webstation plus

 力を適切に使っていますか?

 私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。

 海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大切さが身に染みてわかったんですよね。

 愚痴外来を生業にする主人公の物語

 物語の主人公は、不定愁訴外来と呼ばれる患者の愚痴を聞き続ける仕事をする田口公平。

 彼は出世欲がなく、病院の片隅で患者の愚痴を聞き続けていましたが…。

 なぜか高階病院長に呼び出され、アメリカ帰りのスーパースター・桐生が起こした術死の調査を依頼されます。

 桐生は心臓外科医として成功率が6割程度のバチスタ手術をほぼ失敗することなくこなしてきましたが、ここ3件は連続して失敗していました。

 しかし、桐生にはどう考えても術死につながるようなミスが思い当たりません。そこで病院長に相談したところ、田口に白羽の矢が当たったのです。

 そこで田口はチーム・バチスタの関係者に事情聴取をしますが、彼の調査も虚しく、またしても患者が死亡します。

 何かあると感じた田口は病院長に泣きついたところ…。

 ゴキブリを彷彿させる厚生労働省の役人が登場

 ゴキブリを彷彿させる厚生労働省の役人が田口の調査に参画します。

 彼は白鳥圭介という名前で、ロジカルモンスターと呼ばれていました。

 白鳥はそのあだ名の通り、純粋に理論だけを追及する人間なので、思ったことは口にしないと精神的にやられると病院長からアドバイスされます。

 そんな白鳥がチーム・バチスタの関係者に事情聴取をしたところ、田口の事情聴取とは違う彼らの一面が明らかになりました。

 受け身な事情聴取をする田口に対して、白鳥は攻撃的な事情聴取をしたからです。攻撃的になると人は本性を現すからだと言うのですが…。

 そのせいで白鳥は相手を泣かせ、殴られ、嫌われましたが、平然としていました。

 そうして嫌われながらも事情聴取をした結果、白鳥はあることに気づくのですが…。

 力には光と闇がある

 またしても患者が死亡します。白鳥がいない間に手術が行われたのです。

 しかし、白鳥はその現場に駆け込み、事件の真相を明らかにしていきます。その真相とは…。

 この続きは実際に読んでもらうとして、海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』は、力には光だけでなく闇の部分があるので、適切に使える人間になろうと思える物語でした。

 ミステリーとして楽しめるだけでなく、田口と白鳥のかけ合いも面白いので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

伊坂幸太郎『PK』感想/臆病は伝染する。そして勇気も伝染する

 勇気を振り絞って生きていますか?  私はできるだけ勇気を振り絞りながら生きているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『PK』を読んで、臆病も勇気も伝染することに気づきました。  そのため、今よりも勇気を振り絞って生きてい …

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖3』は身内の問題ほど面倒な問題はないことがわかる物語

 身内と上手くいってますか?  私はあまり上手くいってませんが、それは自分たちのやりたいことを、こちらの都合なんてお構いなしに押し付けてくるからです。  三上延さんの小説『ビブリア古書堂の事件手帖3』のヒロインである栞子 …

冲方丁『天地明察』感想/「退屈」こそが人生を切り拓く!?

 好きでもない仕事に多くの時間を割いていませんか?  以前の私は「忙しいことが正義」だと考えていたので、やりたくもない仕事を増やして時間を埋めていましたが、今では暇な時間を楽しめるようになりました。なぜなら、退屈こそが人 …

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …

伊坂幸太郎『AX アックス』感想/家族のことを大切に思っていますか?

 家族のことを大切に思っていますか。  私は家族のことを大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで衝撃を受けました。主人公の殺し屋が言葉だけでなく本当に家族のことを思って行動してい …

東野圭吾『希望の糸』は子供の存在の大きさに衝撃を受ける物語

 子供を大切にしていますか?  もちろん、子供が産まれない方や産まない方がいるのは知っていますが、東野圭吾さんの小説『希望の糸』を読んで、私たちの人生における子供が占める割合の大きさに衝撃を受けました。  私にも二人の子 …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …