webstation plus

eyes_01

 世界中で経済格差が広がっています。

 たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人たちが大勢いますが、税金が足りないのでバスを走らせることができません。

 では、なぜ数年前から税金が足りなくなったのでしょうか。

 それは、お金を持っている人たちが「貧乏人のために税金を払いたくない!」といって独立したからです。金持ちしか住めない市を作ったんですね。ほんとスゴイ話です。しかも、この流れはアメリカ中に広がっていると言います。

 このような「自分さえよければいい」という人たちが増えていくと、経済格差は広がっていくばかり。この流れを食い止めるにはどうすればいいのでしょうか。百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』は、そのひとつの方法を教えてくれます。

 小説『フォルトゥナの瞳』のあらすじ

 物語の主人公は、木山信一郎というごく普通の青年。彼は幼い頃に両親と妹を亡くし、孤独な生活を送っていました。友人も恋人もできず、朝から晩まで仕事をしては夜眠るだけの毎日です。

 ところがある日、彼は特殊な能力を手にします。それは、他人の運命――「他人の死」が見える瞳でした。漫画『デスノート』で、死神と契約した弥海砂が、自分以外の人間の寿命がわかるのと似たような能力です。

 しかし、『デスノート』とは決定的に違うところがあります。それは、信一郎が人を殺すためではなく、人を救うためにこの能力を使おうとしたところ。寿命が尽きようとしている人たちを、死の淵から救い出そうとしたのです。

 ところが、この能力には意外な落とし穴がありました。他人を死から救うことで、自分の寿命が短くなってしまうのです。

 それでも、彼はこの能力を人のために使い続けました。そこに自分の存在価値を求めたのかもしれません。とにかく、そうやって人のために行動し続けたところ、彼は思いもよらぬ幸運を手にします。生まれて初めて彼女ができたのです。

 彼の生活は一変しました。これまでのような代わり映えのない毎日ではなく、一日一日が幸せで溢れています。信一郎は彼女との生活を大切にするためにも、能力を使わずにいようとしますが――。

 「数日後に大勢の人たちが命を落とす事故」が起きることがわかったのです。さらに、この事故を食い止めるには、自分の命を犠牲にするしかありません。

 彼は決断に迫られます。自分の幸せを優先し、大勢の命を犠牲にするべきか。それとも、自らの命を犠牲にして、大勢の命を救うべきか。

 まとめ

 物語の結末は本書に譲るとして、年々拡大していく経済格差を食い止めるには、信一郎のように「人のため」に行動できる人が一人でも増えていくしかありません。そういう社会を築かなければ、近い将来、大勢の人が貧困に苦しむことになるでしょう。

 というわけで、『フォルトゥナの瞳』は、人のために行動することの大切さを教えてくれる小説です。未読の方は、読まれてみてはどうでしょうか。

 関連記事

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …

ヒーローと偽善者は紙一重/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』

 私たちが住む世界には「理不尽」があふれている。たとえば、リストラがそう。どれだけ会社のために尽くして働いてきたとしても、対象に選ばれた社員は、結局、退職するしかない。何をどう訴えてもだ。もし仮に必死になって訴えた結果、 …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

「退屈」こそが人生を切り開く/冲方丁『天地明察』

 好きでもない仕事に「のめり込む」のはリスクが高い。なぜなら、自分のミッションに気付く前に、目の前にある仕事に満足してしまう可能性があるからだ。もし、目の前にある仕事がどうしても好きになれないのなら――その仕事に打ち込む …

就活も恋愛も選ばれなければ始まらない/水野敬也『大金星』

 「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」という人たちが増えている。かつて日本が誇っていた「終身雇用制度」が終わりを迎え、いまや有名企業に就職したからといって一生安泰とはいえなくなったからだ。実際、シャープや東 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

自分を客観的に見ることの大切さを教えてくれる漫画『デスノート』

 自分を客観的に評価できていますか?  ある有名な実験によると、多くの人が自分を客観的に評価できていないことがわかっています。その実験とは、「あなたはクルマの運転が他人よりも上手いと思いますか?」という質問に対して、約8 …