webstation plus

(※『愚者のエンドロール』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。

 前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が!?

 今回は『愚者のエンドロール』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『愚者のエンドロール』のあらすじ

 2年F組の先輩たちが、文化祭で発表するためにミステリー映画を自主制作します。

 その試写会に呼ばれた古典部の4人は、楽しく映画を観ていましたが、海藤先輩が殺害されたシーンで映像が途切れてしまいました。脚本家の本郷真由が倒れ、続きが撮影できなかったからです。

 そこで、古典部の4人にこの映画の犯人を特定して欲しいという依頼が舞い込みます。省エネ主義の奉太郎は断ろうとしますが、

「わたし、気になります」

 という千反田えるの一言で犯人を推理することに。犯人は一体誰!?

 先輩3人と奉太郎が密室の謎を推理!?

 山奥にある廃村の劇場で殺害された海堂先輩。その謎に迫るために、奉太郎たち4人は、他の先輩たちから話を聞くことにしました。

 まず一人目は助監督の中城。彼の推理は、犯人は窓から侵入したというものでした。

 二人目は、小道具班の羽場。彼の推理も窓から侵入したというものでしたが、中城とは違い、ロープを使って2階から侵入したと推理します。

 そして、三人目。広報班の沢木口は、ミステリーという名のホラーだと推理。つまり、怪人が壁をすり抜けて殺人を犯したというものでした。

 どの推理にも納得できなかった奉太郎は、今回の依頼相手である入須に促されて自ら探偵役に。彼の見事な推理で事件は解決したかのように思われましたが…。

 密室の謎に複数の切り口から攻める斬新なミステリー小説です。

 なぜ、本郷はトリックを明かさなかったのか!?

 この物語の最大の謎は、脚本家の本郷がトリックの謎を明かさないところ。

 この謎が解けたとき、本書のタイトル『愚者のエンドロール』に込められた意味を知る手がかりが得られます。

 ちなみに、タイトルにある「愚者」はタロットの暗示。里志が古典部の4人と依頼人である入須にお似合いの暗示を選んだもののひとつでした。

 この意味も最後に明かされるのですが、それも面白い!?

 最後に

 米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。読めば驚きの結末が!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …