webstation plus

twilight_01

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。

 たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていくのみ――という意味が含まれている。

 ドイツの哲学者であるショーペン・ハウエルは、「人生はその生涯の40年間で本文を著述し、これに続く30年間において、前述についての注釈を付加する」と言った。すなわち、40歳までの人生が本文であり、それ以降の人生はこれまでの注釈(補足)であるというのだ。

 つまり、40歳という年齢は「人生の折り返し地点」であると同時に、これまでの生き方が色濃くあらわれる年齢だといえる。

 小説『トワイライト』は、数ヵ月後に40歳を迎える男女の物語。彼らは小学校の同級生で、校庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こすために26年ぶりに再会する。しかし――。小学生の頃に思い描いていたような劇的な再会にはならなかった。なぜなら、彼らのほとんどが自分の近況や生活状況について自信をもって語ることができなかったからだ。

 のび太と呼ばれていた克也は、かつては「天才少年」とあだ名されるほど勉強が得意で、小学生の頃は科学者を目指していたが、今では平凡なソフトウェア会社でリストラに怯える毎日を過ごしている。

 ジャイアンと呼ばれていた徹夫は、クラスのアイドル的存在だった真里子と結婚したが、根気がなく転職を繰り返し、今では悪徳商法で有名な不動産会社の営業をしている。真理子とも、二人の娘とも上手くいっていない。

 クラスで一番の出世頭だった淳子は、予備校の人気講師としてメディアにも取り上げられていたが、今では落ち目を迎え、かつての人気はどこにもない。信頼できるパートナーもおらず、働く意味を見失いつつある。

 もちろん、そんな彼らが久しぶりに再会しても盛り上がるはずなどない。さらに、追い討ちをかけるような手紙がタイムカプセルから見つかる。当時40歳だった担任の白石先生からの手紙だ。そこには、当時不倫をしていた白石先生の状況と心境が切々と綴られていた。そして――。

 「皆さんの40歳はどうですか?あなたたちは、今幸せですか?」という疑問が投げかけらる。彼らはこの問いに心を乱した。誰一人「自分は幸せだ」と胸を張って答えられなかったからだ。では、なぜ、彼らは幸せではなかったのだろうか。

 結論からいえば、「夢」や「希望」を失ったからだ。「仕事」と「家族」という現実に追い込まれ、それらを見失ってしまったのだ。

 克也は、今の会社からリストラされようとしていたが、そのことを家族に言えずにいた。仕事を失った自分には価値が無い、妻や子どもたちと仲良く暮らしていけるはずなどない――そう信じていたからだ。

 徹夫は、一発逆転を夢見て転職をくりかえしていた。しかし、転職すればするほど不安定になり、モチベーションもあがらず、現在はメディアからもバッシングされる悪徳不動産で強引な営業をしている。そんな徹夫に真里子も娘も愛想を尽かしている。

 淳子は、何度かあった結婚のチャンスを自ら拒絶してまで仕事に専念してきた。そのおかげで、予備校の人気講師としてメディアに取り上げられた時期もあったが、今では人気はガタ落ち。手元に残ったのは「高層マンションに住む」という一見優雅な暮らしだけ。パートナーがいない不安を隠し切れないでいる。

 このように、彼らは「仕事」と「家庭」ともにうまくいかなくなっていた。しかも、その不安を「仕事」や「家庭」以外――不倫やお酒、他人の面倒をみるなどして解消しようとした。そうすることで、「今までの自分とは違う自分」になろうとしたのである。もちろん、これでは上手くいくはずなどない。自分の目の前にある「仕事」や「家庭」と向き合わない限り、この問題は解決できないからだ。

 さて、この物語の終わりに、彼らは改めてタイムカプセルを埋めることにする。そこには、目の前にある「仕事」や「家庭」に向き合う彼らの姿があった。逃げずに真正面から向き合うことで、未来に「夢」や「希望」が持てるようになったのだ。

 つまり、40歳という年齢はこれまで築き上げてきた人生と向き合わざるを得ない時期だといえる。そして、そのときに逃げずに真正面から向き合うことができれば、新たな「夢」や「希望」が描けるのだ。たとえ、トワイライト(人生の黄昏)を迎えたとしても。

 反対に、真正面から向き合わずに逃げたとしたら――。その後の人生は「逃げ続けるしかない人生」になるのだろう。つまり、40歳以降の人生がトワイライトになるかどうかは、「あなた次第」ということだ。

 関連記事

「存在意義がない人」など一人もいない/東野圭吾『ラプラスの魔女』

 人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。 (オー・ヘンリー)  たしかに、「価値」を生み出すことは大切だ。私たちが仕事をするのも「価値を生み出 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …