webstation plus

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」…なんて考えていませんか。

 もし、そんな甘い考えをしているようなら、垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』を読むことをおすすめします。

 きっと、農業はやめておこうって思いますよ。

 農業は想像以上に大変

 テレビで農業特集が組まれることがありますよね。そんなとき、農家のイメージを良くするためか、次のようなメリットがあると報道しています。

・地に足のついた自給自足の生活が実現できる
・機械を使えば力も体力もいらない
・地域の人たちも新規就農に協力的
・販売経路も複数ある
・田畑も安価で借りられる

 しかし、現実はそんなに甘くありません。実際は、

・農業だけでは食べていけない
・力も体力も必要な重労働
・就農しようと思ってもよそ者には非協力的
・販売経路は限られており、売り手で溢れている
・そもそも田畑を貸してくれない

 など、農家になるだけでも一苦労です。それでもどうにかして農家になっても、夫婦二人でなんとかこなせる重労働。独身女性が一人でやるのは至難の業で、収入も労働に見合いません。

 そのため、独身女性が農業を始める場合、農家に嫁ぐのが一般的なんだとか。つまり、テレビ報道は、農家に嫁いでくれる女性を募集するためのものだったんですよね。

 物語の主人公・久美子は、仕事も彼氏も失い、甘い言葉に誘われて農家を目指しますが、厳しい現実を知ってもひとりで農業を始めることにしました。農家に嫁ぎたいとは思えなかったからです。

 しかし、すぐに心が折れてしまいます。先輩や友達に比べて自分が惨めに思えたからです。ところが…。

 結婚しても、他の仕事をしても悩みは消えない

 農業以外の仕事に就いても、結婚して家事・育児に専念するようになっても、悩みが消えてなくならないことを知ります。

 久美子の大学時代の先輩・憩子や友人の瑞希も幸せそうに見えて、実は悩みを抱えていることに気づいたからです。

 憩子はオーストラリアで働くキャリアウーマン。今はオーストラリア人の男性と同棲しています。

 こう聞くと幸せな毎日を過ごしているように思えますが、実際は仕事が忙しくて、服装や身だしなみを整える時間もありません。同棲相手の両親からは「アジア人との結婚は許さない!」と猛反対されています。

 結婚を機に専業主婦になった瑞希も、家族との幸せな暮らしぶりや家庭菜園の様子、手作りのお菓子などをブログに載せていましたが、現実はまったく違っていました。幸せアピールをしていただけです。

 つまり、何をするにしても、悩みや苦労があるということ。久美子は、他人を羨ましがるのではなく、目の前にある現実に向き合っていくしかないことに気づきました。そこで彼女は…。

 厳しい現実に立ち向かうには人とのつながりが重要

 他人と協力しながら厳しい現実に立ち向かっていきます。

 憩子やそのお母さん、農家のおばあちゃんや瑞希など大勢の人を巻き込んで幸運を掴んでいくんですよね。

 そんな彼女の姿を見ていると、人とのつながりを改めて大切にしたいと思えます。忙しいからと言い訳をするのではなく、人とのつながりを大切にしながら、個性を発揮しながら、目の前にある課題を乗り越えていこうと思えるんですよね。

 そうすれば、自分だけでなく、周りにいる人たちも幸せに出来るかもしれません。

 ◆

 垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。今の仕事がキツイからといってすぐに諦めるのではなく、人とのつながりを大切にしながら乗り越えていこうと思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでください。

 関連記事

学生のバカなノリはお好きですか?/伊坂幸太郎『砂漠』感想

 学生ってバカですよね。私の知り合いの大学教授も言っていましたが、視野が狭いので簡単に騙せます。  しかし、学生たちは、何ひとつ経験していないクセに、何でもできると勘違いしているんですよね。そんな学生たちのバカなノリを描 …

普通って何?村田沙耶香『コンビニ人間』は自分らしく生きる女性を描いた小説

(※『コンビニ人間』表紙より)  2016年に芥川賞を受賞した小説『コンビニ人間』。  普通とは何か?自分らしく生きるとはどういうことか?など、いろいろ考えさせられる物語です。あまりの面白さに一気読みしてしまうこと間違い …

春ちゃんが結婚!?畠中恵『ねこのばば』は魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説

(※『ねこのばば』表紙より)  畠中恵さんの小説『ねこのばば』。  しゃばけシリーズ第3弾の本作は、魅力あるキャラクターが多数登場する時代小説です。ついに若だんなの幼馴染・春ちゃんが結婚する!?  今回は『ねこのばば』の …

厳しい現実に立ち向かうには哲学とユーモアが必要/伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』感想

 アパートに引っ越してきた大学生が隣の住人から「一緒に本屋を襲わないか?」と誘われて始まる物語。そんな意味不明な幕開けをする小説が伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』です。  物語全体もかなり現実離れしています …

大人をバカにする中学生への正しい対処法/伊坂幸太郎『マリアビートル』感想

 ムカつく中学生っていますよね。大したことも出来ないくせに、大人をバカにしたり、見下したり、暴言を吐いたり…。  そんな生意気な中学生にはどのように対処すればいいのでしょうか。  もちろん、痛い目に合わせるしかありません …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart8

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ8冊目は栞子さんと大輔が結婚した後の世界が描かれている番外編。  これまで登場してきた人 …

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …