webstation plus

 仕事や人間関係、スポーツなどで失敗したとき、あれこれ思い悩んでいませんか。

 もし、そうだとしたら、損をしているかもしれません。失敗はオシッコをするのと同じくらい当然の出来事だからです。

 今回は、本『英雄の書』を参考に、「なぜ、失敗が成功を生み出すのか?」について考えてみたいと思います。

 脳は失敗によって学習する!?

 私たちの脳は、電気回路でできています。

 脳内には、天文学的な神経回路が存在し、必要なときに必要な回路にだけ電気信号を流すことで、考えたり、行動したりしています。

 ところが、脳の使い方によっては、流れて欲しくない回路にまで電気信号が流れてしまうのだとか。

 その一番の要因が失敗への対処法。失敗を失敗と思わなかったり、必要以上にあれこれ悩んでいると、失敗回路に電気信号が流れ続けてしまう――脳が学習しなくなるんですね。

 反対に、正しく失敗に対応すれば、脳は失敗に使われた関連回路に電気信号を流れにくくします。その結果、成功体験が積みやすくなり、成功に使われた関連回路に電気信号が流れやすくなる――脳が学習するわけです。

 というわけで、脳を進化させるには失敗への対処法がとても大切になります。以下、その方法を3つだけ紹介します。

 1.「失敗」を他人のせいにしない

 失敗したとき、他人のせいにしていませんか。

「私はちゃんとやったのに!?」
「あの人が悪いんだ!?」

 などなど。しかし、他人のせいにすると、脳は失敗だと認識しなくなり、回路を更新してくれません。せっかく痛い思いをしたのに、もったいないですよね。

 だからこそ、どんな失敗でも自分にも責任があると考えることが大切。そうすれば脳は失敗回路を遮断してくれます。

 2. 過去の「失敗」にくよくよしない

 失敗を失敗と認識しても、あれこれ悩んでいては、せっかく切り離そうとした回路がつながってしまいます。

 失敗を反省したら、次に向かって進むことが大切なんですね。

 そのため、「前に失敗したから、次はそうしないようにしよう!?」という考え方も、失敗回路を復活させるキッカケになるのでダメ。

 失敗に思いっきり反省したら、思い出すのはやめましょう。

 3. 未来の「失敗」におどおどしない

 未来のことをあれこれ心配していませんか。

 もし、そうだとしたら、脳は失敗に向かって歩みはじめます。ありもしない失敗回路をつくりはじめるのです。

 その結果として失敗する確率が高くなる。だからもっと未来が不安になる…。まさに負の連鎖。

 未来がどうなるかは誰にもわかりません。あれこれ悩むのはやめて、今を楽しみましょう。こちらのエントリでも紹介しています。

 最後に

 今回は、本『英雄の書』を参考に、脳を進化させる失敗への対処法を紹介しました。本書には他にも「創造する脳には『孤高』が必要」「嫌われることを恐れない」など、脳を進化させる方法が盛りだくさん!?

 気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 関連記事

仕事ができない人ができる人になる方法/無駄な仕事は「やったフリ」で乗り切ろう!?

 仕事の成果を出していますか?  実は、多くの人は毎日忙しそうに仕事をしていますが、ほとんど成果が出ていません。まわりからも頑張りを認められているのに、非難されているわけでもないのに、成果を出せていないんですよね。  そ …

失敗しないマンションの選び方

 家が欲しくなることありませんか?  私はときどき無性に欲しくなることがあります。どれだけお金を支払っても自分のものにはならない借家に住んでいるからでしょうか。ふとした瞬間に虚しさを覚えるんですよね。  とはいえ、「家」 …

今日の運勢よりもよく当たる!?「あなたの決断」は10秒前に決まっていた

 今日の運勢を気にしている人って多いですよね。  私はどちらかと言えば、気にしていない方ですが、それでも良い運勢だと言われると悪い気はしません。  とはいえ、今日の運勢は当たることもあれば外れることもあります。私たちの決 …

あなたはどちらのタイプ?「賢明な人」or「単純な人」

 世の中には、「賢明な人」と「単純な人」の2種類が存在する――と、大阪大学社会経済研究所の大竹文雄教授は言います。  ここでいう「賢明な人」とは、目標を掲げ、その目標をやり切ると周りに宣言し、コミットする人のこと。もしく …

好きなことをして生きていく/努力が報われない時代の生存戦略

 最近、「努力は報われる」という主張が幻想だと言われるようになりました。このブログでも以下のエントリで紹介しています。  このように言われるようになった背景には、学歴主義や終身雇用制度が崩壊し、偏差値が高い大学に合格すれ …

「片付けられない人」にオススメの3つの習慣

 どれだけ忙しくても、きちんとしている人いますよね。  普段からキリッとした服装をして、行動もテキパキ。家の中もキレイに片付いていてスタイリッシュ。そんな人になりたいと思いませんか?  「無意識の美意識」さえ押さえてしま …

成功の秘訣は受け取った以上に与えること!?リーダーシップを発揮するための3条件

 この前、「リーダーシップとはすべてを仕切ることではない」という趣旨のエントリを書きました。  一緒に仕事をする人たちに細かな指示を出すのではなく、普段は愛されるキャラクターでありながらも、「いざ!」というときには強い意 …

怒らないコツは3つの原則を知ること/人生100年時代を楽しく生きる方法

 ちょっとしたことで怒っていませんか?  私はどちらかというと気が短い性格なので、すぐに怒ってしまいます。しかし、必要以上に腹を立てると、かなり損をしているんですよね。  なぜかというと…。  偉人と呼ばれる人 …

なかなか疲れが取れないのはなぜ?/今すぐできる疲れの取り方

 しっかり寝たのに、まったく疲れがとれない…。なぜ? 「年をとったから?」 「体力がなくなったから?」 「サプリメントを飲んでいないから?」  答えはどれも「NO!」です。結論からいえば、血のめぐりが悪くなっているからな …

なぜ、エンターテイメントのための読書に価値がないのか

 この前のエントリで「読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち」という趣旨の内容を書いたところ、エンターテイメントのための読書ではダメなのか?とコメントをいただきました。  このコメントに回答するには、エンター …