webstation plus

disney_01

 仕事がつまらない。そんな状況に陥ったとき、私たちが取れる対処法は3つしかありません。

  1. 転職する
  2. 仕事以外の何かにのめりこむ
  3. 目の前にある仕事で実績をつくる

 まず、一つ目の「転職する」という選択ですが、「仕事がつまらない」という理由で転職できる人は、これまでに何らかの実績をつくってきた人。今の会社(職場)に頼らなくても、面白い仕事ができる人です。そのため、何の実績も出せていないようなら、残り2つのどちらかを選択するしかありません。

 次に二つ目の「仕事以外の何かにのめりこむ」という選択ですが、これはマラソンや音楽、読書といった趣味に没頭する。あるいは、株やFX、ブログなどの副業にのめりこむという選択です。

 もちろん、これは悪い選択ではありません。今でも多くの企業がリストラを続けているように、会社に頼って生きていくことが難しい世の中になっています。だからこそ、過去のエントリにも書いたように「会社以外にも生きがいをもつ」ことは重要なことだと思います。

 しかし、会社で過ごす時間は決して短いものではありません。できることなら、つまらない仕事よりも、やりがいのある仕事、楽しい仕事をして過ごしたいですよね。そこで、三つ目の選択「目の前にある仕事で実績をつくる」必要が出てくるわけです。

 「そうじの神様」が教えてくれたこと

 さて、ここで『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』の著者である鎌田洋さんの物語を紹介しましょう。

 鎌田さんは、「ディズニーランドで働きたい」という夢を実現するために、それまで働いていた会社を辞め、東京ディズニーランドの入社試験を受けることにしました。

 しかし、結果は4回連続で不合格。すでに結婚して子どももいた鎌田さんは、アルバイトで生活費を稼ぎ、なんとか毎日を過ごしていたそうです。そうして、あきらめずに挑戦した結果、5回目の試験で見事合格。長年の夢であった東京ディズニーランドの社員として働くことができたのです。

 しかし、現実はそう甘くはありませんでした。配属された部署は、希望していた部署ではなく「夜間の清掃部門」だったのです。

 会社を辞め、アルバイトをしながら挑戦した結果が夜間の清掃部門への配属。「いったい家族になんていえばいいんだ。掃除だなんて、家族はおろか友達にも恥ずかしくていえない」――そう鎌田さんは悔やんだそうです。

 しかし、そんな鎌田さんに幸運が訪れます。ディズニーの世界で「そうじの神様」と称えられたチャック・ボーヤン氏と出会うことができたのです。

 チャック氏の仕事への情熱は半端なものではありませんでした。たとえば、お客様の目に触れることのない「仮設事務所のトイレ掃除」を徹底的にする。お客様がゴミ箱を探さなくてもいいように、一度決めたゴミの位置を、何度も変える――などなど、とにかく徹底して仕事に取り組んでいました。

 この姿を目の当たりにした鎌田さんは、「もしかすると、与えられた仕事に対して、限界などないのかもしれない。ここまでやればいいだろう、これだけやったのだから十分だろう…と、決めてしまった時点で、ウォルトが求める「完璧」は成立しないのだ」ということに気づきます。

 さらに、「仕事とは、楽をするほうが得とか、担当以外のことをしたら損とか、自分の都合のためにやるものではない。できるだけベストな環境をつくることを目指し、お客様に喜んでもらうためにするのだ」ということに気づいたのです。

 その後の鎌田さんは、つまらないと思っていた清掃の仕事に全力で取り組むことで実績をつくり、初代ナイトカストーディアルキャスト(夜間の清掃部門)のトレーナー兼エリアスーパーバイザーとして活躍されました。さらに、現在では「ディズニーの神様シリーズ」の作家として活躍されています。

 最後に

 鎌田さんの物語からわかることは、目の前にある仕事がどれだけつまらなくても(つまらないように見えても)、全力で取り組み、実績をつくれば、いずれ想像していたよりも素晴らしい未来が切り開けるということです。おそらく、目の前にある仕事で実績を作った人だけが、やりがいのある楽しい仕事ができるのでしょうね。

 私も「目の前にある仕事」がつまらないときには、ついつい「転職したい」「ブログにのめりこもう」といった選択をしてしまいがちですが、これからは「目の前にある仕事で実績をつくる」ことを心に定めて挑戦していきいたいと思います。そうすれば、鎌田さんのように想像よりも素晴らしい未来が切り開けるかもしれませんしね。

 関連記事

アイデアが浮かばないのは「ぼんやり」不足が原因!?

 「仕事でミスをした」「集中力が続かない」「アイデアが浮かばない」…。  このような悲しい状況に陥ったとき、どうしていますか?「もっと頑張らないと!」と自分を追い込んでいませんか?  もし、そうだとしたら、少しだけ立ち止 …

なぜ、優秀な社員が「追い出し部屋」に追い込まれるのか

 『切り捨てSONY』を読み終えるまでは、「リストラ部屋(追い出し部屋)に追いやられた人=仕事ができない人」だと思っていました。  しかし、そうではない人たちも大勢いるんですよね。すなわち、優秀な人たちも「リストラ部屋」 …

なぜ、彼らは「どん底」から這い上がれたのか

 仕事やプライベートで、「どん底だ!」と思ったことありませんか?  私はあります。つい先日も仕事が思うように進まず、上司から叱られたときに、どん底だと思っていました。しかし、私が思うどん底なんて大したことがないんですよね …

生き残るために必要なのは「変化」/『これからの世界で働く君たちへ』

 日本の大企業が苦しんでいる。たとえば、東芝。昨年の9月に不正会計問題が表面化し、2248億円の水増しをしていたと発表した東芝だったが、つい先日、他にも7件の水増しをしていたことが判明した。その額なんと58億円。少しでも …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

好きなことしかやるな/『38歳までに決めておきたいこと』

 40歳になる前に決めておきたいことがある。それは、残りわずか半分しかない人生。「好きなこと以外はやらないようにしよう」ということだ。  では、「好きなことしかやらない生き方」とは、具体的にどんな生き方なのだろう。単なる …

「仕事ができない人」が「できる人」になる方法/『仕事をしたつもり』

 毎日忙しく仕事をしている。まわりもそれを認めていて、非難する人はいない。それなのに、成果がでない。なぜだろう。  結論からいえば、いまの業績の8割以上は、働いているうちの2割程度であげることができ、残り8割の時間は、ほ …

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

つまらない人は職を失い、面白い人に仕事とお金が集まる時代に

 子どもの頃、「バカだなぁ」と笑っていた出川哲朗さんが、大人になるにつれて実はスゴイ人だということがわかり、反対に憧れを抱いていた大企業のサラリーマンが、実はいくらでも代わりが利く仕事をしているという事実を、大人になった …

コモディティから抜け出し、社会に認められる力をつけよう/『断る力』

 企業の人員整理がとまらない。今でも多くの企業が社員を「リストラ部屋」に追い込んでいる。「リストラ部屋」とは、リストラ対象者を集め、社内失業状態にし、退職に追い込むことを目的とした部署だ。あのソニーですら「リストラ部屋」 …