webstation plus

(※『禁断の魔術』表紙より)


 科学を何よりも信じていませんか。

 私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。

 しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わりました。あの湯川准教授が科学よりも大切なものがあることを教えてくれたからです。

 今回は、ガリレオシリーズ第8弾『禁断の魔術』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『禁断の魔術』のあらすじ

 光原町に最先端の科学技術を扱う研究所を集結させる計画が立ち上がりました。その名もスーパー・テクノポリス。

 元文部科学大臣の大賀代議士が計画を推進しますが、一部の地元住民からは批判の声が。

 そんなとき、反対運動をしていたフリーライターの長岡が殺害されます。彼が残したのは、壁に穴が空く動画と「若さって怖いな」というつぶやきでした。

 一体どんな意味が隠されているのか!?

 『禁断の魔術』のおすすめポイント

1. 複数の事件がひとつに繋がる!?

 長岡の殺害以外にも、倉庫の爆発やバイクの炎上、屋形船が燃え上がるといった事件が多発します。

 さらに、スイートルームで若い女性が卵管破裂によるショックで死亡。その後、しばらくしてから彼女の弟が行方不明になりました。

 一見、関係なさそうなこれらの事件がひとつに繋がっていくのが面白い物語です。

2. 科学よりも大切なものがあることを教えてくれる

 草薙と薫が事件の謎に迫りますが、今回の湯川准教授は捜査に非協力的でした。それは事件に愛弟子が関わっていたからです。

 といっても、彼は湯川が卒業した高校の後輩で、物理サークルで短期間かかわっただけ。しかし、彼の科学にかける情熱に促され、湯川も彼と真剣に向き合うようになりました。

 そんな彼が湯川と再会したとき、こんな質問をします。

科学を発展させた最大の原動力は人の死、すなわち戦争ではなかったのかと。

 それに対して湯川は、

もちろん科学技術には常にそういう側面がある。良いことだけに使われるわけではない。要は扱う人間の心次第。邪悪な人間の手にかかれば禁断の魔術となる。科学者は常にそのことを忘れてはならない。

 と答えます。しかし、湯川の気持ちを無視するかのように、彼は事件に関わっていきました。そこで湯川は捨て身の行動に!?

 驚きの結末が待っています。

3. これで湯川准教授ともお別れ!?

 事件が解決した後、湯川准教授はアメリカへと旅立ちました。これでガリレオシリーズも見納め!?

 もう一度湯川准教授に会いたくなる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』。愛弟子が犯した過ちの責任を取ろうとする湯川准教授に感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』

(※『グラスホッパー』表紙より)  ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされ …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

若だんなに勇気づけられる!?畠中恵『うそうそ』は他人を犠牲にしても利益を得ようとする人たちを描いた小説

(※『うそうそ』表紙より)  畠中恵さんの小説『うそうそ』。  しゃばけシリーズ第5弾の本作は、相変わらず病弱な若だんなが箱根で誘拐事件、天狗の襲撃、止まらない地震などの厄介ごとに巻き込まれる物語です。  読めば、若だん …

『ホワイトラビット』は何度も驚かされるミステリー小説

(※『ホワイトラビット』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』。  始めから終わりまで伊坂ワールド全開の物語です。読み始めれば、ページをめくる手が止まらなくなること間違いなし!?  今回は『ホワイトラビッ …