webstation plus

(※『未来』表紙より)


 湊かなえさんの小説『未来』。

『告白』から10年。湊ワールドの集大成!

 と帯にも書かれていたので期待して読んだのですが、途中で何度も挫折しかけました。

 今回はその理由について書いてみたいと思います。

 挫折しそうになった3つの理由

1. どこかで読んだことのある物語

 物語は、パパを亡くして落ち込んでいる10歳の章子のもとに、30歳になった未来の自分から手紙が届くシーンからスタートします。

 この時点で「どうなっていくんだろう!」と期待に胸を膨らませていたのですが、徐々にその想いが冷めていきました。どこかで読んだことのある物語が展開されていったからです。

 章子のママはとても綺麗な人でしたが、人形のように心を閉ざすことがありました。パパが亡くなってからは、ママが心を開くことはありません。

 そんなとき、学校の先生が心配して家に来てくれたことをキッカケに、ママは人に戻る時間が増えていきます。ところが、ママがその男性教師と付き合っているのではないかという噂が学校中に広まりました。

 男性教師との関係を明確に否定したママでしたが、その後も男性との噂が後を耐えません。しかもママは過去に殺人を犯していたことがわかります。本当にママを信じていいのでしょうか――。

 というように、『未来』は火曜サスペンス劇場などでよくある設定。「どこかで読んだことがある」と思っても不思議ではありません。

 200ページほどそのような話が続くので何度も挫折しかけました。

2. 誰も救われない物語

 とはいえ、すでに知っているような話でも惹きこまれる物語もあります。

 たとえば、『名探偵コナン』。殺人事件が起きてコナンが謎を解くという、ある意味ワンパターンの物語ですが、ついつい読んでしまいます。

 そのため、似たような物語だからという理由だけで挫折しそうになったわけではありません。

 では、なぜ挫折しそうになったのか。

 それは、嫌いなストーリー展開だったから。登場人物の誰もが救われなさそうな物語だったからです。そういえば、東野圭吾さんの『さまよう刃』も挫折していました。

 しかし、『未来』は挫折しそうになりながらも最後まで読みきったのですが――。

3. オチが弱い

 残念ながら、最初に思い描いた感想から変わりませんでした。想像していた以上の驚きはなく、ただただキツイ物語を読まされた印象です。

 浮気やDV、虐待。そんな話を450ページ近く読んだだけ。未来からの手紙のオチも微妙で、最後まで救われない。そんな物語でした。

 物語に夢や希望を求めている私には合わなかったのかもしれませんが、他の湊作品が好きなだけに残念でした。

 最後に

 湊かなえさんの小説『未来』。

 火曜サスペンス劇場のようなタッチで描かれている小説なので私にはあいませんでしたが、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

離婚はイヤ!?滝口悠生『茄子の輝き』は妻を大切にしようと思える小説

(※『茄子の輝き』表紙より)  滝口悠生さんの小説『茄子の輝き』。  数年前に妻と離婚した男性があれこれ過去を振り返る物語です。読めば「妻を大切にしよう!」と思うこと間違いなし!?  今回は『茄子の輝き』のあらすじとおす …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

仕返しするのはダメ?伊坂幸太郎『サブマリン』は少年犯罪について考えたくなる小説

(※『サブマリン』表紙より)  伊坂幸太郎さんの小説『サブマリン』。  以前、紹介した『チルドレン』の続編で、家裁調査官の陣内と武藤が無免許運転で人を轢き殺した少年の謎に迫る物語です。読めば、少年犯罪についてあれこれ考え …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

毎日が勝負!?池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』は会社と野球部の逆転劇を描いた小説

(※『ルーズヴェルト・ゲーム』表紙より)  毎日、闘っていますか。  私は闘っていません。会社に行って「今」という時間をやり過ごしているように思います。目の前の仕事に追われて、流されている感じ。  しかし、池井戸潤さんの …