webstation plus

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)


 垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてくれる物語です。

 読めば「目の前のことに真剣に取り組もう!」と思えること間違いなし!?

 今回は『農ガール、農ライフ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『農ガール、農ライフ』のあらすじ

 32歳の水沢久美子(みずさわ くみこ)は、派遣切りに遭ったその日に同棲相手から別れを切り出されました。彼に浮気相手がいたからです。

 もちろん、久美子は怒りましたが、時すでに遅し。過去に彼のプロポーズを断ったことが原因だったからです。

 翌日から新たな仕事と住処を探し始めた久美子。しかし、安定した仕事は見つからず、保証人のいない独身女性に家を貸してくれる不動産屋はありませんでした。

 そんな彼女に一筋の光が。テレビ特集『農業女子』によると、農業を始めれば安定した仕事と住処が簡単に手に入る!?早速、動き出した久美子でしたが――。

 農業は想像以上に大変!?

 テレビ特集によると、独身女性が農業を始める場合、

・地に足のついた自給自足の生活が実現できる
・機械を使えば力も体力もいらない
・地域の人たちも新規就農に協力的
・販売経路も複数ある
・田畑も安価で借りられる

 など、いいことづくめだと報道していましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。実際は、

・農業だけでは食べていけない
・力も体力も必要な重労働
・就農しようと思ってもよそ者には非協力的
・販売経路は限られており、売り手で溢れている
・そもそも田畑を貸してくれない

 など、農家になるだけでも一苦労。たとえ農家になれたとしても、夫婦二人でなんとかこなせる重労働を一人でやるのは至難の業で、収入も労働に見合いません。

 そのため、独身女性が農業を始める場合、農家に嫁ぐのが一般的なんだとか。しかし、久美子は自らの力で生計を立てようと奮闘します。

 読み進めていくうちに、「今の仕事は農業よりもラクかも!?もっと頑張ろう!」と思える物語です。

 結婚しても、他の仕事をしても悩みは消えない!?

 とはいえ、農業以外の仕事に就いても、結婚して家事・育児に専念するようになっても、悩みが消えてなくなるわけではありません。

 久美子の大学時代の先輩・山藤憩子(やまふじ けいこ)や片桐瑞希(かたぎり みずき)も幸せそうに見えて、実は悩みを抱えていました。

 憩子はオーストラリアで働くキャリアウーマン。今はオーストラリア人の男性と同棲しています。

 こう聞くと幸せな暮らしをしているように思えますが、実際は仕事が忙しすぎて、服装や身だしなみを整える時間もありません。同棲相手の両親からは「アジア人となんて結婚するな!」と猛反対されています。

 結婚を機に専業主婦になった瑞希も、家族との幸せな暮らしぶりや家庭菜園の様子、手作りのお菓子などをブログに載せていますが、現実はそんなに甘いものではありませんでした。

 つまり、何をするにしても、悩みや苦労があるということ。他人を羨ましがるのではなく、目の前にある現実に向き合っていくしかないということですね。今がツラくても「もう少し頑張ってみよう!」と思える物語です。

 人との繋がりが大切!?

 では、どうやってこのツライ現実に立ち向かっていくのか。それには他人の助けが必要です。

 久美子も、憩子や彼女の母、農家のおばあちゃんや瑞希など大勢の人に助けられ、幸運を掴んでいきました。

 人との繋がりが大切だとは誰もがわかっていますが、忙しい毎日を過ごしていると忘れてしまいがち。改めて、人との繋がりを大切にしていこうと思える物語です。

 最後に

 垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。農業の厳しさを知り、「目の前のやるべきことに向き合っていこう!」と思える小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

田舎暮らしは大変!?重松清『みんなのうた』は家族の温かさに感動する小説

(※『みんなのうた』表紙より)  田舎に帰ってますか。  私はもともと都会と呼ばれる場所で育ったので田舎はありませんが、重松清さんの小説『みんなのうた』を読んで田舎で育った人たちの苦労が少しだけわかりました。  読めば、 …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』

(※『終末のフール』表紙より)  今の生き方でどれくらい生きるつもりですか。  私は今の生き方に満足していませんが、まだまだ生きられると思っていたので、今の生き方を続けてきました。しかし、いつかは誰もが死ぬんですよね。 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart5

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズも今回で5冊目。栞子さんと大輔の関係にも進展があり、ますます目が離せなくなっています …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

無駄なことでも誰かの役に立つかもしれない/伊坂幸太郎『フィッシュストーリー』

(※『フィッシュストーリー』表紙より)  無駄なことはやめようと思っていませんか。  もちろん、本当に無駄なことはやめた方がいいですが、無駄に思えても一生懸命にやったことは、めぐりめぐって誰かの役に立つかもしれません。 …

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』は恋愛ものが苦手な人にこそ読んでほしい小説

(※『アイネクライネナハトムジーク』表紙より)  恋愛小説はお好きですか?  私はどちらかと言えば苦手で、これまであまり読んでこなかったのですが、伊坂幸太郎さんの作品ということもあって読んでみることにしました。  結果、 …

こだわりを持って生きている?小川洋子『人質の朗読会』は不思議なのに心に残る小説

(※『人質の朗読会』表紙より)  小川洋子さんの小説『人質の朗読会』。  地球の裏側にある村で反政府ゲリラの人質になった8名は、暇つぶしに朗読を始めますが、いつの間にか自分の過去と向き合い、真剣に朗読しあうようになりまし …

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』はあらすじでは伝えきれない魅力がある小説

(※『陽気なギャングが地球を回す』表紙より)  小説を読んでいますか?  小説と一言でいっても、さまざまなタイプがありますが、ありきたりな設定で、伝えたいテーマも弱く、読み終わった後も、ぼんやりとしかあらすじが思い出せな …

心に闇がある人ほど光を演出する!?/東野圭吾『マスカレード・イブ』

(※『マスカレード・イブ』表紙より)  誰もが自己顕示欲を持っていますよね。出世したかったり、モテたかったり、贅沢な暮らしをしたかったりと、人と比べてスゴイと思われるような生活に憧れています。  しかし、その欲求の裏側に …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …