webstation plus

(※『ジゼル』表紙より)


 秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。

 創立15周年を記念して、これまで封印してきた「ジゼル」を公演することにした東京グランド・バレエ団で次々と悲劇が起こる物語です。

 読めば、嫉妬と愛憎が渦巻くバレエの世界に驚愕すること間違いなし!?

 今回は『ジゼル』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ジゼル』のあらすじ

 15年前、東京グランド・バレエ団である事件が起こりました。

 ジゼル役のプリマ・姫宮真由美が代役の紅林嶺衣奈をナイフで襲い、逆に刺されて死んでしまったのです。

 それからバレエ団では「ジゼル」の公演を封印してきました。

 しかし、創立15周年を記念して「ジゼル」の公演を決めたところ、真由美の亡霊を見たという人たちがあらわれ、それをキッカケに次々と悲劇が起こります。この謎にミルタ役に抜擢された如月花音が迫ることに。

 驚愕の結末が待ち受けている物語です。

 『ジゼル』のおすすめポイント

1. バレエダンサーの血の滲むような努力が描かれる

 バレエダンサーたちは多大な犠牲を払って踊っています。たとえ小学生でもです。

 たとえば、賞を取るために努力している小学生は、週末に遊びに行くことも許されません。レッスンでしごかれ、学業と両立するために睡眠時間を削って勉強します。

 もちろん、体重管理のために徹底した食事制限を強いられます。

 親だって大変です。バレエをするにはお金が必要だからです。レッスン代や衣装代、トウ・シューズ代はもちろんですが、コンクールに出場するとなれば別途指導料や振り付け代が必要になります。会場までの旅費もバカになりません。

 しかも、そうしてグランプリを取っても、親元を離れて言葉も違う外国に行き、寮で暮らしながら過酷なレッスンを受けることになります。

 こうして多大な時間と多額のお金をバレエに費やしても、プロになれるのは、ほんの一握り。

 さらに、プロになれなかった時点で、他業種への軌道修正は難しく、潰しがききません。バレエに人生を捧げてきたからです。

 このようにバレエダンサーたちは、文字通り人生のすべてをバレエに捧げて踊っているのですね。彼らの血の滲むような努力に衝撃を受ける物語です。

2. バレエは嫉妬と愛憎が渦巻く世界

 こうして血の滲むような努力をしてプロになったダンサーたちは、嫉妬や愛憎が渦巻く世界で生きることになります。

 プロのダンサーは、他のダンサーへの嫉妬と自己嫌悪の板挟みに悩むことになります。望むような役がもらえず理不尽な思いをすることがよくあるからです。

 しかし、悔しさを全てレッスンにぶつけることで乗り越えていきます。負の感情を努力に変えるのです。

 とはいえ、最大のライバルは自分自身。いくら血を吐くような努力をして技術を磨いても、完成した瞬間にはさらに上の完成度が求められるからです。同じレベルで踊っても観客は満足してくれません。

 そんな世界で生きる主人公の如月花音が「ジゼル」の配役を巡って友人の斉藤絢子と園村有紀子とドロドロした関係を繰り広げます。

 しかも、15年前に亡くなったはずの姫宮真由美を見たという人たちが現れてから、次々と不可思議な出来事が!?

 バレエという閉ざされた世界で繰り広げられる嫉妬と愛憎に惹きつけられる物語です。

3. 最後の数ページで衝撃が!?

 物語が終盤に入り、いよいよ終わりかと思ったところで衝撃の事実が明かされます。この事実のために読んできたのか!?と思えるほどの衝撃です。

 ミステリー小説としても十分楽しめる物語です。

 最後に

 秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。読めば、嫉妬と愛憎が渦巻くバレエの世界に驚愕すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

出会いがあれば別れもある!?伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は浮気性の男性を描いた小説

(※『バイバイ、ブラックバード』表紙より)  人間関係を大切にしていますか。  私は仲のいい人との関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると考えているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。   …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

泣けて笑える物語!?ビートたけし『アナログ』は母への愛情を綴った恋愛小説

(※『アナログ』表紙より)  ビートたけしさんの小説『アナログ』。  メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙す …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …