webstation plus

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。

 そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばかりですが、ハマる人はとことんハマる物語です。

 極悪非道の人間は一人でも強い

 この物語の主人公・優我と風我は、幼い頃から父に痛めつけられていました。少しでも気に入らないところがあると、すぐに手を出してきます。

 彼らが小学生のときも、ワタボコリと呼ばれる同級生をいじめる悪い奴がいました。埃を食べろと命じたり、女子トイレに閉じ込めたりします。

 風我の彼女も、叔父から虐待されていました。彼女を裸にし、水槽に入れて電気ショックを与えたり、溺れて苦しむ姿を見世物にしたりします。

 他にも、小学生を轢き殺すのを楽しむ未成年など、これでもかと思うほど極悪人が登場するんですよね。

 現実でも、多くの人を殺したにも関わらず、成人してからも被害者家族を苦しめるような本を出版する極悪非道の殺人鬼がいますよね。

 彼らには常識がないので善良な人たちを簡単に痛めつけていきます。そんな極悪人に優我と風我は…。

 優我と風我は力をあわせて対抗

 彼らは不運な星のもとに生まれましたが、二人で一人だと決め、力を合わせて立ち向かっていきました。

 たとえば、優我と風我は、暴力を振るう父に何度も立ち向かっていきます。圧倒的な強さにいつも叩きのめされますが、それでも彼らは戦い続けました。

 それだけでなく、ワタボコリをいじめていた同級生や風我の彼女を痛めつけていた叔父などを相手に瞬間移動の能力を駆使して戦っていくんですよね。

 そんな優我たちの信条は、父のように支配欲で他人を押さえつける人間は許さないというもの。だから、小学生を轢き殺した未成年まで懲らしめようとします。

 そんな優我たちの姿をみていると、一人では無理でも、本当の仲間を見つければ、悪い奴らと戦えるかもしれないって思えてくるんですよね。

 逆にいえば、私たちの多くが悪事に無関心でいれば、極悪非道の人間がのさばってしまうということ。

 では、あなたは悪に立ち向かう?

 この物語は、他の伊坂作品と同じようにラストには驚きが待っている小説です。途中のツラさ――悪い奴らに虐げられる登場人物たちの姿を見るのを乗り越えれば、間違いなく楽しめます。

 しかし、物語を楽しむだけでいいのでしょうか。少し周りを見渡せば、そこら中に極悪人がはびこっていますよね。放置しておいていいのでしょうか。

 そんな問いが突きつけられる物語が『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばかりですが、ハマる人はとことんハマる物語です。

 関連記事

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

常識を疑って生きている?/伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想

 未来が予測できて人の言葉を話すカカシが登場する小説。それが伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』です。  現実にはあり得ない設定なのに、いつの間にか夢中になって、しかも喋るカカシは実在するのかも…なんて思えて …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart4

(※『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』表紙より)  読書していますか?  今、私は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズにハマりにハマっています。続きが気になって朝5時に起きて読むほどに――。  ではな …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 ワクワクしていますか。  私は最近ワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなった …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …