webstation plus

twilight_01

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。

 たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていくのみ――という意味が含まれている。

 ドイツの哲学者であるショーペン・ハウエルは、「人生はその生涯の40年間で本文を著述し、これに続く30年間において、前述についての注釈を付加する」と言った。すなわち、40歳までの人生が本文であり、それ以降の人生はこれまでの注釈(補足)であるというのだ。

 つまり、40歳という年齢は「人生の折り返し地点」であると同時に、これまでの生き方が色濃くあらわれる年齢だといえる。

 小説『トワイライト』は、数ヵ月後に40歳を迎える男女の物語。彼らは小学校の同級生で、校庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こすために26年ぶりに再会する。しかし――。小学生の頃に思い描いていたような劇的な再会にはならなかった。なぜなら、彼らのほとんどが自分の近況や生活状況について自信をもって語ることができなかったからだ。

 のび太と呼ばれていた克也は、かつては「天才少年」とあだ名されるほど勉強が得意で、小学生の頃は科学者を目指していたが、今では平凡なソフトウェア会社でリストラに怯える毎日を過ごしている。

 ジャイアンと呼ばれていた徹夫は、クラスのアイドル的存在だった真里子と結婚したが、根気がなく転職を繰り返し、今では悪徳商法で有名な不動産会社の営業をしている。真理子とも、二人の娘とも上手くいっていない。

 クラスで一番の出世頭だった淳子は、予備校の人気講師としてメディアにも取り上げられていたが、今では落ち目を迎え、かつての人気はどこにもない。信頼できるパートナーもおらず、働く意味を見失いつつある。

 もちろん、そんな彼らが久しぶりに再会しても盛り上がるはずなどない。さらに、追い討ちをかけるような手紙がタイムカプセルから見つかる。当時40歳だった担任の白石先生からの手紙だ。そこには、当時不倫をしていた白石先生の状況と心境が切々と綴られていた。そして――。

 「皆さんの40歳はどうですか?あなたたちは、今幸せですか?」という疑問が投げかけらる。彼らはこの問いに心を乱した。誰一人「自分は幸せだ」と胸を張って答えられなかったからだ。では、なぜ、彼らは幸せではなかったのだろうか。

 結論からいえば、「夢」や「希望」を失ったからだ。「仕事」と「家族」という現実に追い込まれ、それらを見失ってしまったのだ。

 克也は、今の会社からリストラされようとしていたが、そのことを家族に言えずにいた。仕事を失った自分には価値が無い、妻や子どもたちと仲良く暮らしていけるはずなどない――そう信じていたからだ。

 徹夫は、一発逆転を夢見て転職をくりかえしていた。しかし、転職すればするほど不安定になり、モチベーションもあがらず、現在はメディアからもバッシングされる悪徳不動産で強引な営業をしている。そんな徹夫に真里子も娘も愛想を尽かしている。

 淳子は、何度かあった結婚のチャンスを自ら拒絶してまで仕事に専念してきた。そのおかげで、予備校の人気講師としてメディアに取り上げられた時期もあったが、今では人気はガタ落ち。手元に残ったのは「高層マンションに住む」という一見優雅な暮らしだけ。パートナーがいない不安を隠し切れないでいる。

 このように、彼らは「仕事」と「家庭」ともにうまくいかなくなっていた。しかも、その不安を「仕事」や「家庭」以外――不倫やお酒、他人の面倒をみるなどして解消しようとした。そうすることで、「今までの自分とは違う自分」になろうとしたのである。もちろん、これでは上手くいくはずなどない。自分の目の前にある「仕事」や「家庭」と向き合わない限り、この問題は解決できないからだ。

 さて、この物語の終わりに、彼らは改めてタイムカプセルを埋めることにする。そこには、目の前にある「仕事」や「家庭」に向き合う彼らの姿があった。逃げずに真正面から向き合うことで、未来に「夢」や「希望」が持てるようになったのだ。

 つまり、40歳という年齢はこれまで築き上げてきた人生と向き合わざるを得ない時期だといえる。そして、そのときに逃げずに真正面から向き合うことができれば、新たな「夢」や「希望」が描けるのだ。たとえ、トワイライト(人生の黄昏)を迎えたとしても。

 反対に、真正面から向き合わずに逃げたとしたら――。その後の人生は「逃げ続けるしかない人生」になるのだろう。つまり、40歳以降の人生がトワイライトになるかどうかは、「あなた次第」ということだ。

 関連記事

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

『PK』は「勇気は未来に伝染する」がテーマの小説

(※『PK』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『PK』。三編の中編から構成されており、『勇気は未来に伝染する』がテーマの物語です。読み進めていくうちに勇気が湧いてくること間違いなし!?  今回は『PK』のあらすじと感想を …

【随時更新】面白くて泣ける漫画『ONE PIECE』のおすすめエピソードまとめ

 国内での累計発行部数が3億5000万部を突破している漫画『ONE PIECE』。これほど人気で、しかも面白い漫画は他にはありません。  今回はそんな『ONE PIECE』からおすすめの泣けるエピソードを厳選して紹介して …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

『首折り男のための協奏曲』は理不尽がテーマの短編小説

(※『首折り男のための協奏曲』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のための協奏曲』。様々なジャンルの7つの短編で構成されていますが、多くの物語に共通しているテーマが「理不尽」です。  本当に理不尽な出来事ってあり …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説集

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …