webstation plus

 ハードワークと聞くと、がむしゃらに努力するイメージがありますよね。

 しかし、どれだけ努力をしても成功できるとは限りません。むしろ努力だけしていれば成功できると思っている人ほど成功できないんですよね。

 では、本当のハードワークとは、どのようなものでしょうか。

 マイナスの思い込みを捨てる

 2015年のラグビーワールドカップで、日本は優勝候補の南アフリカに勝利しました。

 しかし、前評判では日本は負けて当然だと誰もが思っていました。南アフリカの通算成績は25勝4敗で、過去に2回もワールドカップで優勝している強豪だったからです。

 では、なぜ日本は南アフリカに勝てたのでしょうか。

 それは「自分はどうせダメだ」というマイナスの思い込みを捨てたからです。

 日本代表の選手たちは、体格や基礎体力で外国人選手より劣っていました。そのため、あの五郎丸選手でさえ真剣に練習していなかったそうです。

 そこで、エディー・ジョーズ監督は短所を長所に変える戦略を立てるんですよね。

 体格差があるということは、それだけ素早く動けるということ。スピードを活かす戦略で世界と闘うことに決めたのです。

 とはいえ、この戦略で本当に勝てるのか不安になりますよね。そこで、エディー・ジョーズ監督は…。

 達成できれば飛び上がるほど嬉しい目標を描く

 「君たちは、これから世界のトップ10に入る!そして、3年後のワールドカップに、必ず勝つ!」と、信じられないくらい大きな目標を描いて選手たちに語りかけました。

 もちろん、はじめは「そんなこと達成できるわけがない」と誰もが信じていませんでしたが…。

 何度も何度も言葉を変えて「君たちならできる」と語り続けた結果、選手たちもその気になったのです。その後、選手たちは積極的に練習するようになりました。

 つまり、明確な目標を掲げ、それを達成したときの飛び上がるほど嬉しい幸福感がイメージできれば、情熱や努力を注ぎたくなるということです。

 そんな情熱を注ぎたくなる目標が描ければ…。

 100%の努力をする

 あとは努力するだけです。

 ただし、100%の努力をすること。50%や80%の努力では自分を変えることができないからです。

 そんな努力ができれば、ラグビーの日本代表選手たちのように、想像を超える結果を手にすることができるかもしれません。

 つまり、ハードワークとは、マイナスの思い込みを吹き飛ばすくらい大きな目標を描き、戦略を立てて、その目標に向かって100%の努力をすることです。今の自分を変えずに、戦略を立てずに、がむしゃらに努力することではありません。

 とはいえ、情熱を注ぎたくなるほどの目標が描けないこともあるでしょう。そんなときは、まずは小さな目標から初めてみてはどうでしょうか。

 関連記事

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に!?

 好きでもない仕事に追われていませんか?  あるいは、仕事終わりに居酒屋で会社の愚痴をこぼしたり、家に帰ってからテレビやスマホをぼーっと眺めているような無駄な時間の過ごし方をしていませんか?  もし、そんな生活をしている …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

怒らないコツは3つの原則を知ること/人生100年時代を楽しく生きる方法

 ちょっとしたことで怒っていませんか?  私はどちらかというと気が短い性格なので、すぐに怒ってしまいます。しかし、必要以上に腹を立てると、かなり損をしているんですよね。  なぜかというと…。  偉人と呼ばれる人 …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

「必要とされる人」と「されない人」の違い/驚くような結果を出すための3ステップ

 この世界には3種類の人間が存在すると言われています。  それは、「いてはいけない人」と「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」です。  もちろん、「いなくてはならない人」や「必要とされる人」になりたい …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

「自分らしく生きたい」と思っているなら絶対に鍛えておきたい能力

 「自分らしく生きたい」と思っても、まわりに振り回されてばかり…なんてことありませんか。  実は、その要因のひとつに「直観力」が鍛えられていないことが挙げられます。  私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」に至るまで、さま …

いじめている人間が100%悪い!?心の弱い人間を相手にするのは時間のムダ

 いじめが後を絶ちませんよね。  小学校や中学校でいじめられて自殺をする人も大勢いますが、今では社会人になっても、いじめられて自殺をする人がいます。  それだけいじめが大きな問題になっていますが、いじめをするような心の弱 …

小さな力で大きな成果が得られる!?成果につながる自己投資のやり方

「すぐ始めよ、始めた者が成功する」  とは、本『「できる人間」を目指すなら、迷うのはやめよう』に書かれていた言葉ですが、行動しない人に限って「やらない理由」をグダグダ並べています。  「やり方がわからない」「失敗したらど …

学校教育に馴染んではダメ!?自己革新を起こす3つのステップ

 東芝やNECなど、日本の大企業が軒並みダメになっていますよね。  2004年にスティーブ・ジョブズからApple日本法人代表取締役を託された前刀禎明さんは、その原因を「日本人一人ひとりがセルフ・イノベーション(自己革新 …