webstation plus

graduation_01

 30歳を過ぎているにも関わらず、「昔からの友人と過ごしている時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、ちょっとまずい状態に陥っているかもしれない。今なお「モラトリアム継続中」の人の典型的なパターンにハマっているからだ。

 たしかに、学生時代からの友人や、同じ趣味・思考を持つ仲間が気楽で付き合いやすいのはわかるが、人間関係の中心を「友人」に置くのは思春期の特徴である。大人になると自然に変わっていくものだ。

 なぜなら、30歳を過ぎれば、仕事も「やりがい」が出てきて楽しくなり、配偶者や子どもとの時間も大切になるため、「友人と過ごす時間」よりも優先すべきことが増えるからである。

 それにも関わらず、「友人と過ごす時間が何よりも楽しい」と感じているようなら、モラトリアム――子どもから大人へと移行する橋渡し期間から抜け出せずにいる、といわれても仕方がないだろう。

 もし、そんな「おこちゃま」な状態に陥っているようなら、東野圭吾さんの小説『卒業』でも読んで、今すぐモラトリアムから抜け出そう。

 小説『卒業』は、数ヶ月後に大学を卒業して社会人へと旅立つ七人グループの物語。主人公は、『新参者』や『麒麟の翼』などで有名な加賀恭一郎である。

 加賀は、まさにモラトリアムから抜け出そうとしていた。これまで何をするのも一緒だった七人の友人たちとの関係にひびが入ることになったとしても、彼にはやるべきことがあったからだ。それは、友人のひとりである沙都子へのプロポーズである。

 彼は、沙都子にプロポーズをするために、憧れの職業だった警察官になることを断念した。なぜなら、加賀にとって「警察官」とは、家庭を不幸にするものだったからだ。

 加賀の母は、彼が幼い頃に失踪していた。その理由は定かではないが、彼は母が出て行ったことを父のせいだと考えていた。父が警察官という仕事を何よりも優先して、まったく家庭をかえりみなかったことに原因があると考えていたのである。

 だから、沙都子との結婚を意識した加賀は警察官になることを諦め、教師になることを決意する。

 また、沙都子にプロポーズをすることで、これまで仲のよかった友人たちとの関係がギクシャクすることになるかもしれないが、それでも彼は沙都子にプロポーズをすることにした。なぜなら、それが自分の進むべき道だからだ。こうして、加賀は仕事と結婚という人生における重要な決断を下し、「モラトリアムからの卒業」を早々と実現したのである。

 その後も、友人たちとの友情が壊れてしまうような事件が次々と起こってくるが、「本当の友情とは馴れ合うことではなく、それぞれが信じた道を進むことに拍車をかける関係のことだ」という信念のもと加賀は自分の信じた道を進み続ける。そうすることで、彼は大人への一歩を踏み出したのである。

 ◆◆◆

 さて、30歳を過ぎてもモラトリアムから抜け出せていない人たちの多くは、同種・同属の友人たちと馴れ合うことで安心しきっている。30歳を過ぎても結婚しない友人たちに囲まれ、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」などと現実逃避をしている。

 たしかに、同じような仲間がいれば、現状に対する自己肯定ができるだろう。不安や焦燥感も軽くなるに違いない。しかし、本質的な問題は何ひとつ解決していない。危機感を鈍らせてはいけないのだ。

 そもそも、大人になってからの友情とは、ストレス発散のための馴れ合いではなく、そこで培われている関係が、5年後の自分にワクワクした喜びを与えてくれるような関係でなければいけない。やるべきことに対して、自分の行動に拍車をかける働きをもたらしてくれる関係でなければいけない。

 もし、そうした関係が友人と築けていないようであれば、本当の「友情」とは何かを真剣に考えてみる機会が必要になるだろう。そのひとつのキッカケとして、小説『卒業』を読むのは悪くない選択肢だと思う。

 関連記事

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

自律神経を整えれば運が良くなる/流れを変える悩み方

 「最近調子が良くないなぁ。体の具合もよくないし、仕事も不調続き。ほんと何をやってもうまくいかない」――こうした「悪い流れ」にハマっているときは、自律神経のバランスが乱れているといいます。  では、自律神経のバランスはど …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …