webstation plus

(※『眠りの森』表紙より)


 人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。

 収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。

 そんな何かを持っている人って羨ましいですよね。生きる意味が明確だからです。

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちもそのひとり。バレエに人生を捧げる登場人物たちの姿に胸が熱くなる物語です。

 しかし、じっくり考えてみると、好きなことに人生を捧げる生き方は本当に幸せなんでしょうか。リスクが高いと思いませんか。

 そこで今回は『眠りの森』のあらすじとおすすめポイントを紹介しながら、「好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?」を考えてみたいと思います。

 『眠りの森』のあらすじ

 高柳バレエ団の事務所で男性が殺されます。ダンサーの葉子が不法侵入してきたその男性と鉢合わせになり、驚いて殺してしまったのです。

 バレエ団は葉子の正当防衛を主張しますが、男性が不法侵入した理由がわかりません。金目当ての侵入とは思えず、高柳バレエ団との関係も見つからなかったからです。

 そんななか、第二の殺人事件が起こります。リハーサル中に演出家の梶田が殺されたのです。犯人はバレエ団の誰か!?

 加賀恭一郎が犯人に迫ります。

 『眠りの森』のおすすめポイント

1. 散りばめられた伏線とその回収が気持ちいい物語

 『眠りの森』では次々と謎が浮かび上がってきます。たとえば、

なぜ、風間は高柳バレエ団に不法侵入したのか。
なぜ、演出家の梶田が殺されたのか。
なぜ、未緒は貧血を起こすようになったのか。

 などなど。物語が終盤に向かうにつれてこれらの伏線が回収されていくのが、読んでいて気持ちいいんですよね。

 少し入り組んだ構成ですが、最後にスッキリできる物語です。

2. 加賀恭一郎の恋の行方が気になる

 前作『卒業』で沙都子にプロポーズをした加賀恭一郎。しかし、『眠りの森』では彼女との関係は終わっていました。

 今回、彼が恋した女性はバレエダンサーの未緒。少しずつ距離が縮まっていく彼らの姿に胸の高まりがとまりません。そして最後には――。

 彼らの恋の行方が気になる物語です。

3. バレエに全てを捧げる人たちの物語

 『眠りの森』に登場するバレエダンサーたちは、人生の全てをバレエに捧げていました。

 結婚や恋愛ができなくても、過剰なダイエットをすることになっても、プライベートな時間がなくても、ダンサーとして舞台に立つために練習に励みます。

 そんな彼女たちの姿をみて、加賀恭一郎は

「うらやましいな」

 と口にしました。他の何かを犠牲にしてまでやりたいことは、そう簡単に見つからないからです。

 しかし、リスクも高まります。他のことをする余裕がないので、怪我をしてバレエが出来なくなったら「おしまい」です。

 それでもバレエにすべてを捧げる彼女たちの姿を見ていると――。リスクが高いと考えて行動しないよりも、今を精一杯生きた方が幸せではないか?と思えてきます。

 彼らの熱意に影響されて、今すぐ何かに挑戦したくなること間違いなし!?

 最後に

 東野圭吾さんの小説『眠りの森』。読めば、自分も何かに挑戦しようと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

本当の恋をしていますか?知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』は心揺さぶられる恋愛ミステリー小説

(※『崩れる脳を抱きしめて』表紙より)  知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』。  研修医の碓氷蒼馬(うすい そうま)が、脳に爆弾を抱える弓狩環(ゆがり たまき)と出会い、恋に落ち、そして彼女の死の謎に迫る恋愛ミ …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …