webstation plus

(※『禁断の魔術』表紙より)


 科学を何よりも信じていませんか。

 私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。

 しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わりました。あの湯川准教授が科学よりも大切なものがあることを教えてくれたからです。

 今回は、ガリレオシリーズ第8弾『禁断の魔術』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『禁断の魔術』のあらすじ

 光原町に最先端の科学技術を扱う研究所を集結させる計画が立ち上がりました。その名もスーパー・テクノポリス。

 元文部科学大臣の大賀代議士が計画を推進しますが、一部の地元住民からは批判の声が。

 そんなとき、反対運動をしていたフリーライターの長岡が殺害されます。彼が残したのは、壁に穴が空く動画と「若さって怖いな」というつぶやきでした。

 一体どんな意味が隠されているのか!?

 『禁断の魔術』のおすすめポイント

1. 複数の事件がひとつに繋がる!?

 長岡の殺害以外にも、倉庫の爆発やバイクの炎上、屋形船が燃え上がるといった事件が多発します。

 さらに、スイートルームで若い女性が卵管破裂によるショックで死亡。その後、しばらくしてから彼女の弟が行方不明になりました。

 一見、関係なさそうなこれらの事件がひとつに繋がっていくのが面白い物語です。

2. 科学よりも大切なものがあることを教えてくれる

 草薙と薫が事件の謎に迫りますが、今回の湯川准教授は捜査に非協力的でした。それは事件に愛弟子が関わっていたからです。

 といっても、彼は湯川が卒業した高校の後輩で、物理サークルで短期間かかわっただけ。しかし、彼の科学にかける情熱に促され、湯川も彼と真剣に向き合うようになりました。

 そんな彼が湯川と再会したとき、こんな質問をします。

科学を発展させた最大の原動力は人の死、すなわち戦争ではなかったのかと。

 それに対して湯川は、

もちろん科学技術には常にそういう側面がある。良いことだけに使われるわけではない。要は扱う人間の心次第。邪悪な人間の手にかかれば禁断の魔術となる。科学者は常にそのことを忘れてはならない。

 と答えます。しかし、湯川の気持ちを無視するかのように、彼は事件に関わっていきました。そこで湯川は捨て身の行動に!?

 驚きの結末が待っています。

3. これで湯川准教授ともお別れ!?

 事件が解決した後、湯川准教授はアメリカへと旅立ちました。これでガリレオシリーズも見納め!?

 もう一度湯川准教授に会いたくなる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』。愛弟子が犯した過ちの責任を取ろうとする湯川准教授に感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

『バレエなんて、きらい』は他人にあわせて生きるのはやめようと思える物語

 他人にあわせて生きていませんか?  私も昔は他人にあわせて生きていましたが、そうすることがとてもシンドイことだと気づいたので、自分らしく生きるようになりました。  それから生きるのが楽になったんですよね。  『バレエな …

村山早紀『百貨の魔法』は童話が好きな方におすすめの物語

 童話はお好きですか?  私はどちらかと言えば、物語にスリルとサスペンスを求めるので、あまり好きではありませんが、村山早紀さんの小説『百貨の魔法』は、大人向けの童話を読んでいるような物語でした。  日常にほんの少しの魔法 …

東野圭吾『卒業』感想/モラトリアムから抜け出せていますか?

 モラトリアムから抜け出せていますか?  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいい …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説/伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

 恋愛小説はお好きですか。  私はどちらかと言えば苦手なのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみました。  結果、心配していたのがバカらしくなるくらい面白かったです。恋愛小説とは思えないストーリー構成だっ …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

川端康成『舞姫』は時代の変化についていけなかったバレリーナの物語

 時代の変化についていけてますか?  私は出来るだけ時代の変化についていこうと、最新の本を読んだり、新しい仕事に挑戦したりしていますが、時代の変化についていけないと悲しい結末を迎えることになりかねません。  川端康成さん …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的で論理的な推理が楽しめるミステリー小説

 科学的で論理的な物語はお好きですか?  私は技術者として働いているので、毎日のように科学的で論理的な会話を繰り広げていますが、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』は、そんな私でも「すごい!」「面白い!」と思えるトリックが …