webstation plus

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)


 東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。

 今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?

 今回は、ガリレオシリーズ第4弾『ガリレオの苦悩』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『ガリレオの苦悩』のあらすじ

 前作『容疑者Xの献身』で大学時代の友人を追い詰めた湯川。

 それが原因で彼は警察に協力するのをやめましたが、今回も彼の協力なしでは解決できない事件が多発します。

 容疑者は地上にいるのにマンションの7階から転落した女性、身体の不自由な元大学准教授が離れにいる長男を遠隔で殺害、水晶占いで重要な証拠を見つけた女子中学生…などなど。

 新たに加わった女性刑事・内海薫と共に事件解決を目指す!?

 内海薫の女性視点が面白い

 今作から新たに内海薫という女性刑事が物語に参画します。これにより、物語の幅が広がったように思えるんですよね。

 たとえば、一人暮らしの女性は鍵をかける習慣があるとか、冷蔵庫の中身で訪問していた人物を推測するとか、オードブルを綺麗に盛り付けたのは男が来ていたからだとか。

 女性ならではの視点で事件解決に貢献します。今後の活躍にも期待!?

 薫が警察に協力するのをやめたガリレオを連れ戻す

 そんな薫が警察に協力するのをやめた湯川を事件現場に連れ戻します。

 しかし、簡単には協力してもらえませんでした。草薙に紹介状を書いてもらった薫は彼を訪ねますが、

「君はどれだけ科学について勉強した?理系が苦手だといったが、それを克服する努力をしたことがあるのか?早々に投げ出して、科学から目をそむけてきたくちじゃないのか。それならそれでいい。一生、科学とは関わらないことだ。困ったときだけ警察手帳を翳し、さあ謎を解けと学者に命令するようなことはしないでもらいたい」

 と厳しい返事が。

 それでも薫は事件解決に向けて自分なりに実験を積み重ねていきました。その行動が湯川の琴線に触れ、再び彼を事件現場へと向かわせます。

 苦悩を味わった湯川の活躍に期待!?

 湯川准教授の言葉が心に響く

 前作の影響なのか、人の心にも着目するようになった湯川。

 「君は変わったな。昔は科学にしか興味がなかったはずなのに、一体いつの間に、人の心がわかるようになった」と恩師に聞かれて次のように答えます。

「人の心も科学です。とてつもなく奥深い」

 そんな彼の言葉が心に響きます。たとえば、

まずはやってみる――その姿勢が大事なんだ。理系の学生でも、頭の中で理屈をこね回すばかりで行動の伴わない連中が多い。そんな奴らはまず大成しない。どんなにわかりきったことでも、まずやってみる。実際の現象からしか新発見は生まれない。

 などなど。これまでとはひと味違った湯川准教授にハマること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。湯川准教授の言葉が心に響く物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

再読間違いなし!?伊坂幸太郎『グラスホッパー』は驚きの結末を迎える小説

(※『グラスホッパー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『グラスホッパー』。  殺し屋の鯨と蝉、そして復讐者の鈴木がそれぞれの目的を成し遂げるために殺人を犯したり、逃げ惑ったりする物語です。読めば再読したくなること間違い …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

加賀恭一郎が初登場!?東野圭吾『卒業』はモラトリアムから抜け出したくなる小説

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添うことの大切 …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …