webstation plus

ballet_01

 好きなことをするには、ある程度の「犠牲」がつきまとう。収入が減ったり、プライベートな時間が確保できなかったり、あるいは結婚や恋愛ができなかったり。それでも、「どうしてもやりたい!」と思える何かがあるのは、とても幸せなことだと思う。

 小説『眠りの森』の舞台は、とあるバレエ団。ある日、高柳バレエ団の女性団員である斎藤葉瑠子が事務所に戻ると、そこに見ず知らずの男がいた。不法侵入だ。だから、葉瑠子は自分の身を守るために近くにあったトロフィーを振り回したのだが――運悪く男の頭にトロフィーが当たってしまう。

 そのため、バレエ団は正当防衛を主張したが、加賀恭一郎をはじめとする刑事たちの捜査が始まると、いくつかの不審点が浮かび上がってきた。そうした中、今度はバレエ団の敏腕演出家が毒殺される。「このバレエ団には何かある」そう思った加賀は内部犯の線で捜査を進めていったところ――バレエのために命を捧げている女性たちの姿が浮かび上がってきた。

 たとえば、女性団員である森井靖子は、敏腕演出家である梶田の目を引くために過剰なダイエットをしていた。断食同然のダイエットだ。もちろん、梶田が痩せることを強要したことは一度もない。しかし、森井にはわかっていたのだ。彼がどういう容姿を求めていたのかが。これは考えてみればとても危険なことである。何の指示もない以上、ダンサーたちはどこまで減量を続けるべきなのかわからないからだ。

 その結果――、栄養失調や生理不順、疲労回復力の低下、怪我が多くなるなどの副作用が発生していた。それでも、森井をはじめとするバレエ団員はダイエットをやめなかった。理想の体型を実現するために、文字どおりバレエに命を捧げていたのである。

 バレエ団の一員ですらそうなのだから、トッププリマになれば求められるものはさらに大きくなる。高柳バレエ団のプリマである高柳亜希子は、恋愛を禁止されていた。「女性ダンサーに男が出来るとロクなことがない」と、高柳バレエ団の経営者であり、亜希子の母でもある高柳静子が考えていたからだ。

 では、なぜ恋愛をするとロクなことがないのか。それは、稽古に身が入らなくなるだけでなく、結婚や妊娠といった問題が出てくるからだ。このどちらも、バレエには弊害になるものだと静子は考えていた。実際、静子自身もバレエにすべてを捧げてきた。だから、亜希子は静子の本当の子どもではなく養女なのである。

 そのため、最初の事件――斎藤葉瑠子が男性を正当防衛で殺してしまった事件でも、団員の身近にいる人たちこんな言葉をささやいていた。

「しかしまあ女の子の方に怪我がなくてよかったですよ。怪我さえなきゃ、また踊れるものねえ」
「そういうものかな」
「そういうものですよ。あの子たちは自分の身体を一番大切にしている。踊れなくなることを一番怖がっているんです。こういっちゃ何だけど、ダンサーは踊れなくなったら、生きてる意味がないものねえ」

 さて、あなたは彼女たちのように「すべてを捧げてまでやりたいこと」があるだろうか。そして、文字どおり命を捧げるような行動をとっているだろうか。

 たしかに、ひとつのことに全てを捧げるのはリスクがある。失敗したときにすべてを失ってしまうからだ。それでも、「どうしてもやりたい」と思える何かがあるのは幸せだと思う。なぜなら、私たちは何かを成し遂げるために生まれてきたからだ。小説『眠りの森』は、「何のために生きるのか」を私たちに問いかけているように思う。

 関連記事

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

ろくでもない男しか登場しない恋愛小説『恋のゴンドラ』

 この小説に登場する男性が一般的だとすると、多くの女性は男性に失望するのではないでしょうか。なぜなら、ろくでもない男しか登場しないからです。 女性の気持ちを察して行動するのでモテるが、隙あらば浮気しようとする男 女性の気 …

人間に与えられた「特権」を使わないなんて損!/百田尚樹『風の中のマリア』

 私たち人間には、他の生物にはない特権が与えられている。それは「目標がもてる」ということだ。  人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。 (アリストテレス …

過去の自分を受け入れたくなる小説/『コーヒーが冷めないうちに』

 「4回泣ける」と評判の『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。残念ながら、Amazonのカスタマーレビューに書かれている通りツッコミどころ満載の小説でしたが、設定が面白くて最後まで一気に読んでしまいました。  一見拙 …

宝くじに当選しても「幸せになれない人」とは/川村元気『億男』

 「宝くじで3億円が当たったら何がしたい?」――あなたは、この質問になんて答えるだろうか。もし、「世界一周旅行がしたい」「高級車が欲しい」「豪邸を建てたい」なんてごくありふれた答えしか浮かばないようなら、たとえ3億円を手 …

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/『終末のフール』感想

 「才能もないのに努力するのは時間のムダだ」とか、「新しいことを始めるよりも、今やっている何かを諦めることが大切だ」っていう人いますよね。実は、こういった言葉の背後には、「私たちはいつか死ぬ」という当たり前の事実が隠され …

日本人にとってもはや戦争は他人事なの?/月村了衛『土漠の花』

 私がまだ子どもだった頃。終戦記念日にテレビをつけると、ほとんどのチャネルで戦争番組が放送されていた。「アニメやお笑いがみたい」と思っても、その日は諦めるしかなかったほどだ。  ところが、今では戦争番組そのものが減ってい …

リーダーシップとは大人の甘さ/和田竜『のぼうの城』

 「リーダーシップ」と一言でいっても、いろいろなタイプがある。たとえば、織田信長。彼は自分に反抗する勢力を徹底的に打ち壊して、自分が理想とする社会を実現しようとした。いわゆる「破壊者」「革命児」タイプのリーダーシップを発 …