webstation plus

work_01

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。

 結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほとんど意味のない仕事をしている=「仕事をしたつもり」だからだ。

 そもそも、昔に比べてパソコンやプリンター、インターネットやスマホといった多くの新しい機器が浸透している。それなのに労働時間はまったく減らなかった。なぜなら、画期的な仕事をする代わりに、「やらなくてもいい仕事が増えた」からだ。

 たとえば、プレゼンの資料。会議だろうとプレゼンだろうと、相手に伝えたいこと、相手が知りたいことというのは、「ほんとうは簡単なひと言」で済ますことができる。すなわち、キーポイントを簡潔に述べ、相手の興味関心を喚起し、相手から次々と疑問を引き出していく――そういうスタイルで十分なはずだ。

 ところが、現実はそれでは済まない。見出しをつけたり、文字のフォントを選んだり、大きさを変えたり、わかりやすいイラストを作成するような余計な編集作業ばかりが増えている。

 セミナーの最前列で速記者のようにメモを取る人たちもそうだ。「A社の売り上げが下がった原因は何か?」といった本質的な質問に対する答えは、講師の発言のなかにはなく、行間から読み取らなければならない。しかし、メモ魔はそのための時間をつくらず、単に速記行為という単純作業を繰り返している。これではセミナーに参加する意味などない。

 では、なぜこのような「仕事をしたつもり(=仕事ができない人)」になってしまうのだろうか。それは、質では勝負できないので量でごまかそうとしているからだ。

 本当に大切なことは、少量行うのも難しい。そもそも「本当に大切なことは何か?」を考えること、それ自体が難しい行為である。一方で、質の低いことをたくさんするのは簡単。時間さえあれば誰にだってできるからだ。しかも、周囲の人たちは「少量の良質」よりも「多量の低質」のほうを得てして評価してしまう。だから、私たちは「本当に大切なこと」よりも、「安易にたくさん」を選んでしまうのだ。しかし、これではいつまでたっても「仕事をしたつもり」から抜け出せない。

 では、どうすれば「仕事をしたつもり」ではなく、質で勝負できるようになるのだろうか。仕事ができる人になれるのだろうか。その方法は次の二つ。

  1. 疑う
  2. 調べる

 「考える」ための最初の手段は「疑う」こと。疑ったら、つぎは自分で調べる。たとえば、あるブログが売れているのなら、何も考えずに「右に倣え」をするのではなく、「なぜそれがうまくいったのか」という理由を考えてみる。そして、「それは他の場面でもうまくいくのか」と考えてみる。なぜなら、そうやって考えなければ、いつまでたっても他人の二番煎じから抜け出せないからだ。

 そうやって「なぜ?」を考え、仮説を立てたあとは、実際にそれでうまくいくのか調べてみる。たとえば、ほとんどのカメラ小僧は、何を伝えたいのか、何を伝えるべきか、どうやったら伝わるかを本気では考えておらず、単に惰性で「決定的瞬間」を撮っている。だったら、本当に伝えたいテーマをもち、うまく伝わる方法を研究して写真を撮ればどうなるのか――コンテストに応募したり、ブログに投稿したりして、実際にその仮説が正しいかどうかを「調べてみる」のだ。

 つまり、「仕事をしたつもり」から抜け出す方法とは、「考えて、行動する」を繰り返していくことである。

 とはいえ、多くの人たちが「仕事をしたつもり」状態でいるので、いきなり「量より質」を重視して行動するとさまざまな問題が出てくるだろう。「上司の命令に従えないのか」と怒られたり、評価が下がってしまうかもしれない。だから、まずは「仕事をしたつもり」を半分にしよう。そして、残り半分は「仕事をしたフリ」――自分のアタマで考えて行動する時間にしていこう。そうすれば、これまでとは違い、何らかの成果が得られるはずだ。

 関連記事

35歳からの「第二の人生」を楽しむための5つのチェックリスト

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが大きく上がり、よほど凄い専門性があるか、あるいはマネジャ …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

「時間がないからできない」という言い訳で損する理由

 自分で決めたことを確実に実行していますか。私はできていません。「毎日ブログを書こう」と決めても、3日以内には諦めてしまい、言い訳をしています。  「仕事が忙しくて」「子育てもしないといけないし」「突然の予定が入ったから …

「不労所得」という名の花見酒には毒がある

 落語にこんな話がある。酒屋の番頭からお酒を借りて商売をしようとした二人の幼馴染がいた。花見シーズンだったので、花見の場所に行きさえすれば必ずお酒が売れると二人は考えていたのである。酒飲みは、酒がなくなるとすぐに飲みたく …

リストラされやすい「無難な人」の特徴とその対策法

 自分の頭で考え、自分なりのスタイルで仕事をする姿勢。それが決定的に欠けている人が多い。私を含めた多くの人は、世間の変化に合わせて、社内の空気を読み、自分より「できる人」のマネをしているだけ――。  しかし、世間の変化や …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

「仕事がつまらない」ときの対処法は3つしかない

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。 転職する 仕事以外の何かにのめりこむ 目の前にある仕事で実績をつくる  まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらな …

成功は「安定した仕事」や「つまらない仕事」からは生まれない

 世の中には、私たち凡人には想像もつかないような生き方をしている人たちがいる。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の著者である河合江理子さんもそのひとり。彼女の経歴をみれば、そのチャレンジ精神に驚くことになるだろ …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …