webstation plus

(※『ハードワーク』表紙より)


 2015年のラグビーワールドカップ。日本は、優勝候補の南アフリカに勝利しました。

 しかし、前評判は日本が負けて当然だと誰もが思っていました。南アフリカの通算成績は25勝4敗で過去2回もワールドカップで優勝している強豪。対する日本は1勝21敗1引き分けの弱小チームだったからです。

 では、なぜ日本は優勝候補の南アフリカに勝てたのでしょうか。

 日本を勝利に導いたエディー・ジョーズ監督の考えに学んでみましょう。

 マイナス思考をやめる

 私たち日本人がやりがちなこと。それは、「自分はどうせダメだ」という思い込みです。

 ラグビー日本代表の選手たちも体格や基礎体力が外国人選手より劣っているので、勝てないと思い込んでいました。

 あの五郎丸選手もそのひとり。「どうせ勝てない」と思い込み、真剣に練習をしていなかったそうです。

 もちろん、このままでは絶対に勝てませんよね。考え方を変える必要があります。

 そこで、エディー・ジョーズ監督は短所を長所に変える方法を考えました。

 体格差があるということは、それだけすばしっこく動けるということ。スピードを活かす方法を考えたんですね。

 スポーツと聞くと、身体的なものによる部分が大きいと思われがちですが、実際は、考え方や姿勢など、精神的なもののほうがずっと大きいそうです。

 もちろん、仕事や勉強も同じです。マイナス思考はやめ、短所を長所として活かす方法を考えましょう。

 「そんなことができるわけない」と思える目標を立てる

 そうは言っても、マイナス思考から抜け出せない人も多いのではないでしょうか。

 ラグビー日本代表選手もそうでした。なかなか奮い立つことができなかったようです。

 そこでエディー・ジョーズ監督は「そんなことができるわけない」と思える目標を立て、君たちならできると言葉を変えて何度も語りかけたそうです。

 抽象的ではなく数字などで具体的に表現でき、結果が出たときに達成できたかどうか、はっきりわかる目標。

 そんな明確な目標を掲げ、それを達成できた時のイメージを持たせ、選手を晴れやかな気持ちにさせたのです。その気持ちが熱意と努力を生み出します。

 人には計り知れないほどの力が眠っているそうです。手の届きそうな目標を掲げれば今の力だけで頑張ろうとしますが、届かなさそうな目標を掲げると「眠った力」を呼び覚ますことができます。

 実際、エディー・ジョーズ監督は「君たちは、これから世界のトップ10に入る!そして、3年後のワールドカップに、必ず勝つ!」という目標を掲げて、南アフリカに勝利しました。

 誰もが不可能に思える目標を掲げるからこそ限界突破ができる、自分の力を信じられるようになるのかもしれませんね。

 ハードワーク(100%の努力を)する

 マイナス思考をやめ、「そんなことができるわけない」と思うほどの大きな目標を立てたら、あとは努力するだけです。

 ただし、100%の努力をする必要があります。50%や80%の努力では自分を変えることができないからです。

 では、100%の努力とは具体的にどうすることなのでしょうか。

 それは徹底的に準備することです。何事も、本番で大きな力を発揮しようと思えば、普段から力を発揮しておく必要がありますよね。だからこそ、徹底的に準備しておくのです。

 もうひとつは、失敗を恐れないこと。ビジネスでも、新しいことを始めれば最初に失敗があるはずです。

 大成功したビジネスマンを見てください。彼らはほぼ全員、どこかで倒産などの大きな失敗をしていますよね。

 しかし、そこから何かを吸収し、大きな成功を成し遂げています。

 つまり、「ハードワーク」とは、100%の努力と失敗を恐れない勇気を持って、自分を良くするために行動を起こすこと。

 ぜひ、ハードワークを実践して、想像を超えた未来を手に入れてください。

 最後に

 今回は、想像以上の結果を出すためには、マイナス思考をやめ、「そんなことができるわけない」と思うほどの大きな目標を立て、努力することが大切だと紹介してきました。

 これだけを読むと、他のビジネス書に書かれている内容と同じように思いますが、エディー・ジョーズ監督が言うように同じ内容を違う言葉で繰り返し聞き、潜在意識までその考えを浸透させることが大切です。

 そうすれば必ず行動が変わっていくからです。

 というわけで、私も久し振りにビジネス書を読むことにしました。そして潜在意識を変えていきたいと思います。

 今回紹介した内容が気になった方は、ぜひ『ハードワーク』を読んでみてください。

 関連記事

お金よりも「つながり」を大切に/『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

 「努力すれば幸せになれるのか」――これが本書のテーマである。そして、その答えは「No!」。なぜか。  結論からいえば、私たちの能力の大半は遺伝によって決まっているからだ。走るのが得意じゃない人が、どれだけ走る練習をした …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

部下が育たないのは上司の責任!?リーダーに必要な3つの要件

 部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。  私はよく悩んでいます。一緒に仕事をしている人が同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。  そこ …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?  私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね …

ビジネス書を100冊読んでも99%の人が成功者になれない

 私たちは、なぜ読書をするのでしょうか。  「自己投資になるから」「想像力がつくから」「センスが磨かれるから」「本質を見抜く力が養えるから」「日本語力が上がるから」「教養が身につくから」「面白いから」「現実逃避になるから …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

大人になってから遊んでますか?

 ここでいう遊びとは、仕事につながるとか、コストパフォーマンスがいいからとか、そんなものではなくて、メリットを度外視した単純に好きで楽しいことです。  たとえば、自動車メーカーに勤めている人が「休日もクルマに乗ることが趣 …