webstation plus

 モラトリアムから抜け出せていますか?

 私は抜け出せていると思っていますが、もし「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら…。

 子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいいかもしれません。

 東野圭吾さんの小説『卒業』を読めば、加賀恭一郎の奮闘する姿に今すぐモラトリアムから抜け出したくなりますよ。

 大学生の加賀恭一郎が主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎。

 『眠りの森』や『麒麟の翼』、『祈りの幕が下りる時』へと続いていく加賀恭一郎シリーズ第一弾の本作は、刑事になる前の加賀恭一郎が描かれています。

 もちろん、加賀恭一郎らしさは健在です。大学生にも関わらず、するどい推理で事件の本質に迫ります。

 とはいえ、所詮は大学生。他の大学生と同じように仲の良い同級生たちと喫茶店で会話をしたり、バーでお酒を飲むなど、楽しい時間を過ごしていました。

 しかし、ある日。同級生の祥子が寮で手首を切って死にます。カミソリが落ちていて密室だったことから自殺だと思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が浮かび上がってきました。

 住人以外も寮に入る方法があったからです。そこで、加賀恭一郎は犯人を特定すべく捜査を開始しますが…。

 「雪月花之式」を用いた斬新なトリック殺人

 祥子に引き続き、もう一人の友人・波香まで死んでしまいました。

 しかも彼女は、茶道の「雪月花之式」というくじ引きゲームをしているときに、お茶に毒を入れられて殺されます。

 「雪月花之式」とは、お茶を飲む人や菓子を食べる人、次のお茶の準備をする人を毎回クジで決めるゲームのこと。特定の人を狙ってクジを引かせるのは不可能なはずです。

 しかも、その場にいたのは加賀の友人たちでした。

 だからこそ、まわりの人たちは、友人との関係が壊れてしまうので、加賀が事件の謎に迫ることをとめましたが…。

 自分の信念を貫いてモラトリアムから抜け出そう

「本当の友情とは馴れ合うことではなく、それぞれが信じた道を進むことに拍車をかける関係のことだ」

 と、加賀は自らの信念を貫くんですよね。つまり、彼はモラトリアムから抜け出そうとしていたのです。

 同種・同族の友人といると安心しますよね。たとえば、自分もまわりも結婚していなければ、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」と考えてしまいがちです。

 しかし、安心したところで本質的な問題は何も解決しません。むしろ危機感を鈍らせるだけです。

 そんな学生気分から大人への道を歩みだした加賀恭一郎の成長過程を描いた小説が東野圭吾さんの『卒業』です。

 読めば今すぐモラトリアムから抜け出したくなる物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』は理不尽な目に遭ってもいつかは救われるかもと思える物語

 理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。  そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』を読んで、しばらく耐えれば救われるかもしれないと思えてきま …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラーものが好きな方におすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほど、ホラーが好きですが、もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。   …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』は名誉やプライドを守るために人生をかけて嘘をつく人たちの物語

 嘘をついてまで守りたい名誉やプライドはありますか?  残念ながら私にはありませんが、東野圭吾さんの小説『嘘をもうひとつだけ』に登場する人たちは違いました。  大切なものを守るために人生をかけた嘘をつくんですよね。 &n …

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』感想/人間の最大の武器は信頼と習慣

 どれだけの人に信頼されて生きていますか?  私は、家族には信頼されていると思いますが、それ以外の人たちにはどのように思われているかわかりません。結構、いい加減なところがあるからです。  そのため、伊坂幸太郎さんの小説『 …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 最近、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。  もち …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

東野圭吾『新参者』感想/仕事ができる人ほど自慢をしない!?

 仕事ができると自慢していませんか?  私はそれほど仕事ができると思っていないので自慢しませんが、私のまわりにも仕事ができると自慢してくる人がいます。  しかし、東野圭吾さんの小説『新参者』を読んで、仕事ができないからこ …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖5』感想/他人の話を鵜呑みにすると痛い目に遭う!?

 他人の話を鵜呑みにしていませんか?  私はよく他人の話を鵜呑みにしていますが、三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖5』を読んで、他人の話を鵜呑みにしていると痛い目に遭うことに気づきました。  友人や知人だけでなく …