webstation plus

 無駄なことはやめようと思っていませんか。

 もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。

 そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太郎さんの『フィッシュストーリー』。異なるジャンルの4つの中編が楽しめる小説です。

 泥棒の黒澤とその仲間たちの活躍に惹き込まれる

 伊坂幸太郎さんの多くの作品で活躍してきた泥棒の黒澤が2編で登場します。それが『サクリファイス』と『ポテチ』。

 それぞれ異なるジャンルの物語ですが、黒澤が登場するとあって、何処となく繋がっているかのような雰囲気が味わえるんですよね。

 なかでもポテチは『ホワイトラビット』にも出てくる今村、中村、若葉が登場。今村の切ない家族関係が明かされたり、若葉との出会いが描かれているので、読んでおくと『ホワイトラビット』がより一層楽しめます。

 とにかく、黒澤という捉えどころのない泥棒の魅力にハマる物語です。

 無駄なことでも誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 仕事でもブログでも趣味でも、これ以上続けても無駄かな…って思うことありますよね。特に思っていたような成果が出なかったとき、今の行動が無駄に思えて仕方ありません。

 しかし、無駄に思えるその行動がめぐりめぐって誰かの役に立つとしたらどうでしょうか。

 短編『フィッシュストーリー』は、売れないバンドが契約を切られる直前に、魚をテーマにした小説を引用してつくった曲が多くの人を救うキッカケになるという物語。

 ドライブをしながらこの曲を聴いていた男性が無音期間に女性の悲鳴を聞いて助け、その二人が結婚して出来た息子がハイジャック犯を捕まえ、その飛行機に乗り合わせていた女性が…というように、売れないバンドの曲がキッカケで多くの人が救われていくんですよね。

 もちろん、すべての行動がこのような奇跡を生むとは限りませんが、いまは無駄だと思っていることも、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれないと思うと、なんだか楽しくなってきませんか。

 そんな素敵な気分にさせてくれる物語です(ミスチルの『彩り』もそんな感じの曲でしたね)。

 とはいえ、どれも切ない物語

 そんな素敵な気分にさせてくれる物語ですが、その根底には切なくてやりきれないストーリーが潜んでいます。

 動物園の元職員も、売れないバンドマンも、今村も、言葉では語り切れない苦悩を抱えて生きています。

 そんな彼らが前を向いて歩んでいる姿を見ると、私も頑張ろうって思えるんですよね。今はツラくても、前を向いて行動すれば、いつかは誰かの役に立つかもって思えてきます。

 もし、今がツライのなら、ぜひ彼らの姿をみて前向きな気持ちになってみてはどうでしょうか。

 関連記事

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説―part2

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常』表紙より)  読書していますか?  この前のエントリで『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』を紹介しましたが、今回はその続き『ビブリア古書堂の事件 …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 ワクワクしていますか。  私は最近ワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなった …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …