webstation plus

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。

 それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをして自分の能力の無さを隠そうとしているんですよね。

 そんな人間の弱さを浮き彫りにした小説が伊坂幸太郎さんの『ガソリン生活』。いじめをするような情けない人間にはなりたくないと思える物語です。

 人を職業などのカテゴリーで評価してはいけない

 「芸能ゴシップ記者」と聞くと、どう思いますか。

 私は嘘つきで、スクープを取るためには他人を傷つけても平気な人物像を思い浮かべましたが、実際には芸能記者といってもいろんな人間がいます。

 たとえば、パパラッチ。ダイアナ妃は常に彼らに追いかけられてウンザリしていました。しかし、ある日。彼女がある程度写真を撮られることは受け入れるから、夜はそっとしておいてほしいと頼むと素直に聞いてくれたそうです。

 それだけでなく、ダイアナ妃に同情した彼らは、事故死を装って彼女を世間から解放したっていう噂まであるんですよね。

 このように人を職業などのカテゴリーで評価するのは雑なことですが、『ガソリン生活』に登場するゴシップ記者・玉田も雑に評価したくなる人物です。

 彼は女優の荒木翠の浮気現場を抑えようと車で彼女を追いかけ、事故死させてしまいました 。しかし、実は…。

 ひとつの行動を切りとって人を評価してはいけない

 たとえば、先ほど紹介した女優の荒木翠は、働きもせずに祖父の遺産だけで悠々自適に暮らしている丹羽氏と浮気をしていました。

 もちろん、世間からは大バッシングされましたが、彼女の浮気には理由がありました。夫からDVを受けていたのです。

 ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、妊娠をしても「妊娠を言い訳に、家事をさぼる気じゃないだろうね」なんて言われます。

 さらに体調を崩して流産すると、「自分の体調管理もできないからそういうことになるんだ」「母親になる資格がなかったんだ」なんて酷い言葉を浴びせられるんですよね。

 これでは浮気のひとつもしたくなります。ただし…。

 いじめはいじめている側が100%悪い

 いじめは別物です。どんな言い訳を並べても、いじめをしている人間が100%悪いと思います。

 なぜなら、

「ようするに、つまらねえんだろ」
「三人でいるだけじゃつまらないから、別の誰かにちょっかいを出したくなる。そういうことなんだろうな。アイデアがねえんだよ」
「自分たちだけで遊ぶアイデアだよ。楽しい遊びが思いつかねえから、同じクラスの誰それを苛めようか、なんてなっちまう。完全にネタギレだ」

 と、自分の能力のなさを誰かをいじめることで発散しているからです。

 そんな情けない人間にはなりたくないと思える物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『ガソリン生活』。いじめについて真剣に考えたくなるだけでなく、クルマ同士が会話をするなどユーモア溢れる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなの?

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはい …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

木皿泉『カゲロボ』/他人の不幸を求めている人へ

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …