webstation plus

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。

 私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。

 それが、フライングタイガーコペンハーゲンの「神経衰弱」と「ジェンガ」。幼稚園で遊んでいたようで、欲しくなったみたいです。

 というわけで、今回はフライングタイガーコペンハーゲンで購入した知育玩具を紹介します。

 フライングタイガーコペンハーゲンとは?

 デンマークを中心にヨーロッパ16カ国、および日本で展開する雑貨店です。お店の中には可愛い商品が盛りだくさん!?

 来店すれば、必ず気になる商品が見つかるはず。

 購入した神経衰弱とジェンガ

 まず、ひとつ目は「神経衰弱」。16枚のカードから2枚を選び、上半身と下半身を揃えるゲームです。

 小さい子向けですが、楽しく遊んでいました。お値段は300円。

 もうひとつは、ジェンガ。サイコロを振って出た色のブロックを、崩れないように抜くゲームです。

 小さいながらも器用に遊んでいました。私が真剣に勝負しても負けるときがあるくらい…。カラフルで綺麗です。お値段は1000円。

 『フライングタイガーコペンハーゲン 京都河原町ストア』へのアクセスと営業時間

 阪急河原町駅から徒歩で7分程度の場所にあります。営業時間は11:00~21:00。

 最後に

 フライングタイガーコペンハーゲンは、可愛い商品が安価で売っています。お店にいけば、きっと欲しい商品がみつかるはず!?

 これからもときどき寄って知育玩具を探してみたいと思います。

 関連記事

毒親の対処法はこれ!苦しい親子関係から抜け出す方法

 親子関係って難しいですよね。  特に年老いた両親は、自分が育った社会環境や家庭環境で物事を判断しているので、今の時代と全くあっていません。  それにも関わらず、まるで自分が正しいかのように手出し・口出ししてくるので…。 …

信頼関係は3歳までに築くべき!?子供のコミュニケーション力を育む5つの方法

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解していませんでした。3歳を過ぎても十分やり直しがきくと思っていたからで …

子どもの考える力を「伸ばす親」と「つぶす親」の違い

(※『考える力の育て方』表紙より)  子育てしていますか。  私も子育てをしていますが、子どもに考える力をつけさせることが大切だなぁ…と思うことがよくあります。  たとえば、水をこぼしたとき、失敗をしたとき、誰かを傷つけ …

「勉強できない子ども」を「伸びる子」に変えるたったひとつの方法

 子どもには「勉強できるようになってほしい」ですよね。  だからこそ、子どもが勉強しないと、叱ったり、褒めたり、教えたりして勉強するように促すのですが、実はどの行為も子どもの成長にはつながらないそうです。  なぜでしょう …

2020年以降は大学入試が変わる!?主体性を伸ばす子育て法

 2020年になるとセンター試験が廃止され、新たに「大学希望者学力評価テスト」が導入されるそうです。  これによって大きく変わるのは、「偏差値」よりも「主体性」が評価されるところ。自分で課題を見つけ、その課題を解決する力 …

毒親に育てられた子どもに起こる弊害とその対処法

 「毒親」という言葉が広まりましたよね。「毒父」「毒母」という言葉まで生まれました。  ちなみに、ここでいう「毒親」とは、子どもに対してネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配する親のこと …

今は弱くても変われる!逆境に強い子に育てる6つのコツ

(※『へこたれない子になる育て方』表紙より)  子どもを逆境にさらしていますか。  今、義務教育を経ても自立できない大人が量産されています。内閣府の統計(2010年)によると、「ひきこもり」と呼ばれる状態の大人が約70万 …

「世界標準の子育て」が教えてくれる伸びる子に育つ3つの法則

 子育てって難しいですよね。  どれだけ子育て本を読んでも、その通りに行動するのは難しく、だからといって、今の自分の子育てが良いものとも思えません。  せめて子どもを伸ばすために「これだけは守っておくべきこと」が何かわか …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …