ハードワークとはがむしゃらに努力することじゃない/勝利の法則で結果を出そう

ライフハック

 ハードワークと聞くと、がむしゃらに努力するイメージがありますよね。

 しかし、どれだけ努力をしても成功できるとは限りません。むしろ努力だけしていれば成功できると思っている人ほど成功できないんですよね。

 では、本当のハードワークとは、どのようなものでしょうか。




スポンサーリンク

 マイナスの思い込みを捨てる

 2015年のラグビーワールドカップで、日本は優勝候補の南アフリカに勝利しました。

 しかし、前評判では日本は負けて当然だと誰もが思っていました。南アフリカの通算成績は25勝4敗で、過去に2回もワールドカップで優勝している強豪だったからです。

 では、なぜ日本は南アフリカに勝てたのでしょうか。

 それは「自分はどうせダメだ」というマイナスの思い込みを捨てたからです。

 日本代表の選手たちは、体格や基礎体力で外国人選手より劣っていました。そのため、あの五郎丸選手でさえ真剣に練習していなかったそうです。

 そこで、エディー・ジョーズ監督は短所を長所に変える戦略を立てるんですよね。

 体格差があるということは、それだけ素早く動けるということ。スピードを活かす戦略で世界と闘うことに決めたのです。

 とはいえ、この戦略で本当に勝てるのか不安になりますよね。そこで、エディー・ジョーズ監督は…。

スポンサーリンク

 達成できれば飛び上がるほど嬉しい目標を描く

 「君たちは、これから世界のトップ10に入る!そして、3年後のワールドカップに、必ず勝つ!」と、信じられないくらい大きな目標を描いて選手たちに語りかけました。

 もちろん、はじめは「そんなこと達成できるわけがない」と誰もが信じていませんでしたが…。

 何度も何度も言葉を変えて「君たちならできる」と語り続けた結果、選手たちもその気になったのです。その後、選手たちは積極的に練習するようになりました。

 つまり、明確な目標を掲げ、それを達成したときの飛び上がるほど嬉しい幸福感がイメージできれば、情熱や努力を注ぎたくなるということです。

 そんな情熱を注ぎたくなる目標が描ければ…。

スポンサーリンク

 100%の努力をする

 あとは努力するだけです。

 ただし、100%の努力をすること。50%や80%の努力では自分を変えることができないからです。

 そんな努力ができれば、ラグビーの日本代表選手たちのように、想像を超える結果を手にすることができるかもしれません。

 つまり、ハードワークとは、マイナスの思い込みを吹き飛ばすくらい大きな目標を描き、戦略を立てて、その目標に向かって100%の努力をすることです。今の自分を変えずに、戦略を立てずに、がむしゃらに努力することではありません。

 とはいえ、情熱を注ぎたくなるほどの目標が描けないこともあるでしょう。そんなときは、まずは小さな目標から初めてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました