伊坂幸太郎『重力ピエロ』は他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語

おすすめ小説

 他人の考えに縛られて生きていませんか?

 私も以前は他人の考えに縛られて生きていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』も自分らしく生きようと思える物語。他人に縛られて生きている人に、ぜひ読んで欲しい物語です。




スポンサーリンク

 強姦されて産まれてきた子どもが主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、母が強姦されて産まれてきた子ども・春。彼は家族に恵まれましたが、強姦魔の息子であることを気にして生きていました。

 それもそのはずです。幼い頃に絵が上手くて賞をもらうことになったときも、その審査員から「遺伝のおかげで絵が上手いんだね」と嫌味を言われたりしたからです。

 春はそれから得意な絵を描くことをやめました。また容姿が良かったので女性からモテましたが、性的なことを遠ざけて生きてきました。

 とはいえ、春自身も他人の考えに縛られることに意味がないことはわかっていました。春は兄の泉水にこんなことを言います。

「フェルマーの最終定理にしろ、ラスコーの壁画にしろ、人はどんなものでも意味を見つけようとして、時間を無駄にする」

 強姦魔の息子として生まれてきた意味なんてないのに、その意味を求めて悩み苦しむ自分を客観的に「時間を無駄にしている」と言っているんですよね。

 他にも、足の曲がった鳩を見た春は、

「人間はさ、いつも自分が一番大変だ、と思うんだ」
「不幸だとか、病気だとか、仕事が忙しいだとか、とにかく、自分が他の誰よりも大変な人生を送っている。そういう顔をしている。それに比べれば、あの鳩のほうが偉い。自分が一番つらいとは思っていない」

 と自分を客観的に見ようと努力していることがわかります。しかし…。

スポンサーリンク

 罪を犯しても反省しない強姦魔

 春の母を犯した強姦魔は少年法に守られ、今でも悠々自適に暮らしていました。

 とてもムカつく話ですが、これは現実でも同じですよね。

 レイプ犯が捕まったニュースは多くありますが、そのほとんどが無罪です。人によっては名誉毀損で逆に相手を訴えようとする極悪人もいます。

 なぜなら彼らには罪の意識がないから。相手の痛みを想像する力がないのではなく、どれだけ相手が苦しんでいても、それが自分の苦しみではないことを知っているからです。

 そんな極悪人を救おうとする人もいますが、被害者を苦しめるだけです。

 そこで泉水と春は…。

スポンサーリンク

  他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』は、連続放火犯を探し出そうとする泉水と春を物語の中心に置き、彼らが成し遂げようとしていることが徐々に明らかになっていく物語ですが…。

 実は、これらすべてが彼らの父の一言に集約するように描かれています。

「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」

 この言葉を読んだとき、私が涙が溢れそうになりました。父親はこうあるべきだと思ったんですよね。

 他人にどんなことを言われようと、どんな目で見られようと、自分の子を守り抜く。しかも、「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」という言葉通りに行動する父がかっこよすぎです。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』は、他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語です。

 とても暗い物語ですが、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました