webstation plus

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。

 そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一緒に読みたい絵本が多かったので、まとめとして残しておきます。

 今回は、中川李枝子さんおすすめの絵本20冊を紹介します。

 『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

『いやいやえん』

『ぐりとぐら』シリーズ

『ももいろのきりん』

『ちびくろ・さんぼ』

『ヘンゼルとグレーテル』

『おおかみと七ひきのこやぎ』

『三びきのやぎのがらがらどん』

『ちいさいねこ』

『おさるのジョージ』

『ちいさいおうち』

『しろいうさぎとくろいうさぎ』

『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』

『エルマーのぼうけん』

『たのしい川べ』

『クマのプーさん』

『ドリトル先生』

『小さい牛追い』

『あらしの前』

『あらしのあと』

『大草原の小さな家』

 最後に

 子ども一緒に読みたい絵本は見つかりましたか。気になる絵本があれば、ぜひ子どもと一緒に読んでみてください。私も読みえたら感想を更新していきます。

 関連記事

子どもの考える力を「伸ばす親」と「つぶす親」の違い

(※『考える力の育て方』表紙より)  子育てしていますか。  私も子育てをしていますが、子どもに考える力をつけさせることが大切だなぁ…と思うことがよくあります。  たとえば、水をこぼしたとき、失敗をしたとき、誰かを傷つけ …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …