伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』はすぐに結果は出なくても巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思える物語

おすすめ小説

 すぐに結果につながらない行動をやめていませんか?

 私はどちらかと言うと、すぐに結果が出る行動ばかりとってきましたが、伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』を読んで、すぐに結果が出なくても、巡りめぐって誰かの役に立つこともあるかもしれないと思えるようになりました。

 そのため、簡単にあきらめずに行動しつづけようと思えたんですよね。今の行動が誰かの役に立つかもしれないと思うとやる気が湧いてきますよね。




スポンサーリンク

 売れないロックバンドの曲がキッカケで未来に奇跡が起こる物語

 では、あらすじから。

 今から三十数年前。売れないロックバンドが最後のレコーディングに臨んでいました。しかし、その間奏中にボーカルの五郎が突然こんなことを言い出します。

「いい曲なんだよ、届けよ、誰かに」

 どれだけ努力をしても、良い曲を作っても、売れない悔しさや世間の理不尽さを味わった彼が、それらを吐き出すように叫んだ言葉でしたが…。

 あまりにも演奏の出来が良かったので、彼が叫んだところを無音にして発売することになりました。

 そして今から二十数年前。ドライブをしながらこの曲を聴いていた男性が、無音期間に女性の悲鳴を聞きます。

 これがキッカケで二人は結婚し、子供が生まれたわけですが、その子供が大人になった今、ハイジャック犯を捕まえるんですよね。

 さらに、その飛行機に乗り合わせていた女性が…。

 というように、『フィッシュストーリー』は、売れないロックバンドの曲がキッカケで次々と奇跡が起こっていく物語です。

 もちろん、努力したからといって、このような奇跡が起こるとは限りませんが、もしかすると今の努力が巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないと思うと、簡単にあきらめずに行動しようと思えますよね。

 ちなみに、本書にはこの物語以外にも3篇の中編が収録されています。その3篇とは…。

スポンサーリンク

 泥棒の黒澤が活躍する2編が収録

 動物園の元職員である永沢が、なぜか夜になるとシンリンオオカミの檻の前で寝ているので、主人公たちがその謎を解き明かそうとする物語『動物園のエンジン』と、

 「山田という男性を探して欲しい」という依頼を受けた泥棒の黒澤が、人里離れた村で「生贄」の儀式を目撃する『サクリファイス』、

 そして、黒澤の同業者である今村が、彼氏に裏切られて自殺をしようとしていた女性を救い、その女性と一緒に空き巣に入った家で衝撃の事実が明かされる物語『ポテチ』の3篇が収録されています。

 このように、4編のうちの2編が黒澤が登場する物語なので、何処となく繋がっているかのような雰囲気が味わえるんですよね。

 なかでも『ポテチ』は、小説『ホワイトラビット』にも登場する今村、中村、若葉が登場するので、読んでおきたい物語です。

 もちろん、物語としても驚きや感動が用意されていますが、それだけでなく…。

 今村の切ない家族関係が明かされたり、今村と若葉の出会いも描かれているので、読んでおくと『ホワイトラビット』がより一層楽しめます。

 というわけで、伊坂幸太郎さんの小説『フィッシュストーリー』は…。

スポンサーリンク

 簡単にあきらめずに行動していこうと思える物語

 今の努力が巡りめぐって誰かの役に立つかもしれないので、簡単にあきらめずに行動していこうと思える物語です。

 また、黒澤とその仲間たちの行動に心奪われる物語でもあります。

 とはいえ、実はこれらの物語の根底には、切なくてやりきれないストーリーが潜んでいます。

 動物園の元職員も、売れないバンドマンも、今村も、言葉では語り切れない苦悩を抱えて生きていました。

 しかし、そんな彼らにも希望がみえる物語なので、気になった方は、ぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました