webstation plus

(※『ジャイロスコープ』表紙より)


 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。

 これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。

 しかし、『ジャイロスコープ』はひと味違います。伊坂さんにしては珍しく独立した短編集なんです。

 それは、デビュー15年目という節目を記念して企画された「文庫のおくりもの」的な作品だから。いろんなタイプの短編が楽しめます。

 今回は『ジャイロスコープ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ジャイロスコープ』(『浜田青年ホントスカ』)のあらすじ

 スーパーの駐車場で「助言あり〼(ます)」という看板を掲げる相談屋の稲垣。家出をした浜田青年は、彼にアシスタントをしてみないかと誘われます。

 メリットは三つ。宿泊場所が確保できる、食事代がいらない、他人の相談が聞ける。

 ただし、デメリットも。携帯電話が使えない、外出できないなどなど。その理由は――。

 最後に大どんでん返しがある物語。オチで驚くこと間違いなし!?

 『ジャイロスコープ』のおすすめポイント

1. 短編集と見せかけた長編…じゃない!?

 『死神の精度』や『終末のフール』、『アイネクライネナハトムジーク』など、伊坂幸太郎さんの作品には、短編集と見せかけた長編が多数あります。

 物語の舞台や主人公、登場人物は同じで、フォーカスされる人物や時間軸が変わるパターンですね。

 しかし、『ジャイロスコープ』は違います。完全に独立した短編集。

 そのため、これまでのような物語が繋がっていく気持ち良さは味わえませんが、ひとつひとつの短編が攻めてます。

 特に『ギア』という短編がシュールすぎる!?

2. タイトルどおりの短編集

 「ジャイロスコープ」とは物体の姿勢を検出できる装置のこと。ロボットやドローン、カメラの手ぶれ補正などに使われています。

 では、なぜ「ジャイロスコープ」が本書のタイトルになったのでしょうか。

 伊坂さんは次のように書かれています。

回転するコマを3つの軸で支え、自由に向きを変えられるようにした装置。応用により、物体のずれや揺れを防ぐ。
また、外力を加えるとコマ独特の意外な振る舞いをすることから、転じて、軸を同じにしながら各々が意外性と驚きに満ちた個性豊かな短編小説集を指す。

 つまり、意外性と驚きに満ちた短編集なんですね。読めば意外性と驚きが味わえること間違いなし!?

3. おすすめの短編が盛りだくさん!?

 『ジャイロスコープ』は全7章で構成されています。なかでもおすすめなのが『if』と『彗星さんたち』、『後ろの声がうるさい』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『if』

 「あのとき、ああしていれば…」

 バスジャック犯に遭遇した山本は、犯人の言いなりになって人質の女性を見捨てます。そんな不甲斐ない自分に自己嫌悪していた山本に挽回のチャンスが訪れる!?

 後悔しないように行動していこうと思える物語です。

『彗星さんたち』

 子どもを養うために新幹線の車内清掃をしている二村。そんな彼女が乗客たちとの出会いを通じて、危篤状態の先輩の人生を垣間見るという不思議なお話。

 「見る人は見ている」という言葉が実感を伴って心に入ってくる物語。世の中には大変な状況でも頑張っている人がいるんだなぁ、私も頑張らないと!と思えるお話でした。

『後ろの声がうるさい』

 新幹線の後部座席に座っている中年男性。その隣に、記者を名乗る人物が押しかけてきます。彼は女優の不倫騒動を追いかけていると言うのですが…。

 これまでの物語で登場した人物が再登場。オチで泣けます。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』。これまでとはひと味違う伊坂ワールドが楽しめる小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

出会いがあれば別れもある!?『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

春ちゃんが結婚!?『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添うことの大切 …

泣けて笑える物語!?ビートたけし『アナログ』は母への愛情を綴った恋愛小説

(※『アナログ』表紙より)  ビートたけしさんの小説『アナログ』。  メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙す …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …