webstation plus

 無駄なことはやめようと思っていませんか。

 もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。

 そんな想いにさせてくれた小説が伊坂幸太郎さんの『フィッシュストーリー』。異なるジャンルの4つの中編が楽しめる小説です。

 泥棒の黒澤とその仲間たちの活躍に惹き込まれる

 伊坂幸太郎さんの多くの作品で活躍してきた泥棒の黒澤が2編で登場します。それが『サクリファイス』と『ポテチ』。

 それぞれ異なるジャンルの物語ですが、黒澤が登場するとあって、何処となく繋がっているかのような雰囲気が味わえるんですよね。

 なかでもポテチは『ホワイトラビット』にも出てくる今村、中村、若葉が登場。今村の切ない家族関係が明かされたり、若葉との出会いが描かれたりしているので、読んでおくと『ホワイトラビット』がより一層楽しめます。

 とにかく、黒澤という捉えどころのない泥棒の魅力にハマる物語です。

 無駄なことでも誰かの役に立つかもしれないと思える物語

 仕事でもブログでも趣味でも、これ以上続けても無駄かな…って思うことありますよね。特に思っていたような成果が出なかったとき、今の行動が無駄に思えて仕方ありません。

 しかし、無駄に思えるその行動がめぐりめぐって誰かの役に立つとしたらどうでしょうか。

 短編『フィッシュストーリー』は、売れないバンドマンが契約を切られる直前につくった曲が多くの人を救うキッカケになるという物語。

 ドライブをしながらこの曲を聴いていた男性が無音期間に女性の悲鳴を聞いて助け、その二人が結婚して出来た息子がハイジャック犯を捕まえ、その飛行機に乗り合わせていた女性が…というように、売れないバンドの曲がキッカケで多くの人が救われていくんですよね。

 もちろん、すべての行動がこのような奇跡を生むとは限りませんが、いまは無駄だと思っていることが、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれないと思うと、なんだか楽しくなってきませんか。

 そんな素敵な気分にさせてくれる物語です(ミスチルの『彩り』もそんな感じの曲でしたね)。

 とはいえ、どれも切ない物語

 そんな素敵な気分にさせてくれる物語ですが、その根底には切なくてやりきれないストーリーが潜んでいます。

 動物園の元職員も、売れないバンドマンも、今村も、言葉では語り切れない苦悩を抱えて生きています。

 そんな彼らが前を向いて行動する姿を見ていると、私も頑張ろうって思えるんですよね。今はツラくても、前を向いて行動すれば、いつかは誰かの役に立つかもしれないって思えてきます。

 もし、今がツライのなら、ぜひ彼らの姿をみて前向きな気持ちになってみてはどうでしょうか。

 関連記事

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

子供にとっていちばん大切な人は誰?/額賀澪『ウズタマ』感想

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

忍者は残酷!?『忍びの国』は家庭環境の影響力に驚かされる小説

(※『忍びの国』表紙より)  和田竜さんの小説『忍びの国』。  織田信長の次男・信雄(のぶかつ)が伊賀忍者たちに煽られ、信長の忠告を無視して伊賀に攻め込む物語です。読めば家庭環境や育った環境の影響力に驚くこと間違いなし! …

好きな本が好きなタイミングで読めるのは幸せなこと/有川浩『図書館戦争』感想

 読書していますか?  私は学生の頃は読書にまったく興味がなく、専門書ばかり読んでいましたが、今では読書が楽しくて仕方ありません。自由に読書ができるのってありがたいことなんですよね。  そんな当たり前のことに気づかせてく …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …