webstation plus

(※『禁断の魔術』表紙より)


 科学を何よりも信じていませんか。

 私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。

 しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わりました。あの湯川准教授が科学よりも大切なものがあることを教えてくれたからです。

 今回は、ガリレオシリーズ第8弾『禁断の魔術』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『禁断の魔術』のあらすじ

 光原町に最先端の科学技術を扱う研究所を集結させる計画が立ち上がりました。その名もスーパー・テクノポリス。

 元文部科学大臣の大賀代議士が計画を推進しますが、一部の地元住民からは批判の声が。

 そんなとき、反対運動をしていたフリーライターの長岡が殺害されます。彼が残したのは、壁に穴が空く動画と「若さって怖いな」というつぶやきでした。

 一体どんな意味が隠されているのか!?

 『禁断の魔術』のおすすめポイント

1. 複数の事件がひとつに繋がる!?

 長岡の殺害以外にも、倉庫の爆発やバイクの炎上、屋形船が燃え上がるといった事件が多発します。

 さらに、スイートルームで若い女性が卵管破裂によるショックで死亡。その後、しばらくしてから彼女の弟が行方不明になりました。

 一見、関係なさそうなこれらの事件がひとつに繋がっていくのが面白い物語です。

2. 科学よりも大切なものがあることを教えてくれる

 草薙と薫が事件の謎に迫りますが、今回の湯川准教授は捜査に非協力的でした。それは事件に愛弟子が関わっていたからです。

 といっても、彼は湯川が卒業した高校の後輩で、物理サークルで短期間かかわっただけ。しかし、彼の科学にかける情熱に促され、湯川も彼と真剣に向き合うようになりました。

 そんな彼が湯川と再会したとき、こんな質問をします。

科学を発展させた最大の原動力は人の死、すなわち戦争ではなかったのかと。

 それに対して湯川は、

もちろん科学技術には常にそういう側面がある。良いことだけに使われるわけではない。要は扱う人間の心次第。邪悪な人間の手にかかれば禁断の魔術となる。科学者は常にそのことを忘れてはならない。

 と答えます。しかし、湯川の気持ちを無視するかのように、彼は事件に関わっていきました。そこで湯川は捨て身の行動に!?

 驚きの結末が待っています。

3. これで湯川准教授ともお別れ!?

 事件が解決した後、湯川准教授はアメリカへと旅立ちました。これでガリレオシリーズも見納め!?

 もう一度湯川准教授に会いたくなる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』。愛弟子が犯した過ちの責任を取ろうとする湯川准教授に感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

人と対等に付き合ってる?伊坂幸太郎『チルドレン』は口達者な家裁調査官が奇跡を起こす物語

(※『チルドレン』表紙より)  人と対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。障害のある人たちを「可愛そう」という視点で見ていること …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

読書は優雅なもの!?東野圭吾『素敵な日本人』は意外性にあふれたミステリー小説

(※『素敵な日本人』表紙より)  短編はお好きですか。  私は小説に驚きや感動、励ましのようなものを求めているので、物語の世界観にどっぷり浸れて、イッキ読みできる長編を好んでいました。  今もその思いは変わりませんが、東 …

考えろ考えろマクガイバー、考えなきゃ騙されるぞ/伊坂幸太郎『魔王』感想

 最後まで読み切ってもストーリーがよくわからない小説。それが伊坂幸太郎さんの『魔王』。  登場人物のセリフを追いかけていくと、いろいろ考えさせられるんですけどね。  魔王って誰のこと?  タイトルにもなっている …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

盗人にもモラルがあった!?池波正太郎『鬼平犯科帳(1)』は正義と悪がごちゃ混ぜになった小説

(※『決定版 鬼平犯科帳(1)』表紙より)  池波正太郎さんの小説『鬼平犯科帳(1)』。  大きくみると鬼平が悪者を退治するという構成の物語ですが、盗人にもモラルがある者やそうでない者がおり、盗人同士でも闘いを繰り広げる …

犯人は誰!?米澤穂信『愚者のエンドロール』は探偵がいないミステリー小説

(※『愚者のエンドロール』表紙より)  米澤穂信さんの小説『愚者のエンドロール』。  前作『氷菓』に続く古典部シリーズ第2弾の本作は、2年F組の先輩たちが自主制作したミステリー映画の謎に迫る物語です。読めば驚きの結末が! …