webstation plus

(※『ジゼル』表紙より)


 秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。

 創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』でもバレエダンサーの人生が描かれていましたが、これら2つの物語には共通点があるように思います。

 それは、バレエという世界で嫉妬と愛憎が渦巻くところ。

 今回は『ジゼル』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、「なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?」――その理由に迫りたいと思います。

 『ジゼル』のあらすじ

 15年前、東京グランド・バレエ団である事件が起こりました。

 ジゼル役のプリマ・姫宮真由美が代役の紅林嶺衣奈をナイフで襲い、逆に刺されて死んでしまったのです。

 それからバレエ団では「ジゼル」の公演を封印してきました。

 しかし、創立15周年を記念して「ジゼル」の公演を決定したところ、真由美の亡霊を見たという人たちがあらわれ、それをキッカケに次々と悲劇が起こります。この謎にミルタ役に抜擢された如月花音が迫ることに。

 驚愕の結末が待ち受けている物語です。

 『ジゼル』のおすすめポイント

1. バレエダンサーの血の滲むような努力に衝撃!?

 バレエと聞くと「優雅な」イメージを持っている方も多いと思いますが、その裏にはダンサーたちの血の滲むような努力がありました。それも幼い頃から。

 将来プロダンサーになりたいと夢見る小学生たちは、週末に遊びに行くことも許されません。レッスンでしごかれ、学業と両立するために睡眠時間を削って勉強に励みます。

 もちろん、体重管理のために徹底した食事制限も強いられます。

 親だって大変です。バレエをするにはお金が必要だからです。レッスン代や衣装代、トウ・シューズ代はもちろんですが、コンクールに出場するとなれば別途指導料や振り付け代が必要になります。会場までの旅費もバカになりません。

 しかも、コンクールでグランプリを取ったとしても、プロになるには海外に留学する必要があります。親元を離れて言葉も違う外国に行き、寮で暮らしながら過酷なレッスンを受けることになるんですね。

 こうして多大な時間と多額のお金をバレエに費やしても、プロになれるのは、ほんの一握り。

 だからこそ、プロを目指すダンサーたちは、幼い頃から人生をかけてバレエに取り組んでいるんですよね。

 私のようなサラリーマンには想像がつかない厳しい世界が描かれています。

2. なぜ、バレエは嫉妬と愛憎が渦巻くのか

 こうして血の滲むようような努力をしてプロになったダンサーたちは、嫉妬や愛憎が渦巻く世界で闘うことを求められます。

 では、なぜ嫉妬と愛憎が渦巻くのでしょうか。その理由は2つあります。

 まずひとつ目は他のダンサーへの嫉妬と自己嫌悪の板挟みに悩むことになるからです。

 どれだけ努力をして、他人よりも素晴らしいと思えるダンスを披露したとしても、望むような役がもらえず、理不尽な思いをすることがよくあります。

 本作でも如月花音がミルタ役に抜擢されたことで、親友たちから強い嫉妬を受けました。親友たちは花音よりも自分の方が上だと思っていたんですね。

 しかし、嫉妬しているだけではプロの世界では闘っていけません。負の感情を全てレッスンにぶつけることで乗り越えていきます。

 つまり、親友同士でも激しく嫉妬するけれど、プロとして生きていくためには、これまで以上にバレエに愛情を注がなければならないということ。

 しかも、そうやって役を勝ち取ったとしても、さらなる悩みが押し寄せてきます。これが愛憎が渦巻く二つ目の理由です。

 いくら血を吐くような努力をして技術を磨いても、完成した瞬間にはさらに上の完成度が求められます。同じレベルで踊っていては観客が満足してくれないからです。

 このように、プロダンサーたちは、他人と競い合うだけでなく、自分を追い込みながら踊り続けることになるわけですね。

 ライバル達に嫉妬しながらも、すべての愛情をバレエに注いでいく――。そんな嫉妬と愛情が渦巻くバレエの世界に惹きこまれる物語です。

3. 最後の数ページでどんでん返しが!?

 物語が終盤に入り、いよいよ終わりかと思ったところで衝撃の事実が明かされます。これまで信じてきたことが覆されるほどの衝撃です。

 バレエダンサーの世界観だけでなく、ミステリー小説としても十分楽しめる物語です。

 最後に

 秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。読めば、嫉妬と愛憎が渦巻くバレエの世界に惹きこまれること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …