webstation plus

 昨日はクリスマス。みなさん楽しまれたでしょうか。

 私の家には二人の子ども(6歳の息子&4歳の娘)がいるので、子どもたちがサンタさんにお願いしたプレゼントを購入してきました。

 それが、フライングタイガーコペンハーゲンの「神経衰弱」と「ジェンガ」。幼稚園で遊んでいたようで、欲しくなったみたいです。

 というわけで、今回はフライングタイガーコペンハーゲンで購入した知育玩具を紹介します。

 フライングタイガーコペンハーゲンとは?

 デンマークを中心にヨーロッパ16カ国、および日本で展開する雑貨店です。お店の中には可愛い商品が盛りだくさん!?

 来店すれば、必ず気になる商品が見つかるはず。

 購入した神経衰弱とジェンガ

 まず、ひとつ目は「神経衰弱」。16枚のカードから2枚を選び、上半身と下半身を揃えるゲームです。

 小さい子向けですが、楽しく遊んでいました。お値段は300円。

 もうひとつは、ジェンガ。サイコロを振って出た色のブロックを、崩れないように抜くゲームです。

 小さいながらも器用に遊んでいました。私が真剣に勝負しても負けるときがあるくらい…。カラフルで綺麗です。お値段は1000円。

 『フライングタイガーコペンハーゲン 京都河原町ストア』へのアクセスと営業時間

 阪急河原町駅から徒歩で7分程度の場所にあります。営業時間は11:00~21:00。

 最後に

 フライングタイガーコペンハーゲンは、可愛い商品が安価で売っています。お店にいけば、きっと欲しい商品がみつかるはず!?

 これからもときどき寄って知育玩具を探してみたいと思います。

 関連記事

【5歳の息子と家遊び】考える力を育てるカードゲーム『UNO』

 今日でGWも残すところ後2日。今回のGWは私にしては珍しく外出が多かったので、今日は家で遊ぶことにしました。  とはいえ、せっかくのGW。「普段とは違うことがしたい!」と思い、トランプにはまっている5歳の息子のためにU …

子どもの能力は無限大!?小学生からの天才の育て方

 子どもの「能力」を制限していませんか?  私は「そんなことは絶対にしていない!」と思っていましたが、本『今すぐ実践!小学生からの天才の育て方』を読んで反省することになりました。子どもは私が想像している以上に成長していけ …

子どもの将来の年収は母親の愛情で決まる!?子どもを伸ばす子育て法

 最近のある研究によると、母親との温かい関係が、子どもの将来の年収の高さと関連していることがわかったそうです。  その研究とは、ハーバード大学に在籍していた286名の男性を対象に、卒業後も毎年健康診断と心理テストを行うこ …

叱るのはムダ!?子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則

 「子どもを叱ってはいけない」と頭ではわかっていても、叱りたくなることありますよね。 「勉強しなさい!」 「片付けなさい!」 「さっさと行動しなさい!」  なんて叱りたくなることばかり。しかし、怒ったり叱ったりしたところ …

子どもの成長を妨げていない?/子離れできない毒親の特徴

 今から一年ほど前。テレビで「世界卓球2015」が放送されていました。私はこの放送をみて、心が震えたことを今でも思い出します。14歳の伊藤美誠、15歳の平野美宇が世界の競合相手に堂々と闘っていたからです。これほどの「若さ …

2017年11月に6歳の息子と4歳の娘に読み聞かせた絵本15冊

 子どもが生まれてすぐに始めた絵本の読み聞かせ。  これまで多くの絵本を読み聞かせてきましたが、記録として残してこなかったので、今月から残すことにしました。そうすれば、今よりももっと読み聞かせが楽しくなるはず!?  今回 …

息子が5回目の誕生日を迎えた日に思うこと/教育とは共育かも

 今日は息子の5回目の誕生日。というわけで、以前にも行ったことがあるお店『タンタシオン・ダンジュ』さんでお祝いをしました。ここのお店はパンが美味しくて最高です。今日は念願のワッフルが食べられたので大満足!!  で、せっか …

子育てのイライラを解消するたったひとつの方法

 子育てをしていると、子どもに対してイライラすることありますよね。 「使わないオモチャは片付けなさい!」 「マンガばかり読んでないで勉強しなさい!」 「言うことを聞きなさい!」  なんて怒りたくなることばかり。ある自治体 …

子どもとの「信頼関係の基盤」は3歳までに出来上がる!?

 子育ての本を読むと、「3歳までの子育てが大切だ」という三歳児神話をよく見かけますよね。しかし、私は「なぜ3歳までの子育てが大切なのか?」をあまり理解できていませんでした。3歳を過ぎてからでも十分やり直しがきくと思ってい …

基礎学力は絵本の読み聞かせで決まる!?おすすめの絵本79冊

 14歳でカナダの名門5大学に合格した大川翔くん。翔くんのお母さんは、彼が乳幼児の頃から絵本の読み聞かせを始めたそうです。  そうして大きくなった翔くんは、9歳のときにカナダ政府から「ギフティッド(天才児)」と認定される …