東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』感想/あなたは犯人を特定できますか?

おすすめ小説

ミステリーを読むとき、犯人やトリックを推理して読んでいますか?

私はミステリーが大好きなのでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。

しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では、推理せざるを得なくなったんですよね。

容疑者二人のどちらが犯人なのか最後まで明かされなかったからです。

おすすめ度:3.5

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

  • 加賀恭一郎シリーズが好きな人
  • 最後まで犯人が明かされない物語に興味がある人
  • 犯人がムカつくミステリーが好きな人
  • 東野圭吾さんの小説が好きな人
スポンサーリンク

あらすじ:恋人と親友に裏切られた女性の物語

和泉園子は、佃潤一という売れない画家と出会い、付き合うようになりましたが、

彼が園子の親友である弓馬佳代子と出会ったことで悲劇が起こります。

佃が園子を捨てて、佳代子と付き合うようになったからです。

園子は自分を裏切った彼らのことが許せず、ある行動に出ようとしますが、そのことがきっかけで殺されてしまいました。

しかも、園子が殺される前日に兄の康正に、

「お兄ちゃん以外、誰も信じられなくなっちゃった」

という電話をしたことで事件が複雑になります。

交通課に勤める兄の康正が偽装工作をしたからです。

彼は妹のことを何よりも大切に思っており、自分の手で犯人を捕まえ、殺そうと考えていました。

そこで、自殺に見せかけて犯人を警察の目から遠ざけようとしていたんですよね。

こうして偽装工作をした康正は警察に電話をしますが、現場にやってきた加賀恭一郎は…。

という物語が楽しめます。

スポンサーリンク

感想①:自分のことしか考えない犯人がムカつく

殺人に手を染めた犯人というのは、どこか異常なところがあり、自分勝手な理由で殺人の正当性を主張しますが、

この物語の犯人は、むしろ自分は被害者であるとまで言い出しました。

伊坂幸太郎さんの小説『死神の浮力』でも、サイコパスである本城がある少女を殺し、

さらにその少女の親である山辺夫妻を挑発するような行動を繰り返す姿に心底腹が立ちましたが、

伊坂幸太郎『死神の浮力』感想/サイコパスに立ち向かえるのはサイコパスだけ?
サイコパスをご存知ですか? 100人に1人ほど存在する良心や罪悪感をもたない自己中心的な人たちで、簡単に人を騙したり、攻撃したり、ひどい場合だと殺人を犯したりします。 そんなサイコパスは現実社会では犯罪者として逮捕されるケースも...

それと同じくらいこの物語の犯人もムカつくんですよね。

月村了衛さんの小説『土漠の花』のように、自分が生き残るために仕方なく…、ならまだしも、

月村了衛『土漠の花』は世界は残酷だと気づかせてくれる物語
この世界は平等だと思っていませんか? 私は幼い頃に貧乏だったので、残酷さを味わってきましたが、 月村了衛さんの小説『土漠の花』を読んで、改めてこの世界は残酷だということに気づきました。 自分の欲望を満たすために、平気で他人...

自分の地位や名誉を守るために殺人に手を染め、しかも被害者面までする犯人に殺意が芽生える物語です。

スポンサーリンク

感想②:捜査の邪魔をする被害者家族にまで優しい加賀恭一郎

一方、被害者の兄である康政は、加賀の推理を邪魔するような行動ばかりとりました。

証拠を隠滅したり、本当のことを話さなかったりと、捜査を撹乱していきます。

しかし、加賀は康正が何か隠していることにすぐに気づきました。

死亡推定時刻から考えると濡れているはずのない流し台が濡れていたり、

園子はあまりお酒を飲まないのに空のワインボトルが置かれていたり、

他のレシートはあるのにワインのレシートだけなかったりしたからです。

そこで加賀は、康正の行動を監視するかのように振る舞いました。

何度も康正に電話をかけ、園子の部屋で会い、自殺ではなく他殺の疑いが濃いことを明らかにしていきます。

そうまでして、加賀は康正の復讐を何とか阻止しようとしていたんですよね。

『正統派リーダーの教科書』の感想に、リーダーには圧倒的な優しさが必要だと書きましたが、

圧倒的な優しさを見せる加賀恭一郎について行きたくなる物語です。

部下が育たないのは上司の責任!?リーダーに必要な3つの要件
部下が思うように育たないことを悩んでいませんか。 私はよく悩んでいます。 一緒に仕事をしている人たちが同じような失敗をしたり、無駄な仕事を繰り返しているからです。 しかし、その原因が上司である私にあるのだとしたら…。 ...
スポンサーリンク

感想③:最後まで犯人が明かされないミステリー

何よりもこの物語を面白くしているのは、最後まで犯人の名前が明かされないところです。

そのため、読者である私たちが犯人を特定する必要があるわけですが、

意識して読んでいないと特定するのが難しい構成になっています。

我孫子武丸さんの小説『殺戮にいたる病』では、読み終わった瞬間に、あまりの驚きに最初のページから読み直しましたが、

この物語では、犯人を知りたくて、もう一度読み直すことになりました。

とはいえ、私は文庫本の袋とじにあるヒントを読んで何とか犯人がわかったのですが…。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』のあらすじと感想を紹介してきました。

犯人に殺意が芽生える物語ですが、最後まで犯人の名前が明かされないなど、他とは一味違うミステリーが楽しめます。

気になった方は、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

東野圭吾『加賀恭一郎シリーズ』の順番とおすすめランキングをご紹介
加賀恭一郎シリーズと聞くと、阿部寛さん演じる『新参者』シリーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 残念ながら、私はドラマや映画で加賀恭一郎シリーズを観たことがありませんが、原作を読めば、より一層楽しめると思います。 そ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました