東野圭吾『卒業』は今すぐモラトリアムから抜け出したくなる物語

おすすめ小説

 モラトリアムから抜け出せていますか?

 私は抜け出せていると思っていますが、もし「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら…。

 子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいいかもしれません。

 東野圭吾さんの小説『卒業』を読めば、加賀恭一郎の奮闘する姿に今すぐモラトリアムから抜け出したくなりますよ。




スポンサーリンク

 大学生の加賀恭一郎が主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、大学卒業を間近に控えた加賀恭一郎。

 『眠りの森』や『麒麟の翼』、『祈りの幕が下りる時』へと続いていく加賀恭一郎シリーズ第一弾の本作は、刑事になる前の加賀恭一郎が描かれています。

 もちろん、加賀恭一郎らしさは健在です。大学生にも関わらず、するどい推理で事件の本質に迫ります。

 とはいえ、所詮は大学生。他の大学生と同じように仲の良い同級生たちと喫茶店で会話をしたり、バーでお酒を飲むなど、楽しい時間を過ごしていました。

 しかし、ある日。同級生の祥子が寮で手首を切って死にます。カミソリが落ちていて密室だったことから自殺だと思われましたが、その後の調べで他殺の可能性が浮かび上がってきました。

 住人以外も寮に入る方法があったからです。そこで、加賀恭一郎は犯人を特定すべく捜査を開始しますが…。

スポンサーリンク

 「雪月花之式」を用いた斬新なトリック殺人

 祥子に引き続き、もう一人の友人・波香まで死んでしまいました。

 しかも彼女は、茶道の「雪月花之式」というくじ引きゲームをしているときに、お茶に毒を入れられて殺されます。

 「雪月花之式」とは、お茶を飲む人や菓子を食べる人、次のお茶の準備をする人を毎回クジで決めるゲームのこと。特定の人を狙ってクジを引かせるのは不可能なはずです。

 しかも、その場にいたのは加賀の友人たちでした。

 だからこそ、まわりの人たちは、友人との関係が壊れてしまうので、加賀が事件の謎に迫ることをとめましたが…。

スポンサーリンク

 自分の信念を貫いてモラトリアムから抜け出そう

「本当の友情とは馴れ合うことではなく、それぞれが信じた道を進むことに拍車をかける関係のことだ」

 と、加賀は自らの信念を貫くんですよね。つまり、彼はモラトリアムから抜け出そうとしていたのです。

 同種・同族の友人といると安心しますよね。たとえば、自分もまわりも結婚していなければ、「みんな結婚していないから、私もまだいいか…」と考えてしまいがちです。

 しかし、安心したところで本質的な問題は何も解決しません。むしろ危機感を鈍らせるだけです。

 そんな学生気分から大人への道を歩みだした加賀恭一郎の成長過程を描いた小説が東野圭吾さんの『卒業』です。

 読めば今すぐモラトリアムから抜け出したくなる物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました