webstation plus

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。

 今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?

 今回は、ガリレオシリーズ第4弾『ガリレオの苦悩』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ガリレオの苦悩』のあらすじ

 前作『容疑者Xの献身』で大学時代の友人を追い詰めた湯川。

 それが原因で彼は警察に協力するのをやめましたが、今回も彼の協力なしでは解決できない事件が多発します。

 容疑者は地上にいるのにマンションの7階から転落した女性、身体の不自由な元大学准教授が離れにいる長男を遠隔で殺害、水晶占いで重要な証拠を見つけた女子中学生…などなど。

 新たに加わった女性刑事・内海薫と共に事件解決を目指す!?

 内海薫の女性視点が面白い

 今作から新たに内海薫という女性刑事が物語に参画します。これにより、物語の幅が広がったように思えるんですよね。

 たとえば、一人暮らしの女性は鍵をかける習慣があるとか、冷蔵庫の中身で訪問していた人物を推測するとか、オードブルを綺麗に盛り付けたのは男が来ていたからだとか。

 女性ならではの視点で事件解決に貢献します。今後の活躍にも期待!?

 薫が警察に協力するのをやめたガリレオを連れ戻す

 そんな薫が警察に協力するのをやめた湯川を事件現場に連れ戻します。

 しかし、簡単には協力してもらえませんでした。草薙に紹介状を書いてもらった薫は彼を訪ねますが、

「君はどれだけ科学について勉強した?理系が苦手だといったが、それを克服する努力をしたことがあるのか?早々に投げ出して、科学から目をそむけてきたくちじゃないのか。それならそれでいい。一生、科学とは関わらないことだ。困ったときだけ警察手帳を翳し、さあ謎を解けと学者に命令するようなことはしないでもらいたい」

 と厳しい返事が。

 それでも薫は事件解決に向けて自分なりに実験を積み重ねていきました。その行動が湯川の琴線に触れ、再び彼を事件現場へと向かわせます。

 苦悩を味わった湯川の活躍に期待!?

 湯川准教授の言葉が心に響く

 前作の影響なのか、人の心にも着目するようになった湯川。

 「君は変わったな。昔は科学にしか興味がなかったはずなのに、一体いつの間に、人の心がわかるようになった」と恩師に聞かれて次のように答えます。

「人の心も科学です。とてつもなく奥深い」

 そんな彼の言葉が心に響きます。たとえば、

まずはやってみる――その姿勢が大事なんだ。理系の学生でも、頭の中で理屈をこね回すばかりで行動の伴わない連中が多い。そんな奴らはまず大成しない。どんなにわかりきったことでも、まずやってみる。実際の現象からしか新発見は生まれない。

 などなど。これまでとはひと味違った湯川准教授にハマること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。湯川准教授の言葉が心に響く物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 ワクワクしていますか。  私は最近ワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなった …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手で、これまであまり読んでこなかったのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小 …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …