webstation plus

 「あなたが犯人だ!」とマスコミに取り上げられたとき、どれだけの人が無実だと信じてくれるでしょうか。

 私の場合は…。もっと誠実に生きないとダメですね。伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』を読んでそんな思いになりました。

 マスコミは印象操作で忙しい

 芸能人のゴシップ記事などマスコミは印象操作で忙しいですよね。

 宮迫博之さんの反社会組織への闇営業が報道されたときも、松本人志さんが「知らない人から手紙を渡されて、そこにお金が入っていたらどうしようもない」とまるで関係のない話を持ち出して擁護されていましたが、こうした印象操作は様々な場面で行われています。

 もちろん、擁護するならまだしも、無実の罪を着せられた人もいますよね。

 『ゴールデンスランバー』の主人公・青柳雅春もそのひとり。彼は首相殺しの罪で指名手配されましたが、何ひとつ身に覚えがありませんでした。

 しかし、警察は用意周到でした。女性を接近させて首相殺しに使ったラジコンヘリを事前に操作するよう仕向けたり、痴漢したように見せかけたり、そっくりさんを用意したりと青柳が犯人に思えるような報道を次々と流していきます。

 『モダンタイムス』と同じように権力者によって事実は簡単に捻じ曲げられるんですよね。しかも、青柳を見つけた警察は有無を言わせず発砲してきました。

 そんなどうしようもない状況に追い込まれたときに頼りになるのは…。

 信頼してくれる人がどれだけいる?

 青柳のまわりにいる人たちでした。学生時代の友人や職場の同僚など、多くの人が彼を助けます。

 なぜなら青柳が誠実で真面目な人物だったからです。

 首相殺しの2年ほど前。青柳は強盗に入られ、襲われそうになったアイドル歌手を救い、一躍有名になりました。

 このとき、世間は彼を持ち上げましたが、青柳は調子に乗ることも、偉そうに振舞うこともなく、これまで同様に宅配業者として振る舞います。

 そんな青柳のことを多くの人が信頼していたんですよね。

 だからこそ、どれだけマスコミが騒いでも、彼の周りにいる人たちは信じなかったわけですが、では、なぜ彼このように振る舞えたのでしょうか。

 人間の最大の武器は信頼と習慣だ

 それは「人間の最大の武器は信頼と習慣だ」という信条を持っていたからです。

 どれだけマスコミに持ち上げられても、大切なのは日々の習慣だと信じていたので、調子に乗ることなく宅配業者として振る舞えました。

 また、助けてくれる人は、たとえ怪しくても信頼すると決めていたので、連続殺人犯のキルオや裏社会と繋がっている人物までもが、命がけで彼を守るんですよね。

 そんな青柳の姿を見ていると、自分の利益ばかり考えるのではなく、まずは自分から人を信頼していこうと思えてきます。

 伊坂幸太郎さんの小説『ゴールデンスランバー』は、「人間の最大の武器は信頼と習慣だ」と心から思える物語でした。

 関連記事

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

誰のために仕事をしている?/知念実希人『ひとつむぎの手』感想

 誰のために仕事をしていますか。  私は自分と家族のために仕事をしていますが、知念実希人さんの小説『ひとつむぎの手』の主人公・平良祐介は違いました。  自分のためと言いながらも、何よりも患者のために仕事をするんですよね。 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?/伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

人に嫌われない生き方も悪くないかもしれない/伊坂幸太郎『あるキング』感想

 天才野球少年に次々と無理難題が押し寄せてくる物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』です。  最後まで何を伝えたいのかよくわからない物語でしたが、なんとなく感じ取れたのは、人に嫌われない生き方も悪くないかもしれな …