webstation plus

(※『眠りの森』表紙より)


 人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。

 収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。

 そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。生きる意味が明確だからです。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』は、バレエに人生を捧げた人たちの物語。加賀恭一郎がバレエ団で起きた殺人事件の謎に迫ります。

 今回は『眠りの森』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『眠りの森』のあらすじ

 高柳バレエ団の事務所で男性が殺されます。ダンサーの葉子が不法侵入した男性と鉢合わせになり、驚いて殺してしまったのです。

 バレエ団は葉子の正当防衛を主張しますが、男性が不法侵入した理由がわかりません。金目当ての侵入とは思えず、高柳バレエ団との関係も見つからなかったからです。

 そんななか、第二の殺人事件が。リハーサル中に演出家の梶田が殺されたのです。犯人はバレエ団の誰か!?

 『眠りの森』のおすすめポイント

1. 散りばめられた伏線とその回収が気持ちいい

 『眠りの森』では次々と謎が浮かび上がってきます。

なぜ、風間は高柳バレエ団に不法侵入したのか。
なぜ、演出家の梶田が殺されたのか。
なぜ、未緒は貧血を起こすようになったのか。

 などなど。物語が終盤に向かうにつれて回収されていくのが、読んでいて気持ちいいんですよね。

 少し入り組んだ構成ですが、最後にスッキリする物語です。

2. 加賀恭一郎の恋の行方が気になる

 前作『卒業』で沙都子にプロポーズをした加賀恭一郎。しかし、『眠りの森』では彼女との関係は終わっていました。

 今回、彼が恋した女性はバレエダンサーの未緒。少しずつ距離が縮まっていく彼らの姿に胸の高まりがとまりません。そして最後には――。

 彼らの恋の行方が気になる物語です。

3. バレエに全てを捧げる人たちの物語

 『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちは、人生の全てをバレエに捧げていました。

 結婚や恋愛ができなくても、過剰なダイエットをすることになっても、プライベートな時間がなくても、ダンサーとして舞台に立つために練習に励みます。

 そんな彼女たちの姿をみて、加賀恭一郎は

「うらやましいな」

 と口にしました。他の何かを犠牲にしてまでやりたいことは、そう簡単に見つからないからです。

 しかし、リスクも高まります。他のことが何も出来なくなるので、怪我をしてバレエが出来なくなったら「おしまい」です。

 それでもバレエにすべてを捧げる彼女たちの姿を見ると――。今すぐ何かに挑戦したくなること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』。読めば、自分も何かに挑戦しようと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …

『農ガール、農ライフ』は厳しい現実に立ち向かう勇気をくれる小説

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。  「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてく …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

加賀恭一郎が初登場!?東野圭吾『卒業』はモラトリアムから抜け出したくなる小説

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリーが多数用意されています。きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

仕事に人生をかけてる?塩田武士『騙し絵の牙』は大泉洋をあてがきした小説

(※『騙し絵の牙』表紙より)  仕事に人生をかけてますか?  私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。  「成し遂げたいことがある」な …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …