小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

子育て

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)

 最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。

 私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別にやりたいことなんてない」…と言い出す始末。

 これでは、これからの長い人生楽しくありませんよね。

 そこで今回は、小島よしおさんの著書『キッズのココロわしづかみ術』を参考に、どうすれば夢がない子どもに夢を持たせることができるのか考えてみたいと思います。




スポンサーリンク

 夢がない子どもに夢を持たせる方法

1. 子どもよりも親自身が夢を持って挑戦する

 子どもは親の鏡とよく言われていますよね。実際、子どもは大きくなるにつれて親とよく似た行動をとるようになります。

 つまり、子どもが夢を持てないのは、私たち親自身が夢を持っていないからかもしれません。

 そもそも、親が夢を持っていないのに、子どもに「夢を持て!」というのはひどい話ですよね。

 そこでまずやるべきことは、私たち親自身が夢を持って何かに挑戦すること。仕事でもスポーツでも趣味でも何でもいいので、真剣に取り組むことです。

 そうすれば、その熱意は必ず子どもに伝わります。

 実際、私の家でも、私が勉強を始めると、子どもたちは何も言わなくても勝手に勉強するようになりました。むしろ、「ご飯の時間だからやめなさい!」と注意しなければいけないくらい…。

 ぜひ、親から率先して行動するようにしましょう。

2. チャレンジできる環境を整える

 子どもは「できないこと」を前提に行動しません。おつかいひとつにしても成功させようと子どもなりに考えています。

 それなら、私たち親は子どもがチャレンジできる環境を整えるべきですよね。

 子どもは5歳になればひとりで多くのことができるようになります。だけど、なにをするにも親が手を貸したり、心配ばかりしていれば、子どもは親の不安を敏感に感じ取ってなかなかチャレンジできなくなってしまいます。

 だからこそ、子どもが「自分でやりたい」と言ってきたら、「本当に大丈夫?」ではなく「あなたなら絶対できるよ」と励ますことが大切です。

 「大丈夫?」は相手を思った言葉にみえますが、「だから言ったじゃないか」というための保険の言葉でもあるからです。言われた方はその言葉が頭に残り、行動の邪魔になってしまいます。

 もちろん否定語も同じです。否定語を言うのは、「余裕」「満足」「自信」がない証拠です。

 できるだけ前向きなことを考え、子どもにポジティブな言葉をかけましょう。

3. 褒めるときは「本気」で褒める

 食事の前にテーブルを拭いてくれたら、「ありがとう。助かった!」とすぐに褒めてあげること。そうすると、子どもはドヤ顏を見せ、次の日も積極的にお手伝いをしてくれます。

 とはいえ、何でも褒めてはいけません。子どもによっては「この程度で褒めてもらえるんだ」と受け止めてしまい、全力を出さなくなってしまうからです。

 それだけでなく「自分をしっかり見てくれない」という不信感を抱く場合も…。

 大人でもヨイショする人はあまり信用できませんよね。同じように、子どもに対しても、行動をしっかり見た上で褒めることが大切です。

 そうすれば、子どもは自信を持って夢に向かって挑戦するようになります。

スポンサーリンク

 最後に

 今回は、小島よしおさんの著書『キッズのココロわしづかみ術』を参考に、どうすれば夢がない子どもに夢を持たせることができるのか考えてきました。

 まずは親が夢を持って何かに挑戦し、熱意を伝え、子どもがチャレンジできる環境を整える。そして、本気で頑張ったことを褒めていけば、子どもは必ず夢を持ってチャレンジするようになります。

 私の家でもこの方法を取り入れた結果、子どもたちは勉強とスポーツを楽しみながら挑戦するようになりました。今後も、この挑戦が続くように、引き続き私自身から挑戦していきたいと思います。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました