webstation plus

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。

 もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。

 今回は、本『英雄の書』を参考に、「なぜ、失敗が成功を生み出すのか?」について考えてみたいと思います。

 脳は失敗によって学習する!?

 私たちの脳は、電気回路でできています。

 脳内には、天文学的な神経回路が存在し、必要なときに必要な回路にだけ電気信号を流すことで、考えたり、行動したりしています。

 ところが、脳の使い方によっては、流れて欲しくない回路にまで電気信号が流れてしまうのだとか。

 その一番の要因が失敗への対処法。失敗を失敗と思わなかったり、必要以上にあれこれ悩んでいると、失敗回路に電気信号が流れ続けてしまう――脳が学習しなくなるんですね。

 反対に、正しく失敗に対応すれば、脳は失敗に使われた関連回路に電気信号を流れにくくします。その結果、成功体験が積みやすくなり、成功に使われた関連回路に電気信号が流れやすくなる――脳が学習するわけです。

 というわけで、脳を進化させるには失敗への対処法がとても大切になります。以下、その方法を3つだけ紹介します。

 1.「失敗」を他人のせいにしない

 失敗したとき、他人のせいにしていませんか。

「私はちゃんとやったのに!?」
「あの人が悪いんだ!?」

 などなど。しかし、他人のせいにすると、脳は失敗だと認識しなくなり、回路を更新してくれません。せっかく痛い思いをしたのに、もったいないですよね。

 だからこそ、どんな失敗でも自分にも責任があると考えることが大切。そうすれば脳は失敗回路を遮断してくれます。

 2. 過去の「失敗」にくよくよしない

 失敗を失敗と認識しても、あれこれ悩んでいては、せっかく切り離そうとした回路がつながってしまいます。

 失敗を反省したら、次に向かって進むことが大切なんですね。

 そのため、「前に失敗したから、次はそうしないようにしよう!?」という考え方も、失敗回路を復活させるキッカケになるのでダメ。

 失敗に思いっきり反省したら、思い出すのはやめましょう。

 3. 未来の「失敗」におどおどしない

 未来のことをあれこれ心配していませんか。

 もし、そうだとしたら、脳は失敗に向かって歩みはじめます。ありもしない失敗回路をつくりはじめるのです。

 その結果として失敗する確率が高くなる。だからもっと未来が不安になる…。まさに負の連鎖。

 未来がどうなるかは誰にもわかりません。あれこれ悩むのはやめて、今を楽しみましょう。こちらのエントリでも紹介しています。

 最後に

 今回は、本『英雄の書』を参考に、脳を進化させる失敗への対処法を紹介しました。本書には他にも「創造する脳には『孤高』が必要」「嫌われることを恐れない」など、脳を進化させる方法が盛りだくさん!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

「運が良い人たち」は見向きもせず、「運が悪い人たち」が共通して求めているものとは?

 私たちは、誰一人として同じ脳を持っていません。  両親の遺伝子の掛け合わせによって生じる存在としての個性があり、さらに、人生最初の三年間に与えられた環境によって、脳の神経回路に偏りが生じるからです。  ここでいう脳の神 …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …

「悩む必要のない」ことで悩んでいませんか?

 悩みって本当に尽きないですよね。 自分のやりたいことが見つからない 頑張っているのに誰も認めてくれない 同じ失敗を何度も繰り返してしまう  などなど。もし、このような悩みを抱えているようなら、「前提」を疑ったほうが良い …

なぜ、速読に挑戦してもほとんどの人が失敗してしまうのか?

 あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。  とは、スティーブ・ジョブズの言葉ですが、この言葉どおり私たちの人生には限りがあります。そこで、本を読む必要に迫られている人たちや多 …

悩みから逃げちゃダメ/仕事の不安を今すぐ取り除く方法

 新しい職場に異動してから3週間が経過したのですが、いまだに新しい職場に馴染めず、6kg近く痩せてしまいました。以前の職場に比べて求められている仕事の質と量が圧倒的に違っていたからです。  そこで、前の職場の先輩や友人た …

年を取ると時間が経つのが速いと感じるのはなぜ?3つの仮説で考察

 大人になってから、あっという間に一日が過ぎていきませんか。朝起きて仕事をはじめたと思ったら、すぐにお昼ご飯。その後も、会議に出たり、電話をしたり、パソコンに向かっているだけで、気づいたときにはすでに夜。あとは、家に帰っ …

「できない人」が「できる人」との差を簡単に縮める方法

 「できる人」と「できない人」の差は、実はそれほど大きくない。できる人とは、「誰にもマネできないような大きな仕事を成し遂げられる人」のことではなく、「多くの人が意外とできていない基本をきっちりとしている人」のことだからだ …

「早起き」に挫折した人がとるべきたった一つの行動

 「早起きした方がいいですよ!」と主張している本には、大抵「夕方以降にカフェインを取ってはいけません。寝つきが悪くなるからね」と書かれています。しかし、私は寝る直前にコーヒーを飲んでも、一瞬で深い眠りにつけるんですよね。 …

「家賃と同じだから」ではダメ/失敗しないマイホームの選び方

 「家が欲しい」と思っても、何から手をつけていいのかわからない。家を買ったら将来が不安定になってしまいそう。そんなふうに思っていませんか。  私はそう思っていました。家賃と同じくらいの返済額にすれば「家を買っても大丈夫」 …