webstation plus

(※『愚者のエンドロール』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。

 前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が!?

 今回は『愚者のエンドロール』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『愚者のエンドロール』のあらすじ

 2年F組の先輩たちが、文化祭で発表するためにミステリー映画を自主制作します。

 その試写会に呼ばれた古典部の4人は、楽しく映画を観ていましたが、海藤先輩が殺害されたシーンで映像が途切れてしまいました。脚本家の本郷真由が倒れ、続きが撮影できなかったからです。

 そこで、古典部の4人にこの映画の犯人を特定して欲しいという依頼が舞い込みます。省エネ主義の奉太郎は断ろうとしますが、

「わたし、気になります」

 という千反田えるの一言で犯人を推理することに。犯人は一体誰!?

 先輩3人と奉太郎が密室の謎を推理!?

 山奥にある廃村の劇場で殺害された海堂先輩。その謎に迫るために、奉太郎たち4人は、他の先輩たちから話を聞くことにしました。

 まず一人目は助監督の中城。彼の推理は、犯人は窓から侵入したというものでした。

 二人目は、小道具班の羽場。彼の推理も窓から侵入したというものでしたが、中城とは違い、ロープを使って2階から侵入したと推理します。

 そして、三人目。広報班の沢木口は、ミステリーという名のホラーだと推理。つまり、怪人が壁をすり抜けて殺人を犯したというものでした。

 どの推理にも納得できなかった奉太郎は、今回の依頼相手である入須に促されて自ら探偵役に。彼の見事な推理で事件は解決したかのように思われましたが…。

 密室の謎に複数の切り口から攻める斬新なミステリー小説です。

 なぜ、本郷はトリックを明かさなかったのか!?

 この物語の最大の謎は、脚本家の本郷がトリックの謎を明かさないところ。

 この謎が解けたとき、本書のタイトル『愚者のエンドロール』に込められた意味を知る手がかりが得られます。

 ちなみに、タイトルにある「愚者」はタロットの暗示。里志が古典部の4人と依頼人である入須にお似合いの暗示を選んだもののひとつでした。

 この意味も最後に明かされるのですが、それも面白い!?

 最後に

 米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。読めば驚きの結末が!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …