webstation plus

(※『騙し絵の牙』表紙より)


 仕事に人生をかけてますか?

 私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。

 「成し遂げたいことがある」なんてカッコいいセリフは、しばらく吐けそうにないんですよね。

 塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』は、雑誌の編集長・速水輝也が仕事に人生をかけて奮闘する物語です。読めば、胸が熱くなること間違いなし!?

 今回は『騙し絵の牙』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『騙し絵の牙』のあらすじ

 大手出版社で『トリニティ』というカルチャー雑誌の編集長を務める速水輝也。彼は誰からも愛される人気者で、才能溢れる人物でした。

 しかし、ある日。上司から呼び出された速水は、『トリニティ』が廃刊の危機にあることを知ります。

 出版業界が置かれている現状を考えると、仕方ないことのようにも思えますが、速水は何としてでも廃刊を取り下げてもらえるよう行動しました。なぜなら――。

 驚きの結末が待っている物語です。

 『騙し絵の牙』のおすすめポイント

1. 大泉洋さんが思い浮かぶ小説

 『騙し絵の牙』は、大泉洋さんをあてがきした小説です。

 私は初めて「あてがき」というものを知りましたが、役を演じる俳優をあらかじめ決めておいてから脚本(小説)を書くことだそうです。

 たしかに、速水輝也は大泉洋さんにしか思えません。

 場の盛り上げ方や気まずい空気の乗り越え方、他人を責めないところ、そして次々と不幸な出来事に見舞われるところなど、大泉洋さんのイメージそのものです。

 著者の塩田武士さんは、とても大泉洋さんが好きなんでしょうね。

 映画化されることも決まったので、映画を観る前に、頭の中で大泉洋さんを動かしてみてはどうでしょうか。

2. 速水の奮闘に胸が熱くなる

 雑誌の編集長は、想像以上に大変な仕事です。

 特集や記事の企画立案から始まり、取材のときはライターやカメラマン、メイクやスタイリストに仕事を依頼して撮影用のスタジオを押さえます。

 もちろん、インタビューの現場にも立ち会い、取材後はデザイナーに誌面の設計図となる「ラフ」の作成を発注。

 試し刷りした「ゲラ」と呼ばれる誌面で「初稿」「再校」と二重に原稿をチェックして、無事雑誌が発行された後は経費請求書などの事務処理をします。

 それに加えて、付き合いの酒席も入ると…。年中目が回る忙しさですよね。

 速水はそれに加えて、部下の不始末の尻拭いをしたり、大物作家に頭を下げたり、テレビマンに鼻であしらわれたりします。さらに、妻との関係が悪くなり、娘とも離れ離れに。

 それでも雑誌編集長として奮闘する速水の姿をみていると、自分の仕事なんて大したことない!?と思えてくるんですよね。

 どれだけ困難が降りかかってきても、前を向いて歩み続ける速水の姿に感動する物語です。

3. 最後は大泉洋さんに騙される

 帯にも書かれていますが、最後の最後で大泉洋さんに騙されます。

 ほんの数ページで物語が違う一面を見せるのは、さすがとしか言いようがありません。驚くこと間違いなし!?

 最後に

 塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』。読めば、仕事に人生をかけるのもカッコいいかも!?と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

異なるジャンルの短編がゆるくつながる小説/伊坂幸太郎『ジャイロスコープ』感想

 伊坂作品の特徴といえば、至るところに散りばめられた伏線がすべて回収されていくところですよね。  これは短編でも長編でも同じです。複数の物語がゆるやかにつながっていき、読了後には必ず驚きとスッキリ感が味わえます。  もち …

今すぐ近所の食堂に通いたくなる小説/山口恵以子『食堂のおばちゃん』感想

(※『食堂のおばちゃん』表紙より)  外食していますか?  私は美味しい食事を取るために外食してきましたが、『食堂のおばちゃん』を読んでお店の人とコミュニュケーションを取るために外食するのもありかなと思うようになりました …

あなたの大切なものは何ですか?/小野寺史宜『ひと』感想

 あなたにとって大切なものは何ですか?お金や車、学歴や地位、家族などいろいろあると思います。なかでも私が大切にしているのは自由です。  たとえば、他人を自分の思い通りに動かそうとする人がいますよね。行きたくもない場所に無 …

他人の不幸を求めている人へ/木皿泉『カゲロボ』感想

 他人の不幸を望んでいませんか。  もしそうだとしたら、心が傷だらけの証拠。今すぐ癒される何かに触れるべきです。  たとえば、木皿泉さんの小説『カゲロボ』などはいかがでしょうか。  人の不幸をみて安心したい   …

東野圭吾『予知夢』は科学談義が面白いミステリー小説

(※『予知夢』表紙より)  東野圭吾さんの小説『予知夢』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。前回紹介した『探偵ガリレオ』の続編。今 …

サイコパスと闘えるのはサイコパスだけ?/伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

 サイコパスっていますよね。彼らは良心を持たないので、好き放題に振舞っています。  たとえば、多くの人を殺したにも関わらず少年法に守られて今も平然と暮らしている殺人鬼。彼は成人してからも被害者家族を侮辱するような本を出し …

心揺さぶられる物語!?浅田次郎『おもかげ』は定年退職を迎えたサラリーマンが人生を振り返る小説

(※『おもかげ』表紙より)  浅田次郎さんの小説『おもかげ』。  定年を迎えたサラリーマン・竹脇正一が、送別会の帰りに倒れ、病院内で不思議な体験を繰り返す物語です。  読めば、彼の生き様や家族の温かさに心揺さぶられること …

今の生き方でどれくらい生きるつもり?/伊坂幸太郎『終末のフール』感想

 伊坂幸太郎さんの小説には死をテーマにした物語がいくつかあります。中でも私が好きな小説が『死神の精度』と『終末のフール』。  実はこの二つ。死に対するアプローチが違っているんですよね。どこが違うかと言うと…。 &nbsp …

悩みにどう向き合う?畠中恵『おまけのこ』は優しさと哀しさに満ち溢れた小説

(※『おまけのこ』表紙より)  畠中恵さんの小説『おまけのこ』。  しゃばけシリーズ第4弾の本作は、若だんなや幼馴染の栄吉、お雛ちゃんたちが自分の悩みにゆるく向き合う時代小説です。  読めば彼らの優しさと哀しさに心動かさ …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart7

(※『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもついに7巻目。とうとう完結です。  栞子さんの母が家を出て行った理由が明らかになり、 …