webstation plus

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか?

・必死になって仕事をしても上司から怒られる
・家族から理不尽に責められる
・義理の両親からいろいろ口出しされる

 などなど。

 そんなとき、どうしても逃げ出したくなりますが、流れに身を任せてみるのもひとつの方法かもしれません。伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』を読んで、そう思うようになりなした。

 理不尽な目にあっても流れに身を任せてみるのもひとつの方法?

 薬物、暴力、人殺し、臓器売買など、何をしても罰せられない会社・フロライン。

 そんな怖ろしい会社のバカ息子に妻をひき殺された鈴木は、教師を辞め、復讐のためにフロラインに潜り込みました。しかし、幹部社員の比与子に疑われ、「人殺しをしろ」と逆に脅されることに。

 そんな最悪の状況に追い込まれた鈴木に幸運が起こります。目の前でバカ息子が車に轢かれて死んだのです。「押し屋」という名の殺し屋がバカ息子の背中を押したからでした。

 これで妻の仇がとれた鈴木でしたが、なぜか比与子の命令に従って押し屋を追いかけていきます。鈴木は逃げずに流れに身を任せるんですよね。

 その結果…。

 流れに身を任せて理不尽に立ち向かっていけば強くなれる

 鈴木はどんどん強くなっていきました。押し屋の家に「家庭教師です」と嘘をついて乗り込んだり、殺し屋に脅されても「彼らを撃たないでくれ」と交渉したりと、最悪な状況でも怯えているだけではありません。

 自分にできる最大限の行動を起こして理不尽に立ち向かっていきます。

 そんな鈴木の姿をみていると、理不尽な目にあったときは、流れに身を任せながら、自分に出来ることをひとつひとつやっていくことが大切だと思えてくるんですよね。

 鈴木の頑張りに励まされる物語です。

 鈴木に興味が向いてしまう物語

 そんな鈴木の頑張りに励まされる一方で、物語としては、最後にどんでん返しが待っています。これまで鈴木が経験してきたことは、実は幻覚かもしれないと思わせるシーンが用意されているんですよね。

 では、どこまでが幻覚で、どこまでが現実だったのか。それが気になってすぐに再読したくなります。

 多くの殺し屋が登場するのに、最初から最後まで鈴木に興味が向いてしまう物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。読めば、理不尽な目にあっても自分にできる最大限の行動を起こそうと思える物語です。気になった方は、ぜひ。

 ※他の殺し屋シリーズもおすすめです。

 関連記事

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語/伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』感想

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …