学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

子育て

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。

 たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。

 読書もそうです。時間をかけて本を読んでも、著者の意見や考えを鵜呑みにしがち。

 これではいつまでたっても自分の考えが持てませんよね。そこで、幼い頃から意識して家庭を「考える場」にする必要が出てきます。

 では、どうすれば家庭を考える場にできるのでしょうか。本『「自分で考える力」が育つ親子の対話術』を参考に考えてみましょう。




スポンサーリンク

 考える力って何?

 そもそも、考える力とは何でしょうか。

 結論から言うと、正解とされているものに従うのではなく、自分で納得いくまで考え、答えを導き出す力のことです。具体的には、

  1. きちんと理解する
  2. なぜ、そう言えるの?そう思うの?
  3. ほかの考え方もできるかな?

 というステップを踏んで答えを導き出す力のこと。

 たとえば、「今日は友達と遊べなくなった!」と言って不貞腐れている子どもが自分で考えるようになると、

  1. 雨が降ったので外で遊べなくなった
  2. ブランコや滑り台が濡れて遊べない
  3. 雨でもできる遊びはないかな?

 と考え、前向きに行動するようになります。考える力がないからこそ、不貞腐れたり、駄々をこねたりするんですね。

 では、どうすれば子どもの考える力を伸ばせるのでしょうか。

スポンサーリンク

 子どもの考える力を伸ばす方法

 それは私たち親が先ほどのステップを踏んで子どもに問いかける習慣を持つことです。

  1. 理解する
  2. 理由付きの意見を作る
  3. 他の考えに思いを巡らせ、納得のいく答えを出す

 たとえば、注射したくないという子どもに対しては、

  1. なんで注射が嫌なの?
  2. この前は痛くないって言ってたよ。今回も大丈夫かも。
  3. 注射しなかったらどうなるんだろう。

 と、一緒に考えることが大切なんですね。

 「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれたら、

「勉強しないとどうなるだろう」
「勉強すると良いことがあるんだよ。その良いことって何かな」

 などと、考えるように仕向けること。先回りして答えを言わないようにしましょう。

スポンサーリンク

 それでも考える力が伸びないのはなぜ!?

 それは、私たち親が正しい答えを期待しているからです。

 たとえば、「片付けないとどうなるかな?」という問いに、

「部屋が散らかって困る」「物がなくなるので困る」⇒「片付けよう!」

 と答えるのを期待しているから。もし、そうだとしたら自分の考えを押し付けているのと同じです。

 そもそも、子どもは大人以上に正解ではない答えを口にするのを怖れています。だからこそ、何を言っても大丈夫、どんなに失敗しても大丈夫という環境づくりが必要なんです。

 もちろん、何をしても良いわけではありませんが、まずは子どもの考えを受け入れるところからはじめてみてはどうでしょうか。

 最後に

 今回は、本『「自分で考える力」が育つ親子の対話術』を参考に、子どもの考える力を伸ばす方法を紹介しました。

 本書には他にも考える力の伸ばし方が多数紹介されています。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました