webstation plus

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。

 私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになりました。

 マスコミは印象操作で忙しい

 芸能人のゴシップ記事などマスコミは印象操作で忙しいですよね。

 宮迫博之さんの反社会組織への闇営業が報道されたときも、松本人志さんが「知らない人から手紙を渡されて、そこにお金が入っていたらどうしようもない」とまるで関係のない話を持ち出して擁護されていましたが、こうした印象操作は様々な場面で行われています。

 もちろん、擁護するならまだしも、無実の罪を着せられた人もいますよね。

 『ゴールデンスランバー』の主人公・青柳雅春もそのひとり。彼は首相殺しの罪で指名手配されましたが、何ひとつ身に覚えがありませんでした。

 しかし、警察は用意周到でした。女性を接近させて首相殺しに使ったラジコンヘリを事前に操作するよう仕向けたり、痴漢したように見せかけたり、そっくりさんを用意したりと青柳が犯人に思えるような報道を次々と流していきます。

 『モダンタイムス』と同じように権力者によって事実は簡単に捻じ曲げられるんですよね。しかも、青柳を見つけた警察は有無を言わせず発砲してきました。

 そんなどうしようもない状況に追い込まれたときに頼りになるのは…。

 信頼してくれる人がどれだけいる?

 青柳のまわりにいる人たちでした。学生時代の友人や職場の同僚など、多くの人が彼を助けます。

 なぜなら青柳が誠実で真面目な人物だったからです。

 首相殺しの2年ほど前。青柳は強盗に入られ、襲われそうになったアイドル歌手を救い、一躍有名になりました。

 このとき、世間は彼を持ち上げましたが、青柳は調子に乗ることも、偉そうに振舞うこともなく、これまで同様に宅配業者として振る舞います。

 そんな青柳のことを多くの人が信頼していたんですよね。

 だからこそ、どれだけマスコミが騒いでも、彼の周りにいる人たちは信じなかったわけですが、では、なぜ彼このように振る舞えたのでしょうか。

 人間の最大の武器は信頼と習慣だ

 それは「人間の最大の武器は信頼と習慣だ」という信条を持っていたからです。

 どれだけマスコミに持ち上げられても、大切なのは日々の習慣だと信じていたので、調子に乗ることなく宅配業者として振る舞えました。

 また、助けてくれる人は、たとえ怪しくても信頼すると決めていたので、連続殺人犯のキルオや裏社会と繋がっている人物までもが、命がけで彼を守るんですよね。

 そんな青柳の姿を見ていると、自分の利益ばかり考えるのではなく、まずは自分から人を信頼していこうと思えてきます。

 伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』は、「人間の最大の武器は信頼と習慣だ」と心から思える物語でした。

 関連記事

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

池井戸潤『不祥事』感想/魅力的な女性の特徴とは?

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心を持っていかれそうになる登場人物に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのにユーモアあふれるキャ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …