webstation plus

suitcase_01

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、

・お金持ちになりたい
・いい仕事をして成果を上げたい
・友人や家族に恵まれたい

 など、今すぐ実現したいことが山ほど浮かんできます。一方で、自分とよく似た境遇でも、幸せを感じている人がいます。一体、この差は何なのでしょうか。

 今回は、本『幸せとは、気づくことである』を参考に考えてみたいと思います。

 幸せな人と不幸な人の差とは?

 結論から言えば、「気づき」があるかどうかです。

 メーテルリンクの童話『青い鳥』にも描かれていますが、幸せの条件は自分の足元にあることが多いのかもしれません。幸せの象徴である青い鳥を探しに出かけたチルチルとミチルが青い鳥を見つけたのは、自分の家の鳥かごでした。

 同じように、私たちも外に幸せを追い求めてしまいがちですが、自分の中にあるはずです。

 では、何に気づけば幸せを感じられるのでしょうか。本書からそのヒントを3つだけ紹介します。

 1. 自分ではコントロールできること、できないことがある

 仕事でも、家庭でも、人間関係でもストレスを感じるのは、自分でコントロールできること、できないことの区別ができていないからだとしたら。

 たとえば、イチロー選手は、シーズン前に目標を立てるとき、「首位打者になる」とは決して言いませんよね。それは、他の選手がどれくらい打つかをコントロールできないからです。

 あくまでも、自分の工夫できる範囲で目標を立てます。その結果、首位打者になれるかどうかは他の選手次第。やきもきしても始まりません。

 私たちの脳には、自分でコントロールできる範囲を「主体性」として知覚する機能があるそうです。この範囲を見誤ると、コントロールできないことにも悩むようになり、不幸を感じるようになるのだとか。

 そこで、自分でコントロールできることにはベストを尽くし、相手次第で決まることには、悪い結果になったとしても諦めることが大切です。そうすれば、今よりも幸せを感じられるはず。

 2. 失敗しても他人は意外と寛容である

 新しいことに挑戦したくても、「失敗したらどうしよう」と不安になって行動できなくなることありませんか。

 もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。人は私たちが考えている以上に失敗に寛容だからです。

 ある実験でも、そのことが証明されました。その実験とは、人前で参加者に難しい問題を解かせるというもので、多くの人が問題に答えられませんでしたが、大きく評価が下がることはなかったそうです。

 つまり、私たちには「他人が実際よりも厳しい目で評価している」と勘違いする傾向があるということ。

 そもそも、他人からどう思われるかを気にしていては、自分らしく生きられません。不幸を感じやすくなるだけです。それよりも、他人の目を気にせず、思い切り挑戦したほうが楽しい人生を過ごせると思いませんか。

 3. 「頑張っている!」と思いこむクセがある

 人は誰しも、自分のことを「頑張っている!」と思い込んでしまいがちです。

 たとえば、「英語が話せない」という悩みを抱えている中高生の学習時間は、一日一時間未満だったそうです。「なかなか出会いがない」という女性が年間で出会う新しい男性は三人ほど。

 これでは、望んでいる結果が得られるとは思えませんよね。それにも関わらず、「頑張っている!」と勘違いするから不幸を感じてしまうのです。

 そこで大切になるのが、目の前のことを楽しめるかどうか。達成できるかどうかわからないという不確実性に、「必ずできる」という根拠のない自信を持って、楽しみながら向き合っていけば、脳はどんどん活性化していきます。

 「頑張っている!」と思い込む前に、目の前のことを楽しみましょう。

 最後に

 今回は、本『幸せとは、気づくことである』を参考に、同じ境遇でも幸せを感じる人と不幸を感じる人の差について紹介してきました。幸せか不幸かは、自分で決めることができるんですね。

 詳しい内容を知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

メンタルが強い人なら誰もが知っている3つの事実

 百田尚樹さんのメンタルってすごいですよね。思ったことをすぐに口にする性格だからでしょうが、他人を傷つけたり、批判するような発言が多くみられます。しかし、それを気にすることなく、好き放題な発言を繰り返されていますよね。一 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

脳科学者がつきとめた「運が良くなる」3つの方法

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …