webstation plus

 洋画はお好きですか?

 私は洋画が好きで昔からよく観ていましたが、子供が出来てからはあまり観なくなりました。映画を観る時間がとれなくなったからです。

 しかし、時間を作って久しぶりに『大脱出』を観たところ…。時間を忘れて必死になって観てしまったんですよね。やっぱり洋画は面白いですね。

 セキュリティ・コンサルタントの仕事をする主人公の物語

 物語の主人公は、シルヴェスタ・スタローン演じるレイ・ブレスリン。

 彼はある刑務所で捕まっていましたが、建物の構造や看守の動きをよく観察し、脱走する計画を立てていました。

 そして、見事に脱走するのですが…。なぜか脱走した直後に自ら捕まってしまうんですよね。

 それは彼が犯罪者ではなく、刑務所の盲点をついて脱走してみせるセキュリティ・コンサルタントだったからです。

 レイは犯罪者になりすまして、セキュリティ上の問題を指摘するために刑務所に入っていたのです。

 そんな彼に大きな仕事が舞い込みます。CIAから、連邦政府が極秘裏に支援している監獄に潜入して欲しいと依頼されます。

 高額報酬とあって、レイはこの依頼を受けますが…。

 スタローンとシュワルツェネッガーの大物が共演

 なぜかいきなり殴られて拉致され、連れ去られてしまいました。しかも、移動の途中で他の囚人が銃で殺されます。

 明らかにこれまでとは違う仕事だと気づいたレイは、監獄の所長に脱出コードを伝えますが、取り合ってもらえませんでした。ハメられたのです。

 さらに、その監獄は脱出不可能と言われるだけあって、ガラス張りで、顔を隠した看守たちと無数のカメラが囚人を見張っていました。付け入る隙がありません。

 それでも脱走する計画を考えていたレイでしたが、そんな彼にしつこく付きまってくる囚人がいました。アーノルド・シュワルツェネッガー演じるエミル・ロットマイヤーです。

 レイはロットマイヤーのことを鬱陶しく思っていましたが、色々と助けてくれる彼のことを徐々に信頼するようになっていきます。そして…。

 殴り合いだけではない一味違うアクション映画

 この続きは実際に本編を観てもらうとして、明らかに歳をとっている二人の名優が主演でしたが、全く年齢を意識することなく楽しめました。

 むしろ、二人がカッコ良すぎて画面に釘付けになるんですよね。

 シルヴェスタ・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーが主演の映画『大脱出』。歳を重ねた二人が演じる殴り合いだけではない一味違うアクションが楽しめます。

 次々と起こるアクシデントに最後まで目が離せなくなりますよ。

 関連記事

漫画版とは一味違う物語が楽しめる映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』感想

 最近、漫画でヒットした作品が実写化されるケースが多いですよね。  映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』もそのひとつですが、漫画版からストーリーが大幅に変更されていたので、新鮮な気持ちで楽しめました。  むしろ、漫画 …

何回観ても面白い映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』感想

 何回観ても面白い映画ってありますよね。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』もそのひとつですが、10数年ぶりに観たので、新鮮な気持ちで楽しめました。  まったく古臭さを感じることなく最後まで楽しめたんですよね。 &nb …