webstation plus

(※『未来』表紙より)


 湊かなえさんの小説『未来』。

『告白』から10年。湊ワールドの集大成!

 と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。

 今回はその理由について書いてみたいと思います。

 挫折しそうになった3つの理由

1. どこかで読んだことのある物語

 物語は、パパを亡くして落ち込んでいる10歳の章子のもとに、30歳になった未来の自分から手紙が届くシーンからスタートします。

 この時点で「どうなっていくんだろう!」と期待に胸を膨らませていたのですが、徐々にその想いが冷めていきました。どこかで読んだことのある物語が展開されていったからです。

 章子のママはとても綺麗な人でしたが、人形のように心を閉ざすことがありました。パパが亡くなってからは、ママが心を開くことはありません。

 そんなとき、学校の先生が心配して家に来てくれたことをキッカケに、ママは人に戻る時間が増えていきます。ところが、ママがその男性教師と付き合っているのではないかという噂が学校中に広まりました。

 男性教師との関係を明確に否定したママでしたが、その後も男性との噂が後を耐えません。しかもママは過去に殺人を犯していたことがわかります。本当にママを信じていいのでしょうか――。

 というように、『未来』は火曜サスペンス劇場などでよくある設定。「どこかで読んだことがある」と思っても不思議ではありません。

 200ページほどそのような話が続くので何度も挫折しかけました。

2. 誰も救われない物語

 とはいえ、すでに知っているような話でも惹きこまれる物語もあります。

 たとえば、『名探偵コナン』。殺人事件が起きてコナンが謎を解くという、ある意味ワンパターンの物語ですが、ついつい読んでしまいます。

 そのため、似たような物語だからという理由だけで挫折しそうになったわけではありません。

 では、なぜ挫折しそうになったのか。

 それは、嫌いなストーリー展開だったから。登場人物の誰もが救われなさそうな物語だったからです。そういえば、東野圭吾さんの『さまよう刃』も挫折していました。

 しかし、『未来』は挫折しそうになりながらも最後まで読みきったのですが――。

3. オチが弱い

 残念ながら、最初に思い描いた感想から変わりませんでした。想像していた以上の驚きはなく、ただただキツイ物語を読まされた印象です。

 浮気やDV、虐待。そんな話を450ページ近く読んだだけ。未来からの手紙のオチも微妙で、最後まで救われない。そんな物語でした。

 物語に夢や希望を求めている私には合わなかったのかもしれませんが、他の湊作品が好きなだけに残念でした。

 最後に

 湊かなえさんの小説『未来』。

 火曜サスペンス劇場のようなタッチで描かれている小説なので私にはあいませんでしたが、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

ワクワクと驚きがとまらない小説/伊坂幸太郎『ホワイトラビット』感想

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなくなっ …

学生のバカなノリはお好きですか?/伊坂幸太郎『砂漠』感想

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

人の心も科学!?東野圭吾『ガリレオの苦悩』は心に響く言葉が満載の小説

(※『ガリレオの苦悩』表紙より)  東野圭吾さんの小説『ガリレオの苦悩』。  今作から新たに加わった女性刑事・内海薫の登場により物語の幅が広がったミステリー小説です。読めば湯川准教授の言葉が心に響くこと間違いなし!?   …

好きなことを仕事にするのは本当に幸せなのか?東野圭吾『眠りの森』感想

(※『眠りの森』表紙より)  人生を捧げてもいいと思えるほどの「好きなこと」がありますか。  収入が減っても、プライベートな時間がなくなっても、結婚や恋愛が出来なくても、やりたいと思えること。  そんな何かを持っている人 …

死ぬのもそれほど悪くないかもしれない/木皿泉『さざなみのよる』感想

 ガンに侵された主人公のナスミが死ぬ前の世界と死んだ後の世界が描かれる物語。それが木皿泉さんの小説『さざなみのよる』です。  ナスミのように生きることができれば、死もそれほど悪くないことかもしれないと思えてきます。必要以 …

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

世の中の流れに乗るだけじゃ世界は良くならない/伊坂幸太郎『モダンタイムス』感想

 『魔王』から50年後の世界を描いた小説『モダンタイムス』。前作とはガラリと変わって、そのストーリーに惹き込まれ、最後まで一気に読みました。残酷なのに面白い小説です。  誰もが運命に流されている  物語の主人公 …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …

『のぼうの城』はリーダーシップとは何かを教えてくれる小説

(※『のぼうの城 上』表紙より)  和田竜さんの小説『のぼうの城』。  約二万の大軍を率いる石田三成と五百の軍勢を率いる成田長親(なりた ながちか)の戦を描いた物語です。読めば「リーダーシップとはこういうことだったのか! …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …