webstation plus

(※『ジゼル』表紙より)


 秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。

 創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』でもバレエダンサーの人生が描かれていましたが、これら2つの物語には共通点があるように思います。

 それは、バレエという世界で嫉妬と愛憎が渦巻くところ。

 今回は『ジゼル』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、「なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?」――その理由に迫りたいと思います。

 『ジゼル』のあらすじ

 15年前、東京グランド・バレエ団である事件が起こりました。

 ジゼル役のプリマ・姫宮真由美が代役の紅林嶺衣奈をナイフで襲い、逆に刺されて死んでしまったのです。

 それからバレエ団では「ジゼル」の公演を封印してきました。

 しかし、創立15周年を記念して「ジゼル」の公演を決定したところ、真由美の亡霊を見たという人たちがあらわれ、それをキッカケに次々と悲劇が起こります。この謎にミルタ役に抜擢された如月花音が迫ることに。

 驚愕の結末が待ち受けている物語です。

 『ジゼル』のおすすめポイント

1. バレエダンサーの血の滲むような努力に衝撃!?

 バレエと聞くと「優雅な」イメージを持っている方も多いと思いますが、その裏にはダンサーたちの血の滲むような努力がありました。それも幼い頃から。

 将来プロダンサーになりたいと夢見る小学生たちは、週末に遊びに行くことも許されません。レッスンでしごかれ、学業と両立するために睡眠時間を削って勉強に励みます。

 もちろん、体重管理のために徹底した食事制限も強いられます。

 親だって大変です。バレエをするにはお金が必要だからです。レッスン代や衣装代、トウ・シューズ代はもちろんですが、コンクールに出場するとなれば別途指導料や振り付け代が必要になります。会場までの旅費もバカになりません。

 しかも、コンクールでグランプリを取ったとしても、プロになるには海外に留学する必要があります。親元を離れて言葉も違う外国に行き、寮で暮らしながら過酷なレッスンを受けることになるんですね。

 こうして多大な時間と多額のお金をバレエに費やしても、プロになれるのは、ほんの一握り。

 だからこそ、プロを目指すダンサーたちは、幼い頃から人生をかけてバレエに取り組んでいるんですよね。

 私のようなサラリーマンには想像がつかない厳しい世界が描かれています。

2. なぜ、バレエは嫉妬と愛憎が渦巻くのか

 こうして血の滲むようような努力をしてプロになったダンサーたちは、嫉妬や愛憎が渦巻く世界で闘うことを求められます。

 では、なぜ嫉妬と愛憎が渦巻くのでしょうか。その理由は2つあります。

 まずひとつ目は他のダンサーへの嫉妬と自己嫌悪の板挟みに悩むことになるからです。

 どれだけ努力をして、他人よりも素晴らしいと思えるダンスを披露したとしても、望むような役がもらえず、理不尽な思いをすることがよくあります。

 本作でも如月花音がミルタ役に抜擢されたことで、親友たちから強い嫉妬を受けました。親友たちは花音よりも自分の方が上だと思っていたんですね。

 しかし、嫉妬しているだけではプロの世界では闘っていけません。負の感情を全てレッスンにぶつけることで乗り越えていきます。

 つまり、親友同士でも激しく嫉妬するけれど、プロとして生きていくためには、これまで以上にバレエに愛情を注がなければならないということ。

 しかも、そうやって役を勝ち取ったとしても、さらなる悩みが押し寄せてきます。これが愛憎が渦巻く二つ目の理由です。

 いくら血を吐くような努力をして技術を磨いても、完成した瞬間にはさらに上の完成度が求められます。同じレベルで踊っていては観客が満足してくれないからです。

 このように、プロダンサーたちは、他人と競い合うだけでなく、自分を追い込みながら踊り続けることになるわけですね。

 ライバル達に嫉妬しながらも、すべての愛情をバレエに注いでいく――。そんな嫉妬と愛情が渦巻くバレエの世界に惹きこまれる物語です。

3. 最後の数ページでどんでん返しが!?

 物語が終盤に入り、いよいよ終わりかと思ったところで衝撃の事実が明かされます。これまで信じてきたことが覆されるほどの衝撃です。

 バレエダンサーの世界観だけでなく、ミステリー小説としても十分楽しめる物語です。

 最後に

 秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。読めば、嫉妬と愛憎が渦巻くバレエの世界に惹きこまれること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

(※『オー!ファーザー』表紙より)  結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強したり、買い物に行ったりする日々が続きます。  これで本当に …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

悲しすぎて爽やかな気持ちになれる小説/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

(※『アヒルと鴨のコインロッカー』表紙より)  悲しい出来事ってありますよね。最近の台風や地震でツライ思いをした方も多いのではないでしょうか。  伊坂幸太郎さんの小説『アヒルと鴨のコインロッカー』に登場する人物たちもその …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …