webstation plus

 サスペンスはお好きですか?

 私はドキドキ感が味わえるサスペンスが大好きで、小説だけでなく映画もよく観ていますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』は一味違いました。

 ハラハラドキドキ感が味わえるだけでなく、まるでジェットコースターに乗っているかのような爽快感が味わえるんですよね。

 個性的な4人のギャングが主人公

 では、あらすじから。

 物語の主人公は個性的な4人のギャング。彼らは自分の特技を生かして、これまで数多くの銀行強盗を成し遂げてきました。

 他人の嘘が見抜ける成瀬は、ギャングの中ではリーダー的存在で、物事の先の先まで見通しており、どんな出来事に遭遇しても、適切な計画を立てて行動していきます。

 口から出まかせばかり言ってる響野は、代償には対価が支払われるべきだと考え、強盗するときに居合わせた人たちに口から出まかせの演説をプレセントします。

 スリが得意な久遠は、人間よりも動物を愛し、「動物に人間が殺されればいいのに」という少し変わった考えを持っており、

 正確な体内時計をもつ雪子は、感情を表に出さない冷めた性格をしていますが、息子のことになると感情を爆発させます。

 そんな個性的な4人のギャングたちは今日も楽しそうに銀行強盗に入りますが、その逃走中に今世間を賑わせている現金輸送車ジャック犯に襲われました。

 せっかく盗んだ大金を横取りされたギャングたちでしたが…。

 盗まれたお金を取り戻そうとするギャングたちの物語

 久遠がジャック犯のひとりから財布を盗み、「林達夫」という人物だと特定します。

 さらに成瀬は、違法な仕事を請け負ってくれる田中に林達夫の家の合い鍵を作ってもらい、雪子と一緒に彼の家に乗り込みましたが…。林はすでに殺されていました。

 しかも、成瀬が林の家にあった電話をリダイヤルしたところ、なぜか響野につながります。

 一方、成瀬たちの帰りを待っていた響野と久遠のもとに、雪子の息子から電話が入ります。同級生が悪い少年たちに目を付けられ、潰れたパチンコ店に連れていかれたので助けて欲しいというのです。

 そこで、響野と久遠は潰れたパチンコ店に乗り込み、少年たちを撃退しますが、拳銃をもった男が突然乱入してきて、響野たちを悪者だと勘違いして騒ぎ出しました。

 響野たちはすぐに退散しましたが、その時に久遠がその拳銃男から携帯を盗みます。しかも、その携帯に成瀬から電話がかかってくるんですよね。

 つまり、林と拳銃男はつながっていたわけです。では、なぜ彼らが繋がっていたかと言うと…。

 ジェットコースターに乗っているかのような爽快感が味わえる物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』は、まるでジェットコースターに乗っているかのような爽快感が味わえる物語です。

 物語の展開が早いだけでなく、序盤に出てきた何気ない会話や登場人物たちが「これでもか!」と思えるほど見事に回収されていくので、驚きの連続なんですよね。

 もちろん、ドキドキワクワク感が楽しめるサスペンスとしても面白いので、気になった方はぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなことなの?

 好きなことを仕事にしていますか?  私はどちらかと言えば好きなことを仕事にしていますが、東野圭吾さんの小説『眠りの森』を読んで、好きなことを仕事にするのは本当に幸せなことなのかな?と疑問をもつようになりました。  収入 …

東野圭吾『悪意』は言葉で人は騙せても人柄は隠しきれないことがわかる物語

 何も行動は起こさないのに、調子の良いことばかり言っていませんか?  私は口にしたことは出来るだけ行動するようにしていますが、知り合いのなかにも調子の良いことばかり言っている人がいるんですよね。  東野圭吾さんの小説『悪 …

有川浩『図書館危機』/日本でも表現の自由が規制されている

 日本では「表現の自由がある」と思っていましたが、実は規制されているようです。  中国などの共産圏と違って自由があると思っていただけにショックでしたが、不必要な規制は無くしていくべきですよね。  有川浩さんの『図書館危機 …

平野啓一郎『ある男』感想/愛しているのは「今」なのか「過去」なのか

 私たちは誰かを愛しながら生きていますが、その愛はその人の今を見て生まれてきた感情なのでしょうか。  それとも、その人の過去を知っているからこそ生まれてきた感情なのでしょうか。  平野啓一郎さんの小説『ある男』を読んで、 …

伊坂幸太郎『サブマリン』感想/やられたことをやり返してはダメなのか?

 やられたことをやり返してはダメだと思っていませんか?  私は「やられたらやり返す、倍返しだ!」という信念で生きてきたので、やり返せばいいと思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』を読んでいろいろ考えさせられ …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

浅田次郎『天切り松 闇がたり1』感想/効率を上げるのは自殺行為!?

 昔の自慢話をする人って嫌ですよね。  私も大嫌いですが、「昔はすごかったんだぞ!」と語りかけてくる物語があります。それが浅田次郎さんの小説『天切り松 闇がたり1』。  大正時代の悪党どもに「天切り松」と呼ばれる老人が昔 …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる物語

 パズルはお好きですか?  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていましたが、最近は仕事が忙しくてなかなかできなくなりました。  ところが、まるでパズルのピースをはめている …