webstation plus

 人生のすべてを捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。

 収入やプライベートな時間があまりなくても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。

 そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。とはいえ、その代償はあまりにも大きい…。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』を読んで、その代償の大きさに衝撃を受けました。

 バレエ団で繰り広げられる殺人事件

 物語は、高柳バレエ団の事務所で、ある男性が殺されるところから始まります。

 バレエダンサーの葉子が不法侵入した「その男性」と鉢合わせになり、驚いて殺してしまったのです。

 しかし、その男性が事務所に不法侵入する理由がわかりません。金目当ての犯行とは思えず、高柳バレエ団とのつながりも見つからなかったからです。

 そんななか、第二の殺人事件が起こります。リハーサル中に演出家の梶田が殺されたのです。

 状況からすると、犯人は高柳バレエ団の誰かです。刑事になった加賀恭一郎が事件の謎を解き明かすべく乗り込みますが…。

 バレエに全てを捧げるダンサーたちに衝撃を受ける

 バレエダンサーと接するようになって、加賀は衝撃を受けました。彼女たちは人生のすべてをバレエに捧げていたからです。

 結婚や恋愛ができなくても、過剰なダイエットをすることになっても、プライベートな時間がなくても、ダンサーとして舞台に立つために練習に励みます。

 そんな彼女たちの姿をみて、加賀恭一郎は

「うらやましいな」

 と口にしました。他の何かを犠牲にしてまでやりたいと思えることは、そう簡単に見つからないからです。

 だからこそ、加賀はバレエダンサーの未緒に恋をするのですが…。

 すべてを捧げた代償はあまりにも大きい

 彼女たちの生活はリスクと隣り合わせでした。バレエ以外のことをする余裕がないので、怪我をしてバレエが出来なくなったら「おしまい」です。

 殺人事件の背景には、そんなリスクが見え隠れしていました。

 それでもバレエにすべてを捧げる彼女たちの姿を見ていると、リスクを恐れて行動しないよりも、今を精一杯生きる方が幸せなのかも…と思えてくるんですよね。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』は、バレエダンサーたちの情熱に突き動かされて、今すぐ何かに挑戦したくなる物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

百田尚樹『影法師』感想/光と影はふたつでひとつ

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしよ …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …

重松清『トワイライト』感想/40歳からの人生を輝かせる方法

 40歳という年齢は、「人生の節目」だと言われていますよね。  たとえば、有名な心理学者であるユングは「40歳は人生の正午である」と言いました。人生を太陽の軌道にたとえるなら、40歳は正午(ピーク)であり、それを過ぎると …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』は出会いも別れもすべてが愛おしく思える物語

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仲のいい人たちとの関係をおざなりにしているように思います。いつでも会えると思っているからでしょうが、いつかは別れがやって来るんですよね。  別れは突然訪れる  伊坂 …