webstation plus

(※『グラスホッパー』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。

 殺し屋の鯨と蝉、そして復讐者の鈴木がそれぞれの目的を成し遂げるために殺人を犯したり、逃げ惑ったりする物語です。読めば再読したくなること間違いなし!?

 今回は、『グラスホッパー』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『グラスホッパー』のあらすじ

 薬物、暴力、人殺し、臓器売買…。何をしても罰せられない会社・フロライン。その社長のバカ息子に妻をひき殺された鈴木は、復讐のためにフロラインに潜り込みます。しかし、幹部社員から疑いをかけられ脅されることに。

 人を自殺に追い込むことを生業にしている鯨は、半年ほど前から眩暈を感じるようになり、悩んでいました。そんなとき、ホームレスから「押し屋」という殺し屋と対決することを提案されます。鯨は押し屋に勝てるのか!?

 雇われて人殺しをしている蝉は、斡旋者の言いなりになっている自分に自己嫌悪を感じていました。そんなとき、たまたま耳にした「押し屋」の話を利用して名を挙げようとします。彼が押し屋を殺すのか!?

 3人の視点で物語が進んでいく

 鈴木、鯨、蝉――この三人の視点で物語が進んでいきます。

 彼らにはそれぞれ成し遂げたいことがありました。鈴木は妻の復讐を、鯨は亡霊からの解放を、そして蝉は自由を求めていました。

 そんな彼らの願いを叶える鍵が「押し屋」という殺し屋。鈴木は家庭教師として押し屋の家に潜り込み、鯨は対決相手として、蝉は名を上げるための利用人物として押し屋を目指します。

 彼ら三人が辿りついた結末とは!?

 ラストには衝撃の結末が!?

 物語の終盤で次のようなシーンがあります。

列車が通り抜けていくのを、鈴木はじっと眺めながら、「それにしてもこの列車、長くないか」と、亡き妻に向かってこっそりと言う。
回送電車は、まだ通過している。

 実はこれ。これまでの物語を根底から覆すシーンなんです。それを物語っているのが中盤での鯨とホームレスの会話。

「兆候はあるんですよ、幻覚のしるしは。例えば、街で立っている時に、目の前の信号の点滅がちっとも止まらなかったり、歩いても歩いても階段が終わらなかったり。駅にいる時も、通過する列車がいつまで経っても通り過ぎない、とか、この列車ずいぶん長いなあ、なんて思ったら、まずい兆候ですよ。そういうのは全部、幻覚の証拠です。信号や列車は、幻覚のきっかけになりやすいんです。信号はたいがい見始めの契機で、列車は目覚めの合図だったりします」

 つまり、鈴木は物語の終盤でようやく幻覚から覚めたことになります。

 では、この物語のどこまでが幻覚で、どこまでが現実だったのか…。読み終えた直後に再読したくなること間違いなし!?

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。読めば再読したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …