webstation plus

(※『未来』表紙より)


 湊かなえさんの小説『未来』。

『告白』から10年。湊ワールドの集大成!

 と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。

 今回はその理由について書いてみたいと思います。

 挫折しそうになった3つの理由

1. どこかで読んだことのある物語

 物語は、パパを亡くして落ち込んでいる10歳の章子のもとに、30歳になった未来の自分から手紙が届くシーンからスタートします。

 この時点で「どうなっていくんだろう!」と期待に胸を膨らませていたのですが、徐々にその想いが冷めていきました。どこかで読んだことのある物語が展開されていったからです。

 章子のママはとても綺麗な人でしたが、人形のように心を閉ざすことがありました。パパが亡くなってからは、ママが心を開くことはありません。

 そんなとき、学校の先生が心配して家に来てくれたことをキッカケに、ママは人に戻る時間が増えていきます。ところが、ママがその男性教師と付き合っているのではないかという噂が学校中に広まりました。

 男性教師との関係を明確に否定したママでしたが、その後も男性との噂が後を耐えません。しかもママは過去に殺人を犯していたことがわかります。本当にママを信じていいのでしょうか――。

 というように、『未来』は火曜サスペンス劇場などでよくある設定。「どこかで読んだことがある」と思っても不思議ではありません。

 200ページほどそのような話が続くので何度も挫折しかけました。

2. 誰も救われない物語

 とはいえ、すでに知っているような話でも惹きこまれる物語もあります。

 たとえば、『名探偵コナン』。殺人事件が起きてコナンが謎を解くという、ある意味ワンパターンの物語ですが、ついつい読んでしまいます。

 そのため、似たような物語だからという理由だけで挫折しそうになったわけではありません。

 では、なぜ挫折しそうになったのか。

 それは、嫌いなストーリー展開だったから。登場人物の誰もが救われなさそうな物語だったからです。そういえば、東野圭吾さんの『さまよう刃』も挫折していました。

 しかし、『未来』は挫折しそうになりながらも最後まで読みきったのですが――。

3. オチが弱い

 残念ながら、最初に思い描いた感想から変わりませんでした。想像していた以上の驚きはなく、ただただキツイ物語を読まされた印象です。

 浮気やDV、虐待。そんな話を450ページ近く読んだだけ。未来からの手紙のオチも微妙で、最後まで救われない。そんな物語でした。

 物語に夢や希望を求めている私には合わなかったのかもしれませんが、他の湊作品が好きなだけに残念でした。

 最後に

 湊かなえさんの小説『未来』。

 火曜サスペンス劇場のようなタッチで描かれている小説なので私にはあいませんでしたが、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

理不尽な目にあったときは流れに身を任せよう/伊坂幸太郎『グラスホッパー』感想

 ひどくてツライ、重くてしんどい。そんな状況に追い込まれたことありませんか? ・必死になって仕事をしても上司から怒られる ・家族から理不尽に責められる ・義理の両親からいろいろ口出しされる  などなど。  そんなとき、ど …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …