webstation plus

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。

 実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。

 『死神の精度』と『終末のフール』のアプローチの違い

 『死神の精度』は突然死が訪れますが、『終末のフール』は八年後に死ぬとわかっているところです。小惑星が地球に衝突して、滅亡するという設定なんですよね。

 これは大きな違いですよね。突然死が訪れると何も準備できませんが、八年後に死ぬとわかっていれば、少なくともその八年間は自分の生き方を見直せます。

 ところが、多くの人はどうせ死ぬならとヤケを起こして、ケンカをしたり、レイプしたり、殺人を犯したりします。生きていく希望が持てなくなったからです。

 しかし、その中でも自分を変えようとしている人たちがいました。

 死ぬ気で行動すれば人生は変えられる

 妻と息子をバカにしてきた男は、娘から縁を切られ、久しぶりに再会したにも関わらず、相変わらずな自分に「このままではダメだ」と悟り、

 番組を盛り上げるために他人の不幸を面白く取り上げていたアナウンサーは、その行為が他人を不幸にしてきたことに気づき、

 両親を亡くし、部屋に籠もりっきりで読書をしていた女性は、彼氏を探しに街に出かけます。

 勝ち組として偉そうに振舞っていた男は、妻を亡くして始めてバカにしてきた男の方が楽しく生きていたことを知り、

 本当の家族を亡くした女性は、他人とも家族のように付き合えることに気づきます。

 このように死が迫ってくることで、ようやくこれまでとは違う生き方をしてみようと思うんですよね。

 どれも文字にすれば簡単に変えられそうなことばかりですが、実際には恐怖が伴い行動が起こせません。

 しかし、「死」というそれ以上の恐怖に迫られると、変わることがそれほど大したことのないように思えてきます。

 だからこそ、彼らは行動することに決めるのですが、そんな彼らの姿を見ていると…。

 手遅れになる前に今すぐ行動を起こそう

 と思います。実は、やろうと思えばどれも今すぐ出来ることばかり。躊躇していては勿体ないですよね。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

 と言える生き方をしていきたいですね。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』。

 今の生き方で大丈夫かなと不安になったとき、今すぐ行動を起こすキッカケを与えてくれる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

悪い奴らに対抗するにはどうすればいい?/伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想

 悪い奴らに対抗するにはどうすれば良いのでしょうか。もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  そんな特殊能力を持った双子が、極悪非道の人間と戦う姿を描いた小説が、伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』。内容的にはつらい話ばか …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

理不尽な目にあっても救いがあるかもと思える小説/伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』感想

 生きていると理不尽な出来事に遭遇することってありますよね。そんなとき、どうすることも出来なくて落ち込んでしまいがちですが、しばらく耐えれば救われるかもと思える物語があります。  それが伊坂幸太郎さんの小説『首折り男のた …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 ワクワクしていますか。  私は最近ワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなった …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …