webstation plus

(※『おまじない』表紙より)


 自分の弱さが嫌になることありませんか?

 私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中になり過ぎて、勉強する時間が確保できなかったり…。ほんと自己嫌悪の毎日です。

 そんな弱い私にそっと手を差し伸べてくれた小説が西加奈子さんの『おまじない』。「弱くても大丈夫だよ」と繰り返し励ましてくれる短編集です。

 そこで今回は、自分の弱さに嫌気がさしたときにぜひ読んで欲しい小説『おまじない』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おまじない』のあらすじ(『燃やす』)

 「女らしい」という言葉が大嫌いだったお母さん。そんなお母さんに育てられた私は、スカートではなくズボンを穿いていました。男の子たちと遊び、その中でもガキ大将でした。

 しかし、小学五年生になると、胸が膨らみ、女性らしくなっていきます。その頃から私はスカートを穿くようになったのですが――。頭のおかしい男性に性的な暴力を受けることに。

 そんな私にお母さんは、

「ほらね!」

 と言います。男を変な気持ちにさせる格好をしていた私が悪いと言うのです。そして、スカートを燃やしてしまいました。

 それから私は再びズボンを穿くようになったのですが、やっぱりスカートが穿きたい!?

 そんなとき、小学校の焼却炉で次々とモノを燃やしている用務員のおじさんと出会います。

 そのおじさんが私にかけた言葉は――。

 モヤモヤした気持ちを解き放ってくれる物語です。

 『おまじない』のおすすめポイント

1. そっと手を差し伸べてくれる短編集

 『おまじない』は全8章で構成された短編集です。どれも弱い自分に優しく手を差し伸べてくれる物語なので、読んでいて勇気が湧いてくるんですよね。

 なかでもおすすめは、『孫係』『あねご』『マタニティ』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『孫係』

 大学の教授をしているおじいちゃまが私の家で1ヶ月暮らすことになりました。

 ママは大はしゃぎで、家中をピカピカにしたり、散歩コースを探したりしていましたが、私はちょっとうんざり。ママのはしゃぎっぷりに合わせるのがしんどかったからです。

 しかも、おじいちゃまとの暮らしは窮屈でした。礼儀正しいおじいちゃまに気を使って仕方なかったからです。

 しかしある日。家に誰もいないと思い、「ひとりになりたいなぁ」と呟いたことがキッカケでおじいちゃまとの関係が変わります。

 おじいちゃまが私のつぶやきを聞き、「私もです」と言ったからです。

 それから二人は――。

 他人の気持ちにも目を向けようと思える物語です。

『あねご』

 浴びるようにお酒を飲んできた私。そして男の人に体を開いてきた私は、大学生になっても、就職をしても、自堕落な生活を続けていました。

 そんな私に転機が訪れます。会社が契約を更新してくれなかったのです。次の会社でも同じでした。

 そこで私は、お酒を飲んで場を盛り上げる特技が活かせるキャバクラで働くことにします。

 お店で働くようになった私は、ブサイクキャラを武器に一気飲みを繰り返しました。そのおかげで大勢の客がついたのですが――。

 弱い自分も認めていこうと思える物語です。

『マタニティ』

 38歳の私は、バツイチの魅力的な男性と出会い、猛アピールの末にお付き合いすることになりました。

 そして、とうとう子どもができたのですが、持ち前のマイナス思考が発揮され、不安で仕方ありません。

 ネットで「思いがけない妊娠」というキーワードで検索したのも問題でした。「無責任」「最低」「理解不能」「人殺し」「子どもがかわいそう」といった言葉が並べられていたからです。

 そこで私は、子どもをおろそうかと考えますが、糞みたいなコメンテーターの言葉を聞いて考えを改めました。なぜなら――。

 「弱くても大丈夫」と前向きな気持ちになれる物語です。

2. おじさんの言葉で主人公の女性が変わる!?

 『おまじない』の面白いポイントは、どれもおじさんの言葉で主人公の女性が変わるところです。

 用務員のおじさんだったり、おじいちゃまだったり、最低なコメンテーターだったりしますが、とにかく「おじさん」が女性を変えるのがポイントです。

 そのおかげもあって、私のような「おじさん」でも物語に共感できるんですよね。

 基本的には女性を励ます物語ですが、男性が読んでも十分楽しめます。

3. 言葉には無限の力がある

 先ほど紹介したように、『おまじない』は、おじさんの言葉で主人公の女性が変わっていく物語。しかし、どれも特別な言葉を投げかけているわけではありませんでした。

 ほんの少し背中を押すような優しい言葉。そんな言葉だからこそ、心に突き刺さるのかもしれませんね。

 ぜひ実際に読んで、弱い自分に手を差し伸べてください。

 最後に

 西加奈子さんの小説『おまじない』。読めば、弱い自分を少しだけ好きになること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …