webstation plus

(※『農ガール、農ライフ』表紙より)


 垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。

 「今の仕事がキツイから農業でも始めようかなぁ」「退職後に農業でも始められたらいいなぁ」と漠然と考えている人たちに、厳しい現実を教えてくれる物語です。

 読めば「目の前のことに真剣に取り組もう!」と思えること間違いなし!?

 今回は『農ガール、農ライフ』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 小説『農ガール、農ライフ』のあらすじ

 32歳の水沢久美子(みずさわ くみこ)は、派遣切りに遭ったその日に同棲相手から別れを切り出されました。彼に浮気相手がいたからです。

 もちろん、久美子は怒りましたが、時すでに遅し。過去に彼のプロポーズを断ったことが原因だったからです。

 翌日から新たな仕事と住処を探し始めた久美子。しかし、安定した仕事は見つからず、保証人のいない独身女性に家を貸してくれる不動産屋はありませんでした。

 そんな彼女に一筋の光が。テレビ特集『農業女子』によると、農業を始めれば安定した仕事と住処が簡単に手に入る!?早速、動き出した久美子でしたが――。

 農業は想像以上に大変!?

 テレビ特集によると、独身女性が農業を始める場合、

・地に足のついた自給自足の生活が実現できる
・機械を使えば力も体力もいらない
・地域の人たちも新規就農に協力的
・販売経路も複数ある
・田畑も安価で借りられる

 など、いいことづくめだと報道していましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。実際は、

・農業だけでは食べていけない
・力も体力も必要な重労働
・就農しようと思ってもよそ者には非協力的
・販売経路は限られており、売り手で溢れている
・そもそも田畑を貸してくれない

 など、農家になるだけでも一苦労。たとえ農家になれたとしても、夫婦二人でなんとかこなせる重労働を一人でやるのは至難の業で、収入も労働に見合いません。

 そのため、独身女性が農業を始める場合、農家に嫁ぐのが一般的なんだとか。しかし、久美子は自らの力で生計を立てようと奮闘します。

 読み進めていくうちに、「今の仕事は農業よりもラクかも!?もっと頑張ろう!」と思える物語です。

 結婚しても、他の仕事をしても悩みは消えない!?

 とはいえ、農業以外の仕事に就いても、結婚して家事・育児に専念するようになっても、悩みが消えてなくなるわけではありません。

 久美子の大学時代の先輩・山藤憩子(やまふじ けいこ)や片桐瑞希(かたぎり みずき)も幸せそうに見えて、実は悩みを抱えていました。

 憩子はオーストラリアで働くキャリアウーマン。今はオーストラリア人の男性と同棲しています。

 こう聞くと幸せな暮らしをしているように思えますが、実際は仕事が忙しすぎて、服装や身だしなみを整える時間もありません。同棲相手の両親からは「アジア人となんて結婚するな!」と猛反対されています。

 結婚を機に専業主婦になった瑞希も、家族との幸せな暮らしぶりや家庭菜園の様子、手作りのお菓子などをブログに載せていますが、現実はそんなに甘いものではありませんでした。

 つまり、何をするにしても、悩みや苦労があるということ。他人を羨ましがるのではなく、目の前にある現実に向き合っていくしかないということですね。今がツラくても「もう少し頑張ってみよう!」と思える物語です。

 人との繋がりが大切!?

 では、どうやってこのツライ現実に立ち向かっていくのか。それには他人の助けが必要です。

 久美子も、憩子や彼女の母、農家のおばあちゃんや瑞希など大勢の人に助けられ、幸運を掴んでいきました。

 人との繋がりが大切だとは誰もがわかっていますが、忙しい毎日を過ごしていると忘れてしまいがち。改めて、人との繋がりを大切にしていこうと思える物語です。

 最後に

 垣谷美雨さんの小説『農ガール、農ライフ』。農業の厳しさを知り、「目の前のやるべきことに向き合っていこう!」と思える小説です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

人の不幸の上に幸せは築けない!?東野圭吾『容疑者Xの献身』は泣ける小説

(※『容疑者Xの献身』表紙より)  東野圭吾さんの小説『容疑者Xの献身』。  数学教師の石神が隣の部屋に住む女性を守るために、人生をかけて献身する物語です。読めば「人の不幸の上に幸せを築くことなんてできない」と思うこと間 …

なぜ私たちはアナログな人間関係を求めるのか?/ビートたけし『アナログ』感想

(※『アナログ』表紙より)  メールやLINE、SNSでどれだけやりとりをしても、なぜだか寂しい…。そんなことありませんか。  それは私たちがアナログな世界で生きているからです。多くのものがデジタル化されるほど、私たちは …

終わりがある方が面白いのはなぜ?畠中恵『ちんぷんかん』感想

(※『ちんぷんかん』表紙より)  畠中恵さんの小説『ちんぷんかん』。  しゃばけシリーズ第6弾の本作は、兄・松之助の縁談が決まったり、幼馴染・栄吉の弟子入りが決まったりと、若だんなに様々な別れが訪れる物語です。  なかで …

『ふくわらい』は幼い頃に感情を失った女性を描いた小説

(※『ふくわらい』表紙より)  西加奈子さんの小説『ふくわらい』。  この前のエントリで紹介した『コンビニ人間』の主人公とよく似た女性――他人の感情や言動が理解できない女性が、他人との関わりを通じて感情を取り戻していく過 …

モラトリアムから抜け出せてる?東野圭吾『卒業』感想

(※『卒業』表紙より)  モラトリアムから抜け出せていますか。  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方 …

自分の弱さに嫌気がさしたときに読んで欲しい小説/西加奈子『おまじない』

(※『おまじない』表紙より)  自分の弱さが嫌になることありませんか?  私はよくあります。上司に「休ませてください」と直接言いづらくて、メールで連絡したり、プレゼンの前日に緊張して眠れなかったり、スマホのゲームに夢中に …

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

『土佐堀川』は自分の悩みがちっぽけに思える小説

(※『土佐堀川』表紙より)  古川智映子さんの小説『土佐堀川』。  NHK連続テレビ小説「あさが来た」の原作で、広岡浅子さんの生涯を描いた物語です。読めば自分の悩みがちっぽけに思えること間違いなし!?  今回は、『土佐堀 …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

畠中恵『ぬしさまへ』は若だんなの大人になりたい想いに感動する小説

(※『ぬしさまへ』表紙より)  畠中恵さんの小説『ぬしさまへ』。  『しゃばけ』シリーズ第2弾の本作は、病弱で両親や妖怪たちから甘やかされて育った若だんなが大人になりたいと強く願う物語です。読めば自分も頑張ろうと思えるこ …