webstation plus

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。

 それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをして自分の能力の無さを隠そうとしているんですよね。

 そんな人間の弱さを浮き彫りにした小説が伊坂幸太郎さんの『ガソリン生活』。いじめをするような情けない人間にはなりたくないと思える物語です。

 人を職業などのカテゴリーで評価してはいけない

 「芸能ゴシップ記者」と聞くと、どう思いますか。

 私は嘘つきで、スクープを取るためには他人を傷つけても平気な人物像を思い浮かべましたが、実際には芸能記者といってもいろんな人間がいます。

 たとえば、パパラッチ。ダイアナ妃は常に彼らに追いかけられてウンザリしていました。しかし、ある日。彼女がある程度写真を撮られることは受け入れるから、夜はそっとしておいてほしいと頼むと素直に聞いてくれたそうです。

 それだけでなく、ダイアナ妃に同情した彼らは、事故死を装って彼女を世間から解放したっていう噂まであるんですよね。

 このように人を職業などのカテゴリーで評価するのは雑なことですが、『ガソリン生活』に登場するゴシップ記者・玉田も雑に評価したくなる人物です。

 彼は女優の荒木翠の浮気現場を抑えようと車で彼女を追いかけ、事故死させてしまいました 。しかし、実は…。

 ひとつの行動を切りとって人を評価してはいけない

 たとえば、先ほど紹介した女優の荒木翠は、働きもせずに祖父の遺産だけで悠々自適に暮らしている丹羽氏と浮気をしていました。

 もちろん、世間からは大バッシングされましたが、彼女の浮気には理由がありました。夫からDVを受けていたのです。

 ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、妊娠をしても「妊娠を言い訳に、家事をさぼる気じゃないだろうね」なんて言われます。

 さらに体調を崩して流産すると、「自分の体調管理もできないからそういうことになるんだ」「母親になる資格がなかったんだ」なんて酷い言葉を浴びせられるんですよね。

 これでは浮気のひとつもしたくなります。ただし…。

 いじめはいじめている側が100%悪い

 いじめは別物です。どんな言い訳を並べても、いじめをしている人間が100%悪いと思います。

 なぜなら、

「ようするに、つまらねえんだろ」
「三人でいるだけじゃつまらないから、別の誰かにちょっかいを出したくなる。そういうことなんだろうな。アイデアがねえんだよ」
「自分たちだけで遊ぶアイデアだよ。楽しい遊びが思いつかねえから、同じクラスの誰それを苛めようか、なんてなっちまう。完全にネタギレだ」

 と、自分の能力のなさを誰かをいじめることで発散しているからです。

 そんな情けない人間にはなりたくないと思える物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『ガソリン生活』。いじめについて真剣に考えたくなるだけでなく、クルマ同士が会話をするなどユーモア溢れる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

小野寺史宜『ひと』/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無 …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 考える力がないと強い言葉を使う人たちに騙されてしまう。そんなテーマを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『魔王』です。  最後まで読み切ってもストーリーはよくわかりませんが、登場人物たちのセリフに、いろいろ考えさせられる物語な …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したん …