webstation plus

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。

 実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。

 『死神の精度』と『終末のフール』のアプローチの違い

 『死神の精度』は突然死が訪れますが、『終末のフール』は八年後に死ぬとわかっているところです。小惑星が地球に衝突して、滅亡するという設定なんですよね。

 これは大きな違いですよね。突然死が訪れると何も準備できませんが、八年後に死ぬとわかっていれば、少なくともその八年間は自分の生き方を見直せます。

 ところが、多くの人はどうせ死ぬならとヤケを起こして、ケンカをしたり、レイプしたり、殺人を犯したりします。生きていく希望が持てなくなったからです。

 しかし、その中でも自分を変えようとしている人たちがいました。

 死ぬ気で行動すれば人生は変えられる

 妻と息子をバカにしてきた男は、娘から縁を切られ、久しぶりに再会したにも関わらず、相変わらずな自分に「このままではダメだ」と悟り、

 番組を盛り上げるために他人の不幸を面白く取り上げていたアナウンサーは、その行為が他人を不幸にしてきたことに気づき、

 両親を亡くし、部屋に籠もりっきりで読書をしていた女性は、彼氏を探しに街に出かけます。

 勝ち組として偉そうに振舞っていた男は、妻を亡くして始めてバカにしてきた男の方が楽しく生きていたことを知り、

 本当の家族を亡くした女性は、他人とも家族のように付き合えることに気づきます。

 このように死が迫ってくることで、ようやくこれまでとは違う生き方をしてみようと思うんですよね。

 どれも文字にすれば簡単に変えられそうなことばかりですが、実際には恐怖が伴い行動が起こせません。

 しかし、「死」というそれ以上の恐怖に迫られると、変わることがそれほど大したことのないように思えてきます。

 だからこそ、彼らは行動することに決めるのですが、そんな彼らの姿を見ていると…。

 手遅れになる前に今すぐ行動を起こそう

 と思います。実は、やろうと思えばどれも今すぐ出来ることばかり。躊躇していては勿体ないですよね。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

 と言える生き方をしていきたいですね。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』。

 今の生き方で大丈夫かなと不安になったとき、今すぐ行動を起こすキッカケを与えてくれる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

ちょっと切ない物語!?米澤穂信『氷菓』は高校が舞台の青春ミステリー小説

(※『氷菓』表紙より)  米澤穂信さんの小説『氷菓』。  高校に入学したばかりの4人が古典部に入部し、日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリー小説です。読めば、少し切ない気持ちになること間違いなし!?  今回は『氷 …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

本城雅人『崩壊の森』/ソ連という国についてどれだけ知っていますか?

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

森見登美彦『熱帯』感想/小説には魔法をかける力がある

 小説を読んでいますか?  私は社会人になってから小説を読むようになりましたが、今ではカバンの中に何冊も入れて持ち歩かないと不安になるほどハマっています。  では、なぜそれほどハマったのかというと、小説には魔法をかける力 …

あらすじでは伝えきれない魅力がある小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』感想

 小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せないのに、面白かったという印象が強く残る物語があ …

殺人にも意味を求めるのが人間らしさ/伊坂幸太郎『死神の精度』感想

 「生きている理由なんてもとからないんだ」と決めつけている死神と、生きる意味を追い求める人間たち。その対比を通して人間らしさとは何かを描いた小説が伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。  人はどんなことにでも意味を求めます …