webstation plus

 最近、いじめの話題が後を絶たないですよね。子供たちだけでなく、大人や学校の先生までいじめをするなど、いじめについて真剣に考えざるを得ない状況になっているように思います。

 しかし、伊坂幸太郎さんの小説『ガソリン生活』を読んで、いじめをする人間の心理が少しわかりました。彼らには決定的に足りない能力があるんですよね。

 その能力とはアイデアを生み出す力です。アイデアを生み出して楽しむことができないからこそ、他人をいじめて優越感に浸り、能力のなさを誤魔化しているんですよね。

 望月家に次々とピンチが訪れる物語

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、望月家が所有している緑色のデミオ。

 通称「緑デミ」と呼ばれる彼は、ある日、望月家の長男で運転免許を取りたての良夫に運転されていました。

 そして、助手席には小学生とは思えないほど頭の良い次男の亨が座っていたのですが…。この車に突然、女優の荒木翠が乗り込んできます。

 良夫たちは、謙虚で明るい性格の彼女にすぐに好意を持ちましたが、その翌日、彼女が浮気相手と一緒にトンネルで起きた事故で亡くなったというニュースが流れてきました。

 荒木翠と浮気相手がパパラッチに追われ、スピードの出しすぎで事故に遭い、車が燃えて亡くなったというのです。

 しかも、そのパパラッチは彼らを助けようとせずに、燃え上がる車の写真を撮り続けていたと言います。

 このことに腹を立てた良夫が玉田憲吾というパパラッチに制裁を加えようとしますが…。

 一方、その頃。望月家の長女・まどかは、彼氏のせいで物騒な事件に巻き込まれていました。トガシをリーダーとする恐ろしい連中に死体の運び屋をさせられそうになっていたのです。

 さらに、次男の亨も…。

 いじめをする人間は完全にネタギレ!?

 学校でいじめにあっていたんですよね。

 意地悪な三人組が大人びた亨のことを嫌い、何かにつけて目の敵にしていたのです。

 そんな亨の姿をみた緑デミは、隣の住人であるフランク・ザッパと次のような会話を繰り広げます。

「いつだって、仲良し三人組で楽しくやっていればいいのにね。亨や圭一君は放っておいてさ」
「ようするに、つまらねえんだろ」「つまらない?」
「三人でいるだけじゃつまらないから、別の誰かにちょっかいを出したくなる。そういうことなんだろうな。アイデアがねえんだよ」
「アイデアって何の?」
「自分たちだけで遊ぶアイデアだよ。楽しい遊びが思いつかねえから、同じクラスの誰それを苛めようか、なんてなっちまう。完全にネタ切れだ」

 このセリフを読んだときハッとしたんですよね。

 いじめをする人間には想像力がないからこそ、他人をいじめて優越感に浸るしかないのだと納得できたのです。

 さて、物語としては、望月家に訪れたピンチを亨が中心となって次々と解決していきます。望月家が一致団結してピンチを乗り越えていくんですよね。

 そんな彼らの姿をみていると…。

 いじめをする人間には決定的に足りない能力がある

 いじめをする人間には想像力がない一方で、いじめられる側の人間には想像力や課題を解決する力があるのでは?と思えてきました。

 とにかく、伊坂幸太郎さんの小説『ガソリン生活』は、クルマ同士が会話をする少し不思議な物語としても、最後にすべての謎が解けてスッキリできる物語としても楽しめるので…。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

浅田次郎『黒書院の六兵衛』感想/意志の力が世界を動かす

 私たちは誰もがまわりの影響を色濃く受けていますよね。  たとえば、今勤めている会社が大規模なリストラを断行するなんて噂が流れたら、誰もがじっとしていないでしょう。転職先を探したり、リストラ対象に自分が入っていないか確認 …

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』は父親の役割について考えさせられる物語

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当然として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったり…と、子どもと共に行動する日々が続きます。  しかし、ときどき、これで本 …

伊坂幸太郎『砂漠』は自分を信じてもう一度頑張ってみようと思える物語

 学生時代は真面目に勉強してきましたか?  私は多くの大学生と同じように、バカ騒ぎをして過ごしてきたので、真面目に勉強してきたとは口が裂けても言えませんが、そんな私だからこそ、伊坂幸太郎さんの小説『砂漠』を読んで懐かしい …

瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』は子育てはできる人がやるべきだと思える物語

 最近、虐待のニュースが多いですよね。それは血の繋がりはあっても、子どもとの関係が築けない、大人になりきれていない親が増えているからだと思います。  しかし、そんな親に「しっかりしろ!」と叱っても無駄ですよね。それなら、 …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

伊坂幸太郎『あるキング』は才能が成功に直結していないことに気づける物語

 「もっと才能があれば…」と嘆いていませんか?  私は「もっと文才があれば…」と毎日のように嘆いていますが、伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』を読んで、才能があるからといって成功が約束されているわけではないことに気づきま …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …