webstation plus

 小説を読んでいますか?

 小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があります。

 伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』もそのひとつ。あらすじでは伝えきれない魅力があるんですよね。

 個性的なギャングに魅了される

 この物語に登場する4人のギャングはとても魅力的です。

 他人の嘘が見抜ける成瀬は、公務員の係長で、お金に困っていないのに銀行強盗をしていました。ギャングの中ではリーダー的存在で、物事の先の先まで見透かしており、何が起きても的確な計画を立てて行動していきます。

 口から出まかせばかり言ってる響野は、銀行強盗をするときには必ず演説をします。代償には対価が支払われなければいけないと考え、口から出まかせの演説を居合わせた人たちにプレゼントするのです。

 スリが得意な久遠は人間よりも動物を愛し、動物に人間が殺されればいいのにという少し変わった考えを持っており、正確な体内時計をもつ雪子は感情を表に出さない冷めた性格をしていますが、息子のことになると感情を爆発させます。

 そんな個性的な彼らが楽しそうに銀行強盗をする姿をみていると、こちらまで楽しい気分になれるんですよね。

 彼らの魅力にハマります。

 見事すぎる伏線の回収

 物語の冒頭に警察官のフリをする警察マニアの話が出てきます。その後、この内容には触れられずに物語は進んでいきますが、ラストでこの伏線が見事に回収されるんですよね。

 他にも、何気ない会話のなかで出てくる様々なモノ――盗聴器や使えないカメラ、特殊なクルマなどすべてが伏線。

 もちろん、ラストですべて回収されるのですが、これでもかと思うほど次々と回収されていくので、まるでジェットコースターに乗っているかのような驚きが味わえるんですよね。

 驚きを味わいたいのなら絶対に読んでおきたい物語です。

 勧善懲悪がテーマ

 この小説にはテーマと言えるほどのテーマはありませんが、あえて言うなら、他人を虐めたり、使い捨てにするような悪者が退治されていく勧善懲悪ものです。

 現実でもこの物語のように悪者が退治されるとスッキリできるんですけどね。

 とにかく、勧善懲悪の世界が描かれているので、読み終わったあとは気分がスッキリします。

 悪い言い方をすればそれだけの物語ですが、あらすじでは伝えきれない魅力があるので、読んでおいて損はしませんよ。

 関連記事

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …