webstation plus

artists_01

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。

 たとえば、シャネル。彼女は帽子の専門店からお店をスタートしたが、当時はド派手な装飾を施した帽子ばかりが流通しており、彼女はそのデザインに嫌悪感を抱いていた。そこで、シャネルはシンプルな帽子を生み出す。それが瞬く間に上流階級の女性たちの間で流行となり、『エレガンス=装飾』という概念をぶち壊したのである。

 『スイミー』や『フレデリック』などの絵本を描いたイタリアの作家、レオ・レオーニもそのひとり。彼は絵本をシンプルにデザインすることで、これまでになかった作品を次々と生み出していった。

 たとえば、『あおくんときいろちゃん』。この絵本は、青色の丸「あおくん」と黄色の丸「きいろちゃん」の配置だけで物語を構成しているシンプルな作品だ。しかし、だからといってバカにしてはいけない。実際に読んでみるとわかるが、「あおくん」と「きいろちゃん」がとても人間的で、いたずらっ子のようにみえてくる。

 では、なぜ青色の丸と黄色の丸だけで物語が構成できたのか。実は、レオはこの作品を描くために無数の実験を繰りかえしていた。その実験とは、空間にものを配置すると、どういう効果が現れるのか、その特徴をつかもうとするものだった。たとえば、ある文字を紙の真ん中に置く場合と隅に置く場合とでは、全体のなかでもつ意味が違ってくる。すなわち、レオは空間配置による「独自の言語体系」を調べていたのだ。

 このように、レオが『あおくんときいろちゃん』で表現していたものは、一見、単純で簡単なモノのように思えるが、実はそのすべてに意味を持たせていた。つまり、シンプルに表現するには、そのすべてを説明できなければいけない。

 では、私たち凡人がシンプルな表現をするにはどうすればいいのだろう。レオの作品が教えてくれるのは、次の三つ。

  1. テーマを持つ
  2. すべてに意味を持たせる
  3. 自問自答を繰り返す

 まず、その作品をとおして表現したいテーマをもつこと。これがなければ、何かを表現することなどできない。レオにとってのテーマは、「自分とは何者かを知ること」だった。有名な絵本『スイミー』でも、他の小魚とは違う異分子の「ぼく」が、自分にしかできない役割を担おうとする物語を描いている。人にはそれぞれ個性と役割があるということ、そして、芸術家は他の人たちには見えないものをみることができることを伝えようとしている。このように、伝えたいテーマをもつことがはじめの一歩だ。

 「すべてに意味を持たせる」のは、すでに説明したとおり。そして、すべてに意味をもたせるには、「自問自答を繰り返す」しかない。それは、レオのように「空間にものを配置すると、どのような意味をもつのか」を調べることかもしれないし、「登場人物の存在理由」を繰り返し考えていくことかもしれない。とにかく、表現するすべてについて、自分のなかで納得する答えを見つ出すのである。そうすれば、余分な表現が存在できる「余地」がなくなる。つまり、シンプルになる。

 さて、今回紹介してきたように、シンプルに表現するには、テーマを持ち、そのテーマに沿って自問自答を繰り返しながら納得のいく答えをみつけていく必要がある。もちろん、絵本や帽子だけでなく、小説やブログ、ハンドメイド作品をつくる場合でも同じだろう。ぜひ、シンプルな表現を心がけてアーティストとして成長していこう。

 関連記事

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

30歳を過ぎても「モラトリアム」から抜け出せない人の特徴

 30歳を過ぎているにも関わらず、「昔からの友人と過ごしている時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、ちょっとまずい状態に陥っているかもしれない。今なお「モラトリアム継続中」の人の典型的なパターンにハマっているからだ …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

「幸せな人」にはあって、「不幸な人」には足りていないもの

 あなたは、幸せですか?  この質問に「幸せじゃない!」と答えられた方は、これから紹介する方法を試してみてはどうでしょうか。きっと、幸せを感じられるはず。  そもそも、幸せとは何でしょうか? ・お金持ちになること? ・い …

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …