webstation plus

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。

 これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。

 もちろん、『ジャイロスコープ』もそうなのですが、伊坂さんにしては珍しく独立した短編集なんですよね。

 それは、デビュー15年目という節目を記念して企画された「文庫のおくりもの」的な作品だから。とはいえ、異なるタイプの短編を最後に強引につなげていくのは伊坂さんらしいのですが。

 異なるジャンルの短編が楽しめる

 『ジャイロスコープ』は全7章で構成されています。ミステリー要素の強いものから、サスペンス、SF、パラレルワールド的なものまで、さまざまなジャンルの短編が詰め込まれています。

 まさにタイトルどおり。

 「ジャイロスコープ」とは、回転するコマを3つの軸で支え、自由に向きを変えられるようにした装置で、物体のずれや揺れを防ぎます。カメラやドローンにも使われています。

 また、外から力を加えるとコマ独特の意外な振る舞いをすることから、意外性と驚きに満ちた個性豊かな短編小説集だと言っているんですよね。

 しかも…。

 最後にゆるくつながっていくのが嬉しい

 最後にはすべてがゆるくつながっていきます。それがとても嬉しいんですよね。

 最近、妻の同級生が同じマンションに住んでいることがわかりました。それを知った妻はとても喜んでいたのですが、それと同じです。

 私たちは人とのつながりを求めています。それが偶然ならなおさら嬉しいですよね。小説でもそうです。つながりを求め、驚きがあればとても嬉しくなります。

 『ジャイロスコープ』は、そんな楽しみが味わえる小説です。

 独立しているのにつながりが楽しめる短編集

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『ジャイロスコープ』は、これまでの短編集とは違い、独立した短編集なのにゆるいつながりが楽しめる小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに気づき、衝撃を受けました。  私にも …

深緑野分『ベルリンは晴れているか』感想/戦争で得する人なんていない

 戦争の物語を読むのはツライですよね。  もちろん、今回紹介する小説『ベルリンは晴れているか』も残酷なシーンが多く、読むのがツラくなりますが、読み終わってみると、ツラさよりも「戦争って誰が得するんだろう」という思いが強く …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

有川浩『植物図鑑』は少女漫画好きにおすすめの恋愛小説

 少女漫画はお好きですか?  私はどちらかといえば苦手です。読むと恥ずかしい気持ちになるからですが…。  有川浩さんの小説『植物図鑑』もそうでした。主人公たちのベタ甘な恋愛模様にちょっと引いてしまったんですよね。  とは …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …