webstation plus

 ひどくてツライ、重くてしんどい…。そんな状況に追い込まれたことはありませんか?

 私はそんな状況に追い込まれたときは、なんとか抜け出そうと必死にもがき苦しんできましたが、伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』を読んで、流れに身を任せてみるのもありかな?と思うようになりました。

 想像を絶するような状況に追い込まれた主人公が、流れに身を任せながらも強くなっていく姿に惹きつけられるんですよね。

 遊び間隔で妻を殺された教師の物語

 では、あらすじから。

 物語の主人公は元教師の鈴木。彼の妻はフロラインという会社の社長のバカ息子に遊び感覚で轢き殺されました。

 ところが、バカ息子は何の罪にも問われません。

 なぜなら、フロラインは、薬物、暴力、人殺し、臓器売買など、あらゆる悪事に手を染めていましたが、政治家たちと繋がりがあったので何をしても罰せられない会社だったのです。

 そこで鈴木は教師を辞め、復讐のためにフロラインに潜り込みますが、すぐに比与子という上司に疑われ、「拉致した若者を殺して仲間であることを証明しろ」と脅されます。

 そんな最悪の状況に追い込まれた鈴木に幸運が起こります。目の前であのバカ息子が車に轢かれて死んだのです。「押し屋」という殺し屋がバカ息子の背中を押したからでした。

 これで妻の仇がとれた鈴木でしたが、なぜか比与子の命令に従って押し屋を追いかけるんですよね。

 それは直前に殺せと脅された若者たちを救うためでしたが、鈴木は逃げずに流れに身を任せました。その結果…。

 流れに身を任せながら最大限の行動を起こせば強くなれる

 鈴木はどんどん強くなっていきます。

 押し屋の家に「家庭教師です」と嘘をついて乗り込んだり、比与子に「バカ息子が息を吹き返した」と騙されて拉致されたり、蝉という若い殺し屋に「押し屋のところに連れていけ」と脅されたりと、次から次へと恐ろしい出来事に巻き込まれていきます。

 しかし、鈴木は自分にできる最大限の行動を起こして、これらの理不尽に立ち向かっていくんですよね。

 そんな鈴木の姿を見ていると、理不尽な目にあったときは、流れに身を任せながらも、自分にできることをひとつひとつやっていくことが大切なんじゃないかなと思えてきました。

 さて、物語としては、鈴木の他に、先ほども紹介した「蝉」という若い殺し屋と、「鯨」と呼ばれる自殺に追い込むのが得意な巨漢の殺し屋が登場し、彼ら3人の視点を切り替えながら物語が語られていきます。

 彼らはそれぞれ別の目的で押し屋と接触しようとしていました。

 鈴木は比与子に拉致された若者を救うために、蝉は殺し屋としての名をあげるために、鯨は過去の敗北を清算するために押し屋を目指すんですよね。

 しかし、押し屋と呼ばれる槿(あさがお)にもある狙いがありました。その狙いとは…。

 ラストですべてを覆す衝撃の事実が明かされる

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』は、理不尽な目にあったときは流れに身を任せながらも、自分にできる最大限の行動を起こそうと思える物語です。

 それだけでなく、ラストに衝撃の事実が明かされます。その事実とは、

列車が通り抜けていくのを、鈴木はじっと眺めながら、「それにしてもこの列車、長くないか」と、亡き妻に向かってこっそりと言う。
回送電車は、まだ通過している。

 実はこれ。これまでの物語が鈴木の幻覚だったかもしれないことを示唆しています。

 それを物語っているのが、鯨とホームレスの次の会話です。

「兆候はあるんですよ、幻覚のしるしは。例えば、街で立っている時に、目の前の信号の点滅がちっとも止まらなかったり、歩いても歩いても階段が終わらなかったり。駅にいる時も、通過する列車がいつまで経っても通り過ぎない、とか、この列車ずいぶん長いなあ、なんて思ったら、まずい兆候ですよ。そういうのは全部、幻覚の証拠です。信号や列車は、幻覚のきっかけになりやすいんです。信号はたいがい見始めの契機で、列車は目覚めの合図だったりします」

 つまり、物語のどこまでが現実で、どこからが鈴木の幻想なのかわからなくなるんですよね。

 他にも驚く仕掛けが用意されている物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりですが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したんで …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

和田竜『のぼうの城』感想/リーダーシップとはすべてを仕切ることではない

 リーダーシップを発揮していますか?  私はリーダーシップと聞くと、軍隊の指揮官が思い浮かぶので、従えている人たちに指示を出すイメージを持っていましたが、和田竜さんの小説『のぼうの城』を読んで、そのイメージが覆されました …

伊坂幸太郎『重力ピエロ』は他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語

 他人の考えに縛られて生きていませんか?  私も以前は他人の考えに縛られて生きていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。  伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』も自分らしく …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 最近、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。  もち …

東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』は名誉やプライドを守るために人生をかけて嘘をつく人たちの物語

 嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか?  残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。  大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。 &n …

原田マハ『奇跡の人』感想/教育の目的は子どもの自由を広げること

 子どもに自由を与えていますか?  ここで言う自由とは、好き放題に甘やかすことではなく、子どもの意思を尊重することです。そのせいで、子どもがツライ思いをすることになっても、力の限り応援していく…。  原田マハさんの小説『 …

木皿泉『カゲロボ』は他人の不幸を求めている人に読んで欲しい物語

 他人の不幸を望んでいませんか?  私も他人の不幸を望んでしまうことがありますが、もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ何かで癒されるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …