webstation plus

biological_01

 仕事でも、お金でも、恋愛でも、「運のいい人」っていますよね。それほど頑張っているわけでもないのに、結果を出しているわけでもないのに、出世したり、お金持ちだったり、異性にモテたり…と、遠くから眺めているだけで羨ましくなる人たちがいます。

 一方で、とても残念なことですが、「運が悪い人」も確実に存在します。どれだけ頑張っても報われない、誰からも応援してもらえない、悲しい人たちがいます。

 どちらかを選べるのであれば、間違いなく「運のいい人」を選びますが、そう簡単に選べるほど人生は甘くありません。手相やおみくじ、タロット占いなどを信じて行動してみても、実際に運が良くなることなんて「まれ」です。

 では、「運が悪い人たち」は、その運の悪さを諦めて生きていくしかないのでしょうか。

 「運がいい人」ってどんな人?

 『ホンマでっか!?TV』でおなじみの中野信子さんによると、「運がいい人」とは、「生き残る確率が高い人」だそうです。

 チャールズ・ダーウィンが提唱した「進化論」をご存知ですか。簡単に説明すると、単純な生物が次第に複雑な生物へと進化していくという考えであり、環境に最も適した生物が生き残るという考え「適者生存」がベースになっています。

 たとえば、キリンの首が長くなったのは、「遠くまで見渡せるようにするため」や「高い木の葉っぱが食べられるようにするため」であり、つまりは、環境に適応して長くなったと考えます。

 しかし、「適者生存」の考えでは説明できない事実があるんですよね。たとえば、マンボウの生態系もそのひとつ。

 マンボウは、一度に約2億7千万個の卵を産むそうですが、親になるまで生き残れるのは、たったの1~2匹。その他の卵は、それまでに亡くなってしまいます。

 では、この事実を「適者生存」で説明しようとすると、どうなるでしょうか。「生き残った1匹は、他の2億6999万9999個の卵より環境に適していた」となりますが…、まったく論理的ではありませんよね。

 そこで登場したのが「運者生存」という考えです。キリンの首が長いのは、運よく生き残ったキリンの首がたまたま長かっただけであり、生き残ったマンボウもたまたま運が良かっただけ。この考えのほうが、よっぽど論理的ですよね。

 実は、この「運者生存」という考えこそが、私たちがよく口にする「運」のこと。「人類の進化」という大きな視点で捉えれば、先ほど説明したキリンやマンボウの例がそうですし、「個人」という小さな視点で捉えても、「仕事運」や「金運」、「恋愛運」といった運は、すべて生き残るために必要なものですよね。

 つまり、「運がいい人」というのは、「生き残る確率が高い人」のことなのです。では、どうすれば「生き残る確率」を高めることができるのでしょうか。

 「運が悪い人」が運を良くする3つの方法

 それは、次の3つです。

  1. 「自分は運がいいんだ」と思い込む
  2. 誰よりも「自分を大切に扱う」
  3. 自分だけでなく「他人の幸せ」を願う

1. 「自分は運がいいんだ」と思い込む

 実は、「運がいい人」も、「運が悪い人」も、遭遇している出来事に大差はありません。起こった出来事に対する捉え方や考え方、対処法が違っているだけです。

 たとえば、大事な仕事を任されたのに、失敗してしまったとき。このとき、運が悪い人は、「こんなに努力したのに」「努力が無駄になった」「誰も私のことを認めてくれない」と過去ばかり振り返ります。

 しかし、運がいい人は違います。「失敗したのは準備不足が原因かも」「自分に至らないところがあったのかな」「次のチャンスに生かそう」と未来につながる考え方をします。

 こうして、運が悪い人たちは、ネガティブ思考を積み重ねて、脳内にあるネガティブ神経ネットワークを強化していきます。その結果、どんな出来事に遭遇しても、ネガティブ思考に陥りやすくなるので、どんどん運が悪くなってしまうんですよね。

 反対に、運がいい人たちは、ポジティブな神経ネットワークをどんどん強化していくので、結果として、次のような運が良くなる行動を取りやすくなります。

  • 複数の選択肢があった場合、面白そうかどうかで判断する
  • 失敗してもゲームを降りない

 「やるべきこと」をやるよりも、「面白いこと」を選んだほうが幸せになれると思いませんか。

 イギリスのロンドンで行われた調査結果でも、幸福を主体的に感じている人は、感じていない人に比べて死亡リスクが35%も低かったそうです。まさに、面白いかどうかで選択することは、「生き残る確率」を高めます。

 また、失敗しても「ゲームを降りない」という選択ができるのは、そのゲームで自分は生き残れるんだと強く信じている人だけですよね。

 ハリー・ポッターの著者であるJ・K・ローリングさんは、幼い頃から文章を書くことが大好きだったそうですが、なかなか集中して小説を書ける環境に身を置けませんでした。結婚生活にも恵まれず、子どもを抱えて離婚。生活苦になり、うつ病も患います。

 しかし、それでも彼女は書くことを諦めませんでした。うつ病を完治させ、生活保護を受けながら『ハリー・ポッターと賢者の石』を書き上げます。その後の活躍は、みなさんもよくご存知の通りです。

 このように、「運のいい人たち」は、「自分は運がいいんだ」と思い込むことで、結果として、運を引き寄せています。ぜひ、どんな出来事が起こっても、「運がいいんだ」と思い込んで行動するようにしていきましょう。

2. 誰よりも「自分を大切に扱う」

 「割れ窓理論」をご存知ですか。軽微な犯罪がやがて凶悪な犯罪を生み出すという心理学の理論で、人はある特定の秩序が乱れると、それに同調してしまう傾向があるというものです。

 たとえば、「ピカピカに磨かれた車」と「汚れて叩かれた跡がある車」があった場合、どちらの車を大切に扱いますか。もちろん、「ピカピカに磨かれた車」ですよね。これを自分に置き換えると…、どうすれば他人から大切に扱われるかが一目瞭然ですよね。

 より具体的にいえば、次の二つを意識して行動することが「自分を大切に扱う」ことになります。

  • 自分を変えるのではなく生かす
  • 常識よりも自分を上におく

 私たちの脳には、きらめくような個性があります。それにも関わらず、憧れの誰かを目指したり、マネしたりすると、自分の脳が求めている幸せとは違う幸せを求めることになります。結果として、幸せを感じられなくなるんですよね(詳しくは以下のエントリを参考にしてください)。

 だからこそ、自分を変える努力をするのではなく、自分を生かす努力をすること。「同じ失敗を繰り返してしまう」という個性を持っているのなら、「何度怒られても挑戦できる自分であり続ける」という風に、自分の個性を生かす方法を考えるのです(こちらも以下のエントリで詳しく紹介しています)。

 また、常識よりも自分の考えを優先することも大切です。あるブラック企業の社長は、「まじめで、人を疑うことを知らない、人の話を素直に聞く、責任感が強い人」を積極的に採用するといいます。なぜなら、使い勝手がいいから。

 このように、自分を大切に扱わなければ、他人からも大切に扱ってもらえません。むしろ、いいように利用されてしまいます。

 私たちは、誰もが一人では生きていけません。生き残る確率を高めるためには、他人からも大切にしてもらえる自分である必要があります。だからこそ、誰よりも自分を大切にし、他人からも大切に扱ってもらえるようにしていきたいですね。

3. 自分だけでなく「他人の幸せ」を願う

 同じ目標を立てても、その目標を実現できる人と、実現できない人がいます。この差はどこにあるのでしょうか。結論からいえば、「他人の幸せ」を願えているかどうかです。

 私たちの脳は、他人の幸せを願うと、ベータエンドルフィンやドーパミン、オキシトシンといった脳内快楽物質(脳内で機能する神経物質のうち、多幸感や快楽をもたらす物質)が分泌されます。その結果、目標を実現するための行動を取りやすくなるのです。

 反対に、他人を不幸にするような自分勝手な願いをしたときには、ストレス物質であるコルチゾールが分泌され、行動を起こしにくくなります。

 そのため、本気で運がいい人になりたいのであれば、自分の幸せだけでなく、他人の幸せを願っていくこと。具体的には、

  • 「一戸建てが欲しい」
    ⇒「子どもたちが伸び伸び暮らせるように、一戸建てが欲しい」
  • 「素敵な人と巡りあいたい」
    ⇒「両親も喜ぶような、素敵な人と巡りあいたい」
  • 「営業成績が伸びますように」
    ⇒「家族旅行を実現させるために、営業成績が伸びますように」

 このように自分の幸せと他人の幸せを重ねて願っていけば、自分の願いが叶うだけでなく、まわりにいる人たちまで幸せになっていけるはずです。

 誰でも行動を変えれば「運がいい人」になれる

 今回は、運とは何か、そして、どうすれば運がよくなれるのかについて紹介してきました。具体的には、自分には運があると思い込み、誰よりも自分を大切にし、他人の幸せを本気で願っていく――そうすれば、「生き残る確率を高める」ことができ、結果として「運を良くする」ことができます。

 もちろん、手相やおみくじ、タロット占いなどを信じて、「自分には運がある」と思い込むのもひとつの方法でしょう。しかし、どのような方法を選んでも、最終的には、自らの考えや行動を変え、運を引き寄せていくしかありません。

 もし、「運が悪い」と嘆いているようなら、今回紹介した方法を参考に、自分の生き方、考え方を見直してみてはどうでしょうか。このエントリをキッカケにみなさんの運が良くなることを願っています。

 関連記事

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

「努力が報われると思う人はダメですね」  とは、明石家さんまさんの言葉ですが、この言葉には、見返りを期待して、楽しくもないのに苦痛を伴う努力を重ね、恨みをため込むくらいなら努力なんてしない方がいい…という意味が込められて …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

ムダを省けば時間が増える/『必要なものがスグに!とり出せる整理術! 』

 私たちはよく「時間がない」といって嘆いている。遊ぶ時間がない、本を読む暇がない、仕事をする時間が足りない…。しかし、このように時間が足りないのは、実は「片づけ」をしていないことに原因があるかもしれない。  アメリカのビ …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

「これからの世界をつくる人」と「コンピュータに使われる人」

 この前のエントリで、「何か壁にぶつかっているように取れます」とコメントをいただいたのですが、まさにその通りでした。壁にぶつかっていました。  それが何なのか、どんな壁なのか、よくわからなかったのですが、コメントを頂いた …

人間らしく生きている?『漫画 君たちはどう生きるか』はこれからの人生について考えたくなる漫画

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)  人間らしく生きていますか?  私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。 …

「もう諦めよう」と弱気になったときはスポーツ選手の名言に学べ

 新しいことを始めても、すぐに諦めてしまう。「自分には才能がないんだ」なんて言い訳をして、また違うことを始めようとする。しかし、そうやって始めた新しいこともすぐに諦めてしまう。またまた「才能がなかったんだ…」という言い訳 …