webstation plus

(※『卒業』表紙より)


 モラトリアムから抜け出せていますか。

 もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいいかもしれません。

 なぜなら、現実逃避しやすくなるからです。

 同種・同族の友人といると安心しますよね。たとえば、自分もまわりも結婚していなければ、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」と考えてしまいがちです。

 しかし、安心したところで本質的な問題は何も解決していません。危機感を鈍らせているだけです。

 東野圭吾さんの小説『卒業』は、大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎が大人への一歩を踏み出す物語。彼の姿を見れば、モラトリアムから抜け出したくなること間違いなし!?

 今回は『卒業』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『卒業』のあらすじ

 大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎は、仲の良い同級生6人と喫茶店で会話をしたり、バーでお酒を飲むなど、楽しい時間を過ごしていました。

 しかし、ある日。祥子が寮で手首を切って死にます。はじめは自殺と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が。

 加賀恭一郎が祥子の死の謎に迫る!?

 『卒業』のおすすめポイント

1. 加賀恭一郎が初登場!?

 『眠りの森』から『麒麟の翼』、『祈りの幕が下りる時』と続いていく加賀恭一郎シリーズ第一弾の『卒業』は、刑事になる前の加賀恭一郎に出会えます。

 もちろん、加賀恭一郎らしさは健在。大学生にも関わらず、するどい推理で事件の本質に迫ります。

 加賀恭一郎シリーズのファンなら絶対に読んでおきたい一冊!?

2. 「雪月花之式」を用いたトリックが斬新

 祥子に引き続き波香が死にます。彼女は茶道の「雪月花之式」というくじ引きゲームをしているときに、お茶に毒を入れられ殺されました。

 「雪月花之式」とは、お茶を飲む人や菓子を食べる人、次のお茶の準備をする人を毎回クジで決めるゲーム。特定の人に狙ったクジを引かせるのは不可能なはず。

 では、どうやって犯人は波香に狙ったクジを引かせたのか。

 東野圭吾さんらしい斬新なトリックに驚くこと間違いなし!?

3. モラトリアムから抜け出したくなる物語

 加賀恭一郎は、まさにモラトリアムから抜け出そうとしていました。

 友人のひとりである沙都子にプロポーズをしたり、友人を疑うことになっても、祥子や波香の死の謎を解き明かそうとします。

 まわりから止められても、

「本当の友情とは馴れ合うことではなく、それぞれが信じた道を進むことに拍車をかける関係のことだ」

 と、自らの信念を貫きます。

 彼の姿を見れば、今すぐモラトリアムから抜け出したくなるはず。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『卒業』。読めば、モラトリアムから抜け出したくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

出会いがあれば別れもある!?『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人との関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからなんでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添うことの大切 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学より大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は切なくて悲しくて爽やかな小説

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』。  本屋を襲撃しようと考える河崎と、その2年前にペット殺し事件に巻き込まれた琴美とドルジ――この二つの物語がシンクロする …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …