webstation plus

 英語を学んでますか?

 私は英語が苦手でこれまで避けてきたのですが、とうとう英語を勉強するようにというお達しがきました。

 とはいえ、これまでのような苦痛に満ちた勉強はしたくありません。そこで見つけたのが「英語多読」という方法です。

 今回はこれから私がはじめようと思っている英語多読について紹介します。

 英語ができないのは量が足りていないから

 中学・高校で読む英語の量は約8万語前後だそうです。これは日本語で言うところの文庫本にあたるペーパーブック1冊と同じ量。

 6年かけて文庫本1冊読んだところで英語がわかるようになるはずがありませんよね。

 つまり、圧倒的に少ない量で英語を理解しようとしていたのです。だからこそ、英語と接する機会を劇的に増やす「英語多読」が効果的なんですね。

 英語多読は3つの原則を守りながら楽しく勉強する方法

 では、英語多読とは何でしょうか。

 簡単に言えば、楽しみながら多くの本を読むことです。そのためには、次の3つの原則を守ることが大切です。

①辞書は捨てる:辞書を引かなくていいような簡単な言葉で書かれた本を選びます。そうすれば、日本語に訳さなくても英語で直接反応できる言葉がどんどん増えていき 、英語に慣れていけます。
②分からないところは飛ばす:分からないところは辞書で調べずにどんどん飛ばしていきます。その結果、物語がよく分からなくなったら…。
③合わないと思ったら投げる:読むのをやめて他の本を読みましょう。

 つまり、「読書を楽しもう」ということにつきます。英語を勉強しないと…と自分を追い込むような勉強法は今すぐやめましょう。

 なぜなら、せっかく勉強しても成果が出ないからです。楽しめなければ誰でも力を発揮することができませんよね。TOEICで何点取るとか、月に何冊読むとか考えると確実に挫折します。

 だからこそ、多読のTOEIC対策は、

・単語を暗記しない
・文法もわざわざ覚えない
・試験対策本は一切使わない
・考えずに勘で答える

 楽しみながら多くの物語を読んで、英文を体に染み込ませて勘で答えていきます。これでTOEICも高得点が取れるようになるそうです。

 まずは絵本からはじめよう

 というわけで、まずは簡単な絵本からはじめましょう。私も「Oxford reading tree」に登録して無料で絵本を読み始めました。

 絵本なら、絵をみて物語の90%程度が把握でき、残り10%を文字から類推することができますよね。たとえば、「pull up」という言葉が停車しているシーンに何度も登場すると、なんとなく停車を表しているんだなと認識できるようになります。

 こうすれば、「日本語に置き替えないで英語に触れていくこと」が出来るのでおすすめです。

 最後に

 今回は英語多読について紹介してきました。

 このエントリでは絵本から読むことをおすすめしていますが、英語が得意な方や、絵本では面白さが感じられない方は、自分にあった方法――漫画や映画、ニュースなどで試してみてはどうでしょうか。

 とにかく多読三原則を守り、多くの英語に触れていけば、楽しみながら英語が理解できるようになっていきます。

 より詳しい内容が知りたい方は、こちらの本をお読みください。

 関連記事

人間らしく生きている?『漫画 君たちはどう生きるか』はこれからの人生について考えたくなる漫画

(※『漫画 君たちはどう生きるか』表紙より)  人間らしく生きていますか?  私は人間らしく生きていると思っていましたが、『漫画 君たちはどう生きるか』を読んで反省しました。ダサい生き方をしていることに気づいたからです。 …

努力が報われないのには理由があった!報われる努力、報われない努力

 努力していますか?  私はどちらかと言うと努力が苦手で、「できるだけ楽して生きよう」と考えていますが、実はその方が努力が報われる確率が高いそうです。  これまで「典型的なダメ人間の特徴」だと思っていただけに、なんだか複 …

人工知能(AI)と共存するための生存戦略/2030年には50%の仕事がなくなる!?

 AIやロボティクスの発展が凄まじいですよね。  将棋やチェスといったゲームの世界だけでなく、介護や育児を補助する人型ロボット、あるいは自動走行する車など、多くの分野にAIやロボティクスが活用されようとしています。  こ …

ハードワークとはがむしゃらに努力することじゃない/勝利の法則で結果を出そう

 ハードワークと聞くと、がむしゃらに努力するイメージがありますよね。  しかし、どれだけ努力をしても成功できるとは限りません。むしろ努力だけしていれば成功できると思っている人ほど成功できないんですよね。  では、本当のハ …

「ありのまま」か「なるがまま」か/ぶれない心を育てる方法

 前回、「悩みを解決したいのなら、悩みから逃げるのではなく、徹底的に悩みぬこう」というエントリを書きましたが、今回は前回と少し視点を変えて悩みについて考えてみたいと思います。  心理学者であるアルフレッド・アドラーは、「 …

「痩せられない」&「時間がない」人にオススメの処方箋

 「痩せたいのに痩せられない」「忙しすぎて自分の時間がまったくもてない」という悩みを抱えていませんか?しかし、これらを改善しようと思っても、なかなか思うようにはいきませんよね。それは、私たちの想定外のところに原因があるか …

「自分の時間を大切にしている人」が絶対にしないこと

 それはバカと付き合うことです。ここで言うバカとは学力の話ではなく、思考停止に陥って、会話をしても何も得られるものがない人のことです。  そんなバカと付き合っている暇があるなら、やりたいことに時間を割いた方がいいですよね …

よくわからない体調不良は「首こり」が原因!?

 原因がよくわからない体調不良に悩まされていませんか。  私は悩まされていました。頭がぼんやりしたり、疲れやすかったり、お昼を過ぎると急激に眠たくなったり。  実はこのような体調不良は「首こり」に原因があるそうです。もっ …

35歳から始まる「第二の人生」を楽しむためのチェックリスト5つ

 35歳という年齢は、第二の人生のスタート地点だといわれています。  たとえば、仕事。「転職35歳限界説」が巷でささやかれているように、35歳を過ぎると転職のハードルが高くなり、よほどスゴイ専門性があるか、もしくはマネジ …

読書は多読よりも一行でも線を引いて実践した人の勝ち

 ここのところ、読書をしても生活に大きな変化が現れなくなりました。  小説を読んでも、ビジネス書を読んでも、専門書を読んでも、変化が感じられないんですよね。  ひたすら時間を消費しているだけ。そんな感覚です。なぜなら…。 …