webstation plus

artists_01

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。

 たとえば、シャネル。彼女は帽子の専門店からお店をスタートしたが、当時はド派手な装飾を施した帽子ばかりが流通しており、彼女はそのデザインに嫌悪感を抱いていた。そこで、シャネルはシンプルな帽子を生み出す。それが瞬く間に上流階級の女性たちの間で流行となり、『エレガンス=装飾』という概念をぶち壊したのである。

 『スイミー』や『フレデリック』などの絵本を描いたイタリアの作家、レオ・レオーニもそのひとり。彼は絵本をシンプルにデザインすることで、これまでになかった作品を次々と生み出していった。

 たとえば、『あおくんときいろちゃん』。この絵本は、青色の丸「あおくん」と黄色の丸「きいろちゃん」の配置だけで物語を構成しているシンプルな作品だ。しかし、だからといってバカにしてはいけない。実際に読んでみるとわかるが、「あおくん」と「きいろちゃん」がとても人間的で、いたずらっ子のようにみえてくる。

 では、なぜ青色の丸と黄色の丸だけで物語が構成できたのか。実は、レオはこの作品を描くために無数の実験を繰りかえしていた。その実験とは、空間にものを配置すると、どういう効果が現れるのか、その特徴をつかもうとするものだった。たとえば、ある文字を紙の真ん中に置く場合と隅に置く場合とでは、全体のなかでもつ意味が違ってくる。すなわち、レオは空間配置による「独自の言語体系」を調べていたのだ。

 このように、レオが『あおくんときいろちゃん』で表現していたものは、一見、単純で簡単なモノのように思えるが、実はそのすべてに意味を持たせていた。つまり、シンプルに表現するには、そのすべてを説明できなければいけない。

 では、私たち凡人がシンプルな表現をするにはどうすればいいのだろう。レオの作品が教えてくれるのは、次の三つ。

  1. テーマを持つ
  2. すべてに意味を持たせる
  3. 自問自答を繰り返す

 まず、その作品をとおして表現したいテーマをもつこと。これがなければ、何かを表現することなどできない。レオにとってのテーマは、「自分とは何者かを知ること」だった。有名な絵本『スイミー』でも、他の小魚とは違う異分子の「ぼく」が、自分にしかできない役割を担おうとする物語を描いている。人にはそれぞれ個性と役割があるということ、そして、芸術家は他の人たちには見えないものをみることができることを伝えようとしている。このように、伝えたいテーマをもつことがはじめの一歩だ。

 「すべてに意味を持たせる」のは、すでに説明したとおり。そして、すべてに意味をもたせるには、「自問自答を繰り返す」しかない。それは、レオのように「空間にものを配置すると、どのような意味をもつのか」を調べることかもしれないし、「登場人物の存在理由」を繰り返し考えていくことかもしれない。とにかく、表現するすべてについて、自分のなかで納得する答えを見つ出すのである。そうすれば、余分な表現が存在できる「余地」がなくなる。つまり、シンプルになる。

 さて、今回紹介してきたように、シンプルに表現するには、テーマを持ち、そのテーマに沿って自問自答を繰り返しながら納得のいく答えをみつけていく必要がある。もちろん、絵本や帽子だけでなく、小説やブログ、ハンドメイド作品をつくる場合でも同じだろう。ぜひ、シンプルな表現を心がけてアーティストとして成長していこう。

 関連記事

才能は遺伝で決まる!?「報われる努力」と「報われない努力」の違い

「努力が報われると思う人はダメですね」  これは明石家さんまさんの言葉です。少し補足をすると、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら、やめた方がいい――そう考えられているようです …

よくわからない体調不良は「首こり」が原因!?

 原因がよくわからない体調不良に悩まされていませんか。  私は悩まされていました。頭がぼんやりしたり、疲れやすかったり、お昼を過ぎると急激に眠たくなったり。  実はこのような体調不良は「首こり」に原因があるそうです。もっ …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …

ノリがいい人になりたいのなら勉強するな

(※『勉強の哲学 来たるべきバカのために』表紙より)  勉強していますか?  私は趣味で数学やテクノロジー系の本を読んでいますが、実は勉強すると失うものがあるそうです。  それがノリの良さ。  勉強しなければ、周りに合わ …

毎日の腕立て伏せ1回が習慣を変える!?新しい習慣の身につけ方

 新しい目標を立てても、すぐに挫折していませんか。  そんなとき、根性がない、努力が足りない、精神力が弱すぎる…などなど、自分を責めてしまいがちですが、やり方が間違っているだけだとしたら。  今回は、本『小さな習慣』を参 …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

不幸な境遇でも幸せに生きる方法

(※『雨の日も、晴れ男』表紙より)  「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いていませんか?  そんな方にオススメの本が水野敬也さんの『雨の日も、晴れ男』。次々と襲いかかってくる不幸にもめげず、明るく前向きに生きる主人公に共感で …