webstation plus

 仕事で、嫉妬したり、愛情を注いだり、憎しんだりしていますか?

 私はどちらかと言えば感情を大きく動かしながら仕事と向き合っていますが、秋吉理香子さんの小説『ジゼル』を読んでバレエダンサーたちの情熱に衝撃を受けました。

 この前に紹介した芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』でも描かれていましたが、バレエダンサーたちは人生のすべてをかけて仕事に向き合っているんですよね。

 ミステリーとしても楽しめるバレエ団の物語

 物語の舞台は、創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団。

 このバレエ団では、15年前に、ジゼル役のプリマ・姫宮真由美が代役の紅林嶺衣奈をナイフで襲い、逆に刺されて死んでしまう事件が起こりました。そこで「ジゼル」を封印していたのですが…。

 創立15周年を機に「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こります。

 真由美の亡霊を見たという人があらわれたり、主役の相手役であるアルブレヒトを演じる蝶野幹也が非常階段から突き落とされたりと、次々と不可解な事件が起こります。

 この謎にミルタ役に抜擢された如月花音が迫るのですが…。

 プロのバレエダンサーにとって血の滲むような努力は当たり前

 その過程で、バレエダンサーたちの衝撃的な日常が描かれます。

 バレエと聞くと「優雅な」イメージを持っている方も多いと思いますが、その裏にはダンサーたちの血の滲むような努力がありました。それも幼い頃から。

 将来プロダンサーになりたいと夢見る小学生たちは、週末に遊びに行くことも許されません。レッスンでしごかれ、学業と両立するために睡眠時間を削って勉強に励みます。

 もちろん、体重管理のために徹底した食事制限も強いられます。

 親だって大変です。バレエをするにはお金が必要だからです。レッスン代や衣装代、トウ・シューズ代はもちろんですが、コンクールに出場するとなれば別途指導料や振り付け代が必要になります。会場までの旅費もバカになりません。

 しかも、コンクールでグランプリを取っても、プロになるためには海外に留学する必要があります。親元を離れて言葉も違う外国に行き、寮で暮らしながら過酷なレッスンを受けることになるんですよね。

 こうして多大な時間と多額のお金をバレエに費やしても、プロになれるのは、ほんの一握り。

 だからこそ、プロのダンサーたちは、幼い頃から人生をかけてバレエに取り組んでいるのです。

 私のようなサラリーマンには想像がつかない厳しい世界が描かれています。

 バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻いている

 こうして血の滲むようような努力をしてプロになったダンサーたちは、嫉妬や愛憎が渦巻く世界で闘うことを求められます。

 では、なぜ嫉妬と愛憎が渦巻くのかというと、2つの理由があります。

 まずひとつ目は他のダンサーへの嫉妬と自己嫌悪の板挟みに悩むことになるからです。

 どれだけ努力をして、他のダンサーより素晴らしいダンスを披露したとしても、望むような役がもらえず、理不尽な思いをすることがあります。

 この物語でも、如月花音がミルタ役に抜擢されたことで、親友たちから強い嫉妬を受けました。親友たちは花音よりも自分の方が上だと思っていたんですね。

 しかし、嫉妬しているだけではプロの世界では闘っていけません。負の感情を全てレッスンにぶつけることで乗り越えていくしかないからです。

 しかも、そうした努力を重ねて役を勝ち取ったとしても、さらなる悩みが押し寄せてきます。これが愛憎が渦巻く二つ目の理由です。

 いくら血を吐くような努力をして技術を磨いても、完成した瞬間にはさらに上の完成度が求められます。同じレベルで踊っていては観客が満足してくれないからです。

 このように、プロのダンサーたちは、他人と競い合うだけでなく、自分を追い込みながら踊り続けることになるんですよね。

 そんな嫉妬と愛憎が渦巻く世界で闘い切った人たちが演じるバレエだからこそ、観客の心を揺さぶれるのかもしれませんね。

 ◆

 秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。ミステリーとして楽しめるだけでなく、嫉妬と愛憎が渦巻くバレエの世界に惹きこまれる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は誰とでも対等に付き合っているつもりでしたが…。伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。  自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接して …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

伊坂幸太郎『重力ピエロ』は他人の考えに縛られずに生きていこうと思える物語

 他人の考えに縛られて生きていませんか?  私も以前は他人の考えに縛られて生きていましたが、今では自分の考えで行動するようになりました。その方が楽に生きられるんですよね。  伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』も自分らしく …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …