webstation plus

 推理していますか?

 私はミステリーが好きでよく読んでいますが、あまり推理をせずに物語を追いかけてきました。

 しかし、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』では推理せざるを得なくなったんですよね。容疑者である二人のどちらが犯人なのか最後まで明かされなかったからです。

 とはいえ、文庫本の袋とじにあるヒントを読んで何とか犯人がわかったのですが。

 恋人と親友に裏切られた女性の物語

 では、あらすじから。

 和泉園子は、佃潤一という売れない画家と出会い、付き合うようになりましたが、彼が園子の親友である弓馬佳代子と出会ったことで悲劇が起こります。

 佃は園子を捨て、佳代子と付き合うようになったからです。

 園子は自分を裏切った彼らのことが許せず、ある行動に出ようとしますが、そのことがきっかけで殺されてしまいました。

 ところが、園子が殺される前日に兄の康正に「お兄ちゃん以外、誰も信じられなくなっちゃった」という電話をしたことで事件が複雑になります。

 交通課に勤める康正が偽装工作をしたからです。彼は妹のことを何よりも大切に思っており、自分の手で犯人を捕まえ、殺そうと考えていました。

 そして偽装工作をした彼は警察に電話をしますが、やってきたのは…。

 加賀恭一郎が複雑に絡まった事件の真相に迫る

 加賀恭一郎でした。彼は康正が何か隠していることにすぐに気づきます。

 死亡推定時刻から考えると濡れているはずのない流し台が濡れていたり、園子はあまりお酒を飲まないのに空のワインボトルが置かれていたり、他のレシートはあるのにワインのレシートだけなかったりしたからです。

 そこで加賀は康正の行動を監視するかのように振る舞いました。何度も康正に電話をかけ、園子の部屋で会い、自殺ではなく他殺の疑いが濃いことを明らかにしていきます。

 加賀は康正の復讐を何とか阻止しようとしていたんですよね。

 ところが、康正は加賀の追求に屈することなく、むしろ彼からの情報を駆使して犯人探しを続けます。

 そしてついに犯人を二人に絞ることができました。佃と佳代子に辿り着いたのです。

 康正は二人を呼び出し、真相を明かそうとします。ところが、二人は園子が殺された日に彼女の部屋にやってきて殺そうとしたことは認めますが、思いとどまったと主張しました。

 もちろん、そんな話が信じられるわけがありませんが、康正にはどちらが犯人なのかわかりません。

 そんな彼の前にまたしても現れたのが…。

 最後まで犯人が明かされないミステリー小説

 加賀恭一郎です。彼はこれまでの調査と康正たちの言動から犯人を特定します。しかし、最後まで犯人の名前は明かさないんですよね。

 というわけで、読者である私たちが犯人を特定する必要があるわけですが、意識して読んでいないと特定するのが難しい構成になっています。

 私は文庫本の袋とじにあるヒントを読んで何とか犯人がわかりましたが、東野圭吾さんの小説『どちらかが彼女を殺した』は推理する面白さが味わえる小説なので、気になった方はぜひ読んでみてください。

おすすめのまとめ記事はこちら

 関連記事

垣谷美雨『うちの子が結婚しないので』感想/本当に結婚しなくても大丈夫?

 「結婚なんて古いシステムに縛られる必要はない!」という議論が盛んですよね。  しかし、本当にそうなのでしょうか。人によっては結婚した方がいい人もいるように思います。  それにも関わらず、あまり未来を想像せずに、他人から …

毒親とは人生をかけて闘う価値がある/山口恵以子『毒母ですが、なにか』感想

 毒親という言葉が広まりましたよね。このブログでも以前紹介しました。  このエントリにも書いたように、毒親に育てられた子どもは確実に不幸になります。だからこそ、毒親とは人生をかけて闘う価値があるのですが、毒親には子どもを …

伊坂幸太郎『ホワイトラビット』はワクワクと驚きがとまらなくなる物語

 最近、ワクワクしていますか。  私はワクワクしていないなぁ…と思っていたのですが、伊坂幸太郎さんの小説『ホワイトラビット』を読んでワクワクと驚きがとまらなくなりました。  想像を上回る展開にページをめくる手が止まらなく …

伊坂幸太郎『死神の精度』は生きる意味を追い求めるのが人間らしさだとわかる物語

 自分の行動に意味づけしていますか?  「なぜこの仕事をしているのか?」「なぜこの本を読んでいるのか?」「なぜブログを書いているのか?」…などなど。  私はどんなことでも「なぜ?」を考えないと気が済まない性格なので意味づ …

垣谷美雨『姑の遺品整理は、迷惑です』感想/距離感よりも大切なもの

 人との距離感を大切にしていますか?  私はどちらかというと、お節介焼きなので、どうしても人との距離感が近くなりすぎることがあります。それで嫌な思いもしてきたので…。  そんな性格を嫌っていたのですが、垣谷美雨さんの小説 …

東野圭吾『悪意』は言葉で人は騙せても人柄は隠しきれないことがわかる物語

 何も行動は起こさないのに、調子の良いことばかり言っていませんか?  私は口にしたことは出来るだけ行動するようにしていますが、知り合いのなかにも調子の良いことばかり言っている人がいるんですよね。  東野圭吾さんの小説『悪 …

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』はゴシップ記事は読まないに限ると思える物語

 ゴシップ記事はお好きですか?  私は昔からあまり好きではなく、ほとんど読んできませんでしたが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングは三つ数えろ』を読んで、さらに読みたくなくなりました。  三流記者に脅され、追い詰められ …

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』はジェットコースターに乗っているかのような爽快感が味わえる物語

 サスペンスはお好きですか?  私はドキドキ感が味わえるサスペンスが大好きで、小説だけでなく映画もよく観ていますが、伊坂幸太郎さんの小説『陽気なギャングが地球を回す』は一味違いました。  ハラハラドキドキ感が味わえるだけ …

百田尚樹『風の中のマリア』感想/人間に与えられた特権を使わないのはもったいない!?

 人間に与えられた特権を使っていますか?  実は私たち人間には他の生物にはないある特権が与えられています。それにも関わらず、その特権を使わずに他の生物と同じように過ごしている人が多いんですよね。  百田尚樹さんの小説『風 …

砥上裕將『線は、僕を描く』感想/芸術とは命を表現するもの

 自分の命と向き合っていますか?  私はこのブログで自分の考えを表現しているつもりですが、砥上裕將さんの小説『線は、僕を描く』を読んで芸術の奥深さに衝撃を受けました。  人の心を動かすには、技術よりも自分の命を表現する力 …