webstation plus

(※『卒業』表紙より)


 モラトリアムから抜け出せていますか。

 もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいいかもしれません。

 なぜなら、現実逃避しやすくなるからです。

 同種・同族の友人といると安心しますよね。たとえば、自分もまわりも結婚していなければ、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」と考えてしまいがちです。

 しかし、安心したところで本質的な問題は何も解決していません。むしろ危機感を鈍らせているだけです。

 東野圭吾さんの小説『卒業』は、大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎が大人への一歩を踏み出す物語。彼の姿を見れば、モラトリアムから抜け出したくなること間違いなし!?

 今回は『卒業』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『卒業』のあらすじ

 大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎は、仲の良い同級生6人と喫茶店で会話をしたり、バーでお酒を飲むなど、楽しい時間を過ごしていました。

 しかし、ある日。祥子が寮で手首を切って死にます。はじめは自殺と思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が。

 加賀恭一郎が祥子の死の謎に迫る!?

 『卒業』のおすすめポイント

1. 加賀恭一郎が初登場!?

 『眠りの森』から『麒麟の翼』、『祈りの幕が下りる時』と続いていく加賀恭一郎シリーズ第一弾の本作は、刑事になる前の加賀恭一郎が描かれています。

 もちろん、加賀恭一郎らしさは健在。大学生にも関わらず、するどい推理で事件の本質に迫ります。

 加賀恭一郎シリーズのファンなら絶対に読んでおきたい一冊!?

2. 「雪月花之式」を用いたトリックが斬新

 祥子に引き続き波香が死にます。彼女は茶道の「雪月花之式」というくじ引きゲームをしているときに、お茶に毒を入れられ殺されました。

 「雪月花之式」とは、お茶を飲む人や菓子を食べる人、次のお茶の準備をする人を毎回クジで決めるゲーム。特定の人に狙ったクジを引かせるのは不可能なはず。

 では、どうやって犯人は波香に狙ったクジを引かせたのか。

 東野圭吾さんらしい斬新なトリックに驚くこと間違いなし!?

3. モラトリアムから抜け出したくなる物語

 加賀恭一郎は、まさにモラトリアムから抜け出そうとしていました。

 友人のひとりである沙都子にプロポーズをしたり、友人を疑うことになっても、祥子や波香の死の謎を解き明かそうとします。

 まわりから止められても、

「本当の友情とは馴れ合うことではなく、それぞれが信じた道を進むことに拍車をかける関係のことだ」

 と、自らの信念を貫きます。

 彼の姿を見れば、今すぐモラトリアムから抜け出したくなるはず。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『卒業』。読めば、モラトリアムから抜け出したくなること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリーが多数用意されています。きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『 …

加賀恭一郎が恋!?東野圭吾『眠りの森』はバレエに人生を捧げた人たちの物語

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

泣けて笑える物語!?ビートたけし『アナログ』は母への愛情を綴った恋愛小説

(※『アナログ』表紙より)  ビートたけしさんの小説『アナログ』。  メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙す …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶること間違 …