webstation plus

(※『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』表紙より)


 失敗していますか?

 エジソンは失敗王と呼ばれるほど数多くの失敗をしてきたそうですが、彼に限らず多くの偉人たちは失敗を乗り越えて成功にたどり着いています。

 つまり、失敗すること自体は悪いことではなく、その後の対応で命運が大きくわかれるのです。

 では、どうすれば偉人たちのように失敗から成功を生み出せるのでしょうか。

 今回は『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』を参考にその方法を考えてみたいと思います。

 『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』ってどんな本?

 スティーブ・ジョブズやベートベン、孔子といった24人の偉人たちの人生を参考に、失敗から成功を生み出す方法を紹介した本です。

 子ども向けに書かれている本なので、とても読みやすいんですよね。

 それだけでなく、偉人たちの人生の「さわり」が紹介されているので、彼らの人生をもっと詳しく知りたくなります。

 失敗から成功を生み出す方法だけでなく、歴史にも興味が持てる本です。

 失敗から成功を生み出すために偉人たちがやってきた3つのこと

1. めげずにやり続ける

 あの有名ブランドを立ち上げたシャネルも失敗を犯しています。時間をかけて準備をし、ファッションショーを開いたのに、「古くさい」「昔流行った服ばかりね」と厳しい批判にさらされた時期がありました。

 彼女はフランスでファッションデザイナーとして活躍していましたが、戦争が始まると誰もファッションに興味を持たなくなります。そこで彼女は55歳でデザイナーを辞めました。

 しかし、その15年後。戦争が終わると、シャネルは再びデザイナーとして活動を始めます。シンプルで動きやすく、それでいて上品な服を流行らせようとしたのです。

 ところが、結果は酷いものでした。当時、流行っていた服が、女性の体をより美しく見せようとするものだったこともあり、シャネルのデザインが古臭く感じたのです。

 しかし、彼女は諦めませんでした。めげずに次々と新作を発表していきます。そして、ついに彼女の服はアメリカで認められたのです。

 シャネルのように批判されても、めげずに行動し続ければ、認められる場所が見つかるかもしれません。

 ただし、その頑張りは並大抵のものではダメ。1000回断られても営業を続けたカーネルサンダースのように、耳が聞こえなくなっても歯でピアノの振動を感じて作曲を続けたベートーベンのように、成功するまで行動し続ける強い意志が必要です。

 その意思さえあれば、失敗から成功を生み出すことができます。

2. 自分の想いをストレートに伝える

 明治から昭和にかけて「女性の気持ち」を短い歌で表現し、一躍時の人になった与謝野晶子。しかし、彼女も日本中から大バッシングを浴びせられるような失敗を犯しています。

 それが「君死にたまふことなかれ」という歌の発表でした。

 当時の日本は、清との戦争に勝ち、ロシアと戦争している最中でした。そんな状況で、「ああ弟よ、死なないでね。人を殺してはダメだよ」という歌を発表したため、日本中から大バッシングを受けたのです。

 しかし、そんな声に負ける彼女ではありませんでした。「戦争だから死ねという考えの方がよっぽど危険だ」と反論していきます。

 こうして自分の意見をハッキリ表明していくことで、彼女は歌人としての地位を高めることに成功したのです。

 私を含め多くの人は、大勢から批判されると心が折れてしまいがちです。

 しかし、自分の素直な想いを貫けば必ず誰かに認められます。孔子も何一つ成し遂げたことはありませんでしたが、本物の言葉を発し続けていたので、これほどまでに世に広まったのです。

 自分の気持ちを素直に伝えることが大切なんですね。

3. 徹底的にこだわる

 世界の黒澤をご存知ですか。

 日本がまだ世界と戦えるだけの実力がない時代に、世界中から高い評価を受ける映画を作った人物です。

 黒澤監督のこだわりは凄まじいものでした。ただ歩くだけのシーンでも自分のイメージに合うまで何度も撮り直したり、馬に乗るシーンでは理想の馬を作るために何ヶ月も前から馬のトレーニングをしたりしました。

 こうして世界中から高い評価を受ける映画を作った黒澤監督でしたが、あまりにも時間とお金がかかるため、映画会社から協力を断られてしまいます。これが彼の失敗です。

 しかし、そんな彼を救ったのはロシアでした。以前、ドフトエフスキーの映画『白痴』を撮影した黒澤を高く評価していたロシアが援助を申し出てきたのです。

 つまり、徹底的にこだわり、人の心を揺さぶるだけの作品を作り続ければ、必ず誰かが助けてくれるのです。

 あのスティーブ・ジョブズもそうです。彼はワガママな人間で会社から追い出されたこともありましたが、こだわりを持って生み出した製品の数々は今でも多くの人に愛されています。

 成功するまで自分を信じて行動することが大切なんですね。

 最後に

 今回は『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』を参考にどうすれば偉人たちのように失敗から成功を生み出せるのか考えてきました。

 結局は、何があっても自分を信じ、諦めずに徹底的に行動することが成功への道だとわかります。そうすれば多くの失敗も意味があるものになるんですよね。

 より詳しい内容が知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

 関連記事

エンジニアとして生き残るには/『How Google Works』

 「グーグルが成功した最大の理由の一つは、事業計画が実はまったく計画らしくなかったことにある」と、グーグルの会長であるエリック・シュミット氏は言う。  実際に、グーグルでは、財務予想や収入源に関する議論などしない。ユーザ …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

仕事が多すぎて遊びたいのに遊べない…と悩んでいる人におすすめの本

(※『大人はもっと遊びなさい』表紙より)  大人になってから遊んでいますか?  以前、このブログで紹介した本『死ぬときに後悔すること25』によると、「仕事ばかりで趣味に時間を割けなかった」ことを後悔している人が大勢いるそ …

残業しても評価されない時代がやってきた!?

 週休三日と聞いてどう思いますか?  「休みが増えて嬉しい!」と思う人もいるでしょうが、それほど単純な話ではありません。これまでと同じ成果を出しながら休まなくてはいけないからです。  ヤフーではすでに2017年4月から子 …

なぜ、仕事に行きたくないの?お金のための仕事、楽しむための仕事

(※『仕事。』表紙より)  「バスケがしたいです」  『スラムダンク』に登場する三井寿がグレて仲間に迷惑をかけていた理由を安西先生に告白する言葉です。心からバスケがしたいって思いが伝わってきますよね。  では、この言葉と …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

「グーグルの働き方」が当たり前の時代がやってくる

 グーグルの社員は、実力がある人たちばかりだと言われていますよね。たとえば、35歳でグーグルに転職し、グーグルマップに写真を組み込むプロジェクトを牽引した徳生健太郎さんは、  「グーグルに入社したときは、本当に衝撃を受け …

サラリーマンを極めることが独立・起業の成功につながる

 誰もが一度は夢見る独立・起業。「誰にも束縛されずに自由に生きていきたい」と思うのは自然な欲求だが、フリーランスとして働いても自由になれるとは限らない。むしろ、会社員として働いていたときよりも自由になれないケースさえある …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

自分らしく生きるために必要な力/『直感力』

 私たちは「お昼ご飯」から「結婚相手」にいたるまで、さまざまなことを自由に選択することができる。しかし、「お昼ご飯」でも「結婚相手」でも、すべての選択肢を検討することなどできない。そんなことをしていては、どれだけ時間があ …