webstation plus

(※『眠りの森』表紙より)


 人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。

 収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。

 そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。生きる意味が明確だからです。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちもそのひとり。バレエに人生を捧げる登場人物たちの姿に胸が熱くなる物語です。

 しかし、じっくり考えてみると、好きなことに人生を捧げる生き方は本当に幸せなんでしょうか。リスクが高いと思いませんか。

 そこで今回は『眠りの森』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、「好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?」を考えてみたいと思います。

 『眠りの森』のあらすじ

 高柳バレエ団の事務所で男性が殺されます。ダンサーの葉子が不法侵入してきたその男性と鉢合わせになり、驚いて殺してしまったのです。

 バレエ団は葉子の正当防衛を主張しますが、男性が不法侵入した理由がわかりません。金目当ての侵入とは思えず、高柳バレエ団との関係も見つからなかったからです。

 そんななか、第二の殺人事件が起こります。リハーサル中に演出家の梶田が殺されたのです。犯人はバレエ団の誰か!?

 加賀恭一郎が犯人に迫ります。

 『眠りの森』のおすすめポイント

1. 散りばめられた伏線とその回収が気持ちいい物語

 『眠りの森』では次々と謎が浮かび上がってきます。たとえば、

なぜ、風間は高柳バレエ団に不法侵入したのか。
なぜ、演出家の梶田が殺されたのか。
なぜ、未緒は貧血を起こすようになったのか。

 などなど。物語が終盤に向かうにつれてこれらの伏線が回収されていくのが、読んでいて気持ちいいんですよね。

 少し入り組んだ構成ですが、最後にスッキリできる物語です。

2. 加賀恭一郎の恋の行方が気になる

 前作『卒業』で沙都子にプロポーズをした加賀恭一郎。しかし、『眠りの森』では彼女との関係は終わっていました。

 今回、彼が恋した女性はバレエダンサーの未緒。少しずつ距離が縮まっていく彼らの姿に胸の高まりがとまりません。そして最後には――。

 彼らの恋の行方が気になる物語です。

3. バレエに全てを捧げる人たちの物語

 『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちは、人生の全てをバレエに捧げていました。

 結婚や恋愛ができなくても、過剰なダイエットをすることになっても、プライベートな時間がなくても、ダンサーとして舞台に立つために練習に励みます。

 そんな彼女たちの姿をみて、加賀恭一郎は

「うらやましいな」

 と口にしました。他の何かを犠牲にしてまでやりたいことは、そう簡単に見つからないからです。

 しかし、リスクも高まります。他のことをする余裕がないので、怪我をしてバレエが出来なくなったら「おしまい」です。

 それでもバレエにすべてを捧げる彼女たちの姿を見ていると――。リスクが高いと考えて行動しないよりも、今を精一杯生きた方が幸せではないか?と思えてきます。

 彼らの熱意に影響されて、今すぐ何かに挑戦したくなること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』。読めば、自分も何かに挑戦しようと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

適量を知ることが自分らしく生きる秘訣/柚木麻子『BUTTER』感想

 首都圏連続不審死事件をご存知ですか。多くの男性を虜にして多額の経済的援助を引き出すことに成功した女性・木嶋早苗さんが犯した殺人事件です。  しかし、彼女は若くもなく、美しくもなく、スリムな体型でもありませんでした。そん …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

他人の考えに縛られる必要はない/伊坂幸太郎『重力ピエロ』感想

 強姦魔に犯されて生まれてきた子・春が、遺伝子のつながりと家族との絆の間で揺れ動く物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『重力ピエロ』です。  とにかく暗い物語ですが、ラストですべてが救われたような気分になれるんですよね。その …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …