webstation plus

(※『グラスホッパー』表紙より)


 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか?

・必死になって仕事をしても上司から怒られる
・家族から理不尽に責められる
・義理の両親からいろいろ口出しされる

 などなど。

 そんなとき、どうしても逃げ出したくなりますが、流れに身を任せてみるのも一つの方法かもしれません。伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』を読んで、そう思うようになりなした。

 そこで今回は、理不尽な目にあったときに読んで欲しい小説『グラスホッパー』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『グラスホッパー』のあらすじ

 薬物、暴力、人殺し、臓器売買など、何をしても罰せられない会社・フロライン。

 そんな怖ろしい会社のバカ息子に妻をひき殺された鈴木は、教師を辞め、復讐のためにフロラインに潜り込みました。しかし、幹部社員に見抜かれ、逆に脅されることに。

 人を自殺に追い込む仕事をしている鯨は、半年ほど前から眩暈を感じるようになりました。過去に殺した人たちが次々と現れ、話しかけてきます。

 その話を知り合いのホームレスにしたところ、「押し屋」という殺し屋と対決することを提案されます。過去に先を越された仕事の清算をしろと言うのです。鯨は押し屋に勝てるのか!?

 雇われて人殺しをしている蝉は、斡旋者の言いなりになっている自分に嫌気がさしていました。そんなとき、たまたま「押し屋」の話を耳にします。彼は押し屋を殺して名を上げようとしますが――。

 3人の想いが入り交じる物語です。

 『グラスホッパー』のおすすめポイント

1. 絶妙なポイントで視点が切り替わる

 『グラスホッパー』は、鈴木、鯨、蝉――この3人の視点を切り替えながら物語が進んでいきます。

 しかも、絶妙なタイミングで視点が切り替わるので、続きが気になって仕方ないんですよね。

 彼らにはそれぞれ成し遂げたいことがありました。鈴木は妻の復讐を、鯨は亡霊からの解放を、そして蝉は自由を求めていました。

 そんな彼らの願いを叶える鍵が「押し屋」。鈴木は家庭教師として押し屋の家に潜り込み、鯨は対決相手として、蝉は名を上げるための人物として押し屋を目指します。

 彼ら3人が辿りつく結末が気になって仕方がない物語です。

2. 理不尽な目にあっても頑張る鈴木に励まされる

 先ほども紹介したように、鈴木はフロラインのバカ息子に妻を轢き殺されました。しかも、酔っ払って。

 ところが、バカ息子は何の罪にも問われません。そこで、鈴木は自ら復讐を遂げようとフロラインに乗り込みましたが、幹部社員の比与子に疑われ、「人殺しをしろ」と逆に脅されることに。

 そんな鈴木に幸運が起こります。目の前でバカ息子が車に轢かれて死んだのです。「押し屋」がバカ息子の背中を押したからでした。

 しかし、「押し屋」の存在に気づいた比与子に押し屋を追えと命じられます。鈴木は流れに身を任せて押し屋を追うことに。

 その後も、鈴木は押し屋の家に家庭教師として乗り込んだり、子どもの遊び相手になったり、捕らえられたりと流れに身を任せます。ただし、出来る限りのことはしながら――。

 そんな鈴木の姿をみていると、理不尽な目にあったときは、流れに身を任せながら、自分に出来ることをひとつひとつやっていくことが大切なんじゃないかと思えてきました。

 鈴木の頑張りに励まされる物語です。

3. すぐに再読したくなる結末が!?

 物語の終盤に次のようなシーンがあります。

列車が通り抜けていくのを、鈴木はじっと眺めながら、「それにしてもこの列車、長くないか」と、亡き妻に向かってこっそりと言う。
回送電車は、まだ通過している。

 実はこれ。これまでの物語を根底から覆すシーンなんです。それを物語っているのが中盤での鯨とホームレスの会話。

「兆候はあるんですよ、幻覚のしるしは。例えば、街で立っている時に、目の前の信号の点滅がちっとも止まらなかったり、歩いても歩いても階段が終わらなかったり。駅にいる時も、通過する列車がいつまで経っても通り過ぎない、とか、この列車ずいぶん長いなあ、なんて思ったら、まずい兆候ですよ。そういうのは全部、幻覚の証拠です。信号や列車は、幻覚のきっかけになりやすいんです。信号はたいがい見始めの契機で、列車は目覚めの合図だったりします」

 つまり、鈴木は物語の終盤でようやく幻覚から覚めたことになります。

 では、この物語のどこまでが幻覚で、どこまでが現実だったのか…。読み終えた直後に再読したくなる小説です。

 最後に

 伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。読めば理不尽な出来事が起こっても頑張ろうと思えること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 ※殺し屋シリーズの紹介はこちら。

 関連記事

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …