webstation plus

(※『ジャイロスコープ』表紙より)


 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。

 これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。

 しかし、『ジャイロスコープ』はひと味違います。伊坂さんにしては珍しく独立した短編集なんです。

 それは、デビュー15年目という節目を記念して企画された「文庫のおくりもの」的な作品だから。いろんなタイプの短編が楽しめます。

 今回は『ジャイロスコープ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ジャイロスコープ』(『浜田青年ホントスカ』)のあらすじ

 スーパーの駐車場で「助言あり〼(ます)」という看板を掲げる相談屋の稲垣。家出をした浜田青年は、彼にアシスタントをしてみないかと誘われます。

 メリットは三つ。宿泊場所が確保できる、食事代がいらない、他人の相談が聞ける。

 ただし、デメリットも。携帯電話が使えない、外出できないなどなど。その理由は――。

 最後に大どんでん返しがある物語。オチで驚くこと間違いなし!?

 『ジャイロスコープ』のおすすめポイント

1. 短編集と見せかけた長編…じゃない!?

 『死神の精度』や『終末のフール』、『アイネクライネナハトムジーク』など、伊坂幸太郎さんの作品には、短編集と見せかけた長編が多数あります。

 物語の舞台や主人公、登場人物は同じで、フォーカスされる人物や時間軸が変わるパターンですね。

 しかし、『ジャイロスコープ』は違います。完全に独立した短編集。

 そのため、これまでのような物語が繋がっていく気持ち良さは味わえませんが、ひとつひとつの短編が攻めてます。

 特に『ギア』という短編がシュールすぎる!?

2. タイトルどおりの短編集

 「ジャイロスコープ」とは物体の姿勢を検出できる装置のこと。ロボットやドローン、カメラの手ぶれ補正などに使われています。

 では、なぜ「ジャイロスコープ」が本書のタイトルになったのでしょうか。

 伊坂さんは次のように書かれています。

回転するコマを3つの軸で支え、自由に向きを変えられるようにした装置。応用により、物体のずれや揺れを防ぐ。
また、外力を加えるとコマ独特の意外な振る舞いをすることから、転じて、軸を同じにしながら各々が意外性と驚きに満ちた個性豊かな短編小説集を指す。

 つまり、意外性と驚きに満ちた短編集なんですね。読めば意外性と驚きが味わえること間違いなし!?

3. おすすめの短編が盛りだくさん!?

 『ジャイロスコープ』は全7章で構成されています。なかでもおすすめなのが『if』と『彗星さんたち』、『後ろの声がうるさい』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『if』

 「あのとき、ああしていれば…」

 バスジャック犯に遭遇した山本は、犯人の言いなりになって人質の女性を見捨てます。そんな不甲斐ない自分に自己嫌悪していた山本に挽回のチャンスが訪れる!?

 後悔しないように行動していこうと思える物語です。

『彗星さんたち』

 子どもを養うために新幹線の車内清掃をしている二村。そんな彼女が乗客たちとの出会いを通じて、危篤状態の先輩の人生を垣間見るという不思議なお話。

 「見る人は見ている」という言葉が実感を伴って心に入ってくる物語。世の中には大変な状況でも頑張っている人がいるんだなぁ、私も頑張らないと!と思えるお話でした。

『後ろの声がうるさい』

 新幹線の後部座席に座っている中年男性。その隣に、記者を名乗る人物が押しかけてきます。彼は女優の不倫騒動を追いかけていると言うのですが…。

 これまでの物語で登場した人物が再登場。オチで泣けます。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』。これまでとはひと味違う伊坂ワールドが楽しめる小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

大人を馬鹿にするなよ!?伊坂幸太郎『マリアビートル』は中学生が大人を手玉にとる小説

(※『マリアビートル』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』。  殺し屋シリーズ第二弾の本作は、前作『グラスホッパー』から6年後の世界を描いた物語です。読めば、大人を馬鹿にする中学生に殺意を覚えること間違い …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …