webstation plus

(※『フィッシュストーリー』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。

 黒澤ファンはもちろんのこと、伊坂さんの作品を始めて読む方でも楽しめること間違いなし!?

 今回は小説『フィッシュストーリー』のあらすじと感想を紹介します。

 『フィッシュストーリー』のあらすじと感想

1. 『動物園のエンジン』

 動物園で働いていた永沢は、シンリンオオカミを逃した責任を取って動物園を辞めることに。その後、妻と離婚し、息子とも会えなくなった永沢は、夜は動物園で過ごし、朝になるとマンション建設の反対運動に参加するようになりました。

 なぜ永沢は、自分とは縁もゆかりもないマンション建設の反対運動に参加するようになったのか。

 この謎をダジャレを織り交ぜながら解いていく過程が面白い物語。オチでにやけること間違いなし!?

2. 『サクリファイス』

 『ラッシュライフ』や『重力ピエロ』に登場した泥棒・黒澤が、人探しの依頼を受けて小倉村に訪れます。ちょうどその頃、小倉村では「こもり様」と呼ばれる生け贄の儀式が行われていました。黒澤は無事に探し人を見つけられるのか!?

 「生け贄の儀式が現代まで残っていたら…」がテーマの物語。謎解きで「そうなっているかも!?」と納得できるお話でした。

3. 『フィッシュストーリー』

 最後のレコーディングに臨んだ売れないロックバンド。彼らはある小説の要約を音楽にのせて力の限り演奏しました。

 それから10年後。彼らの曲がきっかけでひと組のカップルが誕生。そして、さらに時は進み、彼らの曲が世界を救う!?

 ほんの些細なことがキッカケで人生は大きく変わることを教えてくれる物語。私の文章も誰かの人生に影響を与えているのかもしれませんね。

4. 『ポテチ』

 黒澤の同業者である今村は、空き巣に入った家で「これから自殺をする!」という留守電を聞き、その女性を助けに行きます。

 それから1年後。今度はプロ野球選手の家に空き巣に入った今村は、またもや留守電を聞いて、ある事件に巻き込まれることに。

 ポテトチップスの取り違えの話が親子関係の物語へと発展。オチで泣けます。

 最後に

 小説『フィッシュストーリー』は、異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説集です。個性ある作品ばかりなのでハマること間違いなし!?気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

未来に必要なのは「効率」よりも「ムダ」/浅田次郎『闇の花道』

 「嫌われる上司の特徴ランキング」に必ずランクインしているのが、「昔の話ばかりする」ですが、「昔はすごかったんだぞ!」と言わんばかりに昔話を語って聞かせる小説があります。それが、『天切り松 闇がたり』シリーズ。  大正時 …

登場人物が薄っぺらい人間ばかりの小説『白ゆき姫殺人事件』

 他人をあれこれ評価していませんか? 「あいつは仕事のやり方が悪い」 「いい人なんだけどダサいよね」 「あれじゃ、結婚できなくて当然」  などなど。もし、普段からこのような陰口を言っているようなら、キッカケさえあれば友人 …

家族とは何か/森見登美彦『有頂天家族』

 「家族」ってなんだろう。血がつながった人たちの集まりのことだろうか。それとも、一緒に暮らしている人たちのことだろうか。あるいは、愛し合っている人たちの集まりのことだろうか。  たぶん、どれも正しくて、どれも間違っている …

『まほろ駅前多田便利軒』は心の奥底を揺さぶられる小説

(※『まほろ駅前多田便利軒』表紙より)  三浦しをんさんの小説『まほろ駅前多田便利軒』。人間の闇の部分に焦点を当て、それを暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい文体で描かれた小説です。読み進めていくうちに心の奥底を揺さぶるこ …

「表現の自由」は守るべきなのか?/有川浩『図書館戦争』

 私たち日本人は、昔から「表現の自由」を制限されて生きてきた。たとえば、江戸時代。江戸時代には、キリスト教や幕府批判が禁止され、出版物から言論にいたる「幅広い表現」が取締りの対象であった。実際、幕府の軍事体制を批判する内 …

経済格差を失くす方法を教えてくれる小説『フォルトゥナの瞳』

 世界中で経済格差が広がっています。  たとえば、アメリカのある地域では、数年前からバスの最終時刻が20時になりました。スーパーや会社などは20時を過ぎても営業しているので、もっと遅くまでバスを利用したいと思っている人た …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

「光」あるところには必ず「影」が存在する/百田尚樹『影法師』

 「光が多いところでは、影も強くなる」――と、ゲーテがいったように、光あるところには必ず影がつきまとう。しかし、私たちは光だけを追い求め、影の存在を否定してしまいがちだ。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けし …