webstation plus

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。

 それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをして自分の能力の無さを隠そうとしているんですよね。

 そんな人間の弱さを浮き彫りにした小説が伊坂幸太郎さんの『ガソリン生活』。いじめをするような情けない人間にはなりたくないと思える物語です。

 人を職業などのカテゴリーで評価してはいけない

 「芸能ゴシップ記者」と聞くと、どう思いますか。

 私は嘘つきで、スクープを取るためには他人を傷つけても平気な人物像を思い浮かべましたが、実際には芸能記者といってもいろんな人間がいます。

 たとえば、パパラッチ。ダイアナ妃は常に彼らに追いかけられてウンザリしていました。しかし、ある日。彼女がある程度写真を撮られることは受け入れるから、夜はそっとしておいてほしいと頼むと素直に聞いてくれたそうです。

 それだけでなく、ダイアナ妃に同情した彼らは、事故死を装って彼女を世間から解放したっていう噂まであるんですよね。

 このように人を職業などのカテゴリーで評価するのは雑なことですが、『ガソリン生活』に登場するゴシップ記者・玉田も雑に評価したくなる人物です。

 彼は女優の荒木翠の浮気現場を抑えようと車で彼女を追いかけ、事故死させてしまいました 。しかし、実は…。

 ひとつの行動を切りとって人を評価してはいけない

 たとえば、先ほど紹介した女優の荒木翠は、働きもせずに祖父の遺産だけで悠々自適に暮らしている丹羽氏と浮気をしていました。

 もちろん、世間からは大バッシングされましたが、彼女の浮気には理由がありました。夫からDVを受けていたのです。

 ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、妊娠をしても「妊娠を言い訳に、家事をさぼる気じゃないだろうね」なんて言われます。

 さらに体調を崩して流産すると、「自分の体調管理もできないからそういうことになるんだ」「母親になる資格がなかったんだ」なんて酷い言葉を浴びせられるんですよね。

 これでは浮気のひとつもしたくなります。ただし…。

 いじめはいじめている側が100%悪い

 いじめは別物です。どんな言い訳を並べても、いじめをしている人間が100%悪いと思います。

 なぜなら、

「ようするに、つまらねえんだろ」
「三人でいるだけじゃつまらないから、別の誰かにちょっかいを出したくなる。そういうことなんだろうな。アイデアがねえんだよ」
「自分たちだけで遊ぶアイデアだよ。楽しい遊びが思いつかねえから、同じクラスの誰それを苛めようか、なんてなっちまう。完全にネタギレだ」

 と、自分の能力のなさを誰かをいじめることで発散しているからです。

 そんな情けない人間にはなりたくないと思える物語です。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『ガソリン生活』。いじめについて真剣に考えたくなるだけでなく、クルマ同士が会話をするなどユーモア溢れる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

法律なんてクソ食らえ/東野圭吾『沈黙のパレード』感想

 沈黙を続ける殺人犯を証拠不十分で無罪にした草薙たち警察が、その犯人を殺した関係者を追い詰める物語。それが東野圭吾さんの小説『沈黙のパレード』です。  久しぶりのガリレオシリーズとあって期待を裏切らない面白さでしたが、そ …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …