webstation plus

artists_01

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。

 たとえば、シャネル。彼女は帽子の専門店からお店をスタートしたが、当時はド派手な装飾を施した帽子ばかりが流通しており、彼女はそのデザインに嫌悪感を抱いていた。そこで、シャネルはシンプルな帽子を生み出す。それが瞬く間に上流階級の女性たちの間で流行となり、『エレガンス=装飾』という概念をぶち壊したのである。

 『スイミー』や『フレデリック』などの絵本を描いたイタリアの作家、レオ・レオーニもそのひとり。彼は絵本をシンプルにデザインすることで、これまでになかった作品を次々と生み出していった。

 たとえば、『あおくんときいろちゃん』。この絵本は、青色の丸「あおくん」と黄色の丸「きいろちゃん」の配置だけで物語を構成しているシンプルな作品だ。しかし、だからといってバカにしてはいけない。実際に読んでみるとわかるが、「あおくん」と「きいろちゃん」がとても人間的で、いたずらっ子のようにみえてくる。

 では、なぜ青色の丸と黄色の丸だけで物語が構成できたのか。実は、レオはこの作品を描くために無数の実験を繰りかえしていた。その実験とは、空間にものを配置すると、どういう効果が現れるのか、その特徴をつかもうとするものだった。たとえば、ある文字を紙の真ん中に置く場合と隅に置く場合とでは、全体のなかでもつ意味が違ってくる。すなわち、レオは空間配置による「独自の言語体系」を調べていたのだ。

 このように、レオが『あおくんときいろちゃん』で表現していたものは、一見、単純で簡単なモノのように思えるが、実はそのすべてに意味を持たせていた。つまり、シンプルに表現するには、そのすべてを説明できなければいけない。

 では、私たち凡人がシンプルな表現をするにはどうすればいいのだろう。レオの作品が教えてくれるのは、次の三つ。

  1. テーマを持つ
  2. すべてに意味を持たせる
  3. 自問自答を繰り返す

 まず、その作品をとおして表現したいテーマをもつこと。これがなければ、何かを表現することなどできない。レオにとってのテーマは、「自分とは何者かを知ること」だった。有名な絵本『スイミー』でも、他の小魚とは違う異分子の「ぼく」が、自分にしかできない役割を担おうとする物語を描いている。人にはそれぞれ個性と役割があるということ、そして、芸術家は他の人たちには見えないものをみることができることを伝えようとしている。このように、伝えたいテーマをもつことがはじめの一歩だ。

 「すべてに意味を持たせる」のは、すでに説明したとおり。そして、すべてに意味をもたせるには、「自問自答を繰り返す」しかない。それは、レオのように「空間にものを配置すると、どのような意味をもつのか」を調べることかもしれないし、「登場人物の存在理由」を繰り返し考えていくことかもしれない。とにかく、表現するすべてについて、自分のなかで納得する答えを見つ出すのである。そうすれば、余分な表現が存在できる「余地」がなくなる。つまり、シンプルになる。

 さて、今回紹介してきたように、シンプルに表現するには、テーマを持ち、そのテーマに沿って自問自答を繰り返しながら納得のいく答えをみつけていく必要がある。もちろん、絵本や帽子だけでなく、小説やブログ、ハンドメイド作品をつくる場合でも同じだろう。ぜひ、シンプルな表現を心がけてアーティストとして成長していこう。

 関連記事

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …

報われない努力は今すぐやめ、報われる努力をしよう

 「努力」には、「報われる努力」と「報われない努力」があります。  まず、「報われない努力」とは、才能もないのに、その才能を伸ばそうと必死になって努力すること。  たとえば、バレーボールの元全日本代表選手である大林素子さ …

老後貧乏にならないために、楽しみながら節約する方法

 老後に備えて貯蓄していますか?  「老後なんてまだまだ先の話だよ!」と考え、今を優雅に暮らしている人も多いと思いますが、一般的に老後に必要なお金は「3000万円程度」だと言われています。それだけのお金を貯めることができ …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

自分のアタマで答えを導き出す3つの方法/『0ベース思考』

 私たちは「自分の能力」を過大に評価してしまう傾向がある。たとえば、「あなたは運転がうまいですか?」という質問に対して、多くの人が「人並み以上にうまい」と答えている。どうやら私たちは「他人よりも優れている」と思い込んで生 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

「欲しいものが手に入らない!」と嘆く前に知っておきたい3つのこと

 欲しいものがなかなか手に入らない。そんな悩みを抱えていませんか?  お金、家、クルマ、人気、承認、役職、名誉、健康、愛情などなど。どれだけ望んでも手に入らないものってありますよね。  この原因を突き詰めて考えていくと、 …