webstation plus

 本屋さんで本を買っていますか?

 私はネットで買ったり、図書館で借りたりすることが多いのですが、村山早紀さんの小説『星をつなぐ手』を読んで、これからは出来るだけ本屋さんで買おうと思いました。

 一人でも多くの人が本屋さんで買わないと、存続できないほど本屋さんは厳しい状況に追い込まれているんですよね。

 本書は『桜風堂ものがたり』の続編

 物語の主人公は書店員の月原一整。

 彼はある事件をきっかけに銀河堂書店を辞めることになりましたが、幸運なことに桜風堂という書店を引き受けることになりました。

 …というのが、前作の物語なのですが、今作では一整が桜風堂をどうやって存続させようかとあれこれ模索します。

 というのも、本を読む人口は減っていくばかりで、しかも次世代を担う若い人たちはネットで注文したり、電子書籍を買ったりしているからです。

 実際、その影響で多くの本屋さんが次々と潰れています。

 また桜風堂のような小さな書店では、ベストセラーや新刊を入手するのが難しい状況にありました。人気がある本は出版社が小さな本屋さんにまで、まわしてくれないんですよね。

 そんな厳しい状況に追い込まれた一整に、またしても幸運が訪れます。それは…。

 生き残る方法は物語を売ること

 「銀河堂書店の系列店にならないか?」とオーナーから誘われたのです。

 オーナーは一整を助けたいという想いから手を差し伸べてくれたのですが、それだけではありませんでした。

 一整が銀河堂書店をある事情で辞めたことは多くの本好きに悲劇として知られていました。そのことで銀河堂書店にクレームをつける人までいます。

 しかし、桜風堂が銀河堂書店の系列店になれば、その悲しい想いが慰められ、行き場ができます。

 その結果、お店のイメージは良くなり、「このお店で買いたい」という人が必ず出て来ます。

 そこまで考えての提案だったんですよね。どこで買っても同じ価格の本をあえてこの店で買いたいと思わせるための物語を紡ごうとしていたのです。

 そこで一整は、この話をありがたく受け入れることにしますが、銀河堂書店のオーナー以外にも彼に手を差し伸べてくれる人たちが現れました。

 そんな多くの人たちに支えられて成り立っている本屋さんの姿を見ていると…。

 本屋さんで本を買いたくなる物語

 今すぐ本屋さんで本を買いたくなるんですよね。

 もちろん、私の行動だけでは、何の力にもなれないかもしれません。しかし、一人、二人と本屋さんに足を向ける人が増えれば、もしかすると本屋さんを存続させることができるかもしれませんよね。

 私も「一人でも多くの人に本を読んで欲しい」という思いでこのブログを書いているので、出来る限りの協力はしたいと思っています。

 というわけで、村山早紀さんの小説『星をつなぐ手』は、今すぐ本屋さんで本を買いたくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』はすぐに結果は出なくても巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 すぐに結果につながらない行動をやめていませんか?  私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る行動ばかりとってきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想/人間の最大の武器は信頼と習慣

 どれだけの人に信頼されて生きていますか?  私は、家族には信頼されていると思いますが、それ以外の人たちにはどのように思われているかわかりません。結構、いい加減なところがあるからです。  そのため、伊坂幸太郎さんの小説『 …

西加奈子『ふくわらい』は幼い頃に失った感情を取り戻していく女性の物語

 自分の感情を大切にしていますか?  私はどちらかと言えば感情が豊かな方なので、「いつも楽しそうだね」と言われることが多いのですが、西加奈子さんの小説『ふくわらい』の主人公は違いました。  幼い頃に育った家庭環境の影響で …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …