webstation plus

 小説を読んでいますか?

 小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があります。

 伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』もそのひとつ。あらすじでは伝えきれない魅力があるんですよね。

 個性的なギャングに魅了される

 この物語に登場する4人のギャングはとても魅力的です。

 他人の嘘が見抜ける成瀬は、公務員の係長で、お金に困っていないのに銀行強盗をしていました。ギャングの中ではリーダー的存在で、物事の先の先まで見透かしており、何が起きても的確な計画を立てて行動していきます。

 口から出まかせばかり言ってる響野は、銀行強盗をするときには必ず演説をします。代償には対価が支払われなければいけないと考え、口から出まかせの演説を居合わせた人たちにプレゼントするのです。

 スリが得意な久遠は人間よりも動物を愛し、動物に人間が殺されればいいのにという少し変わった考えを持っており、正確な体内時計をもつ雪子は感情を表に出さない冷めた性格をしていますが、息子のことになると感情を爆発させます。

 そんな個性的な彼らが楽しそうに銀行強盗をする姿をみていると、こちらまで楽しい気分になれるんですよね。

 彼らの魅力にハマります。

 見事すぎる伏線の回収

 物語の冒頭に警察官のフリをする警察マニアの話が出てきます。その後、この内容には触れられずに物語は進んでいきますが、ラストでこの伏線が見事に回収されるんですよね。

 他にも、何気ない会話のなかで出てくる様々なモノ――盗聴器や使えないカメラ、特殊なクルマなどすべてが伏線。

 もちろん、ラストですべて回収されるのですが、これでもかと思うほど次々と回収されていくので、まるでジェットコースターに乗っているかのような驚きが味わえるんですよね。

 驚きを味わいたいのなら絶対に読んでおきたい物語です。

 勧善懲悪がテーマ

 この小説にはテーマと言えるほどのテーマはありませんが、あえて言うなら、他人を虐めたり、使い捨てにするような悪者が退治されていく勧善懲悪ものです。

 現実でもこの物語のように悪者が退治されるとスッキリできるんですけどね。

 とにかく、勧善懲悪の世界が描かれているので、読み終わったあとは気分がスッキリします。

 悪い言い方をすればそれだけの物語ですが、あらすじでは伝えきれない魅力があるので、読んでおいて損はしませんよ。

 関連記事

伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』感想/未来を切り拓くのは誰だ!?

 今を一生懸命に生きていますか?  私は一生懸命に生きているつもりでしたが、心のどこかで奇跡的なことが起きて一発逆転できるイメージを持っていました。  しかし、伊坂幸太郎さんの小説『クジラアタマの王様』を読んで反省したん …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなの?

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはい …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …