webstation plus

(※『眠りの森』表紙より)


 人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。

 収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。

 そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。生きる意味が明確だからです。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちもそのひとり。バレエに人生を捧げる登場人物たちの姿に胸が熱くなる物語です。

 しかし、じっくり考えてみると、好きなことに人生を捧げる生き方は本当に幸せなんでしょうか。リスクが高いと思いませんか。

 そこで今回は『眠りの森』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、「好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?」を考えてみたいと思います。

 『眠りの森』のあらすじ

 高柳バレエ団の事務所で男性が殺されます。ダンサーの葉子が不法侵入してきたその男性と鉢合わせになり、驚いて殺してしまったのです。

 バレエ団は葉子の正当防衛を主張しますが、男性が不法侵入した理由がわかりません。金目当ての侵入とは思えず、高柳バレエ団との関係も見つからなかったからです。

 そんななか、第二の殺人事件が起こります。リハーサル中に演出家の梶田が殺されたのです。犯人はバレエ団の誰か!?

 加賀恭一郎が犯人に迫ります。

 『眠りの森』のおすすめポイント

1. 散りばめられた伏線とその回収が気持ちいい物語

 『眠りの森』では次々と謎が浮かび上がってきます。たとえば、

なぜ、風間は高柳バレエ団に不法侵入したのか。
なぜ、演出家の梶田が殺されたのか。
なぜ、未緒は貧血を起こすようになったのか。

 などなど。物語が終盤に向かうにつれてこれらの伏線が回収されていくのが、読んでいて気持ちいいんですよね。

 少し入り組んだ構成ですが、最後にスッキリできる物語です。

2. 加賀恭一郎の恋の行方が気になる

 前作『卒業』で沙都子にプロポーズをした加賀恭一郎。しかし、『眠りの森』では彼女との関係は終わっていました。

 今回、彼が恋した女性はバレエダンサーの未緒。少しずつ距離が縮まっていく彼らの姿に胸の高まりがとまりません。そして最後には――。

 彼らの恋の行方が気になる物語です。

3. バレエに全てを捧げる人たちの物語

 『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちは、人生の全てをバレエに捧げていました。

 結婚や恋愛ができなくても、過剰なダイエットをすることになっても、プライベートな時間がなくても、ダンサーとして舞台に立つために練習に励みます。

 そんな彼女たちの姿をみて、加賀恭一郎は

「うらやましいな」

 と口にしました。他の何かを犠牲にしてまでやりたいことは、そう簡単に見つからないからです。

 しかし、リスクも高まります。他のことをする余裕がないので、怪我をしてバレエが出来なくなったら「おしまい」です。

 それでもバレエにすべてを捧げる彼女たちの姿を見ていると――。リスクが高いと考えて行動しないよりも、今を精一杯生きた方が幸せではないか?と思えてきます。

 彼らの熱意に影響されて、今すぐ何かに挑戦したくなること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』。読めば、自分も何かに挑戦しようと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

子どもに愛情を注ごうとする親ほど毒親になる!?/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

(※『毒母ですが、なにか』表紙より)  少し前に毒親という言葉が流行りましたよね。以前、このブログでも紹介しましたが、毒親に育てられると子どもは確実に不幸になります。  ところが、毒親と呼ばれる人たちは、実は子どもに愛情 …