webstation plus

 ハードワークと聞くと、がむしゃらに努力するイメージがありますよね。

 しかし、どれだけ努力をしても成功できるとは限りません。むしろ努力だけしていれば成功できると思っている人ほど成功できないんですよね。

 では、本当のハードワークとは、どのようなものでしょうか。

 マイナスの思い込みを捨てる

 2015年のラグビーワールドカップで、日本は優勝候補の南アフリカに勝利しました。

 しかし、前評判では日本は負けて当然だと誰もが思っていました。南アフリカの通算成績は25勝4敗で、過去に2回もワールドカップで優勝している強豪だったからです。

 では、なぜ日本は南アフリカに勝てたのでしょうか。

 それは「自分はどうせダメだ」というマイナスの思い込みを捨てたからです。

 日本代表の選手たちは、体格や基礎体力で外国人選手より劣っていました。そのため、あの五郎丸選手でさえ真剣に練習していなかったそうです。

 そこで、エディー・ジョーズ監督は短所を長所に変える戦略を立てるんですよね。

 体格差があるということは、それだけ素早く動けるということ。スピードを活かす戦略で世界と闘うことに決めたのです。

 とはいえ、この戦略で本当に勝てるのか不安になりますよね。そこで、エディー・ジョーズ監督は…。

 達成できれば飛び上がるほど嬉しい目標を描く

 「君たちは、これから世界のトップ10に入る!そして、3年後のワールドカップに、必ず勝つ!」と、信じられないくらい大きな目標を描いて選手たちに語りかけました。

 もちろん、はじめは「そんなこと達成できるわけがない」と誰もが信じていませんでしたが…。

 何度も何度も言葉を変えて「君たちならできる」と語り続けた結果、選手たちもその気になったのです。その後、選手たちは積極的に練習するようになりました。

 つまり、明確な目標を掲げ、それを達成したときの飛び上がるほど嬉しい幸福感がイメージできれば、情熱や努力を注ぎたくなるということです。

 そんな情熱を注ぎたくなる目標が描ければ…。

 100%の努力をする

 あとは努力するだけです。

 ただし、100%の努力をすること。50%や80%の努力では自分を変えることができないからです。

 そんな努力ができれば、ラグビーの日本代表選手たちのように、想像を超える結果を手にすることができるかもしれません。

 つまり、ハードワークとは、マイナスの思い込みを吹き飛ばすくらい大きな目標を描き、戦略を立てて、その目標に向かって100%の努力をすることです。今の自分を変えずに、戦略を立てずに、がむしゃらに努力することではありません。

 とはいえ、情熱を注ぎたくなるほどの目標が描けないこともあるでしょう。そんなときは、まずは小さな目標から初めてみてはどうでしょうか。

 関連記事

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

「もう諦めよう…」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学ぼう

 新しいことに挑戦しようと決意しても、すぐに諦めていませんか?  もしそうだとしたら、スポーツ選手の名言に触れてみるのも良いかもしれません。諦めたくなる「弱い心」を打ち破るきっかけになるからです。  一流のスポーツ選手っ …

睡眠不足は眠り始めの90分で解消できる!?最高の睡眠法

 睡眠不足に悩まされていませんか。 ・朝の目覚めが悪い ・どれだけ寝ても眠い ・昼食後は眠たくて仕方がない  などなど、睡眠の悩みを抱えている人は多いはず。しかし、寝だめをしたところで睡眠不足が解消できるわけではありませ …

なぜお金があっても幸せになれないの?/『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』感想

(※『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』表紙より)  お金があると幸せになれると思っていませんか。  私はそう思っていました。しかし、ある統計によると、すべての人が「年収があと20%増えたら生活が豊かになる」と答えたそうです …

「お腹痩せ」には過剰な食事制限や運動など不要/『腹だけ痩せる技術』

 これからダイエットしようと思っているのなら、お腹だけがぽっこりしているかどうか確認してほしい。もし、お腹だけがぽっこりしていて、あとはそれほど太っていないようなら、過剰な食事制限や運動などしなくても簡単に痩せられる可能 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

脳の力を引き出そう!?あなたの脳のしつけ方

 「今から頑張るぞ!」と決意しても、なかなか思い通りに行動できないことありますよね。たとえば、 ・勉強しようと思っても集中できない ・なかなか決断できない ・新しいアイデアが浮かんでこない  などなど。そんなとき、「自分 …

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …