webstation plus

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。

 私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。

 それが、フライングタイガーコペンハーゲンの「神経衰弱」と「ジェンガ」。幼稚園で遊んでいたようで、欲しくなったみたいです。

 というわけで、今回はフライングタイガーコペンハーゲンで購入した知育玩具を紹介します。

 フライングタイガーコペンハーゲンとは?

 デンマークを中心にヨーロッパ16カ国、および日本で展開する雑貨店です。お店の中には可愛い商品が盛りだくさん!?

 来店すれば、必ず気になる商品が見つかるはず。

 購入した神経衰弱とジェンガ

 まず、ひとつ目は「神経衰弱」。16枚のカードから2枚を選び、上半身と下半身を揃えるゲームです。

 小さい子向けですが、楽しく遊んでいました。お値段は300円。

 もうひとつは、ジェンガ。サイコロを振って出た色のブロックを、崩れないように抜くゲームです。

 小さいながらも器用に遊んでいました。私が真剣に勝負しても負けるときがあるくらい…。カラフルで綺麗です。お値段は1000円。

 『フライングタイガーコペンハーゲン 京都河原町ストア』へのアクセスと営業時間

 阪急河原町駅から徒歩で7分程度の場所にあります。営業時間は11:00~21:00。

 最後に

 フライングタイガーコペンハーゲンは、可愛い商品が安価で売っています。お店にいけば、きっと欲しい商品がみつかるはず!?

 これからもときどき寄って知育玩具を探してみたいと思います。

 関連記事

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

これで勉強が出来る子に育つ!?小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

(※『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』表紙より)  子どもに「勉強しなさい!」と言っていませんか。  しかし、小学校最初の3年間は学校の勉強よりも学んでおきたいことがあります。それを学んでおけば、中学生や高校 …

【5歳の息子と家遊び】考える力を育てるカードゲーム『UNO』

 今日でGWも残すところ後2日。今回のGWは私にしては珍しく外出が多かったので、今日は家で遊ぶことにしました。  とはいえ、せっかくのGW。「普段とは違うことがしたい!」と思い、トランプにはまっている5歳の息子のためにU …

自分で考える子どもに育てる5つのルール

 子どもを叱っていませんか。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  などなど。しかし、以前のエントリでも紹介しましたが、子どもを叱るメリットはほとんどありません。むしろデメリットだらけ。 …

キッカケがあれば子どもは伸びる!?地頭を鍛える3つの方法

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。  彼は9歳でカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定されるほどの才能の持ち主ですが、やる気ときっかけさえあれば誰でも自分のようになれると言います。  では、私たち …

子どもが小学一年生になる不安への対処法

 小学一年生という年頃は、ちょうど幼児期から学童期への移り変わりの時期だそうです。  幼児期は私たち親が何でもお世話をして、遊びやお出かけも、どこへ行くのも一緒でしたが、学童期になると「友だちを連れて来た」「自分でやる」 …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 それは、「叱ること」でも、「ほめること」でも、「教えること」でもない。結論からいえば「認めること」だ。ではなぜ、「叱る」「ほめる」「教える」よりも「認める」ことが子どもの成長を促すのだろうか。  「叱る」「ほ …

小島よしお流「夢がない子どもに夢を持たせる方法」

(※『キッズのココロわしづかみ術』表紙より)  最近、子どもが夢を持ちづらくなっているように思いませんか。  私のまわりにいる子どもたちも、幼稚園から小学校に上がった途端、「学校に行くのが嫌だ」「勉強なんて大嫌い」「別に …

片づけられない子どもは将来不幸になる!?

 「片づけなさい!」と叱っても、遊びに夢中で家の中は散らかったまま。そこで仕方なく、私たち親が代わりに片づけをしている…。そんなことありませんか。  もしそうだとしたら、子どもは将来、不幸になるかもしれません。  今回は …

学校任せではダメ!?家庭学習で絶対に身につけさせたいこと

 私たち日本人は、「自分で考える」よりも「誰かが決めた答えに従う」ことが多いですよね。  たとえば、学校や塾もそうです。与えられる問題はたったひとつしか正解がないものばかりで、その答えにたどり着く方法を学びます。  読書 …