webstation plus

 伊坂幸太郎さんの小説といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくのが特徴ですよね。

 これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。

 しかし、『ジャイロスコープ』は、伊坂さんにしては珍しく独立した短編集なんですよね。

 それは、デビュー15年目という節目を記念して企画された「文庫のおくりもの」的な作品だからです。

 とはいえ、異なるタイプの短編を最後に強引につなげていくのは伊坂さんらしいのですが。

 「本当っすか」が口癖の主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、「本当っすか」が口癖の浜田。

 彼は家出をしてから数日経っていたので、仕事を探していました。クレジットカードが止められる可能性があったからです。

 そんな浜田に声をかけてきたのがスーパーの駐車場で相談屋をやっている稲垣です。稲垣は浜田に助手にならないかと誘います。

 怪しげな話に浜田は「本当っすか」を連発しますが、他に当てもなかったので働くことにしました。

 浜田は稲垣に1週間プレハブ小屋で寝泊まりをして仕事を覚え、1週間後にやってくる「ある人物」の相談にのってほしいと言われます。

 さらに、「プレハブの外には出ないで欲しい」「携帯電話を預からせて欲しい」と言われましたが、浜田は従うことにしました。

 そして、1週間後。浜田の前に現れたのは、稲垣でした。なぜ稲垣が現れたのかと言うと…。

 7編の異なるジャンルの短編が楽しめる小説

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』は全7編の短編で構成されています。

 ミステリー要素の強いものから、サスペンス、SF、パラレルワールド的なものまで、さまざまなジャンルの短編が詰め込まれているんですよね。

 ここで、他の6篇について簡単に紹介しておくと、

・ワゴンに乗り合わせた9人が「セミンゴ」という架空の節足動物について語る物語
・友達ができなかった慈郎が偶然出会った坂本ジョンという名の少年と友達になり不思議な体験をする物語
・バスジャックされたバスに乗り合わせた山本が犯人の言いなりになって人質の女性を見捨てたことを後悔していましたが…なぜか挽回のチャンスが訪れる物語
・夫が入院している間にストーカーに付け回されるようになった梨央がストーカーから子供たちを守る物語
・子どもを養うために新幹線の車内清掃をしている二村が乗客たちとの出会いを通して、危篤状態の先輩の人生を垣間見るという不思議な物語
・新幹線の後部座席に座っている中年男性の隣に、記者を名乗る人物が押しかけてきて怪しい話をする物語

 です。どれも簡単には紹介しきれない物語ですが、タイトルの『ジャイロスコープ』が示すように、意外性と驚きに満ちた個性豊かな短編小説集です。

 しかも、最後にはすべての短編がゆるやかにつながっていくんですよね。

 異なるジャンルの短編がゆるやかにつながる小説

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』は、これまでの短編集とは違い、独立した短編集なのにゆるやかなつながりが楽しめる小説です。

 もちろん、さまざまなジャンルの短編が楽しめる小説でもあるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じないんですよね。  しかし、小川糸さんの …

伊坂幸太郎『ホワイトラビット』はワクワクと驚きがとまらなくなる物語

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。  想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなく …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

伊坂幸太郎『クリスマスを探偵と』感想/視点を変えれば世界が変わる!?

 サンタクロースを信じていますか?  私は小さい頃から信じていませんでした。家が貧乏だったので、プレゼントをもらえなかったからです。  しかし、伊坂幸太郎さんの絵本『クリスマスを探偵と』を読んでサンタクロースを信じてみた …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …