webstation plus

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。

 そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばかりですが、ハマる人はとことんハマる物語です。

 極悪非道の人間は一人でも強い

 この物語の主人公・優我と風我は、幼い頃から父に痛めつけられていました。少しでも気に入らないところがあると、すぐに手を出してきます。

 彼らが小学生のときも、ワタボコリと呼ばれる同級生をいじめる悪い奴がいました。埃を食べろと命じたり、女子トイレに閉じ込めたりします。

 風我の彼女も、叔父から虐待されていました。彼女を裸にし、水槽に入れて電気ショックを与えたり、溺れて苦しむ姿を見世物にしたりします。

 他にも、小学生を轢き殺すのを楽しむ未成年など、これでもかと思うほど極悪人が登場するんですよね。

 現実でも、多くの人を殺したにも関わらず、成人してからも被害者家族を苦しめるような本を出版する極悪非道の殺人鬼がいますよね。

 彼らには常識がないので善良な人たちを簡単に痛めつけていきます。そんな極悪人に優我と風我は…。

 優我と風我は力をあわせて対抗

 彼らは不運な星のもとに生まれましたが、二人で一人だと決め、力を合わせて立ち向かっていきました。

 たとえば、優我と風我は、暴力を振るう父に何度も立ち向かっていきます。圧倒的な強さにいつも叩きのめされますが、それでも彼らは戦い続けました。

 それだけでなく、ワタボコリをいじめていた同級生や風我の彼女を痛めつけていた叔父などを相手に瞬間移動の能力を駆使して戦っていくんですよね。

 そんな優我たちの信条は、父のように支配欲で他人を押さえつける人間は許さないというもの。だから、小学生を轢き殺した未成年まで懲らしめようとします。

 そんな優我たちの姿をみていると、一人では無理でも、本当の仲間を見つければ、悪い奴らと戦えるかもしれないって思えてくるんですよね。

 逆にいえば、私たちの多くが悪事に無関心でいれば、極悪非道の人間がのさばってしまうということ。

 では、あなたは悪に立ち向かう?

 この物語は、他の伊坂作品と同じようにラストには驚きが待っている小説です。途中のツラさ――悪い奴らに虐げられる登場人物たちの姿を見るのを乗り越えれば、間違いなく楽しめます。

 しかし、物語を楽しむだけでいいのでしょうか。少し周りを見渡せば、そこら中に極悪人がはびこっていますよね。放置しておいていいのでしょうか。

 そんな問いが突きつけられる物語が『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばかりですが、ハマる人はとことんハマる物語です。

 関連記事

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

伊坂幸太郎『ガソリン生活』/いじめをする人間にはアイデアがない

 最近、いじめの話題が多いですよね。もちろん、いじめをしている人間が100%悪いのですが、それだけでなく彼らには決定的に足りない能力があります。  それはアイデアを生み出す力。楽しい遊びを生み出す力がないので、いじめをし …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

伊坂幸太郎『サブマリン』/やられたことをやり返してはダメなのか?

 少年法って本当に必要なの?って思うことありますよね。  たとえば、最近ニュースになったいじめで自殺に追い込んだ人たち。彼らは裁判で5000万円の支払いを命じられると控訴すると言い出しました。  そんな話を聞くたびに、人 …