webstation plus

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。

 今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?

 今回は、ガリレオシリーズ第4弾『ガリレオの苦悩』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ガリレオの苦悩』のあらすじ

 前作『容疑者Xの献身』で大学時代の友人を追い詰めた湯川。

 それが原因で彼は警察に協力するのをやめましたが、今回も彼の協力なしでは解決できない事件が多発します。

 容疑者は地上にいるのにマンションの7階から転落した女性、身体の不自由な元大学准教授が離れにいる長男を遠隔で殺害、水晶占いで重要な証拠を見つけた女子中学生…などなど。

 新たに加わった女性刑事・内海薫と共に事件解決を目指す!?

 内海薫の女性視点が面白い

 今作から新たに内海薫という女性刑事が物語に参画します。これにより、物語の幅が広がったように思えるんですよね。

 たとえば、一人暮らしの女性は鍵をかける習慣があるとか、冷蔵庫の中身で訪問していた人物を推測するとか、オードブルを綺麗に盛り付けたのは男が来ていたからだとか。

 女性ならではの視点で事件解決に貢献します。今後の活躍にも期待!?

 薫が警察に協力するのをやめたガリレオを連れ戻す

 そんな薫が警察に協力するのをやめた湯川を事件現場に連れ戻します。

 しかし、簡単には協力してもらえませんでした。草薙に紹介状を書いてもらった薫は彼を訪ねますが、

「君はどれだけ科学について勉強した?理系が苦手だといったが、それを克服する努力をしたことがあるのか?早々に投げ出して、科学から目をそむけてきたくちじゃないのか。それならそれでいい。一生、科学とは関わらないことだ。困ったときだけ警察手帳を翳し、さあ謎を解けと学者に命令するようなことはしないでもらいたい」

 と厳しい返事が。

 それでも薫は事件解決に向けて自分なりに実験を積み重ねていきました。その行動が湯川の琴線に触れ、再び彼を事件現場へと向かわせます。

 苦悩を味わった湯川の活躍に期待!?

 湯川准教授の言葉が心に響く

 前作の影響なのか、人の心にも着目するようになった湯川。

 「君は変わったな。昔は科学にしか興味がなかったはずなのに、一体いつの間に、人の心がわかるようになった」と恩師に聞かれて次のように答えます。

「人の心も科学です。とてつもなく奥深い」

 そんな彼の言葉が心に響きます。たとえば、

まずはやってみる――その姿勢が大事なんだ。理系の学生でも、頭の中で理屈をこね回すばかりで行動の伴わない連中が多い。そんな奴らはまず大成しない。どんなにわかりきったことでも、まずやってみる。実際の現象からしか新発見は生まれない。

 などなど。これまでとはひと味違った湯川准教授にハマること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。湯川准教授の言葉が心に響く物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

芦沢央『火のないところに煙は』/ミステリーのようなホラー小説はお好きですか?

 子どもの頃、夏休みになるとテレビでホラー特集を見ていました。そんな懐かしい記憶を思い出させてくれた小説が芦沢央さんの『火のないところに煙は』。  ラストは呆気ない終わり方でしたが、短編ホラー小説としては楽しめました。 …

森見登美彦『有頂天家族』感想/血の繋がりだけでは家族になれない

 「家族」を大切にしていますか?  私は大切にしているつもりですが、そもそも「家族」と一言でいっても捉え方は千差万別です。  血のつながった人たちの集まりを家族と言う人もいれば、一緒に暮らしている人を家族と呼ぶ人もいます …

百田尚樹『フォルトゥナの瞳』感想/「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?  自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。  しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変 …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …