webstation plus

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。

 もちろん、瞬間移動しかありませんよね。

 伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間に立ち向かう姿を描いた物語です。

 内容的にはつらい話ばかりですが、最後まで読めばスッキリできますよ。

 父親に痛めつけられる双子の物語

 物語の主人公は、双子の優我と風我。彼らは幼い頃から、父親に痛めつけられて育ちました。少しでも気に入らないところがあると、気絶するまで殴られます。

 そんな彼らが小学生になると、同級生の中にも父親のような極悪人がいました。ある同級生を「ワタボコリ」と呼び、埃を食べろと命じたり、女子トイレに閉じ込めるなどのいじめを繰り返します。

 大人になっても優我と風我のまわりには極悪人がいました。

 風我の彼女は、叔父から虐待されていました。裸にされて水槽に入れられ、電気ショックを与えられたり、溺れて苦しむ姿を見せ物にされたりします。

 さらに、小学生を轢き殺すことに楽しみを覚える未成年の男が登場するなど、これでもかと思うほど極悪人が次々と登場するんですよね。

 現実でも、いじめをする人間がいるのはもちろんのこと、多くの人を殺した未成年男性が、成人してからも被害者家族を苦しめるような本を出版する極悪非道っぷりを発揮しています。

 彼らには常識がないので善良な人たちを簡単に痛めつけていきますが、そんな極悪人に優我と風我は…。

 瞬間移動という特殊能力と二人で力をあわせることで立ち向かう

 瞬間移動という特殊能力と二人で力をあわせることで立ち向かっていきます。

 優我と風我は、父親から虐待されるなど不運な星のもとに生まれましたが、二人で一人だと決め、力を合わせて立ち向かっていきました。

 たとえば、優我と風我は、暴力を振るう父親に負けても、何度も立ち向かっていきます。圧倒的な強さにいつも叩きのめされますが、それでも彼らは戦い続けました。

 それだけでなく、ワタボコリをいじめていた同級生や風我の彼女を痛めつけていた叔父などを相手に瞬間移動の能力を駆使して戦っていくんですよね。

 そんな優我たちの信条は、「父のように支配欲で他人を押さえつける人間は許さない」というもの。だから、小学生を轢き殺した未成年男性まで懲らしめようとします。

 そんな優我たちの姿をみていると、一人では無理でも、本当の仲間を見つければ、極悪人に立ち向かっていけるのかもって思えてくるんですよね。

 逆にいえば…。

 では、あなたは悪に立ち向かいますか?

 私たちが悪事に無関心でいれば、極悪非道の人間がのさばってしまうということです。

 伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、他の伊坂作品と同じようにラストに驚きが用意されています。悪い奴らに虐げられる登場人物たちの姿を見るのを乗り越えれば、間違いなく楽しめます。

 とはいえ、物語を楽しむだけでなく、少しまわりを見渡せば簡単に見つかる苦しんでいる人たちに、手を差し伸べようと思える物語なんですよね。

 世の中には悪いところも多くありますが、自分にできるところからでも良くしていこうと思える小説です。気になった方は、ぜひ。

 関連記事

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

伊坂幸太郎『死神の浮力』/サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …