webstation plus

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。

 もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はひと味違います。ギャングたちがドタバタしながら謎を解き明かしていくんですよね。気軽に楽しめる物語です。

 4つの異なる物語が強引につながる

 「公務員なんかと結婚させられるか」と彼女の父から結婚を反対されている大久保は、上司である成瀬と外出中にマンションの屋上で年配の男性が不審者にナイフを突きつけられている事件に遭遇しました。しかし、その年配の男性はなぜか自分のことよりも別のことを気にしています。

 口達者なマスター・響野が経営する喫茶店の常連客である藤井は、朝起きると女性からの書き置きを見つけますが、飲みすぎて昨日の記憶がありませんでした。そこで、その女性の存在を確かめるために響野と共に行動しますが、なぜか誰もそんな女性は知らないと言います。

 運転上手な雪子と同じ会社で働く鮎子は、後輩から「課長から呼ばれていますよ」と伝えられますが、課長からは知らないと言われます。さらにバイト先では、入手困難な舞台のチケットが彼女宛に置かれていました。

 違法なカジノに出入りしていた和田倉は、夜の公園で知らない男性から殴られました。その公園で出会った久遠と一緒にその男性を追いかけると、意外な事実が明らかに。

 …と、これら4つの異なる物語がある事件へと強引につながっていきます。

 その強引さが面白く、また物語の後半で4人のギャングが勢揃いするので、前作『陽気なギャングが地球を回す』ファンとしては嬉しい展開なんですよね。

 4つの物語は短編としても楽しめ、さらにそれらが長編ヘとつながっていくので、二度楽しめる小説です。

 陽気なギャングたちのセリフが笑える

 たとえば、

「この喫茶店ほど知的な場所はないぞ、さっきも慎一に教えてやったしな」
「何を」
「合コンじゃよく、五対五、だとか、三対三、だとか言うだろ。『明日の合コン五対五だよ』とかな。あれは何のことだろうって言うからな、合コンは点数制で、引き分けを狙うのだ、と教えてやった」

 他にも、

「今の日本で公衆電話を探すのは至難の業だぞ」
「私も相当苦労したからな、そう簡単には見つからないはずだ。こういうのは、おそらく人間の持っている、人間力のようなものが影響してくるからな」
「あ、あそこにありました」

 さらにもうひとつ。

「今日、客から電話があったんですよ。コタツの件はもういいから、あの騒がしい社員だけは寄越さないでくれって」
「いったい、何を喋ったんですかね、響野さん」
「うちの旦那でも役に立つんだね」

 なんて笑えるセリフが満載です。読みながらニヤケてしまうこと間違いなし。

 悪い奴らもたまには人助けをする

 今回の物語では、ギャングたちは何の利益にもならない「誘拐事件」の解決に乗り出します。

 その理由は、ギャングたちは日頃から悪いことばかりしているので、たまには人助けをしたくなるというもの。『首折り男のための協奏曲』に登場する主人公と同じ理由です。

 その人助けのために時間とお金と命をかけて闘うのはカッコいいのですが、なぜか本気度が感じられず、何が起きても楽観的にユーモアを交えながら行動するので、なんだか笑えてくるんですよね。

 本格派ミステリーとは一味違う楽しみ方ができる物語です。おすすめです。

 関連記事

これで最後!?東野圭吾『禁断の魔術』は科学よりも大切なものがあることを教えてくれる小説

(※『禁断の魔術』表紙より)  科学を何よりも信じていませんか。  私は信じていました。科学的な根拠があることが、何よりも正しいことだと考えていました。  しかし、東野圭吾さんの小説『禁断の魔術』を読んで少し考えが変わり …

有川浩『図書館革命』感想/革命は一人ひとりの自覚から始まる

 気がつけば新しい法律が決まっていることってありますよね。  司法試験の制度が変わったり、保育料が無償化されたり、消費税が上がったりと、私たちの生活に直結する内容が、いつの間にか決まっていることがあります。  もちろん、 …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説ーpart6

(※『ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~』表紙より)  読書していますか?  『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズもとうとう6巻目。栞子さんに怪我を負わせた犯人が再び登場するなど、いよいよ物語もク …

額賀澪『ウズタマ』/子供にとっていちばん大切な人は誰?

 子供にとって一番大切な人は両親だと言われていますよね。しかし、その両親が子供とうまくコミュニケーションが取れてなかったとしたら…。子供にとって一番大切な人はあっという間に変わってしまうかもしれません。  もし、親という …

『かがみの孤城』は人とのつながりを大切にしたくなる小説

(※『かがみの孤城』表紙より)  辻村深月さんの小説『かがみの孤城』。  見ず知らずの中学生7人が鏡の世界に入り込み、一年間ともに過ごす物語です。読めば、「人とのつながりを大切にしよう」と思うこと間違いなし!?  今回は …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

悩むことに価値がある!?東野圭吾『真夏の方程式』は感動間違いなしの小説

(※『真夏の方程式』表紙より)  東野圭吾さんの小説『真夏の方程式』。  仕事で玻璃ヶ浦(はりがうら)にやってきた湯川准教授が小学五年生の恭平と出会い、思わぬ事件に巻き込まれる物語です。読めば感動すること間違いなし!? …

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

東野圭吾『卒業』感想/モラトリアムから抜け出せていますか?

 モラトリアムから抜け出せていますか?  もし、「友人と過ごす時間がいちばん楽しい」と感じているようなら、子どもから大人に移行する橋渡し期間(=モラトリアム)から抜け出せていない証拠。今すぐ考え方や行動を変えたほうがいい …

問題を解決していく面白さが味わえる小説/東野圭吾『魔力の胎動』感想

(※『魔力の胎動』表紙より)  発売前から楽しみにしていた小説『魔力の胎動』。  ようやく読み終わりましたが、想像以上に面白かったです。すでに前作『ラプラスの魔女』を読み返すほどに。  今回は東野圭吾さんの小説『魔女の胎 …