webstation plus

 無駄なことはやめようと思っていませんか。

 もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。

 そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太郎さんの『フィッシュストーリー』。異なるジャンルの4つの中編が楽しめる小説です。

 泥棒の黒澤とその仲間たちの活躍に惹き込まれる

 伊坂幸太郎さんの多くの作品で活躍してきた泥棒の黒澤が2編で登場します。それが『サクリファイス』と『ポテチ』。

 それぞれ異なるジャンルの物語ですが、黒澤が登場するとあって、何処となく繋がっているかのような雰囲気が味わえるんですよね。

 なかでもポテチは『ホワイトラビット』にも出てくる今村、中村、若葉が登場。今村の切ない家族関係が明かされたり、若葉との出会いが描かれたりしているので、読んでおくと『ホワイトラビット』がより一層楽しめます。

 とにかく、黒澤という捉えどころのない泥棒の魅力にハマる物語です。

 無駄なことでも誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 仕事でもブログでも趣味でも、これ以上続けても無駄かな…って思うことありますよね。特に思っていたような成果が出なかったとき、今の行動が無駄に思えて仕方ありません。

 しかし、無駄に思えるその行動がめぐりめぐって誰かの役に立つとしたらどうでしょうか。

 短編『フィッシュストーリー』は、売れないバンドマンが契約を切られる直前につくった曲が多くの人を救うキッカケになるという物語。

 ドライブをしながらこの曲を聴いていた男性が無音期間に女性の悲鳴を聞いて助け、その二人が結婚して出来た息子がハイジャック犯を捕まえ、その飛行機に乗り合わせていた女性が…というように、売れないバンドの曲がキッカケで多くの人が救われていくんですよね。

 もちろん、すべての行動がこのような奇跡を生むとは限りませんが、いまは無駄だと思っていることが、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれないと思うと、なんだか楽しくなってきませんか。

 そんな素敵な気分にさせてくれる物語です(ミスチルの『彩り』もそんな感じの曲でしたね)。

 とはいえ、どれも切ない物語

 そんな素敵な気分にさせてくれる物語ですが、その根底には切なくてやりきれないストーリーが潜んでいます。

 動物園の元職員も、売れないバンドマンも、今村も、言葉では語り切れない苦悩を抱えて生きています。

 そんな彼らが前を向いて行動する姿を見ていると、私も頑張ろうって思えるんですよね。今はツラくても、前を向いて行動すれば、いつかは誰かの役に立つかもしれないって思えてきます。

 もし、今がツライのなら、ぜひ彼らの姿をみて前向きな気持ちになってみてはどうでしょうか。

 関連記事

正義なんて存在しない/伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』感想

 中世のヨーロッパで行われた魔女狩り。しかし、これは中世だけでなく、現代でも起こっているよね、というメッセージが込められた小説が伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』です。  とにかく暗くて読むのがツラくなりますが、 …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

有川浩『シアター!』感想/お金と時間は反比例の関係にある

 お金と時間って反比例の関係にありますよね。  ある商品を作ろうとすると、お金をかければ短い時間で作れますが、少ないお金では時間をかけるしかありません。  しかし、お金も時間もたっぷりかけてモノを作り上げる職業があるんで …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

有川浩『シアター!2』感想/悪意ある批判には作品を殺す力がある

 本を読んでいると、たまに自分の好みとあわない物語に出会うことがあります。  そんなとき、私は出来るだけ批判めいた内容を書かないように気をつけていますが、それでも相手を傷つけてしまうことがあるんですよね。  もちろん、悪 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』感想/人とのつながりが元気の源!?

 人とのつながりを大切にしていますか。  私は仕事や勉強、家事育児などで忙しくなると、どうしても自分の世界に閉じこもりがちですが、それでは元気がなくなる一方です。  むしろ、忙しい時や苦しい時ほど積極的に人と関わり、自分 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …