webstation plus

(※『愚者のエンドロール』表紙より)


 米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。

 前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が!?

 今回は『愚者のエンドロール』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『愚者のエンドロール』のあらすじ

 2年F組の先輩たちが、文化祭で発表するためにミステリー映画を自主制作します。

 その試写会に呼ばれた古典部の4人は、楽しく映画を観ていましたが、海藤先輩が殺害されたシーンで映像が途切れてしまいました。脚本家の本郷真由が倒れ、続きが撮影できなかったからです。

 そこで、古典部の4人にこの映画の犯人を特定して欲しいという依頼が舞い込みます。省エネ主義の奉太郎は断ろうとしますが、

「わたし、気になります」

 という千反田えるの一言で犯人を推理することに。犯人は一体誰!?

 先輩3人と奉太郎が密室の謎を推理!?

 山奥にある廃村の劇場で殺害された海堂先輩。その謎に迫るために、奉太郎たち4人は、他の先輩たちから話を聞くことにしました。

 まず一人目は助監督の中城。彼の推理は、犯人は窓から侵入したというものでした。

 二人目は、小道具班の羽場。彼の推理も窓から侵入したというものでしたが、中城とは違い、ロープを使って2階から侵入したと推理します。

 そして、三人目。広報班の沢木口は、ミステリーという名のホラーだと推理。つまり、怪人が壁をすり抜けて殺人を犯したというものでした。

 どの推理にも納得できなかった奉太郎は、今回の依頼相手である入須に促されて自ら探偵役に。彼の見事な推理で事件は解決したかのように思われましたが…。

 密室の謎に複数の切り口から攻める斬新なミステリー小説です。

 なぜ、本郷はトリックを明かさなかったのか!?

 この物語の最大の謎は、脚本家の本郷がトリックの謎を明かさないところ。

 この謎が解けたとき、本書のタイトル『愚者のエンドロール』に込められた意味を知る手がかりが得られます。

 ちなみに、タイトルにある「愚者」はタロットの暗示。里志が古典部の4人と依頼人である入須にお似合いの暗示を選んだもののひとつでした。

 この意味も最後に明かされるのですが、それも面白い!?

 最後に

 米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。読めば驚きの結末が!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』

(※『終末のフール』表紙より)  今の生き方でどれくらい生きるつもりですか。  私は今の生き方に満足していませんが、まだまだ生きられると思っていたので、今の生き方を続けてきました。しかし、いつかは誰もが死ぬんですよね。 …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …