webstation plus

(※『ばくばく!バクチごはん(1)』表紙より)


 2017年10月31日放送の「マツコの知らない世界」は「夢を実現!マンガ飯の世界」。マンガのレシピを再現する主婦・梅本ゆうこさんが多くのグルメマンガを紹介されていました。

 実は今、グルメマンガが大人気だそうです。1970年代には6作品しかなかったものが、今では(2010年代には)207作品まで増えているのだとか。この放送をきっかけに私もグルメマンガに興味をもったので、まとめとして残すことにしました。

 今回は、「夢を実現!マンガ飯の世界」に登場したグルメ漫画を紹介していきます。

 「夢を実現!マンガ飯の世界」に登場したグルメ漫画36冊

『団地ともお』

『クッキングパパ』

『サチのお寺ごはん』

『空挺ドラゴンズ』

『美味しんぼ』

『突撃ラーメン』

『包丁人味平』

『鉄火の巻平』

『味いちもんめ』

『ミスター味っ子』

『将太の寿司』

『中華一番!』

『孤独のグルメ』

『食キング』

『華麗なる食卓』

『バンビーノ』

『深夜食堂』

『きのう何食べた?』

『銀の匙』

『だがしかし』

『めしにしましょう』

『異世界食堂』

『めしばな刑事タチバナ』

『将棋めし』

『山賊ダイヤリー』

『合法レシピ』

『山と食欲と私』

『人魚姫のごめんねごはん』

『ドカコック』

『さぼリーマン 飴谷甘太朗』

『オリオリスープ』

『いぶり暮らし』

『兄ート先生の発酵メシ』

『ばくばくバクチごはん』

 つい先日までイブニングで連載されていた漫画『ばくばく!バクチごはん』。

 競馬・競輪・競艇・オートレースなどの実在するギャンブル場を舞台に、新人アイドルが激旨グルメを食べ尽くす!という斬新な切り口の漫画です。ギャンブルに興味がなくてもバクチごはんを食べてみたくなること間違いなし!?

『コンビニお嬢さま』

『スーパーくいしん坊』

 最後に

 気になる漫画があれば、ぜひ読んでみてください。あわせてこちらもどうぞ。

 関連記事

「ロボットに奪われない仕事」をしよう/池井戸潤『銀行総務特命』

 グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジは、人口知能の急激な発達によって、現在私たちが担当している仕事のほとんどはロボットがやることになるという。加えて次のように断言している。  「近い将来、10人中9人は、今 …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

私たちは「いつかは必ず死ぬ」/伊坂幸太郎『死神の精度』

 私たち人間には、不快に感じる出来事があっても、最後に楽しい出来事があれば、その楽しさを優先的に思いだす性質がある。同様に、どれだけ楽しい出来事があっても、最後に悲しい出来事で終われば悲しさを思いだす。これが、心理学でい …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …