webstation plus

(※『おまじない』表紙より)


 自分の弱さが嫌になることありませんか?

 私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中になり過ぎて、勉強する時間が確保できなかったり…。ほんと自己嫌悪の毎日です。

 そんな弱い私にそっと手を差し伸べてくれた小説が西加奈子さんの『おまじない』。「弱くても大丈夫だよ」と繰り返し励ましてくれる短編集です。

 そこで今回は、自分の弱さに嫌気がさしたときにぜひ読んで欲しい小説『おまじない』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おまじない』のあらすじ(『燃やす』)

 「女らしい」という言葉が大嫌いだったお母さん。そんなお母さんに育てられた私は、スカートではなくズボンを穿いていました。男の子たちと遊び、その中でもガキ大将でした。

 しかし、小学五年生になると、胸が膨らみ、女性らしくなっていきます。その頃から私はスカートを穿くようになったのですが――。頭のおかしい男性に性的な暴力を受けることに。

 そんな私にお母さんは、

「ほらね!」

 と言います。男を変な気持ちにさせる格好をしていた私が悪いと言うのです。そして、スカートを燃やしてしまいました。

 それから私は再びズボンを穿くようになったのですが、やっぱりスカートが穿きたい!?

 そんなとき、小学校の焼却炉で次々とモノを燃やしている用務員のおじさんと出会います。

 そのおじさんが私にかけた言葉は――。

 モヤモヤした気持ちを解き放ってくれる物語です。

 『おまじない』のおすすめポイント

1. そっと手を差し伸べてくれる短編集

 『おまじない』は全8章で構成された短編集です。どれも弱い自分に優しく手を差し伸べてくれる物語なので、読んでいて勇気が湧いてくるんですよね。

 なかでもおすすめは、『孫係』『あねご』『マタニティ』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『孫係』

 大学の教授をしているおじいちゃまが私の家で1ヶ月暮らすことになりました。

 ママは大はしゃぎで、家中をピカピカにしたり、散歩コースを探したりしていましたが、私はちょっとうんざり。ママのはしゃぎっぷりに合わせるのがしんどかったからです。

 しかも、おじいちゃまとの暮らしは窮屈でした。礼儀正しいおじいちゃまに気を使って仕方なかったからです。

 しかしある日。家に誰もいないと思い、「ひとりになりたいなぁ」と呟いたことがキッカケでおじいちゃまとの関係が変わります。

 おじいちゃまが私のつぶやきを聞き、「私もです」と言ったからです。

 それから二人は――。

 他人の気持ちにも目を向けようと思える物語です。

『あねご』

 浴びるようにお酒を飲んできた私。そして男の人に体を開いてきた私は、大学生になっても、就職をしても、自堕落な生活を続けていました。

 そんな私に転機が訪れます。会社が契約を更新してくれなかったのです。次の会社でも同じでした。

 そこで私は、お酒を飲んで場を盛り上げる特技が活かせるキャバクラで働くことにします。

 お店で働くようになった私は、ブサイクキャラを武器に一気飲みを繰り返しました。そのおかげで大勢の客がついたのですが――。

 弱い自分も認めていこうと思える物語です。

『マタニティ』

 38歳の私は、バツイチの魅力的な男性と出会い、猛アピールの末にお付き合いすることになりました。

 そして、とうとう子どもができたのですが、持ち前のマイナス思考が発揮され、不安で仕方ありません。

 ネットで「思いがけない妊娠」というキーワードで検索したのも問題でした。「無責任」「最低」「理解不能」「人殺し」「子どもがかわいそう」といった言葉が並べられていたからです。

 そこで私は、子どもをおろそうかと考えますが、糞みたいなコメンテーターの言葉を聞いて考えを改めました。なぜなら――。

 「弱くても大丈夫」と前向きな気持ちになれる物語です。

2. おじさんの言葉で主人公の女性が変わる!?

 『おまじない』の面白いポイントは、どれもおじさんの言葉で主人公の女性が変わるところです。

 用務員のおじさんだったり、おじいちゃまだったり、最低なコメンテーターだったりしますが、とにかく「おじさん」が女性を変えるのがポイントです。

 そのおかげもあって、私のような「おじさん」でも物語に共感できるんですよね。

 基本的には女性を励ます物語ですが、男性が読んでも十分楽しめます。

3. 言葉には無限の力がある

 先ほど紹介したように、『おまじない』は、おじさんの言葉で主人公の女性が変わっていく物語。しかし、どれも特別な言葉を投げかけているわけではありませんでした。

 ほんの少し背中を押すような優しい言葉。そんな言葉だからこそ、心に突き刺さるのかもしれませんね。

 ぜひ実際に読んで、弱い自分に手を差し伸べてください。

 最後に

 西加奈子さんの小説『おまじない』。読めば、弱い自分を少しだけ好きになること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりを大切に/垣谷美雨『農ガール、農ライフ』感想

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。  もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめし …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

やられたことをやり返してはダメなのか?/伊坂幸太郎『サブマリン』感想

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …

対立はなくならない…ではどうする?/伊坂幸太郎『シーソーモンスター』感想

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

変わり者が少女を救う/瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』感想

 最初の数ページがつまらないと本を閉じたくなりますよね。  本屋大賞2019で見事1位に輝いた小説『そして、バトンは渡された』がそうだったのですが、我慢強く飛ばし読みしていくと、突然、面白くなりました。  最初 …