webstation plus

twilight_01

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。

 たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていくのみ――という意味が含まれている。

 ドイツの哲学者であるショーペン・ハウエルは、「人生はその生涯の40年間で本文を著述し、これに続く30年間において、前述についての注釈を付加する」と言った。すなわち、40歳までの人生が本文であり、それ以降の人生はこれまでの注釈(補足)であるというのだ。

 つまり、40歳という年齢は「人生の折り返し地点」であると同時に、これまでの生き方が色濃くあらわれる年齢だといえる。

 小説『トワイライト』は、数ヵ月後に40歳を迎える男女の物語。彼らは小学校の同級生で、校庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こすために26年ぶりに再会する。しかし――。小学生の頃に思い描いていたような劇的な再会にはならなかった。なぜなら、彼らのほとんどが自分の近況や生活状況について自信をもって語ることができなかったからだ。

 のび太と呼ばれていた克也は、かつては「天才少年」とあだ名されるほど勉強が得意で、小学生の頃は科学者を目指していたが、今では平凡なソフトウェア会社でリストラに怯える毎日を過ごしている。

 ジャイアンと呼ばれていた徹夫は、クラスのアイドル的存在だった真里子と結婚したが、根気がなく転職を繰り返し、今では悪徳商法で有名な不動産会社の営業をしている。真理子とも、二人の娘とも上手くいっていない。

 クラスで一番の出世頭だった淳子は、予備校の人気講師としてメディアにも取り上げられていたが、今では落ち目を迎え、かつての人気はどこにもない。信頼できるパートナーもおらず、働く意味を見失いつつある。

 もちろん、そんな彼らが久しぶりに再会しても盛り上がるはずなどない。さらに、追い討ちをかけるような手紙がタイムカプセルから見つかる。当時40歳だった担任の白石先生からの手紙だ。そこには、当時不倫をしていた白石先生の状況と心境が切々と綴られていた。そして――。

 「皆さんの40歳はどうですか?あなたたちは、今幸せですか?」という疑問が投げかけらる。彼らはこの問いに心を乱した。誰一人「自分は幸せだ」と胸を張って答えられなかったからだ。では、なぜ、彼らは幸せではなかったのだろうか。

 結論からいえば、「夢」や「希望」を失ったからだ。「仕事」と「家族」という現実に追い込まれ、それらを見失ってしまったのだ。

 克也は、今の会社からリストラされようとしていたが、そのことを家族に言えずにいた。仕事を失った自分には価値が無い、妻や子どもたちと仲良く暮らしていけるはずなどない――そう信じていたからだ。

 徹夫は、一発逆転を夢見て転職をくりかえしていた。しかし、転職すればするほど不安定になり、モチベーションもあがらず、現在はメディアからもバッシングされる悪徳不動産で強引な営業をしている。そんな徹夫に真里子も娘も愛想を尽かしている。

 淳子は、何度かあった結婚のチャンスを自ら拒絶してまで仕事に専念してきた。そのおかげで、予備校の人気講師としてメディアに取り上げられた時期もあったが、今では人気はガタ落ち。手元に残ったのは「高層マンションに住む」という一見優雅な暮らしだけ。パートナーがいない不安を隠し切れないでいる。

 このように、彼らは「仕事」と「家庭」ともにうまくいかなくなっていた。しかも、その不安を「仕事」や「家庭」以外――不倫やお酒、他人の面倒をみるなどして解消しようとした。そうすることで、「今までの自分とは違う自分」になろうとしたのである。もちろん、これでは上手くいくはずなどない。自分の目の前にある「仕事」や「家庭」と向き合わない限り、この問題は解決できないからだ。

 さて、この物語の終わりに、彼らは改めてタイムカプセルを埋めることにする。そこには、目の前にある「仕事」や「家庭」に向き合う彼らの姿があった。逃げずに真正面から向き合うことで、未来に「夢」や「希望」が持てるようになったのだ。

 つまり、40歳という年齢はこれまで築き上げてきた人生と向き合わざるを得ない時期だといえる。そして、そのときに逃げずに真正面から向き合うことができれば、新たな「夢」や「希望」が描けるのだ。たとえ、トワイライト(人生の黄昏)を迎えたとしても。

 反対に、真正面から向き合わずに逃げたとしたら――。その後の人生は「逃げ続けるしかない人生」になるのだろう。つまり、40歳以降の人生がトワイライトになるかどうかは、「あなた次第」ということだ。

 関連記事

成功の秘訣は「情熱」にあり/古川智映子『土佐堀川』

 スティーブ・ジョブズであれ、ラリー・ペイジであれ、イーロン・マスクであれ――彼らはどうして人々を驚かせるような結果を残すことができたのだろう。歴史に残るような偉業を成し遂げることができたのだろう。  結論からいえば、情 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

何よりも大切なのは「自分らしさ」/和田竜『小太郎の左腕』

 「私は八方美人で人生をしくじった」とは、小林麻耶さんの言葉。彼女はテレビ番組『しくじり先生』で、女子アナ時代の苦労を赤裸々に語った。  小林さんは、子どもの頃から転校を繰り返していたので、ごく自然に八方美人になっていっ …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

「好きなこと」をするには犠牲が伴う/東野圭吾『眠りの森』

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなこ …

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …