webstation plus

 推理していますか?

 私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。

 しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二人のどちらが犯人なのか最後まで明かされなかったからです。

 とはいえ、文庫本の袋とじにあるヒントを読んで何とか犯人がわかったのですが。

 恋人と親友に裏切られた女性の物語

 では、あらすじから。

 和泉園子は、佃潤一という売れない画家と出会い、付き合うようになりましたが、彼が園子の親友である弓馬佳代子と出会ったことで悲劇が起こります。

 佃は園子を捨て、佳代子と付き合うようになったからです。

 園子は自分を裏切った彼らのことが許せず、ある行動に出ようとしますが、そのことがきっかけで殺されてしまいました。

 ところが、園子が殺される前日に兄の康正に「お兄ちゃん以外、誰も信じられなくなっちゃった」という電話をしたことで事件が複雑になります。

 交通課に勤める康正が偽装工作をしたからです。彼は妹のことを何よりも大切に思っており、自分の手で犯人を捕まえ、殺そうと考えていました。

 そして偽装工作をした彼は警察に電話をしますが、やってきたのは…。

 加賀恭一郎が複雑に絡まった事件の真相に迫る

 加賀恭一郎でした。彼は康正が何か隠していることにすぐに気づきます。

 死亡推定時刻から考えると濡れているはずのない流し台が濡れていたり、園子はあまりお酒を飲まないのに空のワインボトルが置かれていたり、他のレシートはあるのにワインのレシートだけなかったりしたからです。

 そこで加賀は康正の行動を監視するかのように振る舞いました。何度も康正に電話をかけ、園子の部屋で会い、自殺ではなく他殺の疑いが濃いことを明らかにしていきます。

 加賀は康正の復讐を何とか阻止しようとしていたんですよね。

 ところが、康正は加賀の追求に屈することなく、むしろ彼からの情報を駆使して犯人探しを続けます。

 そしてついに犯人を二人に絞ることができました。佃と佳代子に辿り着いたのです。

 康正は二人を呼び出し、真相を明かそうとします。ところが、二人は園子が殺された日に彼女の部屋にやってきて殺そうとしたことは認めますが、思いとどまったと主張しました。

 もちろん、そんな話が信じられるわけがありませんが、康正にはどちらが犯人なのかわかりません。

 そんな彼の前にまたしても現れたのが…。

 最後まで犯人が明かされないミステリー小説

 加賀恭一郎です。彼はこれまでの調査と康正たちの言動から犯人を特定します。しかし、最後まで犯人の名前は明かさないんですよね。

 というわけで、読者である私たちが犯人を特定する必要があるわけですが、意識して読んでいないと特定するのが難しい構成になっています。

 私は文庫本の袋とじにあるヒントを読んで何とか犯人がわかりましたが、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』は推理する面白さが味わえる小説なので、気になった方はぜひ読んでみてください。

 関連記事

芦沢央『火のないところに煙は』はミステリー要素のあるホラー好きにおすすめの小説

 ミステリー要素のあるホラー小説はお好きですか?  私は子どもの頃からテレビでホラー特集を見るほどホラーが大好きです。もちろん、ミステリーも大好きなので、芦沢央さんの小説『火のないところに煙は』は一気に読みました。  残 …

柚月裕子『盤上の向日葵』感想/悲惨な環境で育った子供に明るい未来はないのか?

 この前のエントリにも書きましたが、虐待のニュースが多いですよね。  柚月裕子さんの小説『盤上の向日葵』に登場する主人公も虐待されて育ったひとりですが、悲惨な環境で育った子供には明るい未来はないのか?と叫びたくなるほど、 …

男性の欲望が丸裸に!?東野圭吾『恋のゴンドラ』はミステリー要素が強い恋愛小説

(※『恋のゴンドラ』表紙より)  男性の欲望とは何でしょうか。  もちろん、複数の女性と関係を持つことです。江戸城に大奥があったのも、一夫多妻制を認めている国があるのも、星の数ほど風俗店があるのも、多くの男性が複数の女性 …

伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』はコメディとしても楽しめるサスペンス小説

 サスペンスはお好きですか?  私はサスペンスと聞くとシリアスなイメージを思い浮かべますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングの日常と襲撃』はシリアスとはかけ離れていました。  前作同様に、シリアスなシーンでもギャング …

シェイクスピア『リア王』は間違ったものを信じる恐ろしさを教えてくれる小説

 私たちは何かを信じて生きていますよね。  しかし、その信じているものが間違っているとしたら…。その結末は恐ろしいものになるかもしれません。  シェイクスピアの小説『リア王』を読めば、間違ったものを信じる恐ろしさに衝撃を …

『まく子』は思春期のモヤモヤした記憶を思い出せる小説

(※『まく子』表紙より)  西加奈子さんの小説『まく子』。  少し不思議なお話ですが、思春期の頃に感じていた「大人になりたくない!」という気持ちや、変化を受け入れる勇気がなくてモヤモヤしていた記憶が思い出せる小説です。最 …

伊坂幸太郎『SOSの猿』は複数の視点をもつクセがないと簡単に洗脳されてしまうことがわかる物語

 複数の視点で物事を眺めるようにしていますか?  私はできるだけ複数の視点が持てるように、このブログでもありきたりな感想を書かないようにしているつもりですが、伊坂幸太郎さんの小説『SOSの猿』を読んで、その想いがさらに強 …

原田マハ『小説 星守る犬』感想/夫婦円満の秘訣とは?

愛とは相手に変わることを要求せず、相手をありのままに受け入れることだ。  とは、イタリアの劇作家、ディエゴ・ファブリの言葉ですが、私たちはどうしても相手に変わることを求めてしまいますよね。 「なぜ、そんなキツイことを言う …

伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』感想/常識を疑って生きていますか?

 常識を疑って生きていますか?  私は常識を疑って生きているつもりですが、もしあまり物事を深く考えずに過ごしているようなら、新しいアイデアが浮かばなくなったり、考える力を失ってしまうかもしれません。  そんなときは、常識 …

なぜ一流の人たちは異業種の仕事でもすぐに成果を出せるのか?/東野圭吾『マスカレード・ナイト』感想

(※『マスカレード・ナイト』表紙より)  一流と呼ばれる人たちは、異業種の仕事でもすぐにできるようになりますよね。  たとえば、ホリエモン。ITという得意分野を活かしながら、食やエンタメ、ロケット事業などにも参入していま …