webstation plus

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。

 もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。

 今回は、本『英雄の書』を参考に、「なぜ、失敗が成功を生み出すのか?」について考えてみたいと思います。

 脳は失敗によって学習する!?

 私たちの脳は、電気回路でできています。

 脳内には、天文学的な神経回路が存在し、必要なときに必要な回路にだけ電気信号を流すことで、考えたり、行動したりしています。

 ところが、脳の使い方によっては、流れて欲しくない回路にまで電気信号が流れてしまうのだとか。

 その一番の要因が失敗への対処法。失敗を失敗と思わなかったり、必要以上にあれこれ悩んでいると、失敗回路に電気信号が流れ続けてしまう――脳が学習しなくなるんですね。

 反対に、正しく失敗に対応すれば、脳は失敗に使われた関連回路に電気信号を流れにくくします。その結果、成功体験が積みやすくなり、成功に使われた関連回路に電気信号が流れやすくなる――脳が学習するわけです。

 というわけで、脳を進化させるには失敗への対処法がとても大切になります。以下、その方法を3つだけ紹介します。

 1.「失敗」を他人のせいにしない

 失敗したとき、他人のせいにしていませんか。

「私はちゃんとやったのに!?」
「あの人が悪いんだ!?」

 などなど。しかし、他人のせいにすると、脳は失敗だと認識しなくなり、回路を更新してくれません。せっかく痛い思いをしたのに、もったいないですよね。

 だからこそ、どんな失敗でも自分にも責任があると考えることが大切。そうすれば脳は失敗回路を遮断してくれます。

 2. 過去の「失敗」にくよくよしない

 失敗を失敗と認識しても、あれこれ悩んでいては、せっかく切り離そうとした回路がつながってしまいます。

 失敗を反省したら、次に向かって進むことが大切なんですね。

 そのため、「前に失敗したから、次はそうしないようにしよう!?」という考え方も、失敗回路を復活させるキッカケになるのでダメ。

 失敗に思いっきり反省したら、思い出すのはやめましょう。

 3. 未来の「失敗」におどおどしない

 未来のことをあれこれ心配していませんか。

 もし、そうだとしたら、脳は失敗に向かって歩みはじめます。ありもしない失敗回路をつくりはじめるのです。

 その結果として失敗する確率が高くなる。だからもっと未来が不安になる…。まさに負の連鎖。

 未来がどうなるかは誰にもわかりません。あれこれ悩むのはやめて、今を楽しみましょう。こちらのエントリでも紹介しています。

 最後に

 今回は、本『英雄の書』を参考に、脳を進化させる失敗への対処法を紹介しました。本書には他にも「創造する脳には『孤高』が必要」「嫌われることを恐れない」など、脳を進化させる方法が盛りだくさん!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

話がつまらない社会人におすすめの「楽しく勉強する方法」

 年をとるにつれて、似たような話、古い話を何度もくりかえす方が増えますよね。私の周りにも「この前もきいたよー」ってツッコミたくなるくらい同じ話をくりかえす方がいます。老化現象でもあるので、ある程度は仕方ないのでしょうが、 …

「自己否定」をやめれば幸せになれる/がんばらない成長論

 がんばって努力して、勉強して、学んで、訓練して…。そうしないと「成長できない」と思っていませんか。私はそう思ってがんばってきました。うまくいかないのは「自分のがんばりが足りない」からだと考えてきました。  しかし、心屋 …

時間とお金が貯まる片づけ法/『トヨタの片づけ』

 もし、「片づけ」をしていないなら損をしている。多くのムダが発生しているからだ。具体的には次の四つのムダが発生している。 スペースのムダ 時間のムダ 間違えるムダ とりに行くムダ  たとえば、家事が苦手な人を例に考えてみ …

ネガティブ思考をやめる方法/『脳を最高に活かせる人の朝時間』

 私たちは本当に多くのことを考えている。「お昼ご飯は何を食べようか」「仕事が終わってから何をしようか」など、いつも何かを考えている。しかし、そのおよそ8割がネガティブな内容であることが、研究結果によって明らかになった。も …

天才アーティストに共通する「表現力」とは

 レオナルド・ダ・ヴィンチであれ、ココ・シャネルであれ、スティーブ・ジョブズであれ、天才と呼ばれるアーティストには、ある共通点がある。それは、「シンプル(=単純)に表現する」ということだ。  たとえば、シャネル。彼女は帽 …

「本を読む」だけでは結果は出ない/『お金を稼ぐ読書術』

 あなたは、なぜ、読書をするのだろうか。もし、単なる情報収集のために読書をしているようなら、もったいないことをしている。なぜなら、読書は「考える」という行為を通じて、はじめて価値が生み出せるからだ。  そもそも、情報収集 …

「子供のままでいること」をオシャレだと思っていませんか?

 クール・ジャパンという言葉が3年ほど前から使われるようになり、日本独自の文化を世界中に発信しようという流れが広がっています。なかでも「KAWAii文化」が世界中から注目されていますよね。  その代表と言われているのが、 …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「あなたの決断」は10秒前に決まっている/未来を変える思考法

 私たちは一日に「六万種類のこと」を考えている。「今日のお昼ご飯は何を食べようか」という身近なことから、「どうすればテロをなくせるのか」という難しい問題まで。  しかし、ある研究によると「私たちの思考の約95%が昨日と同 …

なぜ、億万長者はピンチになっても諦めないのか

 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである」とは、松下幸之助さんの言葉だが、過去のエントリでも紹介したように、私たちはすぐに自分の才能 …