webstation plus

 ミステリーというと、かっこいい主人公が謎を解き明かして犯人を追い詰めるイメージがありますよね。名探偵コナンもそのひとつです。

 もちろん、こういった本格派ミステリーも面白いのですが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はひと味違います。ギャングたちがドタバタしながら謎を解き明かしていくんですよね。気軽に楽しめる物語です。

 4つの異なる物語が強引につながる

 「公務員なんかと結婚させられるか」と彼女の父から結婚を反対されている大久保は、上司である成瀬と外出中にマンションの屋上で年配の男性が不審者にナイフを突きつけられている事件に遭遇しました。しかし、その年配の男性はなぜか自分のことよりも別のことを気にしています。

 口達者なマスター・響野が経営する喫茶店の常連客である藤井は、朝起きると女性からの書き置きを見つけますが、飲みすぎて昨日の記憶がありませんでした。そこで、その女性の存在を確かめるために響野と共に行動しますが、なぜか誰もそんな女性は知らないと言います。

 運転上手な雪子と同じ会社で働く鮎子は、後輩から「課長から呼ばれていますよ」と伝えられますが、課長からは知らないと言われます。さらにバイト先では、入手困難な舞台のチケットが彼女宛に置かれていました。

 違法なカジノに出入りしていた和田倉は、夜の公園で知らない男性から殴られました。その公園で出会った久遠と一緒にその男性を追いかけると、意外な事実が明らかに。

 …と、これら4つの異なる物語がある事件へと強引につながっていきます。

 その強引さが面白く、また物語の後半で4人のギャングが勢揃いするので、前作『陽気なギャングが地球を回す』ファンとしては嬉しい展開なんですよね。

 4つの物語は短編としても楽しめ、さらにそれらが長編ヘとつながっていくので、二度楽しめる小説です。

 陽気なギャングたちのセリフが笑える

 たとえば、

「この喫茶店ほど知的な場所はないぞ、さっきも慎一に教えてやったしな」
「何を」
「合コンじゃよく、五対五、だとか、三対三、だとか言うだろ。『明日の合コン五対五だよ』とかな。あれは何のことだろうって言うからな、合コンは点数制で、引き分けを狙うのだ、と教えてやった」

 他にも、

「今の日本で公衆電話を探すのは至難の業だぞ」
「私も相当苦労したからな、そう簡単には見つからないはずだ。こういうのは、おそらく人間の持っている、人間力のようなものが影響してくるからな」
「あ、あそこにありました」

 さらにもうひとつ。

「今日、客から電話があったんですよ。コタツの件はもういいから、あの騒がしい社員だけは寄越さないでくれって」
「いったい、何を喋ったんですかね、響野さん」
「うちの旦那でも役に立つんだね」

 なんて笑えるセリフが満載です。読みながらニヤケてしまうこと間違いなし。

 悪い奴らもたまには人助けをする

 今回の物語では、ギャングたちは何の利益にもならない「誘拐事件」の解決に乗り出します。

 その理由は、ギャングたちは日頃から悪いことばかりしているので、たまには人助けをしたくなるというもの。『首折り男のための協奏曲』に登場する主人公と同じ理由です。

 その人助けのために時間とお金と命をかけて闘うのはカッコいいのですが、なぜか本気度が感じられず、何が起きても楽観的にユーモアを交えながら行動するので、なんだか笑えてくるんですよね。

 本格派ミステリーとは一味違う楽しみ方ができる物語です。おすすめです。

 関連記事

犯人は鉄壁!?東野圭吾『聖女の救済』は聖女が隠し持つ決意に驚愕する小説

(※『聖女の救済』表紙より)  東野圭吾さんの小説『聖女の救済』。  子どもができないという理由で離婚を告げられた女性が完全犯罪を成し遂げようとする物語です。読めば聖女の胸に秘められた決意に驚愕すること間違いなし!?   …

『みかづき』は塾教育の歴史が楽しみながら学べる小説

(※『みかづき』表紙より)  森絵都さんの小説『みかづき』。  小学校の用務員として働く大島吾郎が、新たに塾を立ち上げようと考える赤坂千秋と出会い、塾講師として、経営者として奮闘する物語です。読めば塾教育の歴史が楽しみな …

浅田次郎『おもかげ』感想/愛される人と愛されない人のちがい

 人から愛されていますか?  私はどちらかといえば愛されていると思いますが、もし、家族からあまり好かれていない、友人も少ない、自分のことをわかってくれる人が誰もいないと感じているようなら、今すぐ生き方を変えた方がいいかも …

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』は読者の推理力が試される物語

 推理していますか?  私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。  しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二 …

百田尚樹『夏の騎士』は一人では無理でも友達となら勇気が出せるかもと思える物語

 勇気を持って生きていますか?  ここで言う勇気とは、勉強や仕事、家事・育児など、目の前のやるべきことに挑戦する勇気のことです。  もし、そんな勇気を持っていないなら、百田尚樹さんの小説『夏の騎士』を読んでみてはどうでし …

知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』は依存性の強い人間の末路を描いた物語

 何かに依存していませんか?  ゲームやお酒・タバコ、異性や親子関係、さらにはクスリ…などなど、何かに依存していると、恐ろしいことになるかもしれません。  そんな依存性の強い人たちの末路を描いた物語が、知念実希人さんの小 …

伊坂幸太郎『シーソーモンスター』/対立はなくならない…ではどうする?

 なぜか出会った瞬間にイヤな気持ちになる人っていますよね。何がイヤなのかはわからないけれど、とにかく気分がムカムカしてくる人がいます。  そんな人がいる限り「対立」はなくなりませんが、ではどうすれば互いにとって良い関係が …

伊坂幸太郎『ラッシュライフ』はパズルのピースをはめているかのような快感が味わえる小説

 パズルはお好きですか?  私は子どもの頃からパズルが大好きで、1000ピースとか2000ピースのパズルをよくしていました。しかし、最近は仕事が忙しくてなかなかできないんですよね。  ところが、まるでパズルのピースをはめ …

百田尚樹『影法師』感想/光と影はふたつでひとつ

 「光が多いところでは、影も強くなる」とゲーテが言ったように、光あるところには必ず影が存在します。  しかし、私たちは光だけを追い求めて、影の存在を否定しがちですよね。  たとえば、宝くじを買ったり、株やFXで一儲けしよ …

人の話を鵜呑みにするな/伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』感想

 戦争に敗れたとある国の物語。それが伊坂幸太郎さんの小説『夜の国のクーパー』です。  相変わらず謎の生物や個性的なキャラクターが登場しますが、視野を広く持たないと簡単に人に騙されることがわかる物語なんですよね。何度も驚か …