webstation plus

artists_01

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。

 たとえば、シャネル。彼女は帽子の専門店からお店をスタートしたが、当時はド派手な装飾を施した帽子ばかりが流通しており、彼女はそのデザインに嫌悪感を抱いていた。そこで、シャネルはシンプルな帽子を生み出す。それが瞬く間に上流階級の女性たちの間で流行となり、『エレガンス=装飾』という概念をぶち壊したのである。

 『スイミー』や『フレデリック』などの絵本を描いたイタリアの作家、レオ・レオーニもそのひとり。彼は絵本をシンプルにデザインすることで、これまでになかった作品を次々と生み出していった。

 たとえば、『あおくんときいろちゃん』。この絵本は、青色の丸「あおくん」と黄色の丸「きいろちゃん」の配置だけで物語を構成しているシンプルな作品だ。しかし、だからといってバカにしてはいけない。実際に読んでみるとわかるが、「あおくん」と「きいろちゃん」がとても人間的で、いたずらっ子のようにみえてくる。

 では、なぜ青色の丸と黄色の丸だけで物語が構成できたのか。実は、レオはこの作品を描くために無数の実験を繰りかえしていた。その実験とは、空間にものを配置すると、どういう効果が現れるのか、その特徴をつかもうとするものだった。たとえば、ある文字を紙の真ん中に置く場合と隅に置く場合とでは、全体のなかでもつ意味が違ってくる。すなわち、レオは空間配置による「独自の言語体系」を調べていたのだ。

 このように、レオが『あおくんときいろちゃん』で表現していたものは、一見、単純で簡単なモノのように思えるが、実はそのすべてに意味を持たせていた。つまり、シンプルに表現するには、そのすべてを説明できなければいけない。

 では、私たち凡人がシンプルな表現をするにはどうすればいいのだろう。レオの作品が教えてくれるのは、次の三つ。

  1. テーマを持つ
  2. すべてに意味を持たせる
  3. 自問自答を繰り返す

 まず、その作品をとおして表現したいテーマをもつこと。これがなければ、何かを表現することなどできない。レオにとってのテーマは、「自分とは何者かを知ること」だった。有名な絵本『スイミー』でも、他の小魚とは違う異分子の「ぼく」が、自分にしかできない役割を担おうとする物語を描いている。人にはそれぞれ個性と役割があるということ、そして、芸術家は他の人たちには見えないものをみることができることを伝えようとしている。このように、伝えたいテーマをもつことがはじめの一歩だ。

 「すべてに意味を持たせる」のは、すでに説明したとおり。そして、すべてに意味をもたせるには、「自問自答を繰り返す」しかない。それは、レオのように「空間にものを配置すると、どのような意味をもつのか」を調べることかもしれないし、「登場人物の存在理由」を繰り返し考えていくことかもしれない。とにかく、表現するすべてについて、自分のなかで納得する答えを見つ出すのである。そうすれば、余分な表現が存在できる「余地」がなくなる。つまり、シンプルになる。

 さて、今回紹介してきたように、シンプルに表現するには、テーマを持ち、そのテーマに沿って自問自答を繰り返しながら納得のいく答えをみつけていく必要がある。もちろん、絵本や帽子だけでなく、小説やブログ、ハンドメイド作品をつくる場合でも同じだろう。ぜひ、シンプルな表現を心がけてアーティストとして成長していこう。

 関連記事

「幸せな人」にはあって、「不幸な人」には足りていないもの

 あなたは、幸せですか?  この質問に「幸せじゃない!」と答えられた方は、これから紹介する方法を試してみてはどうでしょうか。きっと、幸せを感じられるはず。  そもそも、幸せとは何でしょうか? ・お金持ちになること? ・い …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …

目標が達成できない人も「ストーリー思考」で夢が実現できる!?

 「どうしても実現したい!」と思うことが見つかったとき、どうしていますか?  「事前準備をしてから」「もう少し社会経験を積んでから」「十分なお金を確保してから」…なんて、行動することを先延ばしにしていませんか?  もし、 …

吉本芸人に学ぶ「プロとして成功するための秘訣」

 「お笑い芸人になりたい」「小説家になりたい」「ハンドメイド作家として活躍したい」…などなど、夢の実現に向けて挑戦している人は大勢います。しかし、そのなかで成功を収めることができるのは、ほんの一握りの人たち。  では、プ …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

「現実を愛せない人」に幸せは訪れない/今よりも幸せになる方法

 私たちが苦しんだり、悩んだりしているのは、現実を受け入れられないときだ。たとえば、結婚相手がイメージしていた人と違っていたとき。真面目で優しい人だと思っていた相手が、実は浮気性で夜遊びがヒドイことに気づいたときなど、私 …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …