webstation plus

 自分さえ良ければいいと思っていませんか?

 自分だけ幸せになれれば、他人は不幸になっても構わない…。そんなふうに考えて生きている人も多いでしょう。

 しかし、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』を読めば少しは考えが変わるかもしれません。人のために生きるのも悪くないと思えるかもしれませんよ。

 冴えない主人公が特殊能力を手に入れる物語

 物語の主人公は、木山信一郎というごく普通の青年。

 彼は幼い頃に両親と妹を亡くし、孤独な生活を送っていました。友人も恋人もできず、朝から晩まで仕事をしては夜眠るだけの毎日です。

 ところがある日、彼は特殊能力を手に入れます。それは「他人の死」が見える瞳でした。漫画『デスノート』で、死神と契約した弥海砂が、自分以外の人間の寿命が見えるのと似たような能力です。

 しかし、『デスノート』とは決定的に違うところがありました。それは、信一郎が人を殺すためではなく、人を救うためにこの能力を使うところです。

 寿命が尽きようとしている人たちを、死の淵から救い出そうとするんですよね。

 ところが、この能力には意外な落とし穴がありました。他人を救えば、その代わりに自分の寿命が短くなってしまうのです。

 それでも、彼はこの能力を人のために使い続けました。その結果…。

 人のために行動すれば思いもよらぬ幸運が手に入る

 信一郎は思いもよらぬ幸運を手にします。生まれて初めて彼女ができたのです。

 彼の生活は一変しました。これまでのような代わり映えのない毎日ではなく、一日一日が幸せで溢れています。

 そこで、信一郎は自分のためにも、彼女との生活を大切にするためにも、能力を使わないことに決めました。しかし…。

 「数日後に大勢の人たちが命を落とす事故」が起きることがわかります。さらに、この事故を食い止めるには、自分の命を犠牲にするしかありません。

 彼は決断を迫られました。自分の幸せを優先し、大勢の命を犠牲にするべきか、それとも、自らの命を犠牲にして、大勢の命を救うべきか。

 この結末は本書に譲るとして…。

 「自分さえ良ければいい」では世界は悪くなっていく

 自分さえ良ければいいという人たちで溢れると、世界は悪くなるばかりです。

 実際、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。

 スーパーや会社は20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したい人は大勢いますが、税金が足りないのでバスを走らせることができません。

 では、なぜ数年前から税金が足りなくなったかと言うと、金持ちが「貧乏人のために税金を払いたくない!」といって金持ちしか住めない市を作って独立したからです。

 驚くような話ですが、この流れはアメリカ中に広がっていると言われています。

 しかし、このような人たちが増えれば、経済格差は広がっていき、世界は悪くなる一方ですよね。

 そんな人たちにこそ読んで欲しい本が、百田尚樹さんの小説『フォルトゥナの瞳』。読めば、自分さえ良けばいいと思っている人も、少しは他人のために生きようと思えるかもしれません。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

原田マハ『本日は、お日柄もよく』は言葉の力を信じたくなる物語

 言葉には世界を変える力があります。  たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが民主党の候補者に選ばれたのは、言葉の力を使ったからでした。  当時、次の大統領候補として最も呼び声が高かったのは、 …

何度も挫折しそうになった小説/湊かなえ『未来』感想

(※『未来』表紙より)  湊かなえさんの小説『未来』。 『告白』から10年。湊ワールドの集大成!  と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。  今回はその理由について書いてみたいと思 …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …