webstation plus

 他人の考えに縛られて生きていませんか?

 私も以前は他人の考えに縛られて生きていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』も自分らしく生きようと思える物語。他人に縛られて生きている人に、ぜひ読んで欲しい物語です。

 強姦されて産まれてきた子どもが主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、母が強姦されて産まれてきた子ども・春。彼は家族に恵まれましたが、強姦魔の息子であることを気にして生きていました。

 それもそのはずです。幼い頃に絵が上手くて賞をもらうことになったときも、その審査員から「遺伝のおかげで絵が上手いんだね」と嫌味を言われたりしたからです。

 春はそれから得意な絵を描くことをやめました。また容姿が良かったので女性からモテましたが、性的なことを遠ざけて生きてきました。

 とはいえ、春自身も他人の考えに縛られることに意味がないことはわかっていました。春は兄の泉水にこんなことを言います。

「フェルマーの最終定理にしろ、ラスコーの壁画にしろ、人はどんなものでも意味を見つけようとして、時間を無駄にする」

 強姦魔の息子として生まれてきた意味なんてないのに、その意味を求めて悩み苦しむ自分を客観的に「時間を無駄にしている」と言っているんですよね。

 他にも、足の曲がった鳩を見た春は、

「人間はさ、いつも自分が一番大変だ、と思うんだ」
「不幸だとか、病気だとか、仕事が忙しいだとか、とにかく、自分が他の誰よりも大変な人生を送っている。そういう顔をしている。それに比べれば、あの鳩のほうが偉い。自分が一番つらいとは思っていない」

 と自分を客観的に見ようと努力していることがわかります。しかし…。

 罪を犯しても反省しない強姦魔

 春の母を犯した強姦魔は少年法に守られ、今でも悠々自適に暮らしていました。

 とてもムカつく話ですが、これは現実でも同じですよね。

 レイプ犯が捕まったニュースは多くありますが、そのほとんどが無罪です。人によっては名誉毀損で逆に相手を訴えようとする極悪人もいます。

 なぜなら彼らには罪の意識がないから。相手の痛みを想像する力がないのではなく、どれだけ相手が苦しんでいても、それが自分の苦しみではないことを知っているからです。

 そんな極悪人を救おうとする人もいますが、被害者を苦しめるだけです。

 そこで泉水と春は…。

  他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』は、連続放火犯を探し出そうとする泉水と春を物語の中心に置き、彼らが成し遂げようとしていることが徐々に明らかになっていく物語ですが…。

 実は、これらすべてが彼らの父の一言に集約するように描かれています。

「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」

 この言葉を読んだとき、私が涙が溢れそうになりました。父親はこうあるべきだと思ったんですよね。

 他人にどんなことを言われようと、どんな目で見られようと、自分の子を守り抜く。しかも、「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」という言葉通りに行動する父がかっこよすぎです。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』は、他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語です。

 とても暗い物語ですが、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

北川恵海『ちょっと今から仕事辞めてくる』は自殺をするくらいなら仕事を辞めたほうが良いと思える物語

 頑張って仕事していますか?  私は出来るだけ頑張って仕事をしているつもりですが、世間を見渡すと、仕事を頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありませんが、頭では …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 最近、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。  もち …

有川浩『別冊図書館戦争2』感想/性格が悪い人ほど正々堂々と勝負しない

 仕事でも、恋愛でも、趣味の世界でも正々堂々と勝負しない人っていますよね。  他人の成果を横取りしたり、ありもしない悪口やデマを流したり、負けそうになると強引に力でねじ伏せようとしたりと容赦ありません。  では、このよう …

知念実希人『ひとつむぎの手』感想/誰のために仕事をしていますか?

 誰のために仕事をしていますか?  私は自分と家族のために仕事をしていますが、私のように考えて仕事をしている人は多いと思います。  しかし、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公は違いました。自分のためと言いなが …

東野圭吾『聖女の救済』は女性を子供を産む道具と考える男性に鉄槌が下される物語

 女性を子供を産む道具として見ていませんか?  私は妻を子供を産む道具としてではなく、ひとりの人間として尊重していますが、東野圭吾さんの小説『聖女の救済』に登場するある男性は、妻を子供を産む道具として見ていました。  そ …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

小川糸『ツバキ文具店』は手紙のあたたかさに気づかせてくれる物語

 手紙を書いてますか?  私は手紙を書いた記憶が思い出せないくらい手紙を書いていません。字が下手なのも要因のひとつですが、それ以上に多くのことがメールで済ませられるので必要性を感じないんですよね。  しかし、小川糸さんの …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラーものが好きな方におすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほど、ホラーが好きですが、もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。   …

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』感想/「現実を愛せない人」に幸せは訪れない

 今の生活を楽しんでいますか?  実は、私たちが苦しんだり、悩んだりするのは、今、目の前にある現実を受け入れられないときですが、残念ながら現実を愛せない人に幸せは訪れません。  そんな思いにさせてくれた小説が柚木麻子さん …