webstation plus

(※『未来』表紙より)


 湊かなえさんの小説『未来』。

『告白』から10年。湊ワールドの集大成!

 と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。

 今回はその理由について書いてみたいと思います。

 挫折しそうになった3つの理由

1. どこかで読んだことのある物語

 物語は、パパを亡くして落ち込んでいる10歳の章子のもとに、30歳になった未来の自分から手紙が届くシーンからスタートします。

 この時点で「どうなっていくんだろう!」と期待に胸を膨らませていたのですが、徐々にその想いが冷めていきました。どこかで読んだことのある物語が展開されていったからです。

 章子のママはとても綺麗な人でしたが、人形のように心を閉ざすことがありました。パパが亡くなってからは、ママが心を開くことはありません。

 そんなとき、学校の先生が心配して家に来てくれたことをキッカケに、ママは人に戻る時間が増えていきます。ところが、ママがその男性教師と付き合っているのではないかという噂が学校中に広まりました。

 男性教師との関係を明確に否定したママでしたが、その後も男性との噂が後を耐えません。しかもママは過去に殺人を犯していたことがわかります。本当にママを信じていいのでしょうか――。

 というように、『未来』は火曜サスペンス劇場などでよくある設定。「どこかで読んだことがある」と思っても不思議ではありません。

 200ページほどそのような話が続くので何度も挫折しかけました。

2. 誰も救われない物語

 とはいえ、すでに知っているような話でも惹きこまれる物語もあります。

 たとえば、『名探偵コナン』。殺人事件が起きてコナンが謎を解くという、ある意味ワンパターンの物語ですが、ついつい読んでしまいます。

 そのため、似たような物語だからという理由だけで挫折しそうになったわけではありません。

 では、なぜ挫折しそうになったのか。

 それは、嫌いなストーリー展開だったから。登場人物の誰もが救われなさそうな物語だったからです。そういえば、東野圭吾さんの『さまよう刃』も挫折していました。

 しかし、『未来』は挫折しそうになりながらも最後まで読みきったのですが――。

3. オチが弱い

 残念ながら、最初に思い描いた感想から変わりませんでした。想像していた以上の驚きはなく、ただただキツイ物語を読まされた印象です。

 浮気やDV、虐待。そんな話を450ページ近く読んだだけ。未来からの手紙のオチも微妙で、最後まで救われない。そんな物語でした。

 物語に夢や希望を求めている私には合わなかったのかもしれませんが、他の湊作品が好きなだけに残念でした。

 最後に

 湊かなえさんの小説『未来』。

 火曜サスペンス劇場のようなタッチで描かれている小説なので私にはあいませんでしたが、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

なぜ、バレエの世界は嫉妬と愛憎が渦巻くのか?秋吉理香子『ジゼル』感想

(※『ジゼル』表紙より)  秋吉理香子さんの小説『ジゼル』。  創立15周年を迎えた東京グランド・バレエ団が、これまで封印してきた「ジゼル」の公演を決定したことで、次々と悲劇が起こる物語です。  東野圭吾さんの小説『眠り …

伊坂幸太郎『火星に住むつもりかい?』は魔女狩りの恐怖を軽快に描いた小説

(※『火星に住むつもりかい?』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『火星に住むつもりかい?』。  タイトルの気軽さとは裏腹に「魔女狩りが現代で再現したら?」がテーマのダークな物語です。しかし、登場人物たちのユーモア溢れるセ …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

視野が狭くなっているときにおすすめの小説/伊坂幸太郎『SOSの猿』

(※『SOSの猿』表紙より)  常識にとらわれたり、自分の考えに固執したり、思い込みが激しいせいで失敗したことありませんか。  そんなときは、一度落ち着いて読書に挑戦してみるのもいいかもしれません。物事を多角的に眺められ …

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

なぜ因果は巡るのか?柚月裕子『盤上の向日葵』感想

(※『盤上の向日葵』表紙より)  最近、将棋をテーマにした物語が増えていますよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』もそのひとつですが、物語のメインはあくまでも人間ドラマ。人物描写が秀逸なミステリー小説です。  なか …

正反対な二人だからこそ面白い!?/東野圭吾『マスカレード・ホテル』

(※『マスカレード・ホテル』表紙より)  自分とは正反対の人って嫌ですよね。  几帳面な人が片付けが出来ない人にイライラするように、頭の回転が速い人が遅い人をバカだと思うように、自己中心的な人が優しい人を優柔不断と決めつ …

本気で家族のことを想ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

(※『AX アックス』表紙より)  家族のことを本気で想っていますか。  私は家族のことを本気で想っていると自負していたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

反抗期になった中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

(※『マリアビートル』表紙より)  ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人を馬鹿にしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  今回は殺し …