webstation plus

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。

 実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。

 『死神の精度』と『終末のフール』のアプローチの違い

 『死神の精度』は突然死が訪れますが、『終末のフール』は八年後に死ぬとわかっているところです。小惑星が地球に衝突して、滅亡するという設定なんですよね。

 これは大きな違いですよね。突然死が訪れると何も準備できませんが、八年後に死ぬとわかっていれば、少なくともその八年間は自分の生き方を見直せます。

 ところが、多くの人はどうせ死ぬならとヤケを起こして、ケンカをしたり、レイプしたり、殺人を犯したりします。生きていく希望が持てなくなったからです。

 しかし、その中でも自分を変えようとしている人たちがいました。

 死ぬ気で行動すれば人生は変えられる

 妻と息子をバカにしてきた男は、娘から縁を切られ、久しぶりに再会したにも関わらず、相変わらずな自分に「このままではダメだ」と悟り、

 番組を盛り上げるために他人の不幸を面白く取り上げていたアナウンサーは、その行為が他人を不幸にしてきたことに気づき、

 両親を亡くし、部屋に籠もりっきりで読書をしていた女性は、彼氏を探しに街に出かけます。

 勝ち組として偉そうに振舞っていた男は、妻を亡くして始めてバカにしてきた男の方が楽しく生きていたことを知り、

 本当の家族を亡くした女性は、他人とも家族のように付き合えることに気づきます。

 このように死が迫ってくることで、ようやくこれまでとは違う生き方をしてみようと思うんですよね。

 どれも文字にすれば簡単に変えられそうなことばかりですが、実際には恐怖が伴い行動が起こせません。

 しかし、「死」というそれ以上の恐怖に迫られると、変わることがそれほど大したことのないように思えてきます。

 だからこそ、彼らは行動することに決めるのですが、そんな彼らの姿を見ていると…。

 手遅れになる前に今すぐ行動を起こそう

 と思います。実は、やろうと思えばどれも今すぐ出来ることばかり。躊躇していては勿体ないですよね。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

 と言える生き方をしていきたいですね。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』。

 今の生き方で大丈夫かなと不安になったとき、今すぐ行動を起こすキッカケを与えてくれる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

有川浩『図書館内乱』/身近な人ほど人間関係は難しい

 人間関係って難しいですよね。  親子や兄弟、夫婦や親友など身近な人ほどお互いの意見を尊重する必要があります。そうしないと、すぐに破綻するからです。  それにも関わらず、身近な人ほど「こう考えているはずだ」と相手の気持ち …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』/大事なのは事実よりも捉え方

 嫌な出来事ってありますよね。しかし、その嫌な出来事も捉え方を変えれば、プラスになるとしたら…。  川口俊和さんの小説『コーヒーが冷めないうちに』を読めば、「捉え方ひとつで人生は大きく変わるかも!」と思えてきます。 &n …

結果よりもプロセスを大切に/伊坂幸太郎『残り全部バケーション』感想

 「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わらないのなら、飛びたいだろうが!」  そんなセリフを吐くドジなチンピラが主人公の小説が伊坂幸太郎さんの『残り全部バケーション』です。物語のすべてが語られないので、空白を埋めたくて …

水野敬也『大金星』感想/就活も恋愛も選ばれなければ始まらない

 数年前から「有名企業に就職しても安心できない時代に突入した」と言われるようになりました。かつて日本が誇っていた「年功序列」「終身雇用制度」が終わりを迎えたからです。  実際、東芝やNEC、ソニーといった大企業でさえリス …

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』は力には光と闇があることを教えてくれる物語

 力を適切に使っていますか?  私は仕事で与えられた力を適切に使おうとしていますが、少しでも誘惑に負けると多くの人に迷惑をかけることになります。  海堂尊さんの小説『チーム・バチスタの栄光』を読んで力を適切に使うことの大 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

小野寺史宜『ひと』感想/あなたの大切なものは何ですか?

 あなたにとって大切なものは何ですか?  お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所 …

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』感想/極悪非道の人間に立ち向かうにはどうすればいい?

 世の中には悪い奴らが大勢いますよね。そんな悪い奴らに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか。  もちろん、瞬間移動しかありませんよね。  伊坂幸太郎さんの小説『フーガはユーガ』は、瞬間移動という特殊能力を持った双子が …