webstation plus

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。

 たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。

 読書もそうです。時間をかけて本を読んでも、著者の意見や考えを鵜呑みにしがち。

 これではいつまでたっても自分の考えが持てませんよね。そこで、幼い頃から意識して家庭を「考える場」にする必要が出てきます。

 では、どうすれば家庭を考える場にできるのでしょうか。本『「自分で考える力」が育つ親子の対話術』を参考に考えてみましょう。

 考える力って何?

 そもそも、考える力とは何でしょうか。

 結論から言うと、正解とされているものに従うのではなく、自分で納得いくまで考え、答えを導き出す力のことです。具体的には、

  1. きちんと理解する
  2. なぜ、そう言えるの?そう思うの?
  3. ほかの考え方もできるかな?

 というステップを踏んで答えを導き出す力のこと。

 たとえば、「今日は友達と遊べなくなった!」と言って不貞腐れている子どもが自分で考えるようになると、

  1. 雨が降ったので外で遊べなくなった
  2. ブランコや滑り台が濡れて遊べない
  3. 雨でもできる遊びはないかな?

 と考え、前向きに行動するようになります。考える力がないからこそ、不貞腐れたり、駄々をこねたりするんですね。

 では、どうすれば子どもの考える力を伸ばせるのでしょうか。

 子どもの考える力を伸ばす方法

 それは私たち親が先ほどのステップを踏んで子どもに問いかける習慣を持つことです。

  1. 理解する
  2. 理由付きの意見を作る
  3. 他の考えに思いを巡らせ、納得のいく答えを出す

 たとえば、注射したくないという子どもに対しては、

  1. なんで注射が嫌なの?
  2. この前は痛くないって言ってたよ。今回も大丈夫かも。
  3. 注射しなかったらどうなるんだろう。

 と、一緒に考えることが大切なんですね。

 「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と聞かれたら、

「勉強しないとどうなるだろう」
「勉強すると良いことがあるんだよ。その良いことって何かな」

 などと、考えるように仕向けること。先回りして答えを言わないようにしましょう。

 それでも考える力が伸びないのはなぜ!?

 それは、私たち親が正しい答えを期待しているからです。

 たとえば、「片付けないとどうなるかな?」という問いに、

「部屋が散らかって困る」「物がなくなるので困る」⇒「片付けよう!」

 と答えるのを期待しているから。もし、そうだとしたら自分の考えを押し付けているのと同じです。

 そもそも、子どもは大人以上に正解ではない答えを口にするのを怖れています。だからこそ、何を言っても大丈夫、どんなに失敗しても大丈夫という環境づくりが必要なんです。

 もちろん、何をしても良いわけではありませんが、まずは子どもの考えを受け入れるところからはじめてみてはどうでしょうか。

 最後に

 今回は、本『「自分で考える力」が育つ親子の対話術』を参考に、子どもの考える力を伸ばす方法を紹介しました。

 本書には他にも考える力の伸ばし方が多数紹介されています。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …