webstation plus

(※『卒業』表紙より)


 モラトリアムから抜け出せていますか。

 もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいいかもしれません。

 なぜなら、現実逃避しやすくなるからです。

 同種・同族の友人といると安心しますよね。たとえば、自分もまわりも結婚していなければ、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」と考えてしまいがちです。

 しかし、安心したところで本質的な問題は何も解決していません。むしろ危機感を鈍らせているだけです。

 東野圭吾さんの小説『卒業』は、大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎が大人への一歩を踏み出す物語。彼の姿を見れば、今すぐモラトリアムから抜け出したくなること間違いなし!?

 今回は『卒業』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『卒業』のあらすじ

 大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎。彼は、仲の良い同級生6人と喫茶店で会話をしたり、バーでお酒を飲むなど、楽しい時間を過ごしていました。

 しかし、ある日。祥子が寮で手首を切って死にます。はじめは自殺と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が。

 加賀恭一郎が祥子の死の謎に迫る!?

 『卒業』のおすすめポイント

1. 加賀恭一郎が初登場!?

 『眠りの森』から『麒麟の翼』、『祈りの幕が下りる時』へと続いていく加賀恭一郎シリーズ第一弾の本作は、刑事になる前の加賀恭一郎が描かれています。

 もちろん、加賀恭一郎らしさは健在。大学生にも関わらず、するどい推理で事件の本質に迫ります。

 加賀恭一郎シリーズのファンなら絶対に読んでおきたい一冊です。

2. 「雪月花之式」を用いたトリックが斬新

 祥子に引き続き波香が死にます。彼女は茶道の「雪月花之式」というくじ引きゲームをしているときに、お茶に毒を入れられ殺されました。

 「雪月花之式」とは、お茶を飲む人や菓子を食べる人、次のお茶の準備をする人を毎回クジで決めるゲーム。特定の人に狙ったクジを引かせるのは不可能なはず。

 では、どうやって犯人は波香に狙ったクジを引かせたのか。

 東野圭吾さんらしい斬新なトリックに驚くこと間違いなし!?

3. モラトリアムから抜け出したくなる物語

 加賀恭一郎は、まさにモラトリアムから抜け出そうとしていました。

 友人のひとりである沙都子にプロポーズをしたり、友人を疑うことになっても、祥子や波香の死の謎を解き明かそうとします。

 まわりから止められても、

「本当の友情とは馴れ合うことではなく、それぞれが信じた道を進むことに拍車をかける関係のことだ」

 と、自らの信念を貫きます。

 彼の姿を見れば、今すぐモラトリアムから抜け出したくなること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『卒業』。読めば、モラトリアムから抜け出したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

出会いがあれば別れもある!?伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …