webstation plus

(※『おまじない』表紙より)


 自分の弱さが嫌になることありませんか?

 私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中になり過ぎて、勉強する時間が確保できなかったり…。ほんと自己嫌悪の毎日です。

 そんな弱い私にそっと手を差し伸べてくれた小説が西加奈子さんの『おまじない』。「弱くても大丈夫だよ」と繰り返し励ましてくれる短編集です。

 そこで今回は、自分の弱さに嫌気がさしたときにぜひ読んで欲しい小説『おまじない』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おまじない』のあらすじ(『燃やす』)

 「女らしい」という言葉が大嫌いだったお母さん。そんなお母さんに育てられた私は、スカートではなくズボンを穿いていました。男の子たちと遊び、その中でもガキ大将でした。

 しかし、小学五年生になると、胸が膨らみ、女性らしくなっていきます。その頃から私はスカートを穿くようになったのですが――。頭のおかしい男性に性的な暴力を受けることに。

 そんな私にお母さんは、

「ほらね!」

 と言います。男を変な気持ちにさせる格好をしていた私が悪いと言うのです。そして、スカートを燃やしてしまいました。

 それから私は再びズボンを穿くようになったのですが、やっぱりスカートが穿きたい!?

 そんなとき、小学校の焼却炉で次々とモノを燃やしている用務員のおじさんと出会います。

 そのおじさんが私にかけた言葉は――。

 モヤモヤした気持ちを解き放ってくれる物語です。

 『おまじない』のおすすめポイント

1. そっと手を差し伸べてくれる短編集

 『おまじない』は全8章で構成された短編集です。どれも弱い自分に優しく手を差し伸べてくれる物語なので、読んでいて勇気が湧いてくるんですよね。

 なかでもおすすめは、『孫係』『あねご』『マタニティ』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『孫係』

 大学の教授をしているおじいちゃまが私の家で1ヶ月暮らすことになりました。

 ママは大はしゃぎで、家中をピカピカにしたり、散歩コースを探したりしていましたが、私はちょっとうんざり。ママのはしゃぎっぷりに合わせるのがしんどかったからです。

 しかも、おじいちゃまとの暮らしは窮屈でした。礼儀正しいおじいちゃまに気を使って仕方なかったからです。

 しかしある日。家に誰もいないと思い、「ひとりになりたいなぁ」と呟いたことがキッカケでおじいちゃまとの関係が変わります。

 おじいちゃまが私のつぶやきを聞き、「私もです」と言ったからです。

 それから二人は――。

 他人の気持ちにも目を向けようと思える物語です。

『あねご』

 浴びるようにお酒を飲んできた私。そして男の人に体を開いてきた私は、大学生になっても、就職をしても、自堕落な生活を続けていました。

 そんな私に転機が訪れます。会社が契約を更新してくれなかったのです。次の会社でも同じでした。

 そこで私は、お酒を飲んで場を盛り上げる特技が活かせるキャバクラで働くことにします。

 お店で働くようになった私は、ブサイクキャラを武器に一気飲みを繰り返しました。そのおかげで大勢の客がついたのですが――。

 弱い自分も認めていこうと思える物語です。

『マタニティ』

 38歳の私は、バツイチの魅力的な男性と出会い、猛アピールの末にお付き合いすることになりました。

 そして、とうとう子どもができたのですが、持ち前のマイナス思考が発揮され、不安で仕方ありません。

 ネットで「思いがけない妊娠」というキーワードで検索したのも問題でした。「無責任」「最低」「理解不能」「人殺し」「子どもがかわいそう」といった言葉が並べられていたからです。

 そこで私は、子どもをおろそうかと考えますが、糞みたいなコメンテーターの言葉を聞いて考えを改めました。なぜなら――。

 「弱くても大丈夫」と前向きな気持ちになれる物語です。

2. おじさんの言葉で主人公の女性が変わる!?

 『おまじない』の面白いポイントは、どれもおじさんの言葉で主人公の女性が変わるところです。

 用務員のおじさんだったり、おじいちゃまだったり、最低なコメンテーターだったりしますが、とにかく「おじさん」が女性を変えるのがポイントです。

 そのおかげもあって、私のような「おじさん」でも物語に共感できるんですよね。

 基本的には女性を励ます物語ですが、男性が読んでも十分楽しめます。

3. 言葉には無限の力がある

 先ほど紹介したように、『おまじない』は、おじさんの言葉で主人公の女性が変わっていく物語。しかし、どれも特別な言葉を投げかけているわけではありませんでした。

 ほんの少し背中を押すような優しい言葉。そんな言葉だからこそ、心に突き刺さるのかもしれませんね。

 ぜひ実際に読んで、弱い自分に手を差し伸べてください。

 最後に

 西加奈子さんの小説『おまじない』。読めば、弱い自分を少しだけ好きになること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

どんなことでも逆転できる!?阿部和重&伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』は一発逆転の物語

(※『キャプテンサンダーボルト 上』表紙より)  一発逆転したいと思ったことありませんか。  私は、仕事が予定通りに進まなかったときに思っています。特に最近は一発逆転したいことばかり…。  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

理不尽な目にあっても救いがあるかもと思える小説/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …