webstation plus

(※『騙し絵の牙』表紙より)


 仕事に人生をかけてますか?

 私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。

 「成し遂げたいことがある」なんてカッコいいセリフは、しばらく吐けそうにないんですよね。

 塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』は、雑誌の編集長・速水輝也が仕事に人生をかけて奮闘する物語です。読めば、胸が熱くなること間違いなし!?

 今回は『騙し絵の牙』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『騙し絵の牙』のあらすじ

 大手出版社で『トリニティ』というカルチャー雑誌の編集長を務める速水輝也。彼は誰からも愛される人気者で、才能溢れる人物でした。

 しかし、ある日。上司から呼び出された速水は、『トリニティ』が廃刊の危機にあることを知ります。

 出版業界が置かれている現状を考えると、仕方ないことのようにも思えますが、速水は何としてでも廃刊を取り下げてもらえるよう行動しました。なぜなら――。

 驚きの結末が待っている物語です。

 『騙し絵の牙』のおすすめポイント

1. 大泉洋さんが思い浮かぶ小説

 『騙し絵の牙』は、大泉洋さんをあてがきした小説です。

 私は初めて「あてがき」というものを知りましたが、役を演じる俳優をあらかじめ決めておいてから脚本(小説)を書くことだそうです。

 たしかに、速水輝也は大泉洋さんにしか思えません。

 場の盛り上げ方や気まずい空気の乗り越え方、他人を責めないところ、そして次々と不幸な出来事に見舞われるところなど、大泉洋さんのイメージそのものです。

 著者の塩田武士さんは、とても大泉洋さんが好きなんでしょうね。

 映画化されることも決まったので、映画を観る前に、頭の中で大泉洋さんを動かしてみてはどうでしょうか。

2. 速水の奮闘に胸が熱くなる

 雑誌の編集長は、想像以上に大変な仕事です。

 特集や記事の企画立案から始まり、取材のときはライターやカメラマン、メイクやスタイリストに仕事を依頼して撮影用のスタジオを押さえます。

 もちろん、インタビューの現場にも立ち会い、取材後はデザイナーに誌面の設計図となる「ラフ」の作成を発注。

 試し刷りした「ゲラ」と呼ばれる誌面で「初稿」「再校」と二重に原稿をチェックして、無事雑誌が発行された後は経費請求書などの事務処理をします。

 それに加えて、付き合いの酒席も入ると…。年中目が回る忙しさですよね。

 速水はそれに加えて、部下の不始末の尻拭いをしたり、大物作家に頭を下げたり、テレビマンに鼻であしらわれたりします。さらに、妻との関係が悪くなり、娘とも離れ離れに。

 それでも雑誌編集長として奮闘する速水の姿をみていると、自分の仕事なんて大したことない!?と思えてくるんですよね。

 どれだけ困難が降りかかってきても、前を向いて歩み続ける速水の姿に感動する物語です。

3. 最後は大泉洋さんに騙される

 帯にも書かれていますが、最後の最後で大泉洋さんに騙されます。

 ほんの数ページで物語が違う一面を見せるのは、さすがとしか言いようがありません。驚くこと間違いなし!?

 最後に

 塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』。読めば、仕事に人生をかけるのもカッコいいかも!?と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

臆病は伝染する。そして勇気も伝染する/伊坂幸太郎『PK』感想

 タイムパラドックスを描いた小説。それが伊坂幸太郎さんの『PK』です。  この小説は3つの短編で構成されているのですが、タイムパラドックスを念頭に置いて順番を並び替えると、まるで一つの長編のような物語が出来上がるんですよ …

サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?/伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

性格の悪さを隠すとさらに性格が悪くなる理由

(※『ジーキル博士とハイド氏』表紙より)  性格の悪さを隠していませんか?  誰もが他人に良く見られたいという思いから、性格の悪さを隠し、自分の良さをアピールして生きていますが、悪い性格を隠せば隠すほど、さらに性格が悪く …

父親の役割ってなに?/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

 結婚して子どもが生まれると「やるべきこと」が驚くほど増えますよね。  仕事をするのは当たり前として、子どもと遊んだり、勉強を教えたり、買い物に行ったりと、子どもと共に行動する日々が続きます。  これで本当に子育てができ …

ソ連という国についてどれだけ知っていますか?/本城雅人『崩壊の森』感想

 ソ連という国についてどれだけ知っていますか?  私は共産主義であるソ連に対して、なんとなく恐ろしいイメージを持っていましたが、『崩壊の森』を読んで、その恐ろしさが倍増しました。  私が想像していた以上に恐ろしい国なんで …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

自分らしさなんて追い求めるものじゃない

(※『地球星人』表紙より)  自分らしく生きていますか?  私は自分らしく生きていると思っていましたが、村田沙耶香さんの小説『地球星人』を読んで「自分らしさとは何なんだろう」と考えるようになりました。  というよりも、む …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …