webstation plus

(※『おまじない』表紙より)


 自分の弱さが嫌になることありませんか?

 私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中になり過ぎて、勉強する時間が確保できなかったり…。ほんと自己嫌悪の毎日です。

 そんな弱い私にそっと手を差し伸べてくれた小説が西加奈子さんの『おまじない』。「弱くても大丈夫だよ」と繰り返し励ましてくれる短編集です。

 そこで今回は、自分の弱さに嫌気がさしたときにぜひ読んで欲しい小説『おまじない』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『おまじない』のあらすじ(『燃やす』)

 「女らしい」という言葉が大嫌いだったお母さん。そんなお母さんに育てられた私は、スカートではなくズボンを穿いていました。男の子たちと遊び、その中でもガキ大将でした。

 しかし、小学五年生になると、胸が膨らみ、女性らしくなっていきます。その頃から私はスカートを穿くようになったのですが――。頭のおかしい男性に性的な暴力を受けることに。

 そんな私にお母さんは、

「ほらね!」

 と言います。男を変な気持ちにさせる格好をしていた私が悪いと言うのです。そして、スカートを燃やしてしまいました。

 それから私は再びズボンを穿くようになったのですが、やっぱりスカートが穿きたい!?

 そんなとき、小学校の焼却炉で次々とモノを燃やしている用務員のおじさんと出会います。

 そのおじさんが私にかけた言葉は――。

 モヤモヤした気持ちを解き放ってくれる物語です。

 『おまじない』のおすすめポイント

1. そっと手を差し伸べてくれる短編集

 『おまじない』は全8章で構成された短編集です。どれも弱い自分に優しく手を差し伸べてくれる物語なので、読んでいて勇気が湧いてくるんですよね。

 なかでもおすすめは、『孫係』『あねご』『マタニティ』。

 それぞれ簡単に紹介します。

『孫係』

 大学の教授をしているおじいちゃまが私の家で1ヶ月暮らすことになりました。

 ママは大はしゃぎで、家中をピカピカにしたり、散歩コースを探したりしていましたが、私はちょっとうんざり。ママのはしゃぎっぷりに合わせるのがしんどかったからです。

 しかも、おじいちゃまとの暮らしは窮屈でした。礼儀正しいおじいちゃまに気を使って仕方なかったからです。

 しかしある日。家に誰もいないと思い、「ひとりになりたいなぁ」と呟いたことがキッカケでおじいちゃまとの関係が変わります。

 おじいちゃまが私のつぶやきを聞き、「私もです」と言ったからです。

 それから二人は――。

 他人の気持ちにも目を向けようと思える物語です。

『あねご』

 浴びるようにお酒を飲んできた私。そして男の人に体を開いてきた私は、大学生になっても、就職をしても、自堕落な生活を続けていました。

 そんな私に転機が訪れます。会社が契約を更新してくれなかったのです。次の会社でも同じでした。

 そこで私は、お酒を飲んで場を盛り上げる特技が活かせるキャバクラで働くことにします。

 お店で働くようになった私は、ブサイクキャラを武器に一気飲みを繰り返しました。そのおかげで大勢の客がついたのですが――。

 弱い自分も認めていこうと思える物語です。

『マタニティ』

 38歳の私は、バツイチの魅力的な男性と出会い、猛アピールの末にお付き合いすることになりました。

 そして、とうとう子どもができたのですが、持ち前のマイナス思考が発揮され、不安で仕方ありません。

 ネットで「思いがけない妊娠」というキーワードで検索したのも問題でした。「無責任」「最低」「理解不能」「人殺し」「子どもがかわいそう」といった言葉が並べられていたからです。

 そこで私は、子どもをおろそうかと考えますが、糞みたいなコメンテーターの言葉を聞いて考えを改めました。なぜなら――。

 「弱くても大丈夫」と前向きな気持ちになれる物語です。

2. おじさんの言葉で主人公の女性が変わる!?

 『おまじない』の面白いポイントは、どれもおじさんの言葉で主人公の女性が変わるところです。

 用務員のおじさんだったり、おじいちゃまだったり、最低なコメンテーターだったりしますが、とにかく「おじさん」が女性を変えるのがポイントです。

 そのおかげもあって、私のような「おじさん」でも物語に共感できるんですよね。

 基本的には女性を励ます物語ですが、男性が読んでも十分楽しめます。

3. 言葉には無限の力がある

 先ほど紹介したように、『おまじない』は、おじさんの言葉で主人公の女性が変わっていく物語。しかし、どれも特別な言葉を投げかけているわけではありませんでした。

 ほんの少し背中を押すような優しい言葉。そんな言葉だからこそ、心に突き刺さるのかもしれませんね。

 ぜひ実際に読んで、弱い自分に手を差し伸べてください。

 最後に

 西加奈子さんの小説『おまじない』。読めば、弱い自分を少しだけ好きになること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

『死神の精度』は暗くて重いテーマを明るく描いた小説

(※『死神の精度』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『死神の精度』。  「死」をテーマにした物語なので暗くて重い雰囲気になると思っていましたが、読めば明るく楽しい気分になれること間違いなしの小説です。  今回は『死神の精 …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …