webstation plus

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。

 もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめします。

 きっと、農業はやめておこうって思いますよ。

 農業は想像以上に大変

 テレビで農業特集が組まれることがありますよね。そんなとき、農家のイメージを良くするためか、次のようなメリットがあると報道しています。

・地に足のついた自給自足の生活が実現できる
・機械を使えば力も体力もいらない
・地域の人たちも新規就農に協力的
・販売経路も複数ある
・田畑も安価で借りられる

 しかし、現実はそんなに甘くありません。実際は、

・農業だけでは食べていけない
・力も体力も必要な重労働
・就農しようと思ってもよそ者には非協力的
・販売経路は限られており、売り手で溢れている
・そもそも田畑を貸してくれない

 など、農家になるだけでも一苦労です。それでもどうにかして農家になっても、夫婦二人でなんとかこなせる重労働。独身女性が一人でやるのは至難の業で、収入も労働に見合いません。

 そのため、独身女性が農業を始める場合、農家に嫁ぐのが一般的なんだとか。つまり、テレビ報道は、農家に嫁いでくれる女性を募集するためのものだったんですよね。

 物語の主人公・久美子は、仕事も彼氏も失い、甘い言葉に誘われて農家を目指しますが、厳しい現実を知ってもひとりで農業を始めることにしました。農家に嫁ぎたいとは思えなかったからです。

 しかし、すぐに心が折れてしまいます。先輩や友達に比べて自分が惨めに思えたからです。ところが…。

 結婚しても、他の仕事をしても悩みは消えない

 農業以外の仕事に就いても、結婚して家事・育児に専念するようになっても、悩みが消えてなくならないことを知ります。

 久美子の大学時代の先輩・憩子や友人の瑞希も幸せそうに見えて、実は悩みを抱えていることに気づいたからです。

 憩子はオーストラリアで働くキャリアウーマン。今はオーストラリア人の男性と同棲しています。

 こう聞くと幸せな毎日を過ごしているように思えますが、実際は仕事が忙しくて、服装や身だしなみを整える時間もありません。同棲相手の両親からは「アジア人との結婚は許さない!」と猛反対されています。

 結婚を機に専業主婦になった瑞希も、家族との幸せな暮らしぶりや家庭菜園の様子、手作りのお菓子などをブログに載せていましたが、現実はまったく違っていました。幸せアピールをしていただけです。

 つまり、何をするにしても、悩みや苦労があるということ。久美子は、他人を羨ましがるのではなく、目の前にある現実に向き合っていくしかないことに気づきました。そこで彼女は…。

 厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりが重要

 他人と協力しながら厳しい現実に立ち向かっていきます。

 憩子やそのお母さん、農家のおばあちゃんや瑞希など大勢の人を巻き込んで幸運を掴んでいくんですよね。

 そんな彼女の姿を見ていると、人とのつながりを改めて大切にしたいと思えます。忙しいからと言い訳をするのではなく、人とのつながりを大切にしながら、個性を発揮しながら、目の前にある課題を乗り越えていこうと思えるんですよね。

 そうすれば、自分だけでなく、周りにいる人たちも幸せに出来るかもしれません。

 ◆

 垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。今の仕事がキツイからといってすぐに諦めるのではなく、人とのつながりを大切にしながら乗り越えていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

東野圭吾『私が彼を殺した』は前作以上に読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私は前作『どちらかが彼女を殺した』を読んでから、ミステリーを読むときは犯人を推理するよう心がけていますが、東野圭吾さんの小説『私が彼を殺した』では前作以上に難しい問題が提示されるんですよね。  も …

東野圭吾『虚像の道化師』感想/謎を解くことだけが探偵の仕事ではない

 謎を解いて犯人を追い詰めるミステリーはお好きですか?  私はもちろん大好きですが、東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』の主人公は謎を解いて終わりではありませんでした。謎を解いた後に、関係者たちを励まそうとするんですよね。 …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。  そんなときは、常識 …

木皿泉『さざなみのよる』感想/死ぬのもそれほど悪くない!?

 死ぬのはツライことだと思っていませんか?  私はそう思っていましたが、木皿泉さんの小説『さざなみのよる』を読んで少し考えが変わりました。物語の主人公・ナスミのように生きれば、満足して死ねるのかも…と思えるようになったん …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

伊坂幸太郎『残り全部バケーション』は結果よりもプロセスを大切にしたくなる物語

 結果ばかり追い求めていませんか?  私は結果ばかり追い求めていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『残り全部バケーション』を読んで、結果だけでなくプロセスも大切にしたくなりました。  「歩いても、走っても、飛んでも結果が変わ …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

東野圭吾『ラプラスの魔女』感想/「存在意義がない人」などこの世に存在しない

 自分の視点で他人を評価していませんか?  たとえば、「あの人は役に立つ人だ」とか、「あの人には何を任せてもダメだ」なんて評価しがちですが…。実はこの世界には「存在意義がない人」なんて誰もいません。  そんな当たり前のこ …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

伊坂幸太郎『死神の浮力』はサイコパスに立ち向かうのは難しいことだとわかる物語

 サイコパスをご存じですか。100人に1人は存在する良心や罪悪感をもたない自己中心的な人たちで、簡単に人を騙したり、攻撃したり、ひどい場合だと殺人を犯したりします。  そんなサイコパスは現実社会では犯罪者として逮捕される …