webstation plus

suitcase_01

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、

・お金持ちになりたい
・いい仕事をして成果を上げたい
・友人や家族に恵まれたい

 などなど、今すぐ実現してほしいことが山ほど浮かんできます。ところが、なぜか自分とよく似た境遇でも、幸せを感じている人がいるんですよね。

 この差は一体何でしょうか。

 幸せな人と不幸な人との差とは?

 結論からいえば、幸せなことに「気づいているかどうか」です。メーテルリンクの童話『青い鳥』にも描かれているように、幸せは自分の足元に転がっていることが多々あります。

 たとえば、「お金持ちになりたい!」と願っている人が、実は十分に楽しんで暮らしていけるだけのお金を持っていたり、

 「良い仕事をしたい!」と愚痴っている人が、他の人よりも恵まれている環境にいたり、

 「友人や家族に恵まれたい!」と嘆いている人が、悩む必要のないことで悩んでいたりと、幸せに気づいていないケースが結構あります。

 では、どうすれば足元にある幸せに気づけるのでしょうか。そのヒントを3つだけ紹介します。

 1. 自分でコントロールできることだけに注力する

 仕事でも、プライベートでも、人間関係でも、ストレスを感じるのは、自分でコントロールできること、できないことの区別ができていないからです。

 たとえば、イチロー選手は、シーズン前に目標を立てるとき、「首位打者になる」とは決して言いません。それは、他の選手がどれだけ打つかはコントロールできないからです。

 私たちの脳には、自分でコントロールできる範囲を「主体性」として知覚する機能があります。この範囲を見誤ると、コントロールできないことで悩むようになり、不幸を感じるようになるんですよね。

 つまり、幸せを感じるには、自分でコントロールできることにベストを尽くすこと。そして、相手次第で決まることは、たとえ悪い結果になったとしても諦めることです。

 2. 失敗しても大丈夫なことを知る

 本気でお金持ちになりたいのであれば、新しいこと、人とは違うことに挑戦する必要がありますよね。

 ところが、新しいことに挑戦したくても、「失敗したらどうしよう…」と不安になって行動できないことがあります。

 もし、こうした状況に繰り返し陥っているようなら、勿体ないことをしています。なぜなら、私たちが想像している以上に多くの人は失敗に寛容だからです。

 ある実験でもこのことが証明されています。その実験とは、人前で参加者に難しい問題を解かせるというもので、多くの人が問題に答えられませんでしたが、評価が大きく下がることはありませんでした。

 そもそも、他人からどう思われるかを気にしていては、自分らしく生きられません。他人の目を気にするのはやめて、思い切って挑戦していきましょう。

 3. 自分だけ「頑張っている!」と思い込むのをやめる

 この前のエントリで「人間関係の問題は自分にあった」という内容を書きましたが、私たちは往々にして自分の小さな箱に閉じこもってしまいがちです。

 その結果、自分を正当化する方向にバイアスがかかり、「自分だけが頑張っている」と勘違いして、必要以上に不幸を感じてしまうんですよね。

 たとえば、「英語が話せない」という悩みを抱えている中高生の英語の勉強時間は、一日一時間未満だったり、「なかなか出会いがない」と悩んでいる女性が年間で出会う新しい男性は三人ほどだったり…。

 これでは、望んでいる結果が得られるはずがありませんよね。

 というわけで、自分の小さな箱に閉じこもるのはやめ、現実を正しく眺めるようにしてきましょう。

 最後に

 今回は、自分の足元に転がっている幸せを感じるためのヒントを紹介してきました。もし、不幸を感じているようなら、今回紹介した考えを取り入れてみてはどうでしょうか。

 もしかすると、それだけで不幸な境遇から脱出できるかもしれませんよ。

 関連記事

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

失敗が成功を生み出す!?脳を進化させる3つの掟

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。  もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。  今回は、本『英雄の書』を参考 …

自分にあった本を選んでる?専門書が読めない人のための読書術

 仕事や勉強で専門書を読む必要に迫られたとき、すぐに挫折していませんか。  私はよく挫折していました。高いお金を出して専門書を買ったのに、本棚に並べておしまい…。これではダメですよね。  もし、私と同じように挫折している …

楽しく英語が学びたいのなら「英語多読」がおすすめ

 英語を学んでますか?  私は英語が苦手でこれまで避けてきたのですが、とうとう英語を勉強するようにというお達しがきました。  とはいえ、これまでのような苦痛に満ちた勉強はしたくありません。そこで見つけたのが「英語多読」と …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

頑張らないから上手くいく!?小さな習慣が大きな成果を生み出す理由

 「今日からやるぞ!」と決意しても、1ヶ月も経てば、たいてい挫折しますよね。  そんなとき、根性がないから、努力が足りないから、精神力が弱すぎるから…なんて、自分を責めていませんか。  しかし、実はアプローチの仕方が間違 …

「これからの世界をつくる人」と「コンピュータに使われる人」

 この前のエントリで、「何か壁にぶつかっているように取れます」とコメントをいただいたのですが、まさにその通りでした。壁にぶつかっていました。  それが何なのか、どんな壁なのか、よくわからなかったのですが、コメントを頂いた …

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

 努力していますか?  私はどちらかと言うと努力が苦手で、「できるだけ楽して生きよう」と考えていますが、実はその方が努力が報われる確率が高いそうです。  これまで「典型的なダメ人間の特徴」だと思っていただけに、なんだか複 …