東野圭吾『卒業』は今すぐモラトリアムから抜け出したくなるミステリー小説

おすすめ小説

モラトリアムから抜け出せていますか?

私は抜け出せていると思っていますが、もし「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、

子どもから大人へと移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。

今すぐ考え方や行動を変えたほうがいいかもしれません。

東野圭吾さんの小説『卒業』を読めば、主人公・加賀恭一郎のように、今すぐモラトリアムから抜け出したくなりますよ。

おすすめ度:3.5

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • 加賀恭一郎シリーズが好きな人
  • 大学生の加賀恭一郎に興味がある人
  • 驚きのある物語が好きな人
  • 東野圭吾さんの小説が好きな人
スポンサーリンク

あらすじ:大学生の加賀恭一郎が主人公の物語

物語の主人公は、大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎。

『眠りの森』や『麒麟の翼』、『祈りの幕が下りる時』へと続いていく加賀恭一郎シリーズ第一弾の本作は、刑事になる前の加賀恭一郎が描かれています。

もちろん、加賀恭一郎らしさは健在です。

大学生にも関わらず、するどい推理で事件の本質に迫ります。

とはいえ、まだ社会に出たことのない大学生。

他の大学生と同じように仲の良い同級生たちと喫茶店で会話をしたり、バーでお酒を飲むなど、楽しい学生生活を過ごしていました。

ところが、ある日。同級生の祥子が寮で手首を切って死にます。

カミソリが落ちていて密室だったことから自殺と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が浮かび上がってきました。

住人以外にも寮に入る方法が見つかったからです。

そこで、加賀は犯人を特定すべく捜査を開始しますが…。

という物語が楽しめます。

スポンサーリンク

感想①:シリーズ第一弾が大学生から始まるところが魅力的

あらすじでも紹介したように、この物語は『赤い指』や『新参者』へと続いていく加賀恭一郎シリーズの第一弾ですが、

この物語では、加賀は何の権限も持たないただの大学生です。

『ガリレオシリーズ』の主人公・湯川学のように、はじめから帝都大学の物理学者という肩書きを持っているわけでもなく、

実に面白い!?東野圭吾『ガリレオシリーズ』の順番とおすすめランキングを紹介
 ガリレオシリーズと聞くと、科学的なトリックを湯川准教授(最新作では教授)が論理的に解き明かすイメージがありますよね。  もちろん、初期の作品ではその傾向が強かったのですが、シリーズを重ねるにつれて、湯川の人間としての魅力に物語のフォ...

ドラマ『相棒』の主人公・杉下右京のように、超人的な推理力と洞察力を持っている警察庁の人間でもありません。

ただの大学生という設定から始まるのが魅力的なんですよね。

シリーズが進むにつれて、加賀恭一郎が少しずつカッコいい刑事へと成長していく姿が楽しめるからです。

また、この物語のラストが、大学生らしい終わり方をするところにも好感が持てました。

感想②:「雪月花之式」を用いた斬新なトリックが面白い

あらすじで祥子が死んだと書きましたが、彼女に引き続いて、もう一人の友人・波香まで死んでしまいます。

しかも彼女は、茶道の「雪月花之式」というくじ引きゲームをしているときに、お茶に毒を入れられて殺されました。

「雪月花之式」とは、お茶を飲む人や菓子を食べる人、次のお茶の準備をする人を毎回クジで決めるゲームのこと。

特定の人を狙ってクジを引かせるのは不可能なはずです。

しかも、その場にいたのは加賀の友人だけでした。

犯人は誰で、どんなトリックを使ったのか!?という謎解きが楽しめます。

とはいえ、さすがに『容疑者Xの献身』ほどの驚きはありませんでしたが、

東野圭吾『容疑者Xの献身』は他人の不幸の上に幸せは築けないことがわかる物語
 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういう部分はありますが、東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』を読んで、他人の不幸の上に自分の幸せは絶対に築けないことがわかりました。  それだけでなく、相...

かなり昔の物語にも関わらず、それなりの驚きを味わうことができたので、

当時としては、かなり斬新なトリックだったのではないでしょうか。

感想③:モラトリアムから抜け出そうとする主人公にグッとくる

加賀恭一郎が殺人事件の謎に迫ろうとすると、まわりの人たちは、友人関係が壊れてしまうので、やめた方がいいと言いました。

しかし、加賀は、

「本当の友情とは馴れ合うことではなく、それぞれが信じた道を進むことに拍車をかける関係のことだ」

といって、自らの信念を貫くんですよね。

つまり、モラトリアムから抜け出そうとしていたのです。

『35歳のチェックリスト』の感想にも書きましたが、同種・同族の友人といると安心しますよね。

たとえば、自分もまわりも結婚していなければ、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」と考えてしまいがちです。

しかし、安心したところで本質的な問題は何も解決しません。

むしろ危機感を鈍らせるだけです。

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ
35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点といわれています。 たとえば、仕事。 「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、 よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジャー...

だからこそ、加賀は、馴れ合いの学生気分から抜け出し、大人への一歩を踏み出したのです。

そんな加賀恭一郎の姿にグッとくる物語です。

まとめ

今回は、東野圭吾さんの小説『卒業』のあらすじと感想を紹介してきました。

ミステリーとしてだけでなく、加賀恭一郎シリーズの第一弾としても楽しめる物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい

東野圭吾『加賀恭一郎シリーズ』の順番とおすすめランキングをご紹介
加賀恭一郎シリーズと聞くと、阿部寛さん演じる『新参者』シリーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 残念ながら、私はドラマや映画で加賀恭一郎シリーズを観たことがありませんが、原作を読めば、より一層楽しめると思います。 そ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました