそうとする遊びにレベルアップしていきます。その結果として、お金を稼ぐことができるのです。ここまで、遊び尽くすことが大切なんですね。

 機械にはマネできない面白いものを生み出そう

 繰り返しになりますが、人工知能やクラウド、IoTの発達によって、今後、多くの仕事が機械化していきます。今ある仕事のほとんどが自動化されることになるでしょう。

 このような時代に、何にもハマらず、ごく平凡な人間でいては、職を失うだけでなく、誰からも興味をもたれなくなってしまいます。機械にはマネできない面白いものを生み出すことが、私たち人間に与えられた役割なのですから。

 だかこそ、今すぐ徹底的にハマれる何かを見つけ、それを仕事にしていきましょう。仕事とは娯楽であり、趣味であり、エンターテイメントであるべきものなのです。

 あなたは、今、何にハマっていますか。

 関連記事

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

「やりがいのある仕事」を選んで痛い目をみないように

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳 …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

「何のために働くの?」――会社のためではない、自分のためだ

 仕事に夢中になっているときには考えませんが、仕事がひと段落したときなどの「ふとした瞬間」に、「何のために働いているんだろう」と考えることがあります。  そんなとき、「家族のため」や「会社のため」、「社会を良くするため」 …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …