webstation plus

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。

 とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その瞬間にたどり着くまでは暗くて仕方ないんですけど。

 春の苦悩に共感できる

 他人の考えに縛られる必要なんてない…と頭ではわかっていた春ですが、強姦魔の息子であることを気にして生きていました。

 「遺伝のおかげで絵が上手いんだね」と嫌味を言われてからは得意な絵を描くことをやめたり、女性からモテまくっても性的なことを遠ざけたりして生きています。

 そんな春は、兄の泉水にこんなことを言い出しました。

「フェルマーの最終定理にしろ、ラスコーの壁画にしろ、人はどんなものでも意味を見つけようとして、時間を無駄にする」

 強姦魔の息子として生まれてきた意味なんてないのに、その意味を求めて悩み苦しむ自分を客観的に「時間を無駄にしている」と言っているんですよね。

 他にも、足の曲がった鳩を見た春は、

「人間はさ、いつも自分が一番大変だ、と思うんだ」
「不幸だとか、病気だとか。仕事が忙しいだとか、とにかく、自分が他の誰よりも大変な人生を送っている。そういう顔をしている。それに比べれば、あの鳩のほうが偉い。自分が一番つらいとは思っていない」

 と自分を客観的に見ようと努力していることがわかります。

 こうして自分を客観的に見つめようと努力しながらも、強姦魔の息子であることを意識し、悩み苦しむ春の姿に共感できるんですよね。しかし…。

 罪を犯しても反省しない強姦魔

 春の母を犯した強姦魔は少年法に守られ、今でも悠々自適に暮らしていました。

 とてもムカつく話ですが、これは現実でも同じです。レイプ犯が捕まったニュースは多くありますが、そのほとんどが無罪であり、人によっては名誉毀損で逆に相手を訴えようとする極悪人もいます。

 なぜなら彼らに罪の意識がないから。相手の痛みを想像する力がないのではなく、どれだけ相手が苦しんでも、それが自分の苦しみではないことを知っているからです。

 そんな極悪人を救おうとする人もいますが、被害者を苦しめるだけ。だから泉水と春は――。

 家族のあり方を考えさせられる

 『重力ピエロ』は、連続放火犯を探し出そうとする泉水と春を物語の中心に置き、彼らが成し遂げようとしていることを徐々に明らかにしていく構成をとっていますが、それらすべてが彼らの父の一言に集約するように描かれています。

 その一言が、

「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」

 この言葉を読んだとき、涙が溢れそうになりました。父親はこうあるべきだと思ったんですよね。

 他人にどんなことを言われようと、どんな目で見られようと、自分の子を守り抜く。しかも、「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」という言葉通りに行動する父がかっこよすぎです。

 読めば、他人の考えに縛られる必要なんてなく、むしろ自分が正しいと信じた道を貫くことが大切だと思える物語です。とても暗い物語ですが、おすすめです。

 関連記事

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …