webstation plus

(※『禁断の魔術』表紙より)


 科学を何よりも信じていませんか。

 私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。

 しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わりました。あの湯川准教授が科学よりも大切なものがあることを教えてくれたからです。

 今回は、ガリレオシリーズ第8弾『禁断の魔術』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『禁断の魔術』のあらすじ

 光原町に最先端の科学技術を扱う研究所を集結させる計画が立ち上がります。その名もスーパー・テクノポリス。

 元文部科学大臣の大賀代議士が計画を推進しますが、一部の地元住民からは批判の声が。

 そんなとき、反対運動をしていたフリーライターの長岡が殺害されます。彼が残したのは、壁に穴が空く動画と「若さって怖いな」というつぶやきでした。

 一体どんな意味が隠されているのか!?

 『禁断の魔術』のおすすめポイント

1. 複数の事件がひとつに繋がる!?

 長岡の殺害以外にも、倉庫の爆発やバイクの炎上、屋形船が燃え上がるといった事件が多発します。

 さらに、スイートルームで若い女性が卵管破裂によるショックで死亡。その後、しばらくしてから彼女の弟が行方不明になりました。

 一見、関係なさそうなこれらの事件がひとつに繋がっていく!?

2. 科学よりも大切なものとは?

 草薙と薫が事件の謎に迫りますが、今回の湯川准教授は捜査に非協力的でした。それは事件に愛弟子が関わっていたからです。

 といっても、彼は湯川が卒業した高校の後輩で、物理サークルで短期間かかわっただけ。しかし、彼の科学にかける情熱に促され、湯川も彼と真剣に向き合うようになりました。

 そんな彼が湯川と再会したとき、こんな質問をします。

科学を発展させた最大の原動力は人の死、すなわち戦争ではなかったのかと。

 それに対して湯川は、

もちろん科学技術には常にそういう側面がある。良いことだけに使われるわけではない。要は扱う人間の心次第。邪悪な人間の手にかかれば禁断の魔術となる。科学者は常にそのことを忘れてはならない。

 と答えます。しかし、湯川の気持ちを無視するかのように、彼は事件に関わっていきました。そこで湯川は捨て身の行動に!?

 驚きの結末が待っています。

3. これで湯川准教授ともお別れ!?

 事件が解決した後、湯川准教授はアメリカへと旅立ちました。これでガリレオシリーズも見納め!?

 もう一度湯川准教授に会いたくなる物語です。

 最後に

 東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』。愛弟子が犯した過ちの責任を取ろうとする湯川准教授に感動すること間違いなし!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 こちらのエントリでも紹介しています。

 関連記事

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』はこれまでの伊坂作品とはひと味違う短編小説

(※『ジャイロスコープ』表紙より)  伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。読了後には必ずスッキリ感が味わえます。  しかし、『ジ …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  玻璃ヶ浦(はりがうら)に仕事で出かけた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!?   …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

誰もが宗教に関わっている!?今村夏子『星の子』は新興宗教にハマった家族を描いた小説

(※『星の子』表紙より)  宗教は自分には関係のないものだと思っていませんか。  私は思っていました。洗脳された人が、怪しいものを買ったり、変な行動を取ったりするものだと思っていました。  しかし、今村夏子さんの小説『星 …

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリーが多数用意されています。きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『 …

加賀恭一郎が恋!?東野圭吾『眠りの森』はバレエに人生を捧げた人たちの物語

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

泣けて笑える物語!?ビートたけし『アナログ』は母への愛情を綴った恋愛小説

(※『アナログ』表紙より)  ビートたけしさんの小説『アナログ』。  メールやLINE、SNSなどで、いつでも繋がっていられる時代に、あえて連絡先を交換せずにアナログな関係でいる男女の物語です。読めば、母親への愛情に涙す …