webstation plus

(※『愚者のエンドロール』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。

 前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が!?

 今回は『愚者のエンドロール』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『愚者のエンドロール』のあらすじ

 2年F組の先輩たちが、文化祭で発表するためにミステリー映画を自主制作します。

 その試写会に呼ばれた古典部の4人は、楽しく映画を観ていましたが、海藤先輩が殺害されたシーンで映像が途切れてしまいました。脚本家の本郷真由が倒れ、続きが撮影できなかったからです。

 そこで、古典部の4人にこの映画の犯人を特定して欲しいという依頼が舞い込みます。省エネ主義の奉太郎は断ろうとしますが、

「わたし、気になります」

 という千反田えるの一言で犯人を推理することに。犯人は一体誰!?

 先輩3人と奉太郎が密室の謎を推理!?

 山奥にある廃村の劇場で殺害された海堂先輩。その謎に迫るために、奉太郎たち4人は、他の先輩たちから話を聞くことにしました。

 まず一人目は助監督の中城。彼の推理は、犯人は窓から侵入したというものでした。

 二人目は、小道具班の羽場。彼の推理も窓から侵入したというものでしたが、中城とは違い、ロープを使って2階から侵入したと推理します。

 そして、三人目。広報班の沢木口は、ミステリーという名のホラーだと推理。つまり、怪人が壁をすり抜けて殺人を犯したというものでした。

 どの推理にも納得できなかった奉太郎は、今回の依頼相手である入須に促されて自ら探偵役に。彼の見事な推理で事件は解決したかのように思われましたが…。

 密室の謎に複数の切り口から攻める斬新なミステリー小説です。

 なぜ、本郷はトリックを明かさなかったのか!?

 この物語の最大の謎は、脚本家の本郷がトリックの謎を明かさないところ。

 この謎が解けたとき、本書のタイトル『愚者のエンドロール』に込められた意味を知る手がかりが得られます。

 ちなみに、タイトルにある「愚者」はタロットの暗示。里志が古典部の4人と依頼人である入須にお似合いの暗示を選んだもののひとつでした。

 この意味も最後に明かされるのですが、それも面白い!?

 最後に

 米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。読めば驚きの結末が!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

革命は一人ひとりの自覚から始まる/有川浩『図書館革命』感想

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

やられたことをやり返してはダメなのか?/伊坂幸太郎『サブマリン』感想

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …