webstation plus

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)


 最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。

 私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別にやりたいことなんてない」…と言い出す始末。

 これでは、これからの長い人生楽しくありませんよね。

 そこで今回は、小島よしおさんの著書『キッズのココロわしづかみ術』を参考に、どうすれば夢がない子どもに夢を持たせることができるのか考えてみたいと思います。

 夢がない子どもに夢を持たせる方法

1. 子どもよりも親自身が夢を持って挑戦する

 子どもは親の鏡とよく言われていますよね。実際、子どもは大きくなるにつれて親とよく似た行動をとるようになります。

 つまり、子どもが夢を持てないのは、私たち親自身が夢を持っていないからかもしれません。

 そもそも、親が夢を持っていないのに、子どもに「夢を持て!」というのはひどい話ですよね。

 そこでまずやるべきことは、私たち親自身が夢を持って何かに挑戦すること。仕事でもスポーツでも趣味でも何でもいいので、真剣に取り組むことです。

 そうすれば、その熱意は必ず子どもに伝わります。

 実際、私の家でも、私が勉強を始めると、子どもたちは何も言わなくても勝手に勉強するようになりました。むしろ、「ご飯の時間だからやめなさい!」と注意しなければいけないくらい…。

 ぜひ、親から率先して行動するようにしましょう。

2. チャレンジできる環境を整える

 子どもは「できないこと」を前提に行動しません。おつかいひとつにしても成功させようと子どもなりに考えています。

 それなら、私たち親は子どもがチャレンジできる環境を整えるべきですよね。

 子どもは5歳になればひとりで多くのことができるようになります。だけど、なにをするにも親が手を貸したり、心配ばかりしていれば、子どもは親の不安を敏感に感じ取ってなかなかチャレンジできなくなってしまいます。

 だからこそ、子どもが「自分でやりたい」と言ってきたら、「本当に大丈夫?」ではなく「あなたなら絶対できるよ」と励ますことが大切です。

 「大丈夫?」は相手を思った言葉にみえますが、「だから言ったじゃないか」というための保険の言葉でもあるからです。言われた方はその言葉が頭に残り、行動の邪魔になってしまいます。

 もちろん否定語も同じです。否定語を言うのは、「余裕」「満足」「自信」がない証拠です。

 できるだけ前向きなことを考え、子どもにポジティブな言葉をかけましょう。

3. 褒めるときは「本気」で褒める

 食事の前にテーブルを拭いてくれたら、「ありがとう。助かった!」とすぐに褒めてあげること。そうすると、子どもはドヤ顏を見せ、次の日も積極的にお手伝いをしてくれます。

 とはいえ、何でも褒めてはいけません。子どもによっては「この程度で褒めてもらえるんだ」と受け止めてしまい、全力を出さなくなってしまうからです。

 それだけでなく「自分をしっかり見てくれない」という不信感を抱く場合も…。

 大人でもヨイショする人はあまり信用できませんよね。同じように、子どもに対しても、行動をしっかり見た上で褒めることが大切です。

 そうすれば、子どもは自信を持って夢に向かって挑戦するようになります。

 最後に

 今回は、小島よしおさんの著書『キッズのココロわしづかみ術』を参考に、どうすれば夢がない子どもに夢を持たせることができるのか考えてきました。

 まずは親が夢を持って何かに挑戦し、熱意を伝え、子どもがチャレンジできる環境を整える。そして、本気で頑張ったことを褒めていけば、子どもは必ず夢を持ってチャレンジするようになります。

 私の家でもこの方法を取り入れた結果、子どもたちは勉強とスポーツを楽しみながら挑戦するようになりました。今後も、この挑戦が続くように、引き続き私自身から挑戦していきたいと思います。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書をお読みください。

 関連記事

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 子どもには「勉強できるようになってほしい」ですよね。  だからこそ、子どもが勉強しないと、叱ったり、褒めたり、教えたりして勉強するように促すのですが、実はどの行為も子どもの成長にはつながらないそうです。  なぜでしょう …

叱るのは時間の無駄!?叱らない子育てをする3つのメリット

 子どもを叱っていませんか?  私もこれまでたくさん叱ってきましたが、残念ながら叱るメリットはありませんでした。もちろん、命に関わることや犯罪につながるようなこと、他人に迷惑をかけるようなことは別ですが、普段の生活の中で …

子どもの学力は「読み聞かせ」で決まる!?おすすめの絵本145冊

 幼い頃から学習塾に通ったり、家庭でドリル学習をする子どもが増えていますが、まず何よりも大切なのは、絵本の読み聞かせをすることだそうです。  なぜなら、絵本の読み聞かせには、楽しみながら学力を高める効果があるから。無理や …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

学校任せではダメ!子どもの成長は親で決まる

(※『ブレない子育て』表紙より)  子育てしていますか?  私は長男が小学一年生になったので、少しは楽になりましたが、最近は「学校がつまらない!」と言うようになりました。  学校の勉強があまりにも簡単すぎて面白くないとい …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …

「6歳までの子育て」でいちばん大切なこと

 「0~6歳までの子育て」でいちばん大切なことは何だと思いますか?  『子育ての教科書』には、「親自身が安定した気持ちで、一貫した愛情を子どもに注ぎ続けること」だと書かれています。  親自身がいつも「ラブ」&「ハッピー」 …

AIに仕事を奪われないようにするために必要なたったひとつの能力

(※『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』表紙より)  人間にしかできない仕事をしていますか?  オックスフォード大学のある研究チームの予測によると、AI化によって10年から20年後に全雇用者の約47%が職を失うそ …

毒親の対処法はこれ!苦しい親子関係から抜け出す方法

 親子関係って難しいですよね。  特に年老いた両親は、自分が育った社会環境や家庭環境で物事を判断しているので、今の時代と全くあっていません。  それにも関わらず、まるで自分が正しいかのように手出し・口出ししてくるので…。 …