webstation plus

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。

 私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。

 それが、フライングタイガーコペンハーゲンの「神経衰弱」と「ジェンガ」。幼稚園で遊んでいたようで、欲しくなったみたいです。

 というわけで、今回はフライングタイガーコペンハーゲンで購入した知育玩具を紹介します。

 フライングタイガーコペンハーゲンとは?

 デンマークを中心にヨーロッパ16カ国、および日本で展開する雑貨店です。お店の中には可愛い商品が盛りだくさん!?

 来店すれば、必ず気になる商品が見つかるはず。

 購入した神経衰弱とジェンガ

 まず、ひとつ目は「神経衰弱」。16枚のカードから2枚を選び、上半身と下半身を揃えるゲームです。

 小さい子向けですが、楽しく遊んでいました。お値段は300円。

 もうひとつは、ジェンガ。サイコロを振って出た色のブロックを、崩れないように抜くゲームです。

 小さいながらも器用に遊んでいました。私が真剣に勝負しても負けるときがあるくらい…。カラフルで綺麗です。お値段は1000円。

 『フライングタイガーコペンハーゲン 京都河原町ストア』へのアクセスと営業時間

 阪急河原町駅から徒歩で7分程度の場所にあります。営業時間は11:00~21:00。

 最後に

 フライングタイガーコペンハーゲンは、可愛い商品が安価で売っています。お店にいけば、きっと欲しい商品がみつかるはず!?

 これからもときどき寄って知育玩具を探してみたいと思います。

 関連記事

2017年12月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 先月から始めた絵本の読み聞かせの記録。その第2弾です。  読み聞かせた絵本15冊 『くろくんとちいさいしろくん』  仲間とはぐれてしまった小さいしろくん。しろくんの仲間を探しにくろくんたちが奮闘します。しかし …

わがままではなく伸び伸び育てる/尾木ママ流「叱らない子育て」

 「叱らない子育て」と聞くと、「子どもを甘やかせてしまうのでは?」と懸念する人も多いでしょう。私もそのひとりでした。だって、子どもが悪いことをしても叱らずに好き放題させていたら、子どもはワガママに育ってしまいますよね。 …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

『ぐりとぐら』の作者・中川李枝子さんおすすめの絵本20冊

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』の作者である中川李枝子さんは保育園で子どもたちと一緒に多くの絵本を読まれてきたそうです。  そんな中川さんおすすめの絵本が本『子どもはみんな問題児。』に載っていました。私も子どもたちと一 …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

「イクメン」って、もう一人の母親になることじゃないですよね?

 最近、「イクメン」という言葉が一般的になったせいか、私にも「イクメンになったほうがいいんじゃない?」と言ってくる人がいます。そういう人には、こう返すようにしているんですよね。 「私はもうすでにイクメンですから!残念!! …

なぜ、高額課金をしてしまうのか/子どもにお金の教育をしよう

 未成年者によるオンラインゲームへの高額課金が社会問題になっています。私の子どもたちは、幼稚園児と未就学児なのでまだ心配しなくてもいいのですが、小学校・中学校・高校へと進学するにつれて気にしなくてはいけない話題になるので …

人付き合いが苦手では生きていけない/逆境に強い子になる育て方

 私の子どもたちを「逆境に強い子に育てたい!」と思って読んだ本なのですが、「子ども」というよりも「まずは自分が」へこたれない親になる必要がある――と痛感させられた本でした。  内閣府の統計(2010年)によると、70万人 …