「幸せな人」は知っていて「不幸な人」が知らないこと

ライフハック

 「幸せになりたい!」と願っても、なかなか幸せにはなれませんよね。そんなとき、

・お金持ちになりたい
・いい仕事をして成果を上げたい
・友人や家族に恵まれたい

 などなど、今すぐ実現してほしいことが山ほど浮かんできます。ところが、なぜか自分とよく似た境遇でも、幸せを感じている人がいるんですよね。

 この差は一体何でしょうか。

スポンサーリンク

 幸せな人と不幸な人との差とは?

 結論からいえば、幸せなことに「気づいているかどうか」です。メーテルリンクの童話『青い鳥』にも描かれているように、幸せは自分の足元に転がっていることが多々あります。

 たとえば、「お金持ちになりたい!」と願っている人が、実は十分に楽しんで暮らしていけるだけのお金を持っていたり、

 「良い仕事をしたい!」と愚痴っている人が、他の人よりも恵まれている環境にいたり、

 「友人や家族に恵まれたい!」と嘆いている人が、悩む必要のないことで悩んでいたりと、幸せに気づいていないケースが結構あります。

 では、どうすれば足元にある幸せに気づけるのでしょうか。そのヒントを3つだけ紹介します。

スポンサーリンク

 1. 自分でコントロールできることだけに注力する

 仕事でも、プライベートでも、人間関係でも、ストレスを感じるのは、自分でコントロールできること、できないことの区別ができていないからです。

 たとえば、イチロー選手は、シーズン前に目標を立てるとき、「首位打者になる」とは決して言いません。それは、他の選手がどれだけ打つかはコントロールできないからです。

 私たちの脳には、自分でコントロールできる範囲を「主体性」として知覚する機能があります。この範囲を見誤ると、コントロールできないことで悩むようになり、不幸を感じるようになるんですよね。

 つまり、幸せを感じるには、自分でコントロールできることにベストを尽くすこと。そして、相手次第で決まることは、たとえ悪い結果になったとしても諦めることです。

スポンサーリンク

 2. 失敗しても大丈夫なことを知る

 本気でお金持ちになりたいのであれば、新しいこと、人とは違うことに挑戦する必要がありますよね。

 ところが、新しいことに挑戦したくても、「失敗したらどうしよう…」と不安になって行動できないことがあります。

 もし、こうした状況に繰り返し陥っているようなら、勿体ないことをしています。なぜなら、私たちが想像している以上に多くの人は失敗に寛容だからです。

 ある実験でもこのことが証明されています。その実験とは、人前で参加者に難しい問題を解かせるというもので、多くの人が問題に答えられませんでしたが、評価が大きく下がることはありませんでした。

 そもそも、他人からどう思われるかを気にしていては、自分らしく生きられません。他人の目を気にするのはやめて、思い切って挑戦していきましょう。

 3. 自分だけ「頑張っている!」と思い込むのをやめる

 この前のエントリで「人間関係の問題は自分にあった」という内容を書きましたが、私たちは往々にして自分の小さな箱に閉じこもってしまいがちです。

 その結果、自分を正当化する方向にバイアスがかかり、「自分だけが頑張っている」と勘違いして、必要以上に不幸を感じてしまうんですよね。

 たとえば、「英語が話せない」という悩みを抱えている中高生の英語の勉強時間は、一日一時間未満だったり、「なかなか出会いがない」と悩んでいる女性が年間で出会う新しい男性は三人ほどだったり…。

 これでは、望んでいる結果が得られるはずがありませんよね。

 というわけで、自分の小さな箱に閉じこもるのはやめ、現実を正しく眺めるようにしてきましょう。

 最後に

 今回は、自分の足元に転がっている幸せを感じるためのヒントを紹介してきました。もし、不幸を感じているようなら、今回紹介した考えを取り入れてみてはどうでしょうか。

 もしかすると、それだけで不幸な境遇から脱出できるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました