webstation plus

disney_01

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。

  1. 転職する
  2. 仕事以外の何かにのめりこむ
  3. 目の前にある仕事で実績をつくる

 まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらない」という理由で転職できる人は、これまでに何らかの実績をつくってきた人。今の会社(職場)に頼らなくても、面白い仕事ができる人です。そのため、何の実績も出せていないようなら、残り2つのどちらかを選択するしかありません。

 次に二つ目の「仕事以外の何かにのめりこむ」という選択ですが、これはマラソンや音楽、読書といった趣味に没頭する。あるいは、株やFX、ブログなどの副業にのめりこむという選択です。

 もちろん、これは悪い選択ではありません。今でも多くの企業がリストラを続けているように、会社に頼って生きていくことが難しい世の中になっています。だからこそ、過去のエントリにも書いたように「会社以外にも生きがいをもつ」ことは重要なことだと思います。

 しかし、会社で過ごす時間は決して短いものではありません。できることなら、つまらない仕事よりも、やりがいのある仕事、楽しい仕事をして過ごしたいですよね。そこで、三つ目の選択「目の前にある仕事で実績をつくる」必要が出てくるわけです。

 「そうじの神様」が教えてくれたこと

 さて、ここで『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』の著者である鎌田洋さんの物語を紹介しましょう。

 鎌田さんは、「ディズニーランドで働きたい」という夢を実現するために、それまで働いていた会社を辞め、東京ディズニーランドの入社試験を受けることにしました。

 しかし、結果は4回連続で不合格。すでに結婚して子どももいた鎌田さんは、アルバイトで生活費を稼ぎ、なんとか毎日を過ごしていたそうです。そうして、あきらめずに挑戦した結果、5回目の試験で見事合格。長年の夢であった東京ディズニーランドの社員として働くことができたのです。

 しかし、現実はそう甘くはありませんでした。配属された部署は、希望していた部署ではなく「夜間の清掃部門」だったのです。

 会社を辞め、アルバイトをしながら挑戦した結果が夜間の清掃部門への配属。「いったい家族になんていえばいいんだ。掃除だなんて、家族はおろか友達にも恥ずかしくていえない」――そう鎌田さんは悔やんだそうです。

 しかし、そんな鎌田さんに幸運が訪れます。ディズニーの世界で「そうじの神様」と称えられたチャック・ボーヤン氏と出会うことができたのです。

 チャック氏の仕事への情熱は半端なものではありませんでした。たとえば、お客様の目に触れることのない「仮設事務所のトイレ掃除」を徹底的にする。お客様がゴミ箱を探さなくてもいいように、一度決めたゴミの位置を、何度も変える――などなど、とにかく徹底して仕事に取り組んでいました。

 この姿を目の当たりにした鎌田さんは、「もしかすると、与えられた仕事に対して、限界などないのかもしれない。ここまでやればいいだろう、これだけやったのだから十分だろう…と、決めてしまった時点で、ウォルトが求める「完璧」は成立しないのだ」ということに気づきます。

 さらに、「仕事とは、楽をするほうが得とか、担当以外のことをしたら損とか、自分の都合のためにやるものではない。できるだけベストな環境をつくることを目指し、お客様に喜んでもらうためにするのだ」ということに気づいたのです。

 その後の鎌田さんは、つまらないと思っていた清掃の仕事に全力で取り組むことで実績をつくり、初代ナイトカストーディアルキャスト(夜間の清掃部門)のトレーナー兼エリアスーパーバイザーとして活躍されました。さらに、現在では「ディズニーの神様シリーズ」の作家として活躍されています。

 最後に

 鎌田さんの物語からわかることは、目の前にある仕事がどれだけつまらなくても(つまらないように見えても)、全力で取り組み、実績をつくれば、いずれ想像していたよりも素晴らしい未来が切り開けるということです。おそらく、目の前にある仕事で実績を作った人だけが、やりがいのある楽しい仕事ができるのでしょうね。

 私も「目の前にある仕事」がつまらないときには、ついつい「転職したい」「ブログにのめりこもう」といった選択をしてしまいがちですが、これからは「目の前にある仕事で実績をつくる」ことを心に定めて挑戦していきいたいと思います。そうすれば、鎌田さんのように想像よりも素晴らしい未来が切り開けるかもしれませんしね。

 関連記事

「やりがいのある仕事」を選んで痛い目をみないように

 「やりがいのある仕事がしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりでした。しかし、やりがいのある仕事に就けたからといって、幸せを感じられるとは限りません。なぜなら、やりがいのある仕事に就くと、常に厳 …

no image
2030年には50%の仕事がなくなる/スマートマシンと共存する方法

 「スマートマシン」という言葉をご存知でしょうか。スマートマシンとは、自己学習機能を備え、自立的に行動する電子機械のことを指しています。人口知能を実装したロボットやドローン、自動走行車などがそうです。  このスマートマシ …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、あるいはマネジ …

仕事ができる人とできない人の違いは「頭の使い方」にある

 私たちが働く環境は日々厳しくなっています。下図は、失業率(青色)と非正規雇用労働者の割合(赤色)の推移を示したものですが、2010年以降、失業率は減少傾向にあるものの、非正規雇用労働者の割合が増加していることがわかりま …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

セルフ・イノベーションを起こそう/『僕は、だれの真似もしない』

 シャープや東芝をはじめとする、いわゆる日本の大企業が軒並みダメになっている。なぜだろう。  2004年にApple日本法人代表取締役をスティーブ・ジョブズ氏から託された前刀禎明氏は、「日本人一人ひとりがセルフ・イノベー …

「必要とされる人」になろう/『ローマ法王に米を食べさせた男』

 この世界には3種類の人間が存在する。それは、「いてはいけない人」、「いてもいなくてもいい人」、そして「いなくてはならない人」だ。  できることなら、「いなくてはならない人」「必要とされる人」になりたい――と、誰もがそう …