webstation plus

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。

 今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?

 今回は、ガリレオシリーズ第4弾『ガリレオの苦悩』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ガリレオの苦悩』のあらすじ

 前作『容疑者Xの献身』で大学時代の友人を追い詰めた湯川。

 それが原因で彼は警察に協力するのをやめましたが、今回も彼の協力なしでは解決できない事件が多発します。

 容疑者は地上にいるのにマンションの7階から転落した女性、身体の不自由な元大学准教授が離れにいる長男を遠隔で殺害、水晶占いで重要な証拠を見つけた女子中学生…などなど。

 新たに加わった女性刑事・内海薫と共に事件解決を目指す!?

 内海薫の女性視点が面白い

 今作から新たに内海薫という女性刑事が物語に参画します。これにより、物語の幅が広がったように思えるんですよね。

 たとえば、一人暮らしの女性は鍵をかける習慣があるとか、冷蔵庫の中身で訪問していた人物を推測するとか、オードブルを綺麗に盛り付けたのは男が来ていたからだとか。

 女性ならではの視点で事件解決に貢献します。今後の活躍にも期待!?

 薫が警察に協力するのをやめたガリレオを連れ戻す

 そんな薫が警察に協力するのをやめた湯川を事件現場に連れ戻します。

 しかし、簡単には協力してもらえませんでした。草薙に紹介状を書いてもらった薫は彼を訪ねますが、

「君はどれだけ科学について勉強した?理系が苦手だといったが、それを克服する努力をしたことがあるのか?早々に投げ出して、科学から目をそむけてきたくちじゃないのか。それならそれでいい。一生、科学とは関わらないことだ。困ったときだけ警察手帳を翳し、さあ謎を解けと学者に命令するようなことはしないでもらいたい」

 と厳しい返事が。

 それでも薫は事件解決に向けて自分なりに実験を積み重ねていきました。その行動が湯川の琴線に触れ、再び彼を事件現場へと向かわせます。

 苦悩を味わった湯川の活躍に期待!?

 湯川准教授の言葉が心に響く

 前作の影響なのか、人の心にも着目するようになった湯川。

 「君は変わったな。昔は科学にしか興味がなかったはずなのに、一体いつの間に、人の心がわかるようになった」と恩師に聞かれて次のように答えます。

「人の心も科学です。とてつもなく奥深い」

 そんな彼の言葉が心に響きます。たとえば、

まずはやってみる――その姿勢が大事なんだ。理系の学生でも、頭の中で理屈をこね回すばかりで行動の伴わない連中が多い。そんな奴らはまず大成しない。どんなにわかりきったことでも、まずやってみる。実際の現象からしか新発見は生まれない。

 などなど。これまでとはひと味違った湯川准教授にハマること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。湯川准教授の言葉が心に響く物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

いじめをする人間にはアイデアがない/伊坂幸太郎『ガソリン生活』感想

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』感想

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

理不尽な目にあってもいつか救われる/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …