webstation plus

eyes_01

 世界中で経済格差が広がっています。

 たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人たちが大勢いますが、税金が足りないのでバスを走らせることができません。

 では、なぜ数年前から税金が足りなくなったのでしょうか。

 それは、お金を持っている人たちが「貧乏人のために税金を払いたくない!」といって独立したからです。金持ちしか住めない市を作ったんですね。ほんとスゴイ話です。しかも、この流れはアメリカ中に広がっていると言います。

 このような「自分さえよければいい」という人たちが増えていくと、経済格差は広がっていくばかり。この流れを食い止めるにはどうすればいいのでしょうか。百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』は、そのひとつの方法を教えてくれます。

 小説『フォルトゥナの瞳』のあらすじ

 物語の主人公は、木山信一郎というごく普通の青年。彼は幼い頃に両親と妹を亡くし、孤独な生活を送っていました。友人も恋人もできず、朝から晩まで仕事をしては夜眠るだけの毎日です。

 ところがある日、彼は特殊な能力を手にします。それは、他人の運命――「他人の死」が見える瞳でした。漫画『デスノート』で、死神と契約した弥海砂が、自分以外の人間の寿命がわかるのと似たような能力です。

 しかし、『デスノート』とは決定的に違うところがあります。それは、信一郎が人を殺すためではなく、人を救うためにこの能力を使おうとしたところ。寿命が尽きようとしている人たちを、死の淵から救い出そうとしたのです。

 ところが、この能力には意外な落とし穴がありました。他人を死から救うことで、自分の寿命が短くなってしまうのです。

 それでも、彼はこの能力を人のために使い続けました。そこに自分の存在価値を求めたのかもしれません。とにかく、そうやって人のために行動し続けたところ、彼は思いもよらぬ幸運を手にします。生まれて初めて彼女ができたのです。

 彼の生活は一変しました。これまでのような代わり映えのない毎日ではなく、一日一日が幸せで溢れています。信一郎は彼女との生活を大切にするためにも、能力を使わずにいようとしますが――。

 「数日後に大勢の人たちが命を落とす事故」が起きることがわかったのです。さらに、この事故を食い止めるには、自分の命を犠牲にするしかありません。

 彼は決断に迫られます。自分の幸せを優先し、大勢の命を犠牲にするべきか。それとも、自らの命を犠牲にして、大勢の命を救うべきか。

 まとめ

 物語の結末は本書に譲るとして、年々拡大していく経済格差を食い止めるには、信一郎のように「人のため」に行動できる人が一人でも増えていくしかありません。そういう社会を築かなければ、近い将来、大勢の人が貧困に苦しむことになるでしょう。

 というわけで、『フォルトゥナの瞳』は、人のために行動することの大切さを教えてくれる小説です。未読の方は、読まれてみてはどうでしょうか。

 関連記事

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』

 私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。しかし、今の私たちは、たとえ「臆病者」「卑怯者」と罵られても、お金を生み出し、有名になりさ …

タイトルに込められた真意とは?/山本兼一『利休にたずねよ』

 小説『利休にたずねよ』には、大きな謎が三つある。  ひとつは、「利休はなぜ美の頂点に君臨することができたのか」。当時、茶の湯には人を殺してでも手に入れたいほどの麗しさがあり、道具ばかりでなく、点前の所作にもそれほどの美 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

モテる女性に共通している特徴とは?/池井戸潤『不祥事』

 小説やドラマを観ていると、「本当に素敵な人だなぁ…」と心から惚れてしまう人に出会うことがあります。  たとえば、ドラマ『トリック』に出演されていた仲間由紀恵さん。本当にキレイな方なのに面白い。もちろん、ドラマの設定上「 …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …