webstation plus

(※『グラスホッパー』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。

 殺し屋である鯨や蝉、そして復讐者である鈴木が主人公の物語ですが、たとえ殺し屋であっても闇を抱えていることがわかる小説です。彼らは自分の闇とどのように向き合っていくのか!?

 今回は、『グラスホッパー』のあらすじと感想を紹介します。

 『グラスホッパー』のあらすじと感想

妻をクルマで轢き殺された鈴木の物語

 薬物、暴力、人殺し、臓器売買…。何をしても罰せられない会社・フロライン。その社長の馬鹿息子に妻を轢き殺された鈴木は、フロラインに潜り込み復讐の機会を伺います。しかし、幹部社員から疑いをかけられ、見ず知らずの若いカップルを殺せと脅されることに。

 その立会人として現れたのは、妻の仇である馬鹿息子でした。ところが、馬鹿息子は鈴木の目の前で「押し屋」という謎の殺し屋に殺害されます。鈴木が押し屋を追いかける!?

人を自殺に追い込む殺し屋・鯨の物語

 人を自殺に追い込む仕事をしている鯨は、半年ほど前から目眩を感じるようになりました。その時は決まって、これまで自殺に追い込んできた亡霊たちが鯨に語りかけてきます。

 どうすれば亡霊たちから解放されるのか――そう悩んでいた鯨に、元カウンセラーのホームレスから「押し屋と対決」することを提案されます。鯨は過去に負けたことがある押し屋に今度こそ勝てるのか!?

雇われて人殺しをしている蝉の物語

 雇われて人殺しをしている蝉は、鯨を殺して欲しいという依頼を斡旋されます。しかし、その途中で道草を食い、依頼者であるはずの政治家が殺されてしまいました。

 以前から斡旋者の言いなりになっている自分に嫌悪感を抱いていた蝉は、たまたま耳にした押し屋の話を利用して名を上げようとします。蝉が押し屋を殺すのか!?

 最後に

 人殺しを仕事にしている鯨は、犯してきた罪の重さに耐えきれず幻覚を抱くようになり、蝉は上司の言いなりになっている自分に嫌気がさし、何事も「大丈夫だろう」と高をくくっていた鈴木は、そのせいで痛い目にあう…。

 登場人物の誰もが何らかの悩みを抱えており、どこかで死にたいと感じています。しかし、小説家やミュージシャン、妻の言葉を頼りに毎日を頑張って生きている――。心の闇を照らすのは誰かの励ましの言葉なのかもしれませんね。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

『愚者のエンドロール』はミステリーの謎に迫るミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。『氷菓』に続く古典部シリーズで、前作よりもミステリー要素が濃い作品です。  前作『氷菓』の紹介はこちら  今回は、ミステリーの謎に迫るミス …

2017年11月に出会った読みたい本まとめ

 読書好きの私は、新聞や雑誌に紹介されていた本や本屋さんで直接手に取った気になる本をメモとして残しています。それを参考に、次に読む本を決めているんですね。  しかし、メモをしたまま読まない本があまりにも多くなってきたので …

アメトーーク!「読書芸人」第3弾!おすすめ本まとめ

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年11月10日放送の「アメトーーク!」は「読書芸人オールロケ」。ピース・又吉さん、オードリー・若林さん、オアシズ・光浦さん、メープル超合金・カズレーザーさん、池田エライザさんが、 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

子供にも読ませたい!東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30

 2017年10月9日放送の「Qさま!!」で発表された「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』ベスト30」。  私は国語の教科書でしか読んだことがない本ばかりでしたが、「この機会に改めて読んでみよう!」&「子どもたちにも読ん …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

『双亡亭壊すべし』は怖い物語が苦手でも読みたくなるホラー漫画

(※『双亡亭壊すべし 1』表紙より)  子供の頃、夏休みになると夏の風物詩である怪談話を夢中になって聞いていました。怖くて逃げ出したくなるのに――。そんな懐かしい記憶が蘇る漫画が『双亡亭壊すべし』。  『うしおととら』や …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …