webstation plus

(※『騙し絵の牙』表紙より)


 仕事に人生をかけてますか?

 私はかけていません。仕事の悩みは星の数ほどありますが、どれも「叱られたくない!」というネガティブな感情からスタートしています。

 「成し遂げたいことがある」なんてカッコいいセリフは、しばらく吐けそうにないんですよね。

 塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』は、雑誌の編集長・速水輝也が仕事に人生をかけて奮闘する物語です。読めば、胸が熱くなること間違いなし!?

 今回は『騙し絵の牙』のあらすじとおすすめポイントを紹介します。

 『騙し絵の牙』のあらすじ

 大手出版社で『トリニティ』というカルチャー雑誌の編集長を務める速水輝也。彼は誰からも愛される人気者で、才能溢れる人物でした。

 しかし、ある日。上司から呼び出された速水は、『トリニティ』が廃刊の危機にあることを知ります。

 出版業界が置かれている現状を考えると、仕方ないことのようにも思えますが、速水は何としてでも廃刊を取り下げてもらえるよう行動しました。なぜなら――。

 驚きの結末が待っている物語です。

 『騙し絵の牙』のおすすめポイント

1. 大泉洋さんが思い浮かぶ小説

 『騙し絵の牙』は、大泉洋さんをあてがきした小説です。

 私は初めて「あてがき」というものを知りましたが、役を演じる俳優をあらかじめ決めておいてから脚本(小説)を書くことだそうです。

 たしかに、速水輝也は大泉洋さんにしか思えません。

 場の盛り上げ方や気まずい空気の乗り越え方、他人を責めないところ、そして次々と不幸な出来事に見舞われるところなど、大泉洋さんのイメージそのものです。

 著者の塩田武士さんは、とても大泉洋さんが好きなんでしょうね。

 映画化されることも決まったので、映画を観る前に、頭の中で大泉洋さんを動かしてみてはどうでしょうか。

2. 速水の奮闘に胸が熱くなる

 雑誌の編集長は、想像以上に大変な仕事です。

 特集や記事の企画立案から始まり、取材のときはライターやカメラマン、メイクやスタイリストに仕事を依頼して撮影用のスタジオを押さえます。

 もちろん、インタビューの現場にも立ち会い、取材後はデザイナーに誌面の設計図となる「ラフ」の作成を発注。

 試し刷りした「ゲラ」と呼ばれる誌面で「初稿」「再校」と二重に原稿をチェックして、無事雑誌が発行された後は経費請求書などの事務処理をします。

 それに加えて、付き合いの酒席も入ると…。年中目が回る忙しさですよね。

 速水はそれに加えて、部下の不始末の尻拭いをしたり、大物作家に頭を下げたり、テレビマンに鼻であしらわれたりします。さらに、妻との関係が悪くなり、娘とも離れ離れに。

 それでも雑誌編集長として奮闘する速水の姿をみていると、自分の仕事なんて大したことない!?と思えてくるんですよね。

 どれだけ困難が降りかかってきても、前を向いて歩み続ける速水の姿に感動する物語です。

3. 最後は大泉洋さんに騙される

 帯にも書かれていますが、最後の最後で大泉洋さんに騙されます。

 ほんの数ページで物語が違う一面を見せるのは、さすがとしか言いようがありません。驚くこと間違いなし!?

 最後に

 塩田武士さんの小説『騙し絵の牙』。読めば、仕事に人生をかけるのもカッコいいかも!?と思える物語です。

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

三浦しをん『愛なき世界』感想/何よりも知識欲が強い研究者に愛はあるのか!?

 私たち人間の三大欲求は、「食欲」と「睡眠欲」、そして「性欲」だと言われています。しかし、この三大欲求を上回る「知識欲」を持っている人たちがいるんですよね。  三浦しをんさんの小説『愛なき世界』に登場する人たちもそのひと …

犯人を追いつめるだけじゃない!?東野圭吾『虚像の道化師』は心に残る短編小説

(※『虚像の道化師』表紙より)  東野圭吾さんの小説『虚像の道化師』。  ガリレオシリーズ第7弾の本作は、犯人を追い詰めるだけじゃない短編ミステリー小説です。読めば、きっと心に残る短編に出会えるはず!?  今回は『虚像の …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

今村夏子『むらさきのスカートの女』感想/自分の目を通して見たものが全てではない

 自分の目を通して見たものや感じたことが全てだと思っていませんか?  もちろん、誰にでもそういうところはありますが、それが行き過ぎると、今村夏子さんの小説『むらさきのスカートの女』の主人公のようになってしまいます。  あ …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラー好きにおすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。  残 …

コメディとしても楽しめるミステリー小説/伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』感想

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。  もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャング …

有川浩『別冊図書館戦争1』感想/図書館はそれほど安全な場所じゃない

 図書館と聞くと安全なイメージがありますよね。  しかし、図書館は誰でも利用できるので、それほど安全な場所ではありません。むしろ、安心している分だけ余計に危険かもしれないんですよね。  有川浩さんの小説『別冊図書館戦争1 …

病弱でも強くなれる!?畠中恵『しゃばけ』は妖怪が活躍するミステリー小説

(※『しゃばけ』表紙より)  10年ほど前に買った畠中恵さんの小説『しゃばけ』。  久しぶりに読みましたが、病弱なのに難題に立ち向かう若だんなの姿に感動しました。読めば自分も頑張ろうと思えること間違いなし!?  今回は『 …

誰とでも対等に付き合ってる?/伊坂幸太郎『チルドレン』感想

 誰とでも対等に付き合っていますか?  私は対等に付き合っていると思っていましたが、伊坂幸太郎さんの小説『チルドレン』を読んで反省しました。自分より能力が劣っていると思っている人たちに対して、上から目線で接していることに …