文章力とは推敲する力のこと!?初心者でも伝わる文章が書ける2つのポイント

ブログ運営

伝わる文章を書いていますか?

私は以前に比べると書けるようになりましたが、それは推敲するポイントがわかったからだと思います。

実は、「文章を書く」という作業の半分以上は「推敲」なんですよね。

スポンサーリンク

推敲すべき2つのポイント

では早速、伝わる文章にするための「推敲」ポイントを2つ紹介します。

それは、次の2つです。

  1. 4つの無駄を削る
  2. 同音を繰り返さない

なぜ、この2つのポイントで推敲するかというと、ムダな言葉を除いていくと、「本当に伝えたいこと」が見えてくるからです。

逆にいえば、ムダな言葉を加えることで、伝わる文章を書いた気になっているんですよね。

どれだけムダな言葉でも、とにかく文字を並べていくと、伝わるような気がしてきます。

しかし、伝えたいことが明確でない文章は誰の心にも届きません。

だからこそ、ムダを省いて伝えたいことを明確にする、つまり推敲する必要があるのです。

スポンサーリンク

推敲ポイント①:4つのムダを削る

というわけで、まずは、文章のムダをとことん削りましょう。

私の文章にも、これから紹介する4つのムダが山ほどあったので、これらを削るだけでスッキリしました。

まさに文章の断捨離ですね。

1. 重複語

重複語とは、センテンスに新しい意味を追加しない言葉のことです。

たとえば、「山の山中で、馬から落ちて落馬した」などがそうです。

おそらく、「山の山中で…」なんて表現はしないでしょうが、次に紹介する表現はよく見かけます。

  • 普段の平熱 → 平熱
  • 補足説明を追加する → 補足説明する
  • たとえば、冬山の登山などが一例です → たとえば冬の登山などです
  • まず、第一に → まず
  • 心の葛藤 → 葛藤
  • 両者の意見の合意をみる → 両者の合意をみる
  • 一緒に協力する → 協力する
  • 最終結論 → 結論
  • 再度、繰り返す → 繰り返す
  • 夕方、午後六時 → 午後六時
  • 上に上がる → 上がる
  • ハッキリと明記する → 明記する

言葉を大切にする…という観点からも、重複語は避けたいですね。

2. 過剰な修飾語

文章には、「事実」と「意見」があり、それを明確に分けて表現する必要があります。

事実を並べた後に意見を書くと説得力が増しますが、意見ばかり書いていると説得力がなくなるからです。

たとえば、「とてもきれいな家」という短い文章にも「事実」と「意見」が混ざっていますよね。

「家」は「事実」ですが、形容詞の「きれい」や副詞の「とても」は、「書き手がそう感じた」という「意見」に過ぎません。

ある人にとっては、「汚い家」かもしれないからです。

そのため、「意見」を伝えることが目的でない場合、「修飾語(形容詞や副詞)」は削除しましょう。

たとえば、

独身の彼は、去年、二十年のローンを組んで、とてもきれいな家を買い、かわいいペットといっしょに住んでいます。

これを次のように変更します。

独身の彼は、去年、二十年のローンを組んで家を買い、ペットといっしょに住んでいます。

もちろん、「彼は独身だけれど幸せだ」という意見を言いたいのであれば、変更前で良いのですが、特に意図せず修飾語をつけているようなら削除しましょう。

3. 不要な接続詞

接続詞を削っても、文章の流れが理解できるのであれば、その接続詞は不要です。

しつこく感じるので、どんどん削っていきましょう。

たとえば、

通常、私たちの体は、まず食事をしてエネルギーを得ます。そして、次に脂肪分解酵素リパーゼが体内脂肪を分解し、エネルギーを得ます。つまり、通常は体内脂肪が燃焼するまでには、このようにある程度の時間が必要になります。
通常、私たちの体は、まず食事をしてエネルギーを得ます。次に脂肪分解酵素リパーゼが体内脂肪を分解し、エネルギーを得ます。通常は体内脂肪が燃焼するまでには、このようにある程度の時間が必要になります。

ただし、接続詞はセンテンスとセンテンスの関係を明示する役割を果たしているので、接続詞を削り過ぎて、センテンスの関係性が失われないようにしましょう。

4. 無意味な語尾

語尾がダラダラしてしまうことがありますよね。

たとえば、

  • 投稿することが可能である。
  • といえないこともない。
  • 無駄といってもいいだろう。
  • というように考えました。

これらの語尾は次のように変えるとスッキリします。

  • 投稿することが可能である。 → 投稿できる。
  • といえないこともない。 → ともいえる。
  • 無駄といってもいいだろう。 → 無駄だろう。
  • というように考えました。 → と考えました。

他にもあえて硬い表現をすることで、ダラダラ表現を回避することができます。

かえって分かりにくくなった、というようなことにならないようにしましょう。
かえって分かりにくくなった、というような事態は避けましょう。

語尾は洗練されている文章かどうかの判断材料にもなるので、スッキリ書くように心がけたいですね。

スポンサーリンク

推敲ポイント②:同音を繰り返さない

では次に2つ目のポイントです。それは、同音を繰り返さないことです。

文章を読むとき、近くに「同じ音」があると違和感を感じませんか。

たとえば、

文章の中、近く同音を繰り返すことは避けましょう。

同じ音を削除して書き換えると、

文章を書くときは、近くで同音を繰り返すことは避けましょう。

これだけでも、だいぶスッキリしますよね。

語尾に同じ言葉が続く場合も違和感を感じます。

火星でも地球と同じような活発な地殻変動があったかもしれない。そのことが証明されれば、火星の過去の環境を知る手がかりになるかもしれない。そして、火星過去生命可能性が証明されるかもしれない
火星でも地球と同じような活発な地殻変動があったかもしれない。そのことが証明されれば、火星の過去の環境を知る手がかりになるだろう。そして、火星に過去、生命が存在していたことが証明される可能性もある。

こうして同音を繰り返さないようにすると、ムダな文章を省くのと同じように、文章がスッキリするので、本当に伝えたいことが浮かび上がってきます。

やってしまいがちなので、推敲する際には注意して見直しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、文章を推敲するときに役立つ2つのポイントを紹介してきました。

無駄な文章や同音の繰り返しを削除すれば、文章がスッキリして、本当に伝えたいことが浮かび上がってきます。

読者に伝わる文章が書けるので、ぜひ意識して推敲しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました