webstation plus

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)


 最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。

 私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別にやりたいことなんてない」…と言い出す始末。

 これでは、これからの長い人生楽しくありませんよね。

 そこで今回は、小島よしおさんの著書『キッズのココロわしづかみ術』を参考に、どうすれば夢がない子どもに夢を持たせることができるのか考えてみたいと思います。

 夢がない子どもに夢を持たせる方法

1. 子どもよりも親自身が夢を持って挑戦する

 子どもは親の鏡とよく言われていますよね。実際、子どもは大きくなるにつれて親とよく似た行動をとるようになります。

 つまり、子どもが夢を持てないのは、私たち親自身が夢を持っていないからかもしれません。

 そもそも、親が夢を持っていないのに、子どもに「夢を持て!」というのはひどい話ですよね。

 そこでまずやるべきことは、私たち親自身が夢を持って何かに挑戦すること。仕事でもスポーツでも趣味でも何でもいいので、真剣に取り組むことです。

 そうすれば、その熱意は必ず子どもに伝わります。

 実際、私の家でも、私が勉強を始めると、子どもたちは何も言わなくても勝手に勉強するようになりました。むしろ、「ご飯の時間だからやめなさい!」と注意しなければいけないくらい…。

 ぜひ、親から率先して行動するようにしましょう。

2. チャレンジできる環境を整える

 子どもは「できないこと」を前提に行動しません。おつかいひとつにしても成功させようと子どもなりに考えています。

 それなら、私たち親は子どもがチャレンジできる環境を整えるべきですよね。

 子どもは5歳になればひとりで多くのことができるようになります。だけど、なにをするにも親が手を貸したり、心配ばかりしていれば、子どもは親の不安を敏感に感じ取ってなかなかチャレンジできなくなってしまいます。

 だからこそ、子どもが「自分でやりたい」と言ってきたら、「本当に大丈夫?」ではなく「あなたなら絶対できるよ」と励ますことが大切です。

 「大丈夫?」は相手を思った言葉にみえますが、「だから言ったじゃないか」というための保険の言葉でもあるからです。言われた方はその言葉が頭に残り、行動の邪魔になってしまいます。

 もちろん否定語も同じです。否定語を言うのは、「余裕」「満足」「自信」がない証拠です。

 できるだけ前向きなことを考え、子どもにポジティブな言葉をかけましょう。

3. 褒めるときは「本気」で褒める

 食事の前にテーブルを拭いてくれたら、「ありがとう。助かった!」とすぐに褒めてあげること。そうすると、子どもはドヤ顏を見せ、次の日も積極的にお手伝いをしてくれます。

 とはいえ、何でも褒めてはいけません。子どもによっては「この程度で褒めてもらえるんだ」と受け止めてしまい、全力を出さなくなってしまうからです。

 それだけでなく「自分をしっかり見てくれない」という不信感を抱く場合も…。

 大人でもヨイショする人はあまり信用できませんよね。同じように、子どもに対しても、行動をしっかり見た上で褒めることが大切です。

 そうすれば、子どもは自信を持って夢に向かって挑戦するようになります。

 最後に

 今回は、小島よしおさんの著書『キッズのココロわしづかみ術』を参考に、どうすれば夢がない子どもに夢を持たせることができるのか考えてきました。

 まずは親が夢を持って何かに挑戦し、熱意を伝え、子どもがチャレンジできる環境を整える。そして、本気で頑張ったことを褒めていけば、子どもは必ず夢を持ってチャレンジするようになります。

 私の家でもこの方法を取り入れた結果、子どもたちは勉強とスポーツを楽しみながら挑戦するようになりました。今後も、この挑戦が続くように、引き続き私自身から挑戦していきたいと思います。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書をお読みください。

 関連記事

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

わがままではなく伸び伸び育てる/尾木ママ流「叱らない子育て」

 「叱らない子育て」と聞くと、「子どもを甘やかせてしまうのでは?」と懸念する人も多いでしょう。私もそのひとりでした。だって、子どもが悪いことをしても叱らずに好き放題させていたら、子どもはワガママに育ってしまいますよね。 …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …

【京都のおでかけスポット】子どもとゴーカートに乗れる公園『大宮交通公園』

 今日は「こどもの日」ということで、子どもたちが大好きな大宮交通公園に朝からお弁当持参で行ってきました。  GW中だったので大勢の人でにぎわっていましたが、混雑していても行って良かったと思える場所です。というわけでご紹介 …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

「よい子」ではなく「問題児」に育てよう!?個性を伸ばす子育て法

 子どもをおりこうさんに育てようとしていませんか。  親や先生の言うことを何でも聞いて、素直で、優しい。そんな子どもに育てようと必死になっていませんか。  もし、そうだとしたら、子どもの個性が死んでしまうもしれません。な …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …