高い基準で仕事をしていますか?グーグルで働く人たちの能力が高い理由

ビジネス

高い基準で仕事をしていますか?

私はそこそこ高い基準で仕事をしているつもりでしたが、グーグルの働き方を知って、衝撃を受けました。

もちろん、グーグルに採用されている人たちのレベルが高いのは言うまでもありませんが、その人たちでさえ衝撃を受ける働き方をしているんですよね。

たとえば、35歳でグーグルに転職した徳生健太郎さんは、次のように言われています。

「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受けました。できる人がとんでもなく多いし、仕事の基準がものすごく高いからです。僕自身、いかに低い基準で仕事をしてきたか、古い基準でやっていたかに気づかされることになりました。今でも、学校を優秀な成績で出てきた新卒学生や、著名な会社で重役を務めて転職してきた人でも、入社して打ちのめされるような瞬間、危機感を持つ瞬間があると思います」

学歴があっても、他社で成果を出していても、「このままではヤバい!?」と思うグーグルの働き方とは、一体どのような働き方なのでしょうか。

スポンサーリンク

1. 会社の目標がとてつもなく高い

グーグルのCEOであるラリー・ペイジ氏は、

  • ムーン・ショット(アポロ計画の月面着陸のような壮大な偉業)
  • 10x(テン・エックス/10倍)

といったキーワードをよく語り、社員たちに「とにかく大きいことをやろう」「大きな価値あることをやろう」と繰り返し伝えているそうです。

もちろん、語るだけなら誰にでもできますが、本気でそれを実現しようと行動しているところがグーグルのすごいところ。

だから、グーグルマップやグーグルグラス、自動運転といった新しいテクノロジーを次々と生み出せるんですよね。

実際、売り上げを1~2%あげようと思って毎日を過ごしていると、どれだけ頑張っても1~2%しか伸ばせません。

しかし、人類を月に送り込むような技術を開発しよう、今の10倍の価値を生み出そうと本気で取り組めば、創造的にならざるを得ないですよね。

もちろん、このとてつもなく高い目標は社員ひとりひとりに落ちてきます。その結果…。

スポンサーリンク

2. 自分の存在価値を厳しく問われる

自営業やフリーランスとして働いている人にとっては、当たり前の話かもしれませんが、グーグルでは「存在価値」が厳しく問われます。

「評価の際には、このプロジェクトは彼や彼女がいないとローンチできなかったものなのか、という非常にシビアな質問がマネージャーの間で飛び交います。貢献度を厳しく見て、本当にインパクトを与えたのか、本当に難しい問題を先陣を切って解いていったのか、難題を切り抜けてモノを出せたのか、というところが評価される」

つまり、自分の存在価値を示すことができなければ、グーグルの社員として働き続けることができないわけです。

とはいえ、この流れはグーグルだけに留まらず、徐々に日本企業にも入ってきているように思います。

たとえば、鴻海精密工業(ホンハイ)に買収されたシャープ。

買収直後、ホンハイの社長が「40歳以上の従業員の雇用は保障しない」というニュアンスの発言をしたように、市場価値がある、存在価値がアピールできる人材以外は不要だという方針に変わりつつあります。

もちろん、他の日本企業でも同じです。どの企業でも価値を生み出せない人材を雇うだけの余力がなくなってきているからです。

とはいえ、日本企業の多くは、これまでの延長線上に価値を置いています。顧客に突き刺さる価値を生み出す能力よりも、プレゼン力ばかりが問われる昇格研修がいい例です。

グーグルのようにこれまでにない革新的な価値を生み出す企業に変わるには、もう少し時間がかかりそうですね。

どちらにしても、グーグルの社員はインパクトある価値を生み出すことを求められるからこそ、実力が伸びるわけです。

スポンサーリンク

3. 細部まで知りたいと思うエネルギーで溢れている

では、グーグルの社員は、なぜこのような厳しい環境下でも成果を出し続けることができるのでしょうか。

「結局、好きなんだと思います。モノを作る人は、本当にその細部まで分からないといけないのが、グーグルです。大切なのは、好奇心とパッション、面白がって細部まで知りたいと思うエネルギーだと思うんです。逆に、好きじゃないものを全部分かれと言われても、なかなか頭に入らない。その意味で、僕自身にとって面白いことをやっているのは大きい」

好きなこと、面白いことを突き詰めてやっていると、いろいろなことがわかってきて、ますます面白くなりますよね。

もっと面白いものを作りたくなって妥協しなくなりますし、細部まで知りたいと思うエネルギーで溢れてきます。

さらに、そんな人たちに囲まれて仕事をすれば、ますます面白いものが集まってきて、誰に命令されなくても行動したくなります。

このように、グーグルでは、自分も周りの人たちも面白がって仕事をしているからこそ、厳しい環境下でも、楽しみながら新しい価値を生み出すことができるんですね。

最後に

「近い将来、10人中9人は、今とは違う仕事をしているだろう」

とは、ラリー・ペイジ氏の言葉ですが、人工知能やロボティクスの発達によって、現在私たちがしている仕事のほとんどがAIやロボットに奪われることになるかもしれません。

このような時代が訪れたとき、

「自分が面白いと思うことを自分で目標を決めてとことん追求し、結果を出してそれを仕事にしていく」

というグーグルの働き方を誰もが求められるようになります。

では、あなたは自分で仕事を生み出すことができますか?

生み出せないとしても、人から仕事を与えてもらえるだけの存在価値をアピールできますか?

もし、できないのなら、今からでも遅くはありません。目の前にある仕事をグーグルの社員のように楽しみながら取り組んでみてください。

そうすれば、きっと素晴らしい未来が切り開けますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました