webstation plus

(※『眠りの森』表紙より)


 人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。

 収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。

 そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。生きる意味が明確だからです。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちもそのひとり。バレエに人生を捧げる登場人物たちの姿に胸が熱くなる物語です。

 しかし、じっくり考えてみると、好きなことに人生を捧げる生き方は本当に幸せなんでしょうか。リスクが高いと思いませんか。

 そこで今回は『眠りの森』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、「好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?」を考えてみたいと思います。

 『眠りの森』のあらすじ

 高柳バレエ団の事務所で男性が殺されます。ダンサーの葉子が不法侵入してきたその男性と鉢合わせになり、驚いて殺してしまったのです。

 バレエ団は葉子の正当防衛を主張しますが、男性が不法侵入した理由がわかりません。金目当ての侵入とは思えず、高柳バレエ団との関係も見つからなかったからです。

 そんななか、第二の殺人事件が起こります。リハーサル中に演出家の梶田が殺されたのです。犯人はバレエ団の誰か!?

 加賀恭一郎が犯人に迫ります。

 『眠りの森』のおすすめポイント

1. 散りばめられた伏線とその回収が気持ちいい物語

 『眠りの森』では次々と謎が浮かび上がってきます。たとえば、

なぜ、風間は高柳バレエ団に不法侵入したのか。
なぜ、演出家の梶田が殺されたのか。
なぜ、未緒は貧血を起こすようになったのか。

 などなど。物語が終盤に向かうにつれてこれらの伏線が回収されていくのが、読んでいて気持ちいいんですよね。

 少し入り組んだ構成ですが、最後にスッキリできる物語です。

2. 加賀恭一郎の恋の行方が気になる

 前作『卒業』で沙都子にプロポーズをした加賀恭一郎。しかし、『眠りの森』では彼女との関係は終わっていました。

 今回、彼が恋した女性はバレエダンサーの未緒。少しずつ距離が縮まっていく彼らの姿に胸の高まりがとまりません。そして最後には――。

 彼らの恋の行方が気になる物語です。

3. バレエに全てを捧げる人たちの物語

 『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちは、人生の全てをバレエに捧げていました。

 結婚や恋愛ができなくても、過剰なダイエットをすることになっても、プライベートな時間がなくても、ダンサーとして舞台に立つために練習に励みます。

 そんな彼女たちの姿をみて、加賀恭一郎は

「うらやましいな」

 と口にしました。他の何かを犠牲にしてまでやりたいことは、そう簡単に見つからないからです。

 しかし、リスクも高まります。他のことをする余裕がないので、怪我をしてバレエが出来なくなったら「おしまい」です。

 それでもバレエにすべてを捧げる彼女たちの姿を見ていると――。リスクが高いと考えて行動しないよりも、今を精一杯生きた方が幸せではないか?と思えてきます。

 彼らの熱意に影響されて、今すぐ何かに挑戦したくなること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』。読めば、自分も何かに挑戦しようと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

自分らしく生きるとは?柚木麻子『BUTTER』は首都圏連続不審死事件をテーマにした小説

(※『BUTTER』表紙より)  柚木麻子さんの小説『BUTTER』。  首都圏連続不審死事件をテーマに、なぜ木嶋早苗(作品内では梶井真奈子として登場)に多くの人たちが注目したのかを、その背景と共に描いた小説です。  読 …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

『小太郎の左腕』は出世の代償は高くつくことを教えてくれる小説

(※『小太郎の左腕』表紙より)  和田竜さんの小説『小太郎の左腕』。  山奥でひっそりと暮らす小太郎が、戸田家の名将・林半右衛門(はやし はんえもん)によって戦場に連れ出され、圧倒的な力を発揮する物語です。読めば、出世の …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …