webstation plus

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。

 もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はひと味違います。ギャングたちがドタバタしながら謎を解き明かしていくんですよね。気軽に楽しめる物語です。

 4つの異なる物語が強引につながる

 「公務員なんかと結婚させられるか」と彼女の父から結婚を反対されている大久保は、上司である成瀬と外出中にマンションの屋上で年配の男性が不審者にナイフを突きつけられている事件に遭遇しました。しかし、その年配の男性はなぜか自分のことよりも別のことを気にしています。

 口達者なマスター・響野が経営する喫茶店の常連客である藤井は、朝起きると女性からの書き置きを見つけますが、飲みすぎて昨日の記憶がありませんでした。そこで、その女性の存在を確かめるために響野と共に行動しますが、なぜか誰もそんな女性は知らないと言います。

 運転上手な雪子と同じ会社で働く鮎子は、後輩から「課長から呼ばれていますよ」と伝えられますが、課長からは知らないと言われます。さらにバイト先では、入手困難な舞台のチケットが彼女宛に置かれていました。

 違法なカジノに出入りしていた和田倉は、夜の公園で知らない男性から殴られました。その公園で出会った久遠と一緒にその男性を追いかけると、意外な事実が明らかに。

 …と、これら4つの異なる物語がある事件へと強引につながっていきます。

 その強引さが面白く、また物語の後半で4人のギャングが勢揃いするので、前作『陽気なギャングが地球を回す』ファンとしては嬉しい展開なんですよね。

 4つの物語は短編としても楽しめ、さらにそれらが長編ヘとつながっていくので、二度楽しめる小説です。

 陽気なギャングたちのセリフが笑える

 たとえば、

「この喫茶店ほど知的な場所はないぞ、さっきも慎一に教えてやったしな」
「何を」
「合コンじゃよく、五対五、だとか、三対三、だとか言うだろ。『明日の合コン五対五だよ』とかな。あれは何のことだろうって言うからな、合コンは点数制で、引き分けを狙うのだ、と教えてやった」

 他にも、

「今の日本で公衆電話を探すのは至難の業だぞ」
「私も相当苦労したからな、そう簡単には見つからないはずだ。こういうのは、おそらく人間の持っている、人間力のようなものが影響してくるからな」
「あ、あそこにありました」

 さらにもうひとつ。

「今日、客から電話があったんですよ。コタツの件はもういいから、あの騒がしい社員だけは寄越さないでくれって」
「いったい、何を喋ったんですかね、響野さん」
「うちの旦那でも役に立つんだね」

 なんて笑えるセリフが満載です。読みながらニヤケてしまうこと間違いなし。

 悪い奴らもたまには人助けをする

 今回の物語では、ギャングたちは何の利益にもならない「誘拐事件」の解決に乗り出します。

 その理由は、ギャングたちは日頃から悪いことばかりしているので、たまには人助けをしたくなるというもの。『首折り男のための協奏曲』に登場する主人公と同じ理由です。

 その人助けのために時間とお金と命をかけて闘うのはカッコいいのですが、なぜか本気度が感じられず、何が起きても楽観的にユーモアを交えながら行動するので、なんだか笑えてくるんですよね。

 本格派ミステリーとは一味違う楽しみ方ができる物語です。おすすめです。

 関連記事

この世には2種類の女性がいる/湊かなえ『母性』感想

(※『母性』表紙より)  数日前に湊かなえさんの小説『未来』を読んで「面白くない!」という感想を書いたので、改めて湊さんの面白い小説に出会いたいと思い『母性』を読みました。  結果、書き出しから惹きつけられ、『未来』とは …

想像以上の成果を出してる?/知念実希人『祈りのカルテ』感想

(※『祈りのカルテ』表紙より)  仕事で想像以上の成果を出していますか。  私は残念ながら想像を下回る成果しか出せていません。なぜなら、計画通りの行動しかしていないからです。  新しいことに挑戦するとき、リスクはつきもの …

パズルのピースをはめるような快感が味わえる小説/伊坂幸太郎『ラッシュライフ』

 パズルはお好きですか。  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

死ぬのと仕事辞めるのと難しいのはどっち?

(※『ちょっと今から仕事やめてくる』表紙より)  仕事頑張っていますか?  私も出来るだけ頑張っていますが、頑張りすぎて追い詰められ、自殺をする人が後を絶ちません。  もちろん、自殺をするまで頑張る必要はありません。逃げ …

『子育てはもう卒業します』は自分らしく生きようと思える小説

(※『子育てはもう卒業します』表紙より)  垣谷美雨さんの小説『子育てはもう卒業します』。  3人の女性の青春時代から中年になるまでの人生を描いた小説です。読めば「子ども優先で生きるのはやめ、自分らしく生きよう」と思うこ …

人に騙されるのが好きな人が多すぎる/伊坂幸太郎『SOSの猿』感想

 ツイッターを見ていると、ある有名人の発言を徹底的に擁護している人たちがいます。明らかに差別的な発言をしているのに、誰かを傷つけているのに、擁護する人たちがいます。  なぜなら、彼らはその有名人に騙されたいと願っているか …

東野圭吾『探偵ガリレオ』は科学的な視点で事件を解決するミステリー小説

(※『探偵ガリレオ』表紙より)  東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』。  警視庁捜査一課の草薙俊平が、帝都大学理工学部の准教授・湯川学とともに科学的な視点で事件を解決していくミステリー小説です。読めば、湯川准教授に挑戦し …

読書が好きじゃなくても本が読みたくなる小説

(※『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』表紙より)  読書していますか?  私は最近、ビジネス書や数学関連の本ばかり読んでいたので、小説から少し離れ気味でしたが、『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇 …

家族のことを大切に思ってる?/伊坂幸太郎『AX アックス』感想

 家族のことを大切に思っていますか。  私は誰よりも家族を大切にしていると自負していましたが、伊坂幸太郎さんの小説『AX アックス』を読んで少し考えが変わりました。家族思いの殺し屋に衝撃を受けたからです。  殺し屋なのに …

愛情が足りない!?西加奈子『i(アイ)』は人の気持ちに寄り添いたくなる小説

(※『i(アイ)』表紙より)  人の気持ちに寄り添っていますか。  私は歳をとるにつれて、自分のことばかり考えるようになりました。東日本大震災の報道を見ても、どこか他人事です。  そんな私に人の気持ちに寄り添う大切さを思 …