webstation plus

 小説を読んでいますか?

 小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があります。

 伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』もそのひとつ。あらすじでは伝えきれない魅力があるんですよね。

 個性的なギャングに魅了される

 この物語に登場する4人のギャングはとても魅力的です。

 他人の嘘が見抜ける成瀬は、公務員の係長で、お金に困っていないのに銀行強盗をしていました。ギャングの中ではリーダー的存在で、物事の先の先まで見透かしており、何が起きても的確な計画を立てて行動していきます。

 口から出まかせばかり言ってる響野は、銀行強盗をするときには必ず演説をします。代償には対価が支払われなければいけないと考え、口から出まかせの演説を居合わせた人たちにプレゼントするのです。

 スリが得意な久遠は人間よりも動物を愛し、動物に人間が殺されればいいのにという少し変わった考えを持っており、正確な体内時計をもつ雪子は感情を表に出さない冷めた性格をしていますが、息子のことになると感情を爆発させます。

 そんな個性的な彼らが楽しそうに銀行強盗をする姿をみていると、こちらまで楽しい気分になれるんですよね。

 彼らの魅力にハマります。

 見事すぎる伏線の回収

 物語の冒頭に警察官のフリをする警察マニアの話が出てきます。その後、この内容には触れられずに物語は進んでいきますが、ラストでこの伏線が見事に回収されるんですよね。

 他にも、何気ない会話のなかで出てくる様々なモノ――盗聴器や使えないカメラ、特殊なクルマなどすべてが伏線。

 もちろん、ラストですべて回収されるのですが、これでもかと思うほど次々と回収されていくので、まるでジェットコースターに乗っているかのような驚きが味わえるんですよね。

 驚きを味わいたいのなら絶対に読んでおきたい物語です。

 勧善懲悪がテーマ

 この小説にはテーマと言えるほどのテーマはありませんが、あえて言うなら、他人を虐めたり、使い捨てにするような悪者が退治されていく勧善懲悪ものです。

 現実でもこの物語のように悪者が退治されるとスッキリできるんですけどね。

 とにかく、勧善懲悪の世界が描かれているので、読み終わったあとは気分がスッキリします。

 悪い言い方をすればそれだけの物語ですが、あらすじでは伝えきれない魅力があるので、読んでおいて損はしませんよ。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

芦沢央『火のないところに煙は』/ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …