webstation plus

eyes_01

 世界中で経済格差が広がっています。

 たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人たちが大勢いますが、税金が足りないのでバスを走らせることができません。

 では、なぜ数年前から税金が足りなくなったのでしょうか。

 それは、お金を持っている人たちが「貧乏人のために税金を払いたくない!」といって独立したからです。金持ちしか住めない市を作ったんですね。ほんとスゴイ話です。しかも、この流れはアメリカ中に広がっていると言います。

 このような「自分さえよければいい」という人たちが増えていくと、経済格差は広がっていくばかり。この流れを食い止めるにはどうすればいいのでしょうか。百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』は、そのひとつの方法を教えてくれます。

 小説『フォルトゥナの瞳』のあらすじ

 物語の主人公は、木山信一郎というごく普通の青年。彼は幼い頃に両親と妹を亡くし、孤独な生活を送っていました。友人も恋人もできず、朝から晩まで仕事をしては夜眠るだけの毎日です。

 ところがある日、彼は特殊な能力を手にします。それは、他人の運命――「他人の死」が見える瞳でした。漫画『デスノート』で、死神と契約した弥海砂が、自分以外の人間の寿命がわかるのと似たような能力です。

 しかし、『デスノート』とは決定的に違うところがあります。それは、信一郎が人を殺すためではなく、人を救うためにこの能力を使おうとしたところ。寿命が尽きようとしている人たちを、死の淵から救い出そうとしたのです。

 ところが、この能力には意外な落とし穴がありました。他人を死から救うことで、自分の寿命が短くなってしまうのです。

 それでも、彼はこの能力を人のために使い続けました。そこに自分の存在価値を求めたのかもしれません。とにかく、そうやって人のために行動し続けたところ、彼は思いもよらぬ幸運を手にします。生まれて初めて彼女ができたのです。

 彼の生活は一変しました。これまでのような代わり映えのない毎日ではなく、一日一日が幸せで溢れています。信一郎は彼女との生活を大切にするためにも、能力を使わずにいようとしますが――。

 「数日後に大勢の人たちが命を落とす事故」が起きることがわかったのです。さらに、この事故を食い止めるには、自分の命を犠牲にするしかありません。

 彼は決断に迫られます。自分の幸せを優先し、大勢の命を犠牲にするべきか。それとも、自らの命を犠牲にして、大勢の命を救うべきか。

 まとめ

 物語の結末は本書に譲るとして、年々拡大していく経済格差を食い止めるには、信一郎のように「人のため」に行動できる人が一人でも増えていくしかありません。そういう社会を築かなければ、近い将来、大勢の人が貧困に苦しむことになるでしょう。

 というわけで、『フォルトゥナの瞳』は、人のために行動することの大切さを教えてくれる小説です。未読の方は、読まれてみてはどうでしょうか。

 関連記事

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの怖さを軽快なタッチで描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。タイトルの気軽さとは裏腹にかなりダークな物語です。テーマも「魔女狩りが現代で再現したら?」なので重いのですが、登場人物たちの軽快 …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

ほんの少し浮気に寛容になれる小説/『バイバイブラックバード』

 浮気をしている芸能人の報道をよく見かけるようになりました。ベッキーや乙武さん、矢口真里さんなどなど。  彼らは浮気の報道をされたあとも、何事もなかったかのようにテレビに出演されていますよね。ほんとスゴイです。私なら恥ず …

40歳以降の人生を輝かせる方法/重松清『トワイライト』

 40歳という年齢は、「人生の節目」なのかもしれない。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言った。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると衰えていく …

2017年11月に出会った読みたい本まとめ

 読書好きの私は、新聞や雑誌に紹介されていた本や本屋さんで直接手に取った気になる本をメモとして残しています。それを参考に、次に読む本を決めているんですね。  しかし、メモをしたまま読まない本があまりにも多くなってきたので …

『フィッシュストーリー』は異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。  黒澤フ …