webstation plus

 嫌な過去はありませんか?

 私は結婚した直後がとてもツラかったので、ときどき嫌な過去として思い出すことがありますが…。

 子供ができて、幸せな家庭が築けた今では、その時間も愛おしく思えるようになりました。

 小川糸さんの小説『キラキラ共和国』の主人公もそのひとり。先代と過ごしたツライ過去がQPちゃんという子供の存在によって意味ある過去へと変わっていくんですよね。

 ミツローさんとQPちゃんと家族になる主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は雨宮鳩子。前作『ツバキ文具店』で鳩子と先代である祖母との間に確執があったことが明かされましたが…。

 本作ではミツローさんと結婚したことで彼女の人生が大きく変わります。

 ミツローさんは少し前まで家族三人で幸せに暮らしていました。しかし、前の妻がスーパーに買い物に行ったときに見知らぬ男性に刺されて殺されます。

 それからは、娘のQPちゃんと二人で仲良く暮らしていたのですが、QPちゃんが鳩子のことを気に入ったこともあり、結婚することになりました。

 一方の鳩子も小学生になったばかりのQPちゃんが可愛くて仕方ありません。

 それもあってミツローさんと結婚したのですが、鳩子はQPちゃんと家族になって気づいたことがありました。それは…。

 先代とのツライ過去が意味あるものへと変わっていく

 先代が鳩子との距離を縮めようと必死になって頑張っていたことです。

 しかし、その頑張りが鳩子にとってはツライものでした。そこで、鳩子はQPちゃんに対して頑張らないことに決めます。

 QPちゃんが習字を教えて欲しいと言い出したときも、丸の練習をしていたのに、いつの間にか目と鼻と口がついたまんまる笑顔が描かれていましたが…。

 鳩子はまーいっかと何も言いませんでした。先代が生きていれば目の色を変えて怒ったはずです。

 その他にも、先代には許してもらえなかったグリコをして一緒に遊んだり、先代にもよくむいてもらったなぁと思い出しながらみかんをむいたりと、QPちゃんを通して先代との関係をやり直していくんですよね。

 また、鳩子がミツローさんを一時的に養うことになったときは、先代が鳩子を食べさせるために必死になって働いていたことに気づきます。

 さらに、先代が鳩子に厳しかったのは、一人になったときに、誰に頼らなくても自立して生きられるようにするためだったと気づくんですよね。

 そこで鳩子は…。

 出会いに恵まれることが何よりの幸せ

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、小川糸さんの小説『キラキラ共和国』は、出会いに恵まれれば、嫌な過去も意味ある過去へと変えられることがわかる物語です。

 また、今回も悩み多き人たちが鳩子に代筆を依頼してきたり、ご近所の人たちにも色々な問題が起こったりと、人生についていろいろ考えたくなる物語でもあります。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

木皿泉『さざなみのよる』感想/死ぬのもそれほど悪くない!?

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったん …

知念実希人『祈りのカルテ』感想/期待以上の成果を出す努力をしていますか?

 仕事で期待以上の成果を出していますか?  私は期待以上の成果を出す努力をしてきたつもりでしたが、知念実希人さんの小説『祈りのカルテ』を読んで反省しました。自分の枠にとらわれていることに気づいたからです。  本書は、知念 …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

東野圭吾『禁断の魔術』感想/科学よりも大切にすべきものがある!?

 科学を何よりも重要なものだと思っていませんか?  私はエンジニアとして仕事をしているので、科学的な根拠がないことをあまり信じていませんが…。  言い換えると、科学的な根拠が何よりも重要だと考えていましたが、東野圭吾さん …

伊坂幸太郎『グラスホッパー』は理不尽な目に遭ったときは流れに身を任せようと思える物語

 ひどくてツライ、重くてしんどい…。そんな状況に追い込まれたことはありませんか?  私はそんな状況に追い込まれたときは、なんとか抜け出そうと必死にもがき苦しんできましたが、伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』を読んで、 …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

東野圭吾『予知夢』感想/幽霊やポルターガイスト現象はすべて科学で説明できる!?

 幽霊やポルターガイスト現象を信じていますか?  私はあまり信じていませんが、東野圭吾さんの小説『予知夢』の主人公はまったく信じていませんでした。それどころか、すべての心霊現象は科学的に説明できると信じて疑わないんですよ …

北川恵海『ちょっと今から仕事辞めてくる』は自殺をするくらいなら仕事を辞めたほうが良いと思える物語

 頑張って仕事していますか?  私は出来るだけ頑張って仕事をしているつもりですが、世間を見渡すと、仕事を頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありませんが、頭では …