webstation plus

 他人の考えに縛られて生きていませんか?

 私も以前は他人の考えに縛られて生きていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』も自分らしく生きようと思える物語。他人に縛られて生きている人に、ぜひ読んで欲しい物語です。

 強姦されて産まれてきた子どもが主人公

 物語の主人公は、母が強姦されて産まれてきた子ども・春。彼は家族に恵まれましたが、強姦魔の息子であることを気にして生きていました。

 それもそのはずです。幼い頃に絵が上手くて賞をもらうことになったときも、その審査員から「遺伝のおかげで絵が上手いんだね」と嫌味を言われたりしたからです。

 春はそれから得意な絵を描くことをやめました。また容姿が良かったので女性からモテましたが、性的なことを遠ざけて生きてきました。

 とはいえ、春自身も他人の考えに縛られることに意味がないことはわかっていました。春は兄の泉水にこんなことを言います。

「フェルマーの最終定理にしろ、ラスコーの壁画にしろ、人はどんなものでも意味を見つけようとして、時間を無駄にする」

 強姦魔の息子として生まれてきた意味なんてないのに、その意味を求めて悩み苦しむ自分を客観的に「時間を無駄にしている」と言っているんですよね。

 他にも、足の曲がった鳩を見た春は、

「人間はさ、いつも自分が一番大変だ、と思うんだ」
「不幸だとか、病気だとか、仕事が忙しいだとか、とにかく、自分が他の誰よりも大変な人生を送っている。そういう顔をしている。それに比べれば、あの鳩のほうが偉い。自分が一番つらいとは思っていない」

 と自分を客観的に見ようと努力していることがわかります。しかし…。

 罪を犯しても反省しない強姦魔

 春の母を犯した強姦魔は少年法に守られ、今でも悠々自適に暮らしていました。

 とてもムカつく話ですが、これは現実でも同じですよね。

 レイプ犯が捕まったニュースは多くありますが、そのほとんどが無罪です。人によっては名誉毀損で逆に相手を訴えようとする極悪人もいます。

 なぜなら彼らには罪の意識がないから。相手の痛みを想像する力がないのではなく、どれだけ相手が苦しんでいても、それが自分の苦しみではないことを知っているからです。

 そんな極悪人を救おうとする人もいますが、被害者を苦しめるだけです。

 そこで泉水と春は…。

  他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』は、連続放火犯を探し出そうとする泉水と春を物語の中心に置き、彼らが成し遂げようとしていることが徐々に明らかになっていく物語ですが…。

 実は、これらすべてが彼らの父の一言に集約するように描かれています。

「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」

 この言葉を読んだとき、私が涙が溢れそうになりました。父親はこうあるべきだと思ったんですよね。

 他人にどんなことを言われようと、どんな目で見られようと、自分の子を守り抜く。しかも、「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」という言葉通りに行動する父がかっこよすぎです。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』は、他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語です。

 とても暗い物語ですが、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』/人間の最大の武器は信頼と習慣

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。  私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになり …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …