webstation plus

 今の生き方でどれくらい生きるつもりですか?

 私は今の生き方を死ぬまでするつもりはありませんが、伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』を読んで、今すぐ後悔しないように行動を変えていこうと思うようになりました。

 数年後に死ぬことが明確になると、このままではダメなことに気づき、今すぐ行動を変えたくなるんですよね。

 家族をバカにすることでしか自分を保てない父親の物語

 では、あらすじから。

 物語の主人公は、家族や周りにいる人たちをバカにすることでしか自分を保てない父親。

 彼には妻の静江と息子の知也、そして娘の康子がいましたが、彼は知也を自殺に追い込んでいました。優秀な康子と比較しては知也をバカにしていたんですよね。

 しかし、康子は兄の知也にはスペシャルな才能があることを知っていました。他の誰にも思いつかないようなアイデアを思いつく才能があることを知っていたのです。

 ところが、父は知也が自殺してからも、亡くなった知也や妻の静江をバカにし続けます。何ひとつ変わらなかったんですよね。

 そこで康子は、父と絶縁して家を出て行ったのですが、母の静江から「父から話したいことがある」と聞かされ、十数年ぶりに実家に帰ることにしました。

 三年後に小惑星が衝突して地球が滅亡することがわかった今、康子は父が謝罪するために自分を呼んだのだと期待していましたが…。

 死ぬ気で行動すれば人生は変えられるかもと思える物語

 この続きは実際に本書を読んでもらうとして、伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』に登場する人たちは、死を目前にしてこれまでの生き方を変えていきます。

 先ほども紹介した妻と息子をバカにしてきた父は、娘から縁を切られ、久しぶりに再会したにも関わらず、相変わらずな自分に「このままではダメだ」ということに気づき、

 番組を盛り上げるために他人の不幸を面白おかしく取り上げていたアナウンサーは、その行為が他人を不幸にしてきたことを悟り、

 両親を亡くし、部屋に籠もりっきりで読書をしていた女性は、彼氏を探しに街に出かけます。

 勝ち組として偉そうに振舞っていた男は、妻を亡くして始めてバカにしてきた男の方が楽しく生きてきたことを知り、

 本当の家族を亡くした女性は、他人とも家族のように付き合えることに気づきました。

 このように彼らは死を直前にして、ようやく自分の生き方を見直すことができたんですよね。

 一方で、死を直前にしても、これまでの生き方を変えない人がいました。その人物とは…。

 手遅れになる前に今すぐ行動を起こそう

 プロのキックボクサーで、こんなことを言います。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

 彼はいつ死んでもいいと思える日々を過ごしてきたのです。そんな彼の姿をみていると、私も今すぐ後悔しない生き方に変えていこうと思えたんですよね。

 このように、伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』は、自分の生き方を見直すキッカケになる物語ですが、それだけでなく、驚いたり、笑ったり、泣いたりできる物語でもあるので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

お金を稼いで幸せになる方法

(※『億男』表紙より)  お金があれば幸せになれると思っていませんか。  しかし、どれだけお金があっても幸せになれるとは限りません。家庭が崩壊してしまった億万長者や牢屋に入ることになった成金たちのニュースを見ていると、ま …

東野圭吾『赤い指』は家族の問題から目をそらし続けると悲惨な末路が待っていることがわかる物語

 家族の問題に向き合っていますか?  私は真正面から向き合ってきたので、結婚してしばらくはツライ日々が続きましたが、その問題を乗り越えたおかげで、今では楽しい毎日を過ごしています。  しかし、東野圭吾さんの小説『赤い指』 …

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』は厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要だと思える物語

 哲学とユーモアを持って生きていますか?  私は自分なりの哲学を持って生きていますが、もっと深めていきたいと思って読書に励んでいます。ユーモアはお笑い好きなので少しは身についていると思うのですが…。  伊坂幸太郎さんの小 …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

伊坂幸太郎『あるキング』は才能が成功に直結していないことに気づける物語

 「もっと才能があれば…」と嘆いていませんか?  私は「もっと文才があれば…」と毎日のように嘆いていますが、伊坂幸太郎さんの小説『あるキング』を読んで、才能があるからといって成功が約束されているわけではないことに気づきま …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はあるのか?

 最近、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』の主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか!?と叫びたくなるほど、沈んだ気持ちになる物語です。  もち …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は今でも魔女狩りが続いていることに気づかせてくれる物語

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩りをご存じですか。  私は過去の出来事として知っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』を読んで、今でも魔女狩りが続いていることに気づきました。  いつか自分もその対 …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …