webstation plus

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。

 実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。

 『死神の精度』と『終末のフール』のアプローチの違い

 『死神の精度』は突然死が訪れますが、『終末のフール』は八年後に死ぬとわかっているところです。小惑星が地球に衝突して、滅亡するという設定なんですよね。

 これは大きな違いですよね。突然死が訪れると何も準備できませんが、八年後に死ぬとわかっていれば、少なくともその八年間は自分の生き方を見直せます。

 ところが、多くの人はどうせ死ぬならとヤケを起こして、ケンカをしたり、レイプしたり、殺人を犯したりします。生きていく希望が持てなくなったからです。

 しかし、その中でも自分を変えようとしている人たちがいました。

 死ぬ気で行動すれば人生は変えられる

 妻と息子をバカにしてきた男は、娘から縁を切られ、久しぶりに再会したにも関わらず、相変わらずな自分に「このままではダメだ」と悟り、

 番組を盛り上げるために他人の不幸を面白く取り上げていたアナウンサーは、その行為が他人を不幸にしてきたことに気づき、

 両親を亡くし、部屋に籠もりっきりで読書をしていた女性は、彼氏を探しに街に出かけます。

 勝ち組として偉そうに振舞っていた男は、妻を亡くして始めてバカにしてきた男の方が楽しく生きていたことを知り、

 本当の家族を亡くした女性は、他人とも家族のように付き合えることに気づきます。

 このように死が迫ってくることで、ようやくこれまでとは違う生き方をしてみようと思うんですよね。

 どれも文字にすれば簡単に変えられそうなことばかりですが、実際には恐怖が伴い行動が起こせません。

 しかし、「死」というそれ以上の恐怖に迫られると、変わることがそれほど大したことのないように思えてきます。

 だからこそ、彼らは行動することに決めるのですが、そんな彼らの姿を見ていると…。

 手遅れになる前に今すぐ行動を起こそう

 と思います。実は、やろうと思えばどれも今すぐ出来ることばかり。躊躇していては勿体ないですよね。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

 と言える生き方をしていきたいですね。

 ◆

 伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』。

 今の生き方で大丈夫かなと不安になったとき、今すぐ行動を起こすキッカケを与えてくれる物語です。気になった方はぜひ。

 関連記事

人とのつながりが元気の源!?柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想

(※『ランチのアッコちゃん』表紙より)  人とのつながりを大切にしていますか。  仕事や勉強、家事育児など私たちは忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ忙しい …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

他人の不幸を求めている人へ/木皿泉『カゲロボ』感想

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』感想

 無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。  そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太 …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切な理由

(※『道誉なり』表紙より)  私たちが住む世界には、権力やお金、名誉などをかけた闘いが星の数ほどあります。  身近なところで言えば、会社での出世争いや住んでいる場所での格付け争い、あるいはSNS上での知名度争いなどがそう …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart3

(※『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』表紙より)  読書していますか?  私は『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を読んでから、他の本を放り出して『ビブリア古書堂の事件手帖』シリー …