webstation plus

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。

 たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく一方だという意味が含まれています。

 ドイツの哲学者であるショーペン・ハウエルは、「人生はその生涯の40年間で本文を著述し、これに続く30年間において、前述についての注釈を付加する」と言っています。40歳までの人生が本文であり、それ以降の人生は補足だと言っているんですよね。

 このように、40歳という年齢は「人生の折り返し地点」であると同時に、これまでの生き方が色濃くあらわれる年齢だともいえます。

 とはいえ、40歳からも輝いていたいですよね。どうすればいいのでしょうか。

 自分の生き方に自信がなくなった人たちの物語

 物語に登場するのは、数ヵ月後に40歳を迎える小学校の同級生たち。彼らは小学生の頃に校庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こすために、26年ぶりに再会しました。

 ところが、誰もが自分の近況について語ろうとしません。なぜなら、小学生の頃に思い描いていた40歳とは、ほど遠い存在だったからです。

 のび太と呼ばれていた克也は、かつては「天才少年」とあだ名されるほど勉強が得意で、小学生の頃は科学者を目指していましたが、今では平凡なソフトウェア会社でリストラに怯える毎日を過ごしています。

 ジャイアンと呼ばれていた徹夫は、クラスのアイドル的存在だった真里子と結婚しましたが、根気がなく転職を繰り返し、今では悪徳商法で有名な不動産会社の営業をしています。真理子とも、二人の娘とも上手くいっていません。

 クラスで一番の出世頭だった淳子は、予備校の人気講師としてメディアにも取り上げられましたが、今では落ち目を迎え、かつての人気はどこにもありません。信頼できるパートナーもおらず、働く意味を見失っていました。

 もちろん、そんな彼らが再会したところで、盛り上がるはずがありません。さらに…。

 未来に夢や希望が持てなくなっていた

 当時40歳だった担任・白石先生の手紙が追い討ちをかけます。そこには、「皆さんの40歳はどうですか?あなたたちは、今幸せですか?」と書かれていたからです。

 克也は、会社からリストラされそうになっていましたが、そのことを家族に言えずにいました。仕事を失った自分には価値が無い、妻や子どもたちと仲良く暮らしていけるはずがない…と思い込んでいたからです。

 徹夫は、一発逆転を夢見て転職をくりかえしていましたが、転職すればするほど不安定になり、モチベーションもあがらず、現在はメディアからもバッシングされる悪徳不動産で強引な営業をしています。そんな徹夫に真里子も娘も愛想を尽かしていました。

 淳子は、何度かあった結婚のチャンスを自ら拒絶してまで仕事に専念し、予備校の人気講師としてメディアに取り上げられた時期もありましたが、今では人気もガタ落ちで、手元に残ったのは「高層マンションに住む」という一見優雅な暮らしだけです。パートナーがいない不安を隠し切れずにいました。

 そんな仕事もプライベートも上手くいかなくなった彼らは、目の前にある問題に向き合おうとせずに、不倫やお酒といった別の手段で不安を解消しようとするんですよね。

 もちろん、これでは問題を解決できるはずがありません。むしろ状況は悪くなる一方です。

 だからこそ…。

 目の前にある問題と向き合い、未来に夢や希望をもとう

 目の前にある問題と向き合い、新たな夢や希望を持つことが大切なんですよね。

 たしかに、40歳という年齢はこれまで築き上げてきた仕事やプライベートにほころびが生じやすい年齢なのかもしれません。

 しかし、目の前にある問題から逃げ出さずに真正面から向き合うことができれば、新たな「夢」や「希望」が描けるはずです。たとえ、トワイライト(人生の黄昏)を迎えたとしても、新たな人生の一歩が踏み出せるでしょう。

 ◆

 重松清さんの小説『トワイライト』。読めば40歳を節目に新たな夢を描いて歩み出そうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …

村山早紀『桜風堂ものがたり』は今まで以上に本を大切にしたくなる物語

 読書していますか?  私は読書が好きで毎日のように本を読んでいますが、村山早紀さんの小説『桜風堂ものがたり』を読んで、今まで以上に本を大切にしたくなりました。  著者だけでなく、書店員さんや本に関わっている多くの人たち …

芦沢央『カインは言わなかった』感想/プロと素人の間には想像を絶する壁がある

 プロフェッショナルな仕事をしていますか?  私はプロとして通用する仕事をしようと努力してきたつもりでしたが、芦沢央さんの小説『カインは言わなかった』を読んで、プロと素人の間にある壁に愕然としました。  プロは人生のすべ …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

有川浩『図書館戦争』/好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

下村敦史『生還者』感想/ゴシップに踊らされるのは時間のムダ

 ゴシップに踊らされていませんか。  先日、コカイン疑惑で芸能界から引退した成宮寛貴さんが、芸能界に復帰するというフェイクニュースが飛び交いました。  この報道に多くの人が反応していましたが、私たちの人生にそれほど影響あ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

東野圭吾『眠りの森』感想/好きなことを仕事にするのは本当に幸せなの?

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはい …