webstation plus

(※『フィッシュストーリー』表紙より)


 伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』。伊坂ワールドで大人気の泥棒・黒澤が活躍する『サクリファイス』『ポテチ』など、ジャンルの異なる4作品を集めた中編小説集です。

 黒澤ファンはもちろんのこと、伊坂さんの作品を始めて読む方でも楽しめること間違いなし!?

 今回は小説『フィッシュストーリー』のあらすじと感想を紹介します。

 『フィッシュストーリー』のあらすじと感想

1. 『動物園のエンジン』

 動物園で働いていた永沢は、シンリンオオカミを逃した責任を取って動物園を辞めることに。その後、妻と離婚し、息子とも会えなくなった永沢は、夜は動物園で過ごし、朝になるとマンション建設の反対運動に参加するようになりました。

 なぜ永沢は、自分とは縁もゆかりもないマンション建設の反対運動に参加するようになったのか。

 この謎をダジャレを織り交ぜながら解いていく過程が面白い物語。オチでにやけること間違いなし!?

2. 『サクリファイス』

 『ラッシュライフ』や『重力ピエロ』に登場した泥棒・黒澤が、人探しの依頼を受けて小倉村に訪れます。ちょうどその頃、小倉村では「こもり様」と呼ばれる生け贄の儀式が行われていました。黒澤は無事に探し人を見つけられるのか!?

 「生け贄の儀式が現代まで残っていたら…」がテーマの物語。謎解きで「そうなっているかも!?」と納得できるお話でした。

3. 『フィッシュストーリー』

 最後のレコーディングに臨んだ売れないロックバンド。彼らはある小説の要約を音楽にのせて力の限り演奏しました。

 それから10年後。彼らの曲がきっかけでひと組のカップルが誕生。そして、さらに時は進み、彼らの曲が世界を救う!?

 ほんの些細なことがキッカケで人生は大きく変わることを教えてくれる物語。私の文章も誰かの人生に影響を与えているのかもしれませんね。

4. 『ポテチ』

 黒澤の同業者である今村は、空き巣に入った家で「これから自殺をする!」という留守電を聞き、その女性を助けに行きます。

 それから1年後。今度はプロ野球選手の家に空き巣に入った今村は、またもや留守電を聞いて、ある事件に巻き込まれることに。

 ポテトチップスの取り違えの話が親子関係の物語へと発展。オチで泣けます。

 最後に

 小説『フィッシュストーリー』は、異なるジャンルの4作品が楽しめる中編小説集です。個性ある作品ばかりなのでハマること間違いなし!?気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

信じる力の恐ろしさを教えてくれる小説『リア王』

 「プラシーボ効果」をご存知でしょうか。  別名、偽薬効果とも呼ばれており、たとえば夜眠れないと訴える患者に、医師が睡眠薬と偽ってビタミン剤を処方すると、患者は薬の効果を信じて安眠できるようになります。  他にも、「もっ …

『ラッシュライフ』は5つの物語がリレーのように繋がっていく小説

(※『ラッシュライフ』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『ラッシュライフ』。5つの物語が交差して、まるでリレーのように繋がっていく作品です。  ある人にとっては不可思議な出来事でも、他の人にとっては当然の出来事で、不可思 …

あなたの人生がつまらない理由/下村敦史『生還者』

 コカイン疑惑報道を受けて、芸能界から引退することを決められた成宮寛貴さん。彼は、母子家庭で育ち、中学生のときに母親を亡くした後、弟の面倒をみるなど苦労を重ねた末に芸能界で活躍されていましたが、写真週刊誌「FRIDAY」 …

『残り全部バケーション』は悪人のセリフで前向きになれる小説

(※『残り全部バケーション』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』。当たり屋や強請りといった悪どい仕事で生計を立てる溝口と岡田が主人公の物語です。  しかし、溝口と岡田のセリフに促されて前向きな気持ち …

『アコギなのかリッパなのか』は政治が身近に感じられるミステリー小説

(※『アコギなのかリッパなのか』表紙より)  身近に感じられないだけでなく、どことなくダークな感じがする政治の世界。そんな政治の世界を身近に感じさせ、面白いミステリーに仕上げたのが畠中恵さんの小説『アコギなのかリッパなの …

低俗な雑誌や本は、読むだけで誰かを傷つける/『陽気なギャングは三つ数えろ』感想

 警察には事実を、ネットには面白い脚色を  というポリシーでブログを書かれている方も多いと思いますが、あまりにも脚色しすぎると、「とある週刊誌」のように名誉毀損で訴えられることになるかもしれません。ダイエットであれ、お酒 …

辞める勇気をくれる小説『ちょっと今から仕事やめてくる』

 昨年、電通の新入社員が過労自殺した事件が話題になりましたよね。この事件をキッカケに電通のブラック企業っぷりが次々と明かされていますが、この事件に限らず、仕事が原因で自殺をする人が後を絶ちません。  では、なぜ彼らは自殺 …

言葉には力がある/原田マハ『本日は、お日柄もよく』

 言葉には力がある。たとえば、2008年のアメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマ氏が民主党の候補者に選ばれたのは、「言葉の力」を用いたからだ。  当時、「次の大統領候補に」という呼び声が最も高かったのは、資金力と知名 …

『アイネクライネナハトムジーク』はクスッと笑える恋愛小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『アイネクライネナハトムジーク』。「あとがき」にも書かれているように、伊坂さんにしては珍しく、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や …

子どもには自由を与えよう/原田マハ『奇跡の人』

 『奇跡の人』をご存知だろうか。私は彼女の人生を絵本で知った。映画で観た記憶もある。彼女の名前はヘレン・ケラー。サリバン先生と共に「三重苦――目が見えない、耳が聞こえない、口が利けないという障害」を克服した文字どおり奇跡 …